etohyoshifumiさんの映画レビュー・感想・評価

etohyoshifumi

etohyoshifumi

映画(383)
ドラマ(0)

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.3

映像は綺麗だった
夏の空は流石の細田作品
しかし、それ以外はパッとしない
細田監督の事だから
作品に秘めてたテーマや主張があるはずだけど、終盤は寝てしまったので
面白くない部類の映画なのだろう。
コレ
>>続きを読む

キリング・ガンサー(2017年製作の映画)

3.5

ドタバタアクションコメディー
シリアスが続いてたシュワちゃんの
久しぶりのおバカ映画。
シュワちゃん出番が少ないとか、
ドキュメンタリータッチの作風で
無駄に尺を伸ばしてるとか
賛否は分かれるだろうな
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.0

猛暑から逃れる為に映画館に退避
ゴダールまったく詳しくないけど
たまたま時間が合ったから観賞。
予感があったが、思ったとうりぐっすり寝れた。
ヒロインは可愛いが、お話しが致命的につまらない。
結末は夢
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.4

おばけ屋敷的恐怖演出の典型的ホラー
呪いの同期がアメリカっぽい
武器のメーカーを恨むなんて
ただの言いがかり、
今なら訴訟になるのかな。

実在するお屋敷なんだから
増改築を繰り返した複雑な内部構造を
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.6

グロ描写多目のフランスっぽいリベンジスリラー

男どもは基本死んだら拍手👏なんだけど
主人公の彼女も、あんな男に引っかかって
あんな場所にあんな格好でいる時点で
同情の余地はなかった。

どてっ腹串刺
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

否応無くハードル上がった状態からの観賞だったが、軽々とハードル飛び越えた!
キャスティングが素晴らしい、
安藤サクラの化け物じみた演技には絶句
リリー・フランキー、樹木希林、松岡茉優
全てが見事だった
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

大変面白いパニックホラー映画

この手の続編やリブート物は
シリーズを意識し過ぎると楽しめないので
細かな事は考えずに大暴れする恐竜を楽しめばそれで良い。

恐竜の描写は流石の一言に尽きる
クライマッ
>>続きを読む

どうぶつ宝島(1971年製作の映画)

3.9

新文芸坐 東映動画オールナイトで観賞

通称「どたから」
よく出来た子供向けマンガ映画であるが
長ネコに比べてコストカットが伺える

長靴をはいた猫(1969年製作の映画)

4.1

新文芸坐 東映動画オールナイトで観賞

東映動画によるマンガ映画の最高峰
もう一つのカリオストロの城

太陽の王子 ホルスの大冒険(1968年製作の映画)

4.1

新文芸坐 東映動画オールナイトで観賞

50年経っても色褪せない名作
35mmフィルム上映で観れたのは貴重な体験

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.7

キャストも豪華だし、予告で流れるサザンの主題歌が良すぎて期待は増し増し

本編を観てみると、まぁ想定の範囲内か
ほぼ予想どうりの展開で、
映画的どんでん返しも無い。

2時間に収める為にテンポ良く進行
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

SF西部劇としてはソコソコ面白い。が、
SWシリーズとしては賛否分かれるのは納得。
スピンオフではあるが、
ローグワンと違いシリーズ1番人気のハン・ソロが主人公なので
どうしても旧作と絡めてしまう。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

予告の時点でこりゃ泣かされるなと思っていたが、
オギーや父親のユーモアセンスもあって
楽しいシーンも多かった。
難病物にありがちなお涙頂戴展開かと思わせて、
各キャラクターごとにパート分けした構成が見
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.7

評判が良いのでハードル高めで観たが、
軽々とハードル飛び越えて
スカイツリーまで越えた感じ。
数年に一度巡り会える面白過ぎる映画の
面白さを表現する術を知らないので、
クッッッッソ面白いから兎に角観る
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.5

新宿ピカデリーの絶叫上映で観賞
絶こりゃあ楽しい、叫上映とのマッチング最高!
こんな楽しい映画体験珍しい

上映後の舞台挨拶も良かった
クマラ・ヴァルマ・ジャイホー!

