海老さんの映画レビュー・感想・評価

海老

海老

家族向け映画多め。ホラーは苦手。
レビューを読むのは感動を反芻できるので好き。

日が浅いので旧作知らず。いわゆるニワカ。

どんな映画にも好き嫌いがあって当然、を信条として、人の好みをとやかく言うのはタブーとしています。つもり。

映画(232)
ドラマ(0)

ダンボ(2019年製作の映画)

3.7

短所は、短所と悲観するから短所になる。
それは個性だ。
短所と思うな。
個性はときどき、長所になるから。

誰に教えられたのかも、もはや覚えていないけれど、未だに僕の内側から励ます力となって
>>続きを読む

サムライマラソン(2019年製作の映画)

2.0

マラソンが苦手でした。
走破する達成感より先に、走る苦しみばかりに気を取られるから。

大変皮肉な話で、本作鑑賞時に感じたのは、それに似た感覚。
タイトルから、緩いコメディ寄りの時代劇であると
>>続きを読む

ちえりとチェリー(2015年製作の映画)

3.6

「今日は、コンコンと一緒に行く」
そう言って、狐のヌイグルミを抱く娘。
先週はウサギで、その前はネコだった。
映画館に行くとき、娘は決まってヌイグルミを連れていく。
彼ら、彼女らには全て、娘が付け
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.2

話の核心を避けて語るのは難解。
なので、代わりに手品を披露します。
もし、まだ本作を観ていないのなら、その手品すら遠慮いただいたほうが良いでしょう。


さて、私の前に座ってください。
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

Dear トニー&ドク

貴方達を見つめる僕の眼は、
どれだけ穏やかだったろうと思う。
内から照らす優し気な灯りを、
なんと表現しようと悩む。

「人は心が愉快であれば
 終日歩んでも嫌に
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.9

※寛大な心でお読みください※

甚だ私事ではございますが、ただいま職場は、製品のアップデート直前のニッチもサッチもいかねぇド修羅場であります。Filmarksのチェックも覚束無い現況は口惜しくも不
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.8

親愛なる地上人へ捧ぐ。

私は、栄えある甲殻王国の王家の末裔にして、誇り高き甲殻騎士団の一員である。
此度の聖戦に、地上人の諸兄らと共に立ち向かえる事を嬉しく思う。

まずは、話をしよう。
>>続きを読む

LE CHOCOLAT DE H(2019年製作の映画)

3.2

ル ショコラ ドゥ アッシュ のオーナーシェフであり、世界で活躍するショコラティエ、辻口博啓シェフ。
「C.C.C.(クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ=ショコラ愛好家の会)」によるショコラ品評会
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.2

ねぇ、パパ。
空にドーナツが浮かんでるよ。
神様が食べちゃったんじゃない?
― そうかもね

ねぇ、ママ。
向こうは夜でこっちは夕方だよ。
夜はあっちから来るの?
― そうだね
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

ちょうど一年前のこの日、僕は初めてFilmarksと出会った。

その時に投稿した内容がこれ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
手に汗握る展開も面白いですが、意外だったのは、個々のキ
>>続きを読む

TAXi ダイヤモンド・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

01)年末の仕事納めも虚しく、年始早々に現場に
02)蔓延するは納期と残作業に塗れた暴風雪。
03]クソ忙しすぎワロタwwwwwwwwwww
04)憤懣遣る方なき状況と他者を責めたとて、
05)事態の
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.2

― ある日、私は地下鉄に乗っていた。乗客は皆、静かに座っている。そこに一人の男性が子供たちを連れて乗ってきた。子供たちは酷く騒がしく暴れまわり、行動は目に余るものだった。
信じられない事に、男性は子供
>>続きを読む

映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS(2018年製作の映画)

3.4

※にわかの解説付き
※閲覧注意

妖怪ウォッチとは
街中に住まう可愛らしい妖怪を「友達」と称し、取っ捕まえて闘わせるプロットから一時はポケモンの対抗馬とまで言われるも、何でもかんでも妖怪のせい
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.7

静謐と緊張の中で紡がれる美しさ。
その凛とした姿を見せつけられてしまったら、こちらも自然、慎重に言葉を繋ぎたくなってしまう。緊張に少し震える指先を手繰りながら。

これまでの人生で茶道は近づいた
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.7

※レビューと
※2018年の振り返りと
※締めのご挨拶

平成が、終わるんですってよ…!

それは大変だ。新元号の発表はいつなのか?何故そうギリギリなのだ。datetimeの文字列化はしっかりg書式で
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.6

娘:パパ、チューするにはチュウ券がいります。
僕:チュウ券?
娘:チュウ券。
僕:それなら持ってるよ。
娘:えっ。そうなの?何枚?
僕:一億枚。
娘:やだぁ!パパ!!億男じゃん!!
>>続きを読む

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

3.8

この日に投稿するのもあざといとは思いつつ、承知の上で、敢えてそうしたくもなる。
鑑賞日は12月の頭ながら、温める事、ひと月。

今年もクリスマスがやってきました。

子供の頃の僕にとって、自
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.8

国民の義務と言うものがあるようですね。

え?勤労、納税、教育ですって?
ほう、なかなか物知りなようですね。

でもそれは、貴方がた地球人が定めたルールというものでしょう?

