soyaryokoさんの映画レビュー・感想・評価

soyaryoko

soyaryoko

30歳になりました。#いきなり自分の話 をしたり、友だちと #当たり屋 をしたりします。
3.0が「ふつーに見れる」、3.5が「面白い」、4.0が「ちょー面白い」、4.5〜「好き」です。体調が悪いとき、暴風雨のときに映画館に行くのが好き!

映画(1011)
ドラマ(0)

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.5

ジェイソン・ライトマン×ディアブロ・コディのコンビと、シャーリーズ・セロン。見る前から勝負は決まってて、絶対好きなやつだなあと思ったら、好きなやつだった。
母になるって突然で大変。今まで自分も娘だった
>>続きを読む

夏、19歳の肖像(2017年製作の映画)

3.3

今更突然EXOにはまり、そういえば4年前くらいにOverdoseをきいたときにはタオが好きだったなーと思い出した。

『共犯』の監督ということと、タオが主演ということで見るしかない案件!めちゃめちゃク
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

二宮くんと吉高由里子のベッドシーンが私の中でフレッシュだった。

あれくらい、クズをなじってみたい。

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

4.0

4DX再上映最終日に行ってきました!!最高じゃないですか?!?!テレビシリーズもきちんと見たので、もはやハイローファンと化した私には最高体験でした。バイクに乗ってる間ずっとシートが小刻みに揺れる仕様は>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.0

あの浜辺からやり直せたら、どうなるかな。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

初成田IMAXはトムで!ということでローグネイションの記憶は曖昧なまま見に行きました。もうね、トムが心配…。でも内容は最高でしたね…。私はチームものが好きなのでめちゃめちゃ楽しめました。

スクリーン
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.0

レビュー忘れてた。もちろんドラマは全部見てる世代。映画は…2時間ドラマで十分かな、と思った。とにかく色んなことがつめこまれすぎてて、これ普通に1クールのドラマでしっかり見たかったなあと思ってしまった。>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.0

嫌がる上司と同僚を引き連れて月曜の夜に鑑賞。同僚は終わった後、もう二度とこのメンツでは映画に行きたくない!と憤慨してました…。

私はというと、漫画の実写化に慣れているので逆にこんな感じか〜と割と楽し
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.3

カンヌ国際映画祭が好きです。毎年審査員と受賞作が楽しいので、大学のときは勝手にカンヌ縛りでDVD見ていたりしました。今年は2017年カンヌのコンペ作品が次々と日本公開になったのと、ついに是枝監督作がパ>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

ものすごくフェミ的な映画だった。genderではなく、タイトルどおりsexの戦い。一見どうしようもない生物学的な性差を揺らがせるための一石。ビリーがレズビアンだったことはまた少し軸の違う話だと思うけど>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

5.0

私の知らないアメリカ。ネイティブアメリカンが押し込まれている場所が、こんなに厳しいところだなんて…。

サスペンスとしても面白いし、銃撃アクションもかっこいい。そして何よりも、呼吸するだけで肺が凍りつ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.9

見始めて思い出したんだけど、原作でもこの巻が一番ハリーの自我がすごくて、ダンブルドアに対しても、友だちに対してもとにかく当たり散らすし、世界の中で自分だけが特別だと思ってる感じ。それは思春期。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

4.0

ここからがラストに向けての新たなスタート。メイキング見たらあまりの壮大さにグッときすぎてしまった。

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

3.5

ちょうど時間が合ったのでオカルト研究家の吉田氏のトーク付き上映回に行ってみました!