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

3.7

榮倉奈々の死んだふりレパートリーが微笑ましい。
仲良し夫婦のおのろけ映画。

リアルに観てしまうと、
あの嫁の散財は看過しかねる。

アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル(2018年製作の映画)

3.3

実質本編30分の短編映画
尺を稼ぐ為に二頭身キャラのショートムービーと実写パートが序盤にあるが
どちらも不要だった、
特に実質パートは単調な映像と解説文が流れるだけで、睡魔との戦いだった。
アレは何と
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

爆音絶叫上映で観賞
絶叫で観るには最適な一本
体感的エンターテイメントの傑作!
父と息子が同じ役者さんなので
初見だとこんがらがるかもしれない。
「王の凱旋」観ていない人には
あのラストは続きが観たく
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.8

アクションは見応え満点!
しかし、メイズでもきゃランナーでもなかった。
1、2を観ておかなければ理解に苦しむだろう、
せめて冒頭にこれまでのあらすじパートが必要だ。
主役のトーマスよりもニュートとミン
>>続きを読む

ダークサイド(2018年製作の映画)

3.4

B級サスペンスのケイジ映画
砂漠やアメリカの田舎町の雰囲気は良い感じだったが、
期待した程のサスペンスはなくあっさりネタバレ、
伏線回収無しの丸投げのラストに飛び出る「THE END」に思わず笑ってし
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.8

イオンシネマ名古屋茶屋の舞台挨拶回を観賞
ULTIRAの大画面とドルビーATMOSの立体音響は素晴らしかった。

今時のバットマンっぽさは無く
王道のヒーロー映画、
中島かずき脚本ならではの
勢いだけ
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.7

国内では撮影が難しい自動車映画だが
ラリーシーンの迫力や臨場感はとても良かった、車好きにも満足できるレベルだろう
取ってつけたようなヒロインは要らないから車のシーンを増やしてもらいもらいたかったな。
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

ベタなラブロマンスやラブコメは苦手だが
評判が良いので観てみたら納得!

コメディ要素マシマシで終始笑わせてくれる、ムロツヨシや佐藤二郎は流石
笑う長澤まさみはとっても素敵
心癒される映画だった。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

素晴らしいファミリー映画だった!
1作目のヒットで上がったハードルを軽く越えて行きやがった‼︎
ネタ満載で終始笑いっぱなしだったが
1番笑えたのがエンドロールというオチ
「インフィニティ・ウォー」で足
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

「パディントン2」の時に感じたが
CGによる動物の毛並のモフモフ表現は極まった、素晴らしいモフモフだった。
可愛くてハートフルなビジュアルに反して
強烈なバトルムービー
人が死なないデッドプールだ。
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.9

序盤の食事の注文や採寸シーンで
高貴なオジ様と田舎娘の立場を超えたラブロマンスかと思っていたら、
途中からの展開がまるでホラー!
静かに進むけど愛憎入り乱れる怖い映画

終始映像が美しい。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

田舎が嫌で都会に憧れる女子高生と
母親との対立を描いた思春期アルアル映画
日本においてもよくあるエピソードばかりでストーリーは平凡。
誰にでもある青春時代の1ページ
最後はレディバードではなく本名を名
>>続きを読む

恋のクレイジーロード(2018年製作の映画)

4.0

白石監督の解説付き上映を観賞したが
解説はほとんどなく実質絶叫上映だった。
田中俊介のサプライズ登場もあり
大盛り上がりのカオス状態。
人が死んだら基本拍手👏

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.3

「悪魔のいけにえ」の前日譚
理不尽惨殺ホラーを期待したが
サスペンス要素多めで流血控えめだった。
前作知らずに独立した映画としてみた方が楽しめる。
シリーズとしては完全に不要なエピソードでファンである
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.9

馬に乗って戦う米軍特殊部隊
嘘のような本当の話
主任務が敵基地の破壊などではなく爆撃誘導だったり、准尉がヘルニアになったりするのはリアル

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

ほんとに小松菜奈はスクリーン映えする女優さんだな、
しかし!本作のヒロインは大泉洋のような気がする。
アニメや原作とはラストは違うようだが
なかなか良い終わり方だった。
最近急増してる漫画の実写化や
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)(2017年製作の映画)

4.0

総集編三部作の完結編
新作の為に大幅にアレンジするかと思わせて、あるキャラクターの扱い以外は変更無しだった。
テレシリーズで観た展開であったが
クライマックス的シーンの連続で見応え満点!
劇場スクリー
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

北イタリアの夏の風景が美しい、
走ってる車が(6〜70年代のヨーロッパ車)のデザインが素晴らしい、
美味しそうなアプリコットジュース、
華麗な映画。
アンニュイな雰囲気なので眠気を誘うが
桃の斬新な使
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

「KUBO」「ぼくの名前はズッキーニ」に続くストップモーションアニメの傑作。
3作とも素晴らしい出来栄えなので
あとは観た人の好みの問題。
本作では特に音楽が素晴らしかった。
字幕版で観たが、キャラク
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇(2018年製作の映画)

3.5

前半は2199では描かれなかったデスラーのストーリー、
後半は地球波動砲艦隊とガトランティス艦隊との超密集艦隊戦、
この2大要素が本作の見所。
主人公であるヤマト、古代、雪の存在感が極めて希薄、
21
>>続きを読む

>|