ひとみ

ひとみ

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

女の老化を直視させる映画。周囲から置いてけぼりにならずに老化する術は無いのだろうか。アラフィフでも、男は現役感があって、どうして女だと“終わってる”感があるんだろう。ところどころ笑える部分もあるけど、>>続きを読む

接吻(2006年製作の映画)

3.5

狂気。小池栄子もトヨエツもサイコーだった。

あるスキャンダルの覚え書き(2006年製作の映画)

3.5

この頃のケイト・ブランシェット、綺麗だなー。若い男の子と、、って憧れる。

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.0

私もこれ今やりたい。ジュード・ロウが格好良かったー

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.8

原作も読んでるけど、まさにこの二人!ナイスキャスティング!

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.5

病床の彼女と手を繋ぎながら定規を操るシーンよ。

ショコラ(2000年製作の映画)

3.0

ジョニー・デップが格好良かったような。もっかい見ないと。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.1

樹木希林と阿部寛の掛け合いが面白かった。何かがどうにかなったり、解決したりはしない。それでも日々生きていく。特別何かが起こるわけじゃない、でも、ちょっとした心の通いあいとか気付きとかに感動する。そんな>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

3.5

ボイスオーバーでインタビュー使うの、良いと思った。素材がふんだんにあるからできることなんだけど。もっと曲をフルで聴きたかった(というのは、ファンの無茶振りなので無視してok)。

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.6

若い女ってこんな美しくて無防備なのか! 曲がらず芯の通った末っ子にあっぱれ。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.8

最強。あのバスの中でガムがこぼれ落ちそうなシーン最強。「描いて描いて描きまくる...」のところ、格好いいと幼いころ思ったし、そんな風に生きたいと今だに思っている。“いい大人なんだし、もっと器用に生きた>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

4.0

色々考えさせられるけど、このときの柴咲コウは半端なく可愛い。

舟を編む(2013年製作の映画)

3.5

大好きな三浦しをん原作。松田龍平がやってるからってのもあるけど、まじめみつやがめちゃくちゃ格好良くなる。オダギリジョーは間違いなく格好いいんだけども。

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

ジェイミー・ベルが可愛かった。幼年の男子を愛でたいときに見る映画。

8 Mile(2002年製作の映画)

2.6

ヒップホップ好き男子と一緒に見て、プロデューサー(?)との情事のシーンで気まずくなった。

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

4.0

レイトショーにダッシュで滑り込んだ記憶。タイトル文字が出た瞬間に入場した記憶。その瞬間に「この映画(良い意味で)ヤバそうだ」と思った記憶。虹の血のシーンは革命。

>|