soyaryokoさんの映画レビュー・感想・評価

soyaryoko

soyaryoko

29歳になりました。#いきなり自分の話 をしたり、友だちと #当たり屋 をしたりします。

3.