etohyoshifumiさんの映画レビュー・感想・評価

etohyoshifumi

etohyoshifumi

映画(702)
ドラマ(0)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.1

初日の午前の回を観賞
郊外のシネコンなのに大入りだった。
特に熱狂的なファンって訳ではないのだが
後半の熱い展開には泣けてきた。
アクションシーンは迫力があり
どのシーンもポスターに使える程絵がカッコ
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.0

良い映画を観た。
前半はクスクス笑いながらほっこり観れるが、
震災以降の後半はおもいっきり泣かされる、
そしてラストは泣き笑い。
浅田家のキャストの皆さんの演技がとても良い。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.2

愛おしい青春コメディ映画
皆に薦めたいところだが、
下ネタギャグは人を選ぶかも。

吹き替えで観た方が面白そうだから
ソフト化が待ち遠しい。

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

4.0

前半はかなり子供向けに振った印象だったが、
後半に入ると急に大人を泣かせに来やがった!
クレしん映画、侮りがたし。

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

2度観賞して少しだけ理解できてきた感じだが、
逆に疑問が増えてしまった。
考えたら負けのパターン。

順行・逆行の発想は面白くて
伏線のばら撒き&回収も見事だった。

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.8

中国🇨🇳忖度やアメリカ🇺🇸賛美演出はあるものの、かなり史実に忠実に作った
パールハーバーからミッドウェイまでの
ダイジェスト的再現ドラマ。
クライマックスのミッドウェイ戦よりも
序盤の真珠湾奇襲が一番
>>続きを読む

特別上映版「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!(2020年製作の映画)

3.8

「はたらく細胞」って花澤香菜主演だと思っていたが、
実は能登麻美子主演作だったんだな。

荒野のコトブキ飛行隊 完全版(2020年製作の映画)

4.0

正直期待薄で2D版を観賞してみたが、
ど迫力の空中戦と腹に響く音響効果で大満足!
ストーリーはTVのダイジェストでしかないが
アトラクション系映画としては極めて満足度高し
是非MX4D版も体験してみた
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.8

イオンシネマの1dayフリーパスで観賞

菅田将暉も小松菜奈も素晴らしい演技だったが
それ以上に榮倉奈々が見事だった。
なかなか良い映画ではないかと観ていたが、
ラストの展開には納得できなかった、
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.8

イオンシネマの1dayフリーパスで観賞

ストーリーはベタな凸凹兄弟の成長物語だったが
ラストの展開にはやられた、ちょっと泣けてきた

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

3.8

TCXの最前列で観たからアクションは
ど迫力だったが、予習して臨むべきだった

アリーテ姫(2000年製作の映画)

4.1

新文芸坐×アニメスタイル セレクションvol. 125 『この世界の片隅に』四度目の夏
劇場で初観賞
35mm上映なのでなかなか
劇場のスクリーンで観れる機会がなかった
思い切って上京して良かった。
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.8

シネマロサでやってる
「名画 新吹き替えシリーズ」で観賞
古典的名作を現役で活躍している
声優陣で吹き替える事の新鮮さ。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.2

2度目の観賞は
岐阜のCINEXで脚本の奥村徹也氏の
トークショー付き上映

初見の時以上に青春を感じた。
終盤の声援は期せずして「しかたない」で
終わらせようとしている今の高校生諸君に
向けての叫び
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版(2018年製作の映画)

4.3

109シネマズ名古屋の爆音映画祭で観賞
(3度目)
爆音映画祭に限って言うならダイナミック完全版か通常版で良かったかな、爆音にドラマパートは不要だ。
それに、このバージョンは本国TV放映だから
音響に
>>続きを読む

機動警察パトレイバー THE MOVIE(1989年製作の映画)

4.2

4DX版を観賞
アクションシーンの揺れやミスト効果は抜群
ドラマパートはあまり揺れないが、
元々刑事物としても見応えある作品なので
全く飽きさせない。
とても高いレベルで纏った傑作。

>|