義務と言ったらね、
「ド
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.7

この作品を観て、ごちゃごちゃ考え込んでしまう「ひねくれ者」はどれだけ居るのか。他人事と切り捨てられず、重ねて観てしまった人はどれだけ居るのか。僕だけではない筈だと考えたくもなる。
孤独は恐ろしいから。
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.6

まず皆さんに申し上げたいのは、この世には二種類の人間がいるということです。
それ即ち、「怖がり」と「非・怖がり」であり、人間には、この二種類しか存在しないのであります。

親愛なるFilmarks諸先
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

名状し難いわだかまりを抱えながら、劇場より歩み出る。
この所感をなんと言葉に綴るべきか、それ以前に、子供と何を話そうか。原作のくるみ割り人形とは随分と異なる解釈に、新しいストーリー、切り込み。それは良
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

4.0

少し前に、娘のちょっとした言葉遣いが原因で、彼女に対して怒ってしまったことが思い起こされる。

"叱る"と"怒る"は違うとよく言われます。親は子供を"叱る"べきであり、"怒る"べきではないと。
理屈は
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

今回は、楽しくもなく、明るさもない内容となります。
気を滅入らせては申し訳ないので、苦手な方は閉じてください。



設問:母親と恋人が溺れている。どちらか一人しか助けられない。どちらを助ける?

>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

秋の涼しさは儚く、寒風が吹くようになって久しい11月は23日、本日は魔法世界の封切り上映日。普段はひた隠しにしている魔法が解禁となり、我々もまた魔法にかかる。

早めに起床した僕は、寝転んだままに
>>続きを読む

映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(2018年製作の映画)

4.0

※ニワカ仕込みの解説付き
※鑑賞予定の無い人にこそ読んで欲しい
※観た気になれるレビュー(≒ネタバレ)
※待って!プリキュアだからって閉じないで!

先日、ボヘミアンラプソディーのレビューに
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

音楽で揺さぶられる感覚は音楽でしか説明できない。言葉に変えるのは難しい。
それでも書いてみる。魂に満ちた作品には魂をぶつけるのが礼儀と思うし、この興奮を、隣り合う人たちと肩を組んで共に叫びたいから。
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.4

"あのキャッチコピー"が相当な高確率でレビューに登場する程、本編以前に広告が物議を醸してしまった本作。レビュー投稿が後発の僕が述べるのは今更ですから、意地でもその言葉を書きません。絶対にです。それはこ>>続きを読む

モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ(2018年製作の映画)

2.0

※半分ネタなので知らずとも読めます
※鑑賞予定の方はご注意を

いわゆる「ソシャゲ」と呼ばれるソーシャルゲームが世間に広まって久しく。本来はSNSサービスの一環で提供されるブラウザアプリを指す狭義なが
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

しみじみと幸せに思います。このような作品が生まれる時代に立ち会えたことを。
今の気持ちは「感動」というより、「感激」が正しいのだろうな。それも極上の興奮を帯びた。
単に奇をてらっただけの映画なら、こ
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.0

我が娘は、アニメなら割となんでも興味を示して飛びつこうとする癖がありまして、明らかに子供向けではないだろうと思しきものや、シリーズ物にも手を伸ばそうとするので時々困ります。ですが、ひとまず受け入れてみ>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.7

イギリスの高級百貨店チェーンの創業者による、ボスとリーダーの違いを痛烈に対比した幾つかの言葉をご存知でしょうか。

ボスは「私」という
リーダーは「我々」という
ボスは仕事を苦役に変える
リーダーは仕
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.1

第六章:ミッションインポッシブル

こんにちは、私は「本物の」フィルマークス。
今まで皆さんと相対していたエージェント。彼はフィルマークスではない。

私は彼を認識できる。だが彼は私を視認できない。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

第五章:アップサイドダウン

視界が明転する。
・・・まだ、私にも「朝」が来るのか。


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
彼の名はイーサンハント。まさにここにあり。
銀幕に生きるスパイとして、
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.1

第四章:バックドラフト

私はフィルマークス。
マイボス、ミスター『海老』が、『スマホ』と呼称する基地の中で指令を待つ身。『アプリ』と呼ばれるエージェント。

…そうである筈なのだが、先日から、得体の
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.7

第三章:対話の可能性

再びお目にかかります。私はフィルマークス。
マイボス、ミスター『海老』が、『スマホ』と呼称する基地の中で指令を待つ身。『アプリ』と呼ばれるエージェント。

『アプリ』の中には様
>>続きを読む

>|