海老さんの映画レビュー・感想・評価

海老

海老

家族向け映画多め。ホラーは苦手。
レビューを読むのは感動を反芻できるので好き。

日が浅いので旧作知らず。いわゆるニワカ。

どんな映画にも好き嫌いがあって当然、を信条として、人の好みをとやかく言うのはタブーとしています。つもり。

映画(143)
ドラマ(0)

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

最近ちょっと脳が疲弊してきていたもので、そんな時は甘いものか映画ですよね。
勿論映画にしました。
どうせ味わうのなら、スイーツじゃなくてロック様の妙技でしょう。それも、とびきり、頭空っぽで観られるもの
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

2.5

本日2本目。
前作は、評価は思わしくない中でもそこそこ楽しめた事もあり、今作も期待しすぎず観ておこう、と劇場へ。

率直な感想は
「結局人類は何と戦っているのか。」
「悩むのとブレるのは違うぞ。」
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.7

娘のリクエストで。
原作のピーターラビットは触れたことがなく、あの優しくも、淡く儚げな絵柄のイメージしかなかったです。

予告編からして、そんな雰囲気は皆無な跳ねっ返りのヤンチャな(じゃ済まされないほ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.2

ダークナイト観といて、これ観てないとかタワケめ!とフィルマ仲間の方に推薦され、今更ながら鑑賞しました。

面白い。
知的なのにエンターテイメント。
観た後、絶対誰かと話したくなる。他の人の解釈を聞きた
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.1

先日は、ボルダリングへの想いを、年甲斐もなく地団駄踏みながら散らし、お目汚しをしました。
それでも暖かい言葉で抱擁してくれるフィルマの皆さんの懐の深さには頭が上がりません。

さて、口直しというわけじ
>>続きを読む

ラスト・ホールド!(2017年製作の映画)

1.3

※本レビューには専門用語が登場します。
※鼻息荒いです。

並々ならぬ期待を抱いていた映画です。
何故か。
出演者のファン?違います。
監督のファン?違います。

ボルダリングが好きなんです!
何しろ
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.6

個人的映画の日の3本目。最近有給を映画に使ってばっかり。

映画と関係ないのですが一つだけどうしても自慢したいことが。もともと大して混まない映画館が平日の夕方で閑散も絶好調でして、まさかの僕一人しか客
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

出鱈目な構成。
出鱈目な人々。
出鱈目かもしれない告白。
そして何より出鱈目に面白い。

こんなにも面白く魅せる作品とは知らず、油断していました。

ドキュメンタリーの番組のように、インタビューに応じ
>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

3.3

10時の映画祭。
ついでに個人的映画の日。

ボブ・フォッシーの自叙伝映画。

恐ろしい作品だった。
ミュージカル映画に詳しくはないですが、僕が観てきたミュージカルは、華やかさや楽しさ、ハッピーなもの
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7

知ってはいたけど観たことはなかった過去作。
可愛くも勇ましい冒険活劇で、古い映画ながら、子供の純粋な好奇心、勇気に心を打たれました。

宝の地図を見つけたのなら、計画も何もなしに自転車で飛び出す、子供
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

2.6

マイティ・ソーがライフルを携えて大暴れする映画!なんて、気楽に構えて観られれば良かったのですけれども…
悲しいけど、これ戦争なのよね。

12人 vs 5万人!
派手な謳い文句ではありましたが、実際に
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.8

とても暖かく、とても興味深い話でした。

こういう話に触れると、
「差別とは?」「平等とは?」が、どうしても頭を巡ります。

全身不随の気難しそうな富豪と、粗暴な若者が次第に心を通わせていく物語。その
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.8

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。
本作で締めといたします。

僕のオールタイムベスト級の作品です。
初めて観たのは小学生の時で、そこから何回観たのか分かりません。ここ15年ほ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

悪くはなかったです。
でも良くもなかったかな、という感じで、評価が振るわないのも確かに、という感想です。
Yahooレビューの星1ラッシュは極端過ぎると思いましたが…誰かのアンチでもいたのか。

これ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。

旧作に疎いニワカ仕込みであることと、何よりホラー作品が苦手ゆえ、今まで敬遠していました。
ホラーの割に怖くは無い、なんてレビューも結構ある
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.7

毎年、この時期に反省することがあります。

「ゴールデンウィーク舐めてた」です。

レジャー施設は混雑が酷かろうなと、いつもガラガラに空いているリス園に行ったんです。ったら50メートル超えの大行列です
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.2

TOHOシネマズ常連のマストアイテム「シネマイレージカード」のマイル特典の一つに一ヶ月フリーパスというものがありまして。
言葉の通り、一ヶ月間映画が見放題という夢のパスですが、厄介なことに利用時はチケ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.2

