はなかすちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

はなかすちゃん

はなかすちゃん

ギンレイホールにいます、たまに早稲田松竹にもいます
文量と愛は比例しません

映画(220)
ドラマ(0)

ラッキー(2017年製作の映画)

-

冒頭のラッキーのたたずまいとか光の感じとか暮らしぶりとかで、あ、こりゃ好きなやつだなって思って見ていたんだけど、前日の深酒&寝不足の眠気に抗えずうとうとし始めてしまい、気が付いたらハリーディーンスタン>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.1

リンクレイター、なんでもない会話のシーンを大切に撮る天才かよ~~。電車の中でド下ネタを話すおっさんと若者のシーン、早稲田松竹でお上品な老婦人の隣で見ていたのでどういう感じで見てるのかちょっと気になった>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

メリルストリープ、プラダを着た悪魔の鬼編集長を演じてた人とは思えない~~

周りから決めつけられた「自分ではなにもできないお飾りの社主」という立ち位置を、きっと自分はそうなんだとあいまいに笑って自分を
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.4

苦悩するリーアムニーソンの色気よ!
自分の所属する場所の正義と自分の正義がマッチしなくなってしまってからの葛藤する姿がまたええです。
娘を迎えにいったときの泣きそうな笑顔!!!最高か~~~!!!

2
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.1

模試の結果がよくて土手をチャリで爆走するシーンが風景の美しさもあいまってとてもよかった。急いで伝えたい人がいるのはいいこと。合格したときもしかり。
障害とされるものが自分の学力だけなのでまあ単調といえ
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.6

これまでなんとなくフランソワオゾン監督の作品と折り合いが悪かったんだけども今作は楽しめた!

単身パリに渡ったとき、婚約者が滞在していたというホテルのいかがわしさとか、知っているはずの人が他人に思えた
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

映像美。ジョニデの豪華な使い方。エルム街の悪夢で殺されて以来の出オチ感では。
ポルーニン、美ィ!


2018-85

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

最初のディズニーロゴのBGMあたりから音楽がメキシコ風になっててワクワク感高まる。音楽はどれもよい!死者の国も色彩鮮やかできれい!私も茄子に乗って戻ってくるよりマリーゴールドの橋渡りてえ〜
ダンテがき
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.4

ラストシーンで女の子を振り返るイザベルユペールの表情でずっと見てた。ず~っと不穏。


2018-83

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.7

ず~っとしんどかった…真綿で首を絞められるように、ゆるやかに崩壊していく。
声変わりとか、背が伸びるとか、そういうひとつひとつ、大切に喜ばれるべきものが無造作に過ぎていく。何もしなくても伸びる髪や爪、
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

大人のおとぎ話。冒頭から最後のほうまでしっかり性が絡む。あのモザイク要るぅ?
ナチュラルウーマンとの二本立てだったんだけど、自分が正しいと思っている人って本当におっかないなあ。もう少し余白があったら色
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

シェルター遠っ、、クマのリスクマネジメント力よ…泣ける…
2を見てから1を見るという邪道だったんだけど、1はやはりけものみが強いのね!グフグフうなる感じがきゃわいかった。耳垢ビフォーアフターもおもろい
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

4.0

元妻が何度も、「私たちは”普通”で」、と普通を連呼するんだけど、自分が普通であると思って疑わず、そうではない人は異常だと思ってる人は恐ろしい。彼らの尺度で「普通」じゃない人たちを糾弾していいと思ってい>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

4.5

はあ~~久しぶりに見たけど最高でした。
オープニングのエアギター、エアドラムしてからのタイトル、はやくも最高。
しかし初めて見たとき(小学生)は30過ぎて独り身で情けないドジばっかりで酒とタバコかっく
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.4

いや~~サイコ。出てくる人みんなやばい。
彼女に似ている(本人かはわからない)裸のパネルとプールで泳ぐシーン、美しいけど気が狂っていた。
いやこれ犯罪すれすれっていうか私なら普通に警察行く事案~と思っ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

前評判があんまり高かったので始まってしばらくの間は、大丈夫かな?楽しめるか?と思ってけど後半は声出して笑った。お仕事讃歌的で最後の方は感動してしまった。ポンッ!!!


