パンダ5さんの映画レビュー・感想・評価

パンダ5

パンダ5

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

サリーが最後に語る『早く行くなら一人で。遠く行くなら仲間と。』この言葉が名言。人生、続いていくんだもんなぁ。
サリー自身が落ちて落ちまくって掴んだ価値観は揺るがないよね。
まわりのサポートがあったとし
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.1


レビューで長澤まさみの役が嫌な女って散見されましたが、結構、ふつうに居るタイプのような気が。
キャストがみんな役にはまってて、すんなり観れました。
ただ長澤さんが瀬戸内で行動する際、ファー付きのアウ
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

-

コン・ユ観たさに鑑賞。
安定のかっこよさにホレボレ。
そーいえば、ハンジミンちゃん、テイストは違うが、ドラマでもこの時代の朝鮮独立ものに出てなかったかい?
くれぐれも今の日本は嫌いにならないでね。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

メアリーかわいすぎ!
おばあちゃんのクソババアぶりが、より健気さを引き立ててるわ。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.7

あえて前編と同じスコアです。
濡れ場と叩き合いの繰り返しに少し疲れました。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.7

『息もできない』のヤン イクチュンがバリカン健二になっていた。
実際に居そうなくらいにバリカン健二のリアル感がでてた。
勿論、菅田くんの役作りも凄いんだけど、ヤン イクチュンにばかり注目してしまう。
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.7

オマールシーの明るさ最高!
母親の身勝手さには最後まで驚いたけど。
どうせ引き取ったって、また自分が何かにつまづいたら理由をつけて娘捨てるんだろーなー、なんて毒づきながら観てました。
まあ、そこじゃな
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

3.8

母国の為に命を投げうつ若者を見てなんとも言えない気持ちになった。
日本はなんだかんだと言っても幸せな国なんだな。

望郷(2017年製作の映画)

3.2

良い映画なんだけどなんかぼんやりと時間が過ぎていくような映画だったな。
緒形直人さん、久しぶりに観たけどステキな声にうっとり。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8

ボブ最高!
人間みたいな表情に釘付けでした。
茶トラの猫は忠誠心が強いのよとおばさまのセリフにあったけど、ステキなパートナーを得たジェームズが羨ましい‼︎

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.5

本当に観て良かった。
介護される者とする者の本音炸裂の会話の全てに自分だったらどうだと考えさせられた。
奥さんがネチネチとスティーブに文句を言われた時、自分に腹が立ってるのみたいなことを言って彼に謝る
>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.0

戦争映画には珍しく幸せな結末に救われた。
でも長かった…。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

役所さんか広瀬すずさん、どちらが犯人かで解釈が変わる 。
面白かった。
ただ、主演の福山さんがあまり、やり手弁護士には見えなかったのが残念。
あんな細身のパンツが着こなせる若作りの弁護士っているのかな
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.3

義理の娘のイラっとする態度からなんとなくモヤ〜と重い感じに宮藤官九郎の演技でガス抜きされました。
浅野忠信演じるおとーさんは頑張りすぎだよ。

(2017年製作の映画)

3.1

小市慢太郎さん、憧れます。
ヒロインの方が美しすぎてあまりリアリティを感じられないけど。
でも素敵な女優さん。

逆光の頃(2017年製作の映画)

3.6

面白い。
さらっと観れて、まだ観たいと思わせてくれる。上品で情緒ある良作。
観て良かった。

笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ(2017年製作の映画)

3.5

100年を生きるとはなんて凄いこと。
むのさんと早稲田の学生さんたちのディスカッションが一番面白かった。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.9

バレエには疎いけどこの人の凄さは伝わる。本当にすごい人なんだなあ。
彼の親友の振付師の方も素晴らしかった。

ローマ法王になる日まで(2015年製作の映画)

4.4

フランシスコ法王と同じ時代に生きられることに感謝。
最近キリスト教会の醜聞を題材にした映画を目にしていたが、民のために奔走するこのような方が法王になられるならキリスト教も捨てたもんじゃない。(私は信者
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.7

原作を読んでてよかった。
でないと忍びの価値観は理解できなかった。
主演を贔屓する気はさらさら無いが、無門は彼にハマっていた。
そして談春さんの悪い顔がさらにハマっていた。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

そうそう。
無理な時は無理。
限界な時に効く薬は時間しかない。
結末に妙に納得。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

主人公の環境と対比する 映像の美しさに救われた。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.5

静かで絵画的な映画。
誤解を恐れずに言うなら退屈な映画。
数々の名言がちりばめられていて生きていく重みを感じる。
ターシャさんの生き方は尊敬するが、自分には無理❗️

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

イタイ映画ではあったが、17歳なら良いじゃないか。良かったよ❗️