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。

随分前に観ているのですが改めて鑑賞。
舞台が2019年ということもあり、現実がAKIRAの世界に近づいてきた節目でもあります。

まず、こ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

アベンジャーズが素晴らしかったので、しっかりMCUの作品を追いましょう企画。
最近そんな追っかけが多くて追いつかないです。僕もタイムストーンを使いたいのですが、自然の摂理に反するでしょうか。

さて、
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.5

調布市在住で新宿勤務の僕には妙な共通項の多い作品でした。僕の勤務地は破壊されませんでしたが。笑

日本のアクション映画も結構派手になってきたなと素直に感心します。体が変形していくギミック感や、重力を無
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

3.7

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。

アニメ作品ということさえ知らずに観ました。

このご時世(といっても20年前ですが)に、ここまでシンプルなストーリーをぶつけている事が凄い
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.6

大興奮しました!至福!!
MCUを観ていなくても最高の映画、
観ていた人には極上の映画だと思います。

僕自身、MCUシリーズは半分くらい抜けていまして、シビル・ウォー、ハルク、旧アベンジャーズなど色
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

アベンジャーズを前に鑑賞しておこうと思いまして。観てなかったんかい!と言われそうですが、今更鑑賞でございます。しかも今日テレビでやってたんですね。知らずにレンタルしました。笑

そもそも僕はアイアンマ
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.4

この作品、本当に素晴らしい大傑作だと思います。
ダークナイトトリロジー三部作のレビューを書き終わったら、本作のレビューを書き直そうと決めていました。(再投稿です)
もっと多くの人に知ってほしい。
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.8

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。
ダークナイトトリロジー完結編。

こんなにも人間臭く、弱さに足掻く孤独なヒーローは観たことがありません。随所で見せる、人間として身体の限界を
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。
ダークナイトトリロジー第二部へ。

あまりにもカッコ良すぎた。
あまりにも刺さった。

光と闇、正義と悪、その境界線はとても脆く、価値観や見
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.9

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。
ティムバートン監督、ノーラン監督のバットマンを順に。

黒く、静かに生きる姿がかっこいい。

単なるアクション映画かと思っていてごめんなさい
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

3.5

レディ・プレイヤー1をキッカケに過去作を追いかけよう企画。僕みたいなニワカには、昔の作品を追いかける良い機会です。

バットマンといえばノーラン作品が有名に思いますが、まずティムバートン製から。恥ずか
>>続きを読む

ジャックと天空の巨人(2013年製作の映画)

3.6

低評価(というより評価自体が少ない)の割には面白かったです。

冒頭、童話の読み聞かせの際のあまりに稚拙なCGアニメに不安を覚えるものの、その後の映像はなんら問題なく、物語も楽しめました。

誰しも知
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.2

妻と子供が観たいと言うので付き添い。

あまりコナンシリーズに詳しくないのですが、警察、検事、公安とかの組織とか、組織間の力関係とか普通に出てくるものなんですね。子供は分かるのかな?

不可解な殺人事
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

やべえ。
なんて言葉は吐きたくはないのだけど、やべえ。笑

これは名作映画の祝祭でしょうか?
怒涛の勢いで押し寄せる情報量。あれも、これも、全てがエンターテイメント。
バックトゥザ・フューチャーのデロ
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

2.8

この楽しげなポスターのミスリードは如何なもんでしょうね。加えて矢口監督ですから、コメディ路線かと思ってしまう人がほとんどでは。

コメディじゃないからダメってわけではないんです。どうにもイマイチ好きに
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.3

公開当時の自分に告ぐ。
休日だからって寝てないで、今すぐ映画館に行きなさい。後悔するから。

はい、後悔しています。
なんで公開当時に観に行かなかったのか。なんだこれは。めちゃくちゃ面白いじゃないか!
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.2

評価があまり宜しくないこともあり、変に気負わずに観よう、と楽な姿勢で映画館へ。
これは新生パシリムなのだと思いつつ、観た結果の感想は正直に。

ロボットvs怪獣映画 としては満足でした!
ただ、初代パ
>>続きを読む

ガーディアンズ 伝説の勇者たち(2012年製作の映画)

4.0

たまたま目にとまり、何の気なしに観たのですが、これが思わぬ掘り出し物でした。
面白いじゃないですか!
個人的には、ドリームワークスのアニメ作品ではヒックとドラゴンに次ぐお気に入りです。

日本では劇場
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

これは楽しい!
敷居の高くない緩いノリの邦画って大好きです。面白かった!

片方の人間の記憶喪失に乗じて、互いの立場を成り行きで交換する話。売れない役者と裏稼業の人間が入れ替わる、コメディ一直線な設定
>>続きを読む

>|