にしざわこーきさんの映画レビュー・感想・評価

にしざわこーき

にしざわこーき

映画館で観れるのは今だけなんだからおもしろい映画は何度も映画館でみないともったいないだろうが主義

映画(71)
ドラマ(0)

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.7

レジーミラーのカースタントと嫁に追い回されるクリスウェバーと空手をやるシャックとそれに殴られるカイリーアービングが観れる唯一の映画。そしてウェバーが終始ボケ続けてるのとアーロンゴードンのヒールが面白す>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.1

SNSって人の個性というか本質が透けて見えるのが嫌ですよね。
SNS見てて「ん?」毎回させる人が必ずいると思うんです。鼻につくというかこいつやべえなって直感的に感じる人ですね。
以下twitterにい
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.6

マンガ『響』の大ファンとして鑑賞。
やっぱり2時間だと物足りないというか、「響」の良さは見えてこない。
でも役者1人1人のマンパワーというか小栗旬や柳楽優弥のハマり方にびっくりする。

とりあえずアヤ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

今年一番話題になった映画。
見ればわかるというか、こういう映画はもしかしたら似たのは昔もあったのかもしれないけどその最高峰なんだと感じます。とにかくわかりやすく変な拘りなくできている為作り手の自己満足
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

程よい娯楽作品。オーシャンズ11よりも主要キャストが減ったのでそのぶん掘り下げがあって感情移入できそうです。

ちなみに『オーシャンズ』っていうのはリーダーの名前が『オーシャン』であることに由来してい
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.7

不思議な年上のおねぇさんと大人びた少年。そしてそのクラスメイトとの不思議な夏休みの体験。
よくある話やんと思うかもしれませんが夏休みの映画はそれが大事なんです。
夏休みというのは『家族』という要素が介
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.4

宮崎駿監督がまた引退を撤回しましたね。
喜ばしいことではありますが、それでもあと何作見れるかわからないという現実にはなかなかの寂しさを感じてしまいます。
思い返せばジブリ作品は何年かごとに新作が出るの
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.7

このレビューを書くにあたって検索欄で『美女と野獣』を検索しました。
やっぱり名作なだけあって古今東西、アニメ、実写色んな『美女と野獣』があるなぁと感心したものです。
そんなことを思いながら下にスクロー
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

「恐竜」ってなかなかにキツイネーミングだと思いませんか?
だって「恐ろしい竜」ですよ?実際に見たこともない生き物に対して失礼極まりないですよね。しかも空想上の生き物の竜と比較して恐ろしいって言ってるん
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.2

ラブストーリーかと思ったらコメディだらけでめちゃめちゃおもしろいです。
最早ただのラブストーリーを演じるだけでは収まらなくなった山田孝之と長澤まさみが笑いと人間味全開で佐藤二朗、ムロツヨシと一緒に「ど
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

原作がめちゃ好きな漫画なので鑑賞。
大泉洋のマンパワーでまとめ上げた感じで原作とは違った良さがあります。
この漫画で一番好きなシーンが映画にもちゃんとありました。

店長が、「喧嘩したわけじゃないんだ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.8

あんまり洋画は見ないんですが、こういうパニックモノが大好きなので鑑賞。

「遺伝子操作で巨大化した動物が大暴れ」という85000回くらい擦り尽くした設定でしたがめちゃめちゃ面白いというのは初めてこの設
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.5

この映画はラプラスの悪魔という理論を元にした映画でした。
物事の全ては物理的観点から予測を行うことができ未来は物理予測の延長線上にあるという理論とのこと。つまるところめっちゃ頭のいい人なら未来が見える
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.6

人生において無駄なことをしないと言うのは大切なことです。無駄なことに時間を割いてやるべきことをやらない人間は一生成功しません。大人になるとそれがわかってくるのかだんだん無駄なことをしなくなります。缶蹴>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

4.0

監督脚本をみてもう半年以上前からずっとずっと楽しみにしてた作品。
正直観るまではどんなストーリーか全く想像つかなかったけど見てる間にテーマがわかって来ると落とし所が見えてきてすごく切なくなるストーリー
>>続きを読む

ラフ ROUGH(2006年製作の映画)

2.6

長沢まさみがこの世で一番可愛い。ただそれだけの映画。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

新参者シリーズらしいが自分自身が新参者シリーズの新参者なのが少しもったいなかった。ドラマとか見てなくてもめちゃ面白いし感動した。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

やってる映画館少なくてやっと鑑賞
松岡茉優史上最高の演技
正直最初はなんでこんなにレビューいいのかわからんかったけど観終わる頃にはずっぽりハマらされてる

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.4

久しぶりにやられたと感じるくらい見ていて楽しい作品。
とにかく世界観の作り方とかもういろいろ楽しい。
ずっと見てられる。
エンドロールをみると色んな種明かしがあってまた面白い。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

流石の映像美。雰囲気も見事の一言。
ただ、日本の三谷幸喜バージョンがハッピーエンド風にコミカルに終わるのに対してどちらともとれる煮え切らない終わり方が物足りなさを感じる。(これが本来の終わり方かもしれ
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.0

観る気は無かったけど時間が開いたので鑑賞。
評判ほど悪く無かった。
演技も全員上手でそこまで違和感なく見れた。(微妙だったのは蓮佛さんの金髪くらい)
ただ、鋼の錬金術自体がどんでん返し物というか伏線も
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.2

スタンダードなスポ根もの。
出演者が豪華でたくさんいるのに全員を掘り下げるのが上手。
もういっかいみたい

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.3

恋愛映画と見せかけたミステリー映画
後味も見心地もすごい悪いが、こんな映画を見たい日もあるという感じ。
強いていえば今日ではなかった笑笑

>|