etohyoshifumiさんの映画レビュー・感想・評価

etohyoshifumi

etohyoshifumi

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

良くあるファンタジー系ラブロマンスかと思って観たら、予想以上に良い映画だった。
導入から半ばまでは予告編で感じた予想どうりの展開だったが、
ラストにかけての展開は良い意味で予想を裏切る出来栄えで感心&
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.0

良い映画だった。
去年見逃したので観れて良かった。
こんなチャラい役やらせたら
オダギリジョーは天下一品だな。
去年観た「リングサイドストーリー」と
似た話だが、こちらの方がリアリティがあって好み。
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.2

面白い!
主要キャストの演技が素晴らしいが
特にニッチェ江上の熱演が印象的。
実際には仲良し兄弟って少数派だと思うので、兄弟がいる者にとってはアルアルネタで笑える。
今年観た邦画では暫定No.1

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.2

冒頭からの超絶アクションに圧巻!
斬新なカーアクション‼︎
そして韓国映画のお家芸、
容赦無い残虐描写。
韓国アクションでは最高の一本ではなかろうか。
ドラマ部の構成が少々ややこしいのが残念

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

ダーク、ファンタジー、ホラー、そしてミュージカル
ちょっと詰め込み過ぎでチグハグした印象
ダークファンタジーでちょいホラー程度で
ミュージカル要素は無くても良かった。
ヌメヌメした人魚の尻尾の質感は
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.0

公開時に見逃してたので
劇場で観れて良かった。
戦時中のイギリスで戦意高揚の為の「ダンケルク」映画を作るっていう映画。
劇中のセリフにもあるように
無駄なセリフを削った脚本は良かった。
ラストの完全し
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.8

ロープ1本で良くここまで話を膨らませるなと感心。
導入部から掴みはオッケー
音楽のセンス良し
ラストのオチはお見事

消された女(2016年製作の映画)

3.8

ホラーっぽいビジュアルだけどサスペンスだった。
信じられないけど実話ベース、
しかしかなりエンタメ方向に振っていて
韓国クライム映画に仕上がっていた。
ラストの展開も映画っぽくて面白い。

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.1

可愛らしし見た目に反して重い内容だった。
時間も短めで子供向けである事は間違いないのだが、
子供に分かり易いようにアレンジする事なく、キャラクターの境遇をストレートに伝えているのが良かった。
日本の子
>>続きを読む

星くず兄弟の新たな伝説(2016年製作の映画)

3.7

前作「星くず兄弟の伝説」とセットで観賞
前作同様、ハチャメチャで勢いだけでぶっ飛ばしてた。
主役の2人は好演していたが、
カメオ出演の皆々様の存在感が凄まじい。
ラストの井上順の歌唱は前作の尾崎紀世彦
>>続きを読む

星くず兄弟の伝説(1985年製作の映画)

3.6

懐かしい80年代のポップカルチャーが詰まっていてナウい。
映画と言うよりも映像作品。

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.4

美しい純愛映画であったが
ストーリーになんの捻りも無く
誰もがラストを予想できる構成に難あり
映画を盛り上げるラストのドンデン返しは必要だと思う。
もっと上手いやりようがあったはず。

羊の木(2018年製作の映画)

3.9

元殺人犯役の6人の演技が素晴らしかった
魅力的なキャラクターが6人もいるので
映画1本の時間ではキャラの掘り下げが浅いのは残念、
思い切って人数を減らした方が映画としては良くなったかも。
松田龍平はこ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

「スリー・ビルボード」
「RAW 少女のめざめ」と
3日連続でヘビーな作品を観たが
本作が1番重かった。
最近多い実話ベースな映画の中でも
最もドキュメンタリックに撮っていて
胸くそ悪くなった。
「ス
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

かなり強烈で観る人を選ぶタイプの映画だが、グロ耐性ある人なら見応えのある作品だろう。
ラストのオチがイマイチだったが、
主人公の少女がめざめて変化してゆく様の演技が素晴らしい。

グリーンインフェルノ
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.9

現在の認知症と連続殺人鬼だった記憶の設定が面白く作用していて楽しく観賞できた。
韓国のクライム物だから
ハードな描写を覚悟していたが
意外とエンタメ要素も散りばめていて
重たくなりすぎない。

お約束
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

凄く良く出来た映画だった、
今年観た洋画では暫定No. 1
全く先が読めない展開と
主要キャスト3人の演技にスクリーンに釘付け。
アカデミー候補なのも納得。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

原作もTVシリーズも未見だが、
一本のエンタメミステリー映画として楽しんで観れた。
劇場版「相棒」シリーズとは違って
独立した映画として観れるので
本作から新参者観始めても良いのではないか。
所轄警察
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命編(2018年製作の映画)

3.8

初日に観賞
OPがささきいさお歌唱の2番だった
やはり歌ありのOPは良いっ!
今回はガトランティス側の人間模様が主に描かれていた、
前作までの印象ではゼントラーディっぽかったが、実はガイゾックでした。
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.9

時間があったので、予備知識ゼロで飛び込みで観賞。
タイトルとポスターだけの印象では
ハートフルな親子の物語かなと思ったが、
ところがドッコイ!
シリアスでダークなミステリーだった。
全く予想していなか
>>続きを読む

ザ・リング/リバース(2016年製作の映画)

3.3

ホラー要素足りなかった。
これがリング再映画化の限界なのか、
あまり目新しいモノが無かった。
今時の薄型テレビから這い出すさまが
唯一の新表現。
これからも続きそうな終わり方だったけど
リングのシリー
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

2.8

今週のタマフルの批評作になったから観てみたが、、、、
熊以外は特に何も無かった。。。
B級「X-MEN」パクリ映画

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.4

前作未見だが評判良いので観てみた。
ファミリー向け映画の傑作!100点
劇場に子供の笑い声が絶えず
終始楽しんで観れた。
伏線の回収も上手く、
メッセージ性もあり完成度高し。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.3

予告見る限りもっとサスペンスかと思ったら、そうでも無かった。
長澤まさみと高橋一生が主演って事になってるが、
長澤まさみと吉田鋼太郎のロードムービーだった。
イマイチ盛り上がりに欠けた、
ラストもハッ
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.1

おバカになりきれなかったおバカ映画
どっちつかずな印象
もっとド派手なアクションが良かった
ネービーシールズの設定が足枷になったか

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.4

超B級のディザスタームービー
政府高官の企みで何十万人が何百万人かが死んだのにラストはなんだかハッピーエンド
補償問題とかスペースデブリ問題とか
色々突っ込みながら楽しんで観るのが正解

あそこまで地
>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

4.1

まさに21世紀版「東映まんが祭り」
数は多いが大して強くない機械獣軍団は
まるでライダー映画の再生怪人だ。
高らかに武器の名を叫ぶさまは
往年のロボットプロレスそのまま、
世界に認められたロボットアニ
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

4.1

長い話だが、4章に分けて時系列をずらして観せていたので最後まで集中して観れた
時系列どうりだと途中で飽きてしまいそう。
ヒーローが登場しない西部劇
3章に出てきたガンマンはダメダメ
何の為にに腰に銃吊
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.5

絶対に面白そう!と期待して観たけれど
ガッカリした。
コンセプト自体はとても面白そうなのに
全く楽しくならない脚本、
ミシェル・ロドリゲスの無駄遣い。
もっとド派手なアクションでないと
キャスティング
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮(2018年製作の映画)

3.7

放送終了後随分経ってからの総集編
テレビ2期は中だるみ感あるから
未見の人はこの映画観るだけで大丈夫。
立体機動装置バトルを大スクリーンで観れるだけでも観る価値はある。

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.5

ニコラス・ケイジのマシンガントークが面白い。
実録モノなのでストーリー展開に波が少なく途中ダレる。
こんな荒唐無稽なキャラクターが実在するって事実を世界に知らしめるのが
この映画の存在意義。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

松岡茉優の中二病こじらせ演技素晴らしい
初主演なのにお見事。
去年観れていたら2017年のベスト邦画になっていただろう。

只、OLが全員昼寝する会社って、、、何?

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

4.3

極上爆音上映で観賞
やはりガルパンと爆音との相性は最強!
TV2話分だけど情報量多くて観終わった後の満足度と自作の期待感が高い。

前日に「戦場にかける橋」を観たが
橋の再現度は異常に高い。

イオン
>>続きを読む

龍の歯医者 特別版(2017年製作の映画)

4.1

地元ではやってないので東京に来たついでに観賞。
TV放映視聴済みだが、大きなスクリーンで観ると迫力が違う。
このクオリティ維持してTVシリーズ化できれば嬉しい。

全員死刑(2017年製作の映画)

3.7

昨年観れてなかったのでアップリンクの再上映は有り難い。
実録凶悪殺人犯モノなのに、
非現実的にぶっ飛んだ過剰演出の作品だと思ったら、
実は結構リアルだと知ってビックリ!

長編初監督でこんなスゲー映画
>>続きを読む

映画 中二病でも恋がしたい Take On Me(2017年製作の映画)

3.8

京都アニメーションの映画はハズレが無いので本作も迷い無く観賞。
作画に関しては流石の京アニクオリティ
脚本やストーリーはTVシリーズ観てないと難しいだろうが、
良質なロードムービーに仕上がっていた。
>>続きを読む

>|