舞台で上演していたものの映画化ということで、終盤はすごく舞台っぽいサプライズがあった。オカルトというより最後はヒュ
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.2

みんな大好きアズカバン。シリーズが暗くなっていく前の最後の明るい話。ヴォルデモートが姿を見せない唯一の話ということもあって、割と単品でもわかりやすいからか人気があるような気がする。タイムパラドックス要>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.0

意外と覚えていない秘密の部屋。今回も細かくカットが割られている。

煙突飛行、暴れ柳、嘆きのマートル、蜘蛛の大移動。相変わらずワクワクさせてくれた。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

ゲティって、ゲッティイメージのゲティだよ!と職場の隣の席の子に言われて、へぇ〜となった。
イタリアマフィアの顔を見て、ヨーロッパもさまざまだなあと思った。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.5

突然見たくなってハリポタマラソン始めました!アルティメットコレクションという4枚組のDVDBOXを持っているので、きちんと見たことなかったエクステンデッド版を鑑賞。懐かしい!けど、死ぬほど見てるから覚>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

ストーリーに関しては何も言えない。私はすごく驚いて、悲しくなった。

山火事の処理って果てしないな…アメリカだからこそのスケール。日本も同じようなことあるのだろうか。湿度とかで広がり方も違うのかな。
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.5

ジャスティン・ティンバーレイクも、ジュノー・テンプルも、ケイト・ウィンスレットも、もはやそういう人のようにしか見えない。

コニーアイランドはなんの象徴?火遊びする少年は何を求めてるだろう?

中華風
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

泣けた、というよりは泣いた。意外と群像劇?で、それぞれの視点ではオギーじゃなくて自分が主人公。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.5

ウェス・アンダーソン監督作は近2作が全然はまらなかったので不安だったけど、これは『ファンタスティックMr.FOX』と同じ感覚だった。
字幕が小さい!これは大変だなあと思ったけれど、絵本を読んでいるよう
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

一夏の恋。

萩尾望都の『残酷な神が支配する』のジェルミとイアンが実体を伴って現れた!!話は全然違うけれど、ビジュアルはかなりかぶるところがあって、そんなわけないのに因果が気になる。
ということで私の
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.3

こういう映画や小説を作られると、ずるいなあと思ってしまう。誰もが経験していることをうまく並べただけで、どのエピソードもきっとグレタ・ガーウィグの体験談だろうと思ってしまう。私小説ってきっとそういうもの>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.3

ドン・チードルに変わってすっかりキャラも変わったローズ。でも中途半端に寄ってるよりはこの方がいいかもしれない。

アメリカvsロシア。

スカヨハのブラックウィドウ、今やはまり役だしかっこいいけど、私
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

2.0

さすがに説明不足じゃない?何もわからないまま終わってしまった。けどFilmarksの評価が高いということは、私の感受性の問題かもしれない。

確かに現代版『タクシードライバー』だけど、やっぱり語らなす
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

何気にダイアン・クルーガーの出ている映画を見たのは初めて。すごく美人だし、意外だった。金髪碧眼のドイツ人。

ネオナチは何に怒りを感じているのか。色んな問題が混じり合っていたけれど一番強いのが母として
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.3

意外と面白かった。DIYするシーンもかわいかったし、空飛ぶシーンも爽快感あってよかった。
テレンス・ハワードのローズを2でも見たかったな…。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

どのシーンにも気まずさがある。テリー・ノタリー、めちゃめちゃ怖かった。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.5

MCUにチャレンジ!で、なぜかアイアンマンより先にハルクを見てしまいました。
オープニングでハルクになった経緯を説明してくれますが、いきなりぼんやりしてたので巻き戻してリスタート。なかなか楽しめました
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

2.9

罪を犯した人間は幸せになってはいけないのか?罪に重い軽いもないと思うけど、人を殺してしまった人が幸せになってはいけないと思う。何もしないでいた人たちの気持ちがおさまらない。

ついつい鈴木に肩入れして
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

2.5

5月に京都出張に行ったとき、たまたま出張先が遊の下宿先ロケ地でびっくり。ママレードジャムが売ってました。

ということでママレード・ボーイ。友だちと油断してギリギリに行ったらめちゃめちゃ混んでて、バラ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.0

江口洋介かっこいい。松坂桃李もいいけど、ラストの説得力が足りない気がした。

>|