2018-77

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.2

私もこういう脳天気な映画を真剣に作って生きていきたい
デミ・ムーアが出てきた瞬間にすごい笑った
死体役の彼になにがしかの賞をあげてほしい

2018-76

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.7

犬が出てくるCMですら号泣する私なので、案の定ハチャメチャに泣いた。パッケージに何回も転生して、ってあったからいつ犬が死んでしまうのか、非業の死を遂げやしないかとずっとはらはらしていた。お犬に対してイ>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.4

可愛さ500点満点!!!は〜きゃわいい!
私ほんとおちょこほど心が狭いからパディントンを見習って人の美点を見出す優しい人にならねばなあと思いました(感想文)
水中でお母さんが逃がそうとしてくれるも難し
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.5

いやあ見ることができてよかった。小さくて優しくて美しい、すばらしい映画であった。

女性監督らしい光の切り取り方や景色の撮り方もとても好き。

お互いだけを必要としあうふたりが小さいけど確かな日々を紡
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.1

ファスベン~~!全部の場面が新作発表の直前という時間的制約のある設定でやってるからちょっとした緊張感があって〇

2018-72

サンシャイン 歌声が響く街(2013年製作の映画)

3.4

朝起きたらジョージマッケイくんがトランクス一丁で卵かき混ぜていてほしい人生だった。家族か私か選べ!なんて迫れるの、本当強気だよなあ。そんな二者択一迫ってくるやついたら普通にいやだわ私。

2018-7
>>続きを読む

ラヴレース(2013年製作の映画)

3.2

うう~~~~女性が性的に搾取される映画は本当に苦手だ~~~~途中からストーリー台無しでもいいから猟奇殺人鬼が出てきて男たちを一掃してくれ…と願っていた。でもこういうありえない扱い受けてる女性きっとたく>>続きを読む

ラブソングができるまで(2007年製作の映画)

3.5

ヒュー様は何をやっても最高。来世ではなんかしらヒュー様と接点がある人間に生まれたい。借りたDVD、めっちゃ大事な追加の歌詞とヒュー様自作の曲に和訳がなくて、これわかんない人はまったく何が何やらわかんな>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.7

なんて優しい映画だよ。数字の処理はとってもはやいけど、感情の処理がめちゃくちゃ遅いネイサン。チャンメイと出会って感情が氷解していくさまが美しい。
手を繋がれること、触れられることに抵抗があったけど彼女
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.5

ドイツ版「グッバイ、サマー」感がある。3人が崖?の上に座ってた日付がちょうど鑑賞日と一緒という偶然にギュっときた。忘れられない夏になるんだろうなあいいなあ。やはりショートカット女子が好きだな私。>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.9

ダンスに行く前に自分臭いのかな?って身体とか髪を洗う姿に泣けた。自分はスウェーデン人たちと同じ一人の人間であるという意識の芽生えと、生まれた時から植え付けられている被差別意識がせめぎあっていて切なくな>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.7

なんというか非常に美しくて悲しいお話。度合いは全然違えど、田舎の村に育ったので、自然と遊ぶしかない感じ、魚とか廃墟みたいなものに残虐性がでる感じはなんとなくわかる。
母親があんなふうに狭いコミュニティ
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.6

救いがねえ~~~~!あの流れ永遠に繰り返すのか~~幸せになってくれ~~。韓国映画、お嬢さんを見たときにも思ったけど時間軸の使い方が巧妙で好き。最初のアクションシーンは1人称視点でゲームみたいだった。>>続きを読む

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

3.4

この監督のほかの作品はみたことなかったんだけど、1話目のお母さん(ビフォアシリーズのひと!)が野良犬の名前を言った時点でやべえ映画だと悟ることができたので、悪趣味さを気楽に笑ったりおいおいと思ったりし>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.2

ハギオ~~~!HAGIO~~~~~!ハギオや~~~~~~~い!はあハギオ。いるよねああいう何にも執着しないかっこいい男。くっそ~(私怨)

「あのあと君の友達の家に泊まって三日くらいずっと一緒にいた」
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

テロの場面メインかと思ったら、3人の旅行風景が多くて、なるほどなあと思う。普通の男性3人のバカンスとテロの場面が交互に切り替わるから緩急がすごい。普通の日常をぶち壊すのがテロなんだなと。私もいつの日が>>続きを読む

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

3.0

エリカリンダーの美しさだけなら★5でも足りないくらい。最高でしょ、悲しいときの不機嫌そうな顔!ッハ~~~美!!
美しすぎるエリカリンダーを拝めるだけで有難いので文句言っちゃいけないと思いつつも、ストー
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

とにかく強いシャーリーズセロン。最後まで誰が味方かわからない感じで見ていて飽きない。まさかソフィアブテラとのベッドシーンがあると知らず、ワーオだった。

2018-60

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

中東が舞台、法廷劇というだけで尻込みしてしまいそうな題材なんだけど試写会当たって鑑賞。いや、見ることができてよかった。
せっかくなのでイスラエル、パレスチナ、レバノンのことを少し勉強してから見たけど正
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.7

プラネタリウムっていうタイトルが文学的で大変よくない?この映画にプラネタリウムて!センス!
姉妹はやっていることは一緒でも、見ている景色が全然違う。ただあの雪の夜だけはふたりとも同じものを見て同じ感情
>>続きを読む

>|