海老さんの映画レビュー・感想・評価

海老

海老

家族向け映画多め。ホラーは苦手。
レビューを読むのは感動を反芻できるので好き。

日が浅いので旧作知らず。いわゆるニワカ。

どんな映画にも好き嫌いがあって当然、を信条として、人の好みをとやかく言うのはタブーとしています。つもり。

映画(195)
ドラマ(0)

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.6

とても叙情的で、とても「特徴的」な恋の話。
「そんなわけあるか!」と、居酒屋で馴れ初めを聞かされた友人が叫ぶほどに。

マイペースでおっとりしている朝子が、全く同じ顔をした麦(ばく)と亮平の二人と恋を
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.7

今年の秋に6歳になり、来年から小学校へ入学する僕の愛娘。孫の為にと、僕の母が用意してくれた、赤いランドセル。初めてのランドセルを背負い、誇らしげに満面の笑みを浮かべる娘の姿から、あの赤い風船を連想しま>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.5

偽物とは、本物に似せた作り物を指す概念であり、種々様々な「作り物」に僕らは囲まれて生活している。その作り物に悪意があろうとなかろうと。

無論、僕らが愛してやまない「映画」も、作り物である事は言うまで
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.8

遊び心に満ちた作品へ遊び心で応えましょう。

※このレビューに蟻を24匹隠しました。
※本注釈及び「蟻」という直接表現は除く。
※文末に解答あり。
※10匹見つけた人は注意深い人
※15匹見つけた人
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.9

蟻は、自身の400倍もの重さの物を持ち上げる力があるが、その自覚はない。

これは僕の敬愛する小林賢太郎の舞台演劇の台詞の引用。蟻という生き物は、力強さの象徴として用いられる事があるのと同時に、小さく
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.6

「ラストきっと、このタイトルに涙する」
そんなキャッチでヒットし、昨年は北村匠海さんと浜辺美波さんのダブル主演で実写映画もヒットした小説「君の膵臓を食べたい」が、今度はアニメ映画として再び脚光を浴びる
>>続きを読む

映画 ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~(2018年製作の映画)

2.7

原動機を動力とする車輌が有り、
傍に童心を携えた少年が在るならば、
その車輌が人型兵器に変形する浪漫は、もはや止められぬ宿命である。
ー トーマス・アルバ・
>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

2.7

何故、海老は前回のレビューで柄にもなく遊び半分のショートショートなどを創作したのか。それは本作、ポノック短編劇場へ向けての布石でありました。
急に創作意欲に駆られて勝手に滑ったわけでは、決してないので
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.6

手元さえ見えない暗闇に包まれた部屋の中、私は静かに眠っている。夜は冷たい程の静寂に支配される、整然とした暮らし慣れた部屋。
午前6時、急激に明転する灯りが視界を白く焼き、眩しさに瞼を瞬(しばたた)く
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

夏休み子ども科学電話相談というラジオ番組がある。小学校の夏休み期間中に放送される番組で、子供の、無垢で可愛くそれでいて少し可笑しい質問が、この時期の風物詩となっている。

その番組で、ごく最近に話題と
>>続きを読む

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018年製作の映画)

3.2

『これは未だ人と人ならざるものの世界が分かたれてはいなかった古の物語。』
そんなナレーションで幕を開ける、北欧神話を彷彿させる聖戦の世界。

原作者の鈴木央先生といえば「ライジングインパクト」。ジャ
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

日本人女性に多い、末尾に「子」のつく名前。
その名前をカタカナにして、最後に「フ」を足してみましょう。
美智子 → ミチコフ
佳子 → ヨシコフ
まる子 → マルコフ
激しくロシア人ぽくなります。不思
>>続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(2018年製作の映画)

3.5

本レビューは感想より解説が多いので、戦隊モノに疎い方にも読み易く工夫したつもりです。とは言え僕も大して詳しくないので、百戦錬磨の戦隊マニアの皆様におかれましては、寛大な眼で眺めつつお口にチャックで宜し>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

※ネタバレ無し
※全ての引用が分かったら変態

この作品のレビューがタイムラインに流れ始めて、どれくらい日が経ったのだろうか。度重なる高評価だけれど、映画はチョコレートの箱のようなもの。開けてみるまで
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.4

闘病しがちで幸の薄いキャラを演じがちの浜辺美波さんが、勢いのあるラブコメで主演を務めるらしい。

誤解しないでくださいね。映画は楽しみましたが、浜辺美波さん目当てではございません。

5歳の娘
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.2

ピクサーはいつでも、夢を見させてくれる。
それは、煌びやかで別世界の幻想というよりは、少し身近で親しみやすく、隣に寄り添ってくれそうな夢。

前作「ミスターインクレディブル」では、ヒーローの華々しい活
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

3.8

タイムラインに赤いヒーローが流れ続ける中、あえての緑のヒーローを。グリーンランタンではありませんよ。

原作を知らない人に軽く導入を。
本作、ヒーローアカデミアとは、世界人類の大半が特殊能力を持つ超人
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

Filmarks占いというものをご存知でしょうか。
やり方は簡単。
① 検索サイトGoogleにアクセス
② 検索ワードに「Filmarks ◯◯」と入れる
※ ◯◯部分は自身のハンドルネーム
>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.4

今週もひどく疲れた。
疲れた時には、アホな映画が観たくなる。
どうせなら、とびきりなのがいい。

周囲に自分はどう映るのだろうか、という疑問は折に触れて湧いてくるものですが、文章だけがソースとなるネッ
>>続きを読む

運命じゃない人(2004年製作の映画)

3.9

同監督の「鍵泥棒のメソッド」がとても好き。
物語に起伏が無いわけじゃないのに、控えめで粛々と進行していく雰囲気が。厳格とか淑やかとは違う。「絶妙な緩さ」という、口当たりの良いアッサリ風味。

それは本
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.8

朽木白哉隊長の鼻の穴が卍解していました。
現場からは以上です。

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.4

面接官「始めましょう。まずは仕事の説明から。この仕事は言わば現場総監督です。責任は非常に重く、大変に重労働。多くのスキルも求めます。そして勤務は週に7日の365日。休みはありません。え?勿論、合法です>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.8

「反体制」のパンク。ありとあらゆるパンク。
はっきり言って最高。
はっきり言って最低。

これは参ったなぁ。
強烈な狂気と皮肉と混沌を前にしては、どんな感想も的を射貫けないし、何を言葉にしてみたところ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

仕方のないことではあるけれど、
事実として、僕はSWに詳しくない。
がっかりした顔を向けられ、
お前は、この歴史ある作品の良さが
わかってない!なんて言われたりする。
ラーメンと同じ。好みの差はあるよ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

大切なことを刻み込んでくれる。
何度も繰り返し思い出させてくれる。

現実の世界においては、「個性を磨け」と煽りながらも、出る杭は打たれるし、集団から逸脱する事は反発が付き物なのが常。「同じこと」を善
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.5

季語というものがありますね。
季節を連想する言葉の数々。夏の季語にも色々ありまして、菖蒲、蝉時雨、五月雨、団扇、雨蛙、睡蓮、鰹、浴衣、蝸牛、…それから、冷やし中華、TUBE、ポケモン映画。

はい。夏
>>続きを読む

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

4.2

これほど釘付けにされるエンドロールを見たことがない。

何事にも消極的で、周囲からは頼りなく無気力と思われている、クラスに一人や二人はいた普通の少年、ノロブこと内藤宏伸。写真部の幽霊部員である彼を中心
>>続きを読む

デビルマン(2004年製作の映画)

1.0

※鼻息荒いので苦手な人はスルーしてください

僕は、何事にも「真」剣に、「真」っ直ぐに取り組んで欲しいという願いから、子供に「真」の字を授けました。
趣味も仕事も学業も、何であれ、真剣に向き合うからこ
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.5

皆さんにとって、「クレイアニメ」「ストップモーションアニメ」と言えば、何の作品が思い浮かぶでしょうか。
KUBO、犬が島、コラライン、コープスブライド…。新旧様々な名作がありますし、人それぞれの思い出
>>続きを読む

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

4.0

僕には、学生時代の恩師と言えば、即座に浮かぶ人が二人います。
一人は中学1・3年制の担任の先生。
もう一人は大学時代の研究室の教授。
どちらも非常に厳しい人でしたが、幾つかのとても大切な事を教えてくれ
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.7

悪ふざけも真剣にやれば、
もはや悪ふざけではなくなる。

バットマンが戦国時代にタイムスリップしたらどうなる?という、あからさまに奇天烈で、割りかし誰でも思いつく設定だが普通は妄想かチラシの裏で終わる
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド(2018年製作の映画)

2.9

皆さんにとっての、思い出の特撮ヒーローは何でしょうか?
男の子ならば、いや女の子もかもしれませんが、思い出の一つ二つはあるくらいに、昔から親しまれ続ける特撮ヒーローという日本文化。僕の場合は「特警ウィ
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星(2018年製作の映画)

3.8

みんな、何かの役目を持って産まれてくる。
その何かに気付けたとしたら、
それはとても、幸せなことだよ。
ジャムおじさ
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.8

今の環境によく合う上に、近く続編も公開されることもあり、子供と一緒にレンタルで再鑑賞。
初鑑賞時は20代。今になって観ると、色々と見方も変わって来るものです。

爽快なヒーローの活躍劇に仕込まれた、案
>>続きを読む

しまじろうとおおきなき(2015年製作の映画)

3.8

とある事情で、今更ながら旧作を引っ張り出して見ます。…って総Mark数の何と少ないこと…。

子供向け映画や大人向け映画は数あれど、「親子向け映画」というジャンルは稀有に思います。作品の性質上、ターゲ
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.2

えもいえぬ感嘆と感激。
そんなものは無い。あるのはただ、
矛盾のほころび。
少し余韻に浸りながら思慮すべきか。
緻密に縫い合わされた物語。もう
いいや。それは有り得ない。
「単なる逆再生でしょう?」
>>続きを読む

>|