harunaさんの映画レビュー・感想・評価

haruna

haruna

多忙にて近頃はあまり観れていません。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大変でした。犠牲は多いけどなんとか逃げきれましたね、、

見終わったあとの疲労感は、上映時間が長いことではなくて、緊迫したシーンが多すぎたこと。最初から戦争シーンだし、死ぬ人も多いし。。
終始誰か死ぬ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

アニメーションだから忘れていたけど
ルミエールもポット夫人も、みんなアンティーク食器だし、
実写にしてはじめて、ロココ調の家具や色鮮やかかなお花、フランスの田舎の可愛い風景に緊迫した戦いを楽しめた。こ
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

キングダムハーツのディスティニーアイランドみたいな色合いで、パオプの実が出てきそうだった。笑

マウイのYour welcome♪の歌、劇中もエンディングもとてもよかった。
モデルにしている島国の人達
>>続きを読む

隣人(1952年製作の映画)

4.3

同胞に親切なれ

ストップモーションで作った作品。
映像や音楽はゲームみたいだけど重いテーマ。
50年代に作られたというのが驚き。

ミッキーの大演奏会(1935年製作の映画)

4.0

みんなプロ意識高すぎ。でもミッキー楽譜しか見てない!笑
ドナルドどうしてあんなに吹けるの!✨

ミッキーの移動住宅(1938年製作の映画)

3.3

ミッキー、お料理してる姿がかっこよかった💕
この3人のコンビのバランスが好き。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

80年代のキャッチーな音楽。聞いたことがないのにどこかで聞いた気がする。その時代を生きていないけど、どこか懐かしくて、生きていないからこそ新しく感じる。
監督の少年時代の夢を映画の中で全部叶えたってい
>>続きを読む

くまのプーさん(1977年製作の映画)

4.0

絵も音楽もお話も終始ゆるーくて、優しくてほのぼのとした平和な雰囲気に癒される。
絵本の演出とナレーターとの掛け合いもほっこり。
大人になるということを痛感するラストはどこか切なかった。

先日行ったば
>>続きを読む

バンビ(1942年製作の映画)

3.5

幼いサンバーの可愛さと、一瞬しか映らないバニーちゃんの小悪魔な魅力にきゅん。
ライオンキングが内容少し被っている気がした。
クラリネットが主旋律の音楽が可愛らしい雰囲気と合っていて良かった。

ナタリー(2011年製作の映画)

3.6

終わり方が美しくて鳥肌がたった。

イケメンで美声でお洒落でエスコート上手で財力もある社長ではなくて
冴えないし、かっこよくないし、存在感もない。でも誰より素直で、ユーモアもあって、誠実で礼儀正しく、
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

iPhoneとかiPodとか、現代!って感じ満載のディズニー。

この映画は動物に例えられてるけど
肌の色や男女平等、同性愛者、宗教、障害者などなど多種多様に受け入れて共存するようになってきた現代のア
>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

3.6

前半の雰囲気がコメディタッチだったから軽快なダークファンタジーかと思いきや
後半は切なくて美しかった。
人魚姫に通じるものがあるラスト。

エミリーの愛に泣きそうになった。かっこよくて強くて美しい花嫁
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

静かで美しいお話だった。
原作を絶対に読もうと思う。


物語とそれるけど、アリーの明るい色を使ったガーリーなファッションと、ヘアスタイルにも注目。
ほてったみたいなチークと綺麗な色のリップのメイクも
>>続きを読む

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良い話だった。
おバカでひょうきんな武田鉄矢、面倒見がよくていい意味でも悪い意味でも女っぽい桃井かおり、いるだけで威厳と貫禄漂う高倉健。バランスの良い3人組だった。

女は咲いた花みたいに弱くて脆いか
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

ジャック・ドゥミのロシュフォールの恋人たちの現代版みたい。がオープニングの感想。
カメラワークとか音の使い方とかが面白くって、現代!って感じだけど
ジャズだったり、クラシカルなお洋服だったり、文字体だ
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

友達に出逢って暗闇だった人生が輝く。
ベタだけどこの題材やっぱり痺れるなあ。
ただ、巻き込んでいったサムもパトリックがキラキラしてかっこいいだけじゃなくて、人の地位や評判で差別や偏見をしない人なのが余
>>続きを読む

アップタウン・ガールズ(2003年製作の映画)

4.2

大人子供のレイと子供大人なモリーの掛け合いが絶妙。
子供になるのが怖いレイと、大人になるのが怖いモリー、対照的なはずなのに重なる部分が多くて。
いがみあってもどこか仲良しな2人が微笑ましいけど、次第に
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.5

たった一日限りのデートを出逢ってから別れるまでを、追いかけたみたいな映画。
2人の会話に男女の違いを感じる。
決して2人が別々の人間だから考え方が違う。という事ではなく、男女として。実際夫婦の話から1
>>続きを読む

なまいきシャルロット(1985年製作の映画)

3.2

13歳の女の子の可愛さ全開なシャルロット。
ぱっちんで止めてラフに結んだ栗色の髪、オレンジ色に塗られたリップ、日焼けした健康的な肌に長くて細い手足。憂鬱な顔も柔らかい笑顔も思春期特有の儚さに満ち溢れて
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.3

フォレストのお話をゆっくり聞く142分。あっという間でした。

笑いあり、涙あり。差別、戦争、友情、恋愛、人生、、、優しいお話。
フォレストは知能が低いみたいだけど、ピュアであること、一生懸命であるこ
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

お洒落も勉強も恋も頑張る女の子の、元気になれるガールズムービー。
髪をとかしてムダ毛を剃ってネイルを塗ってメイクしてフレグランスを纏うオープニングから最後まで女子力全開。

落ち込んだ時にネイルサロン
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

3.5

ポニーテールにリボンをつけたあどけない少女のサブリナもとびきり可愛かったけど
ジバンシィの独特のデザインのドレス、着こなしでとびきり垢抜けたサブリナ、、他の共演者と並んだらオードリーにしか目がいかない
>>続きを読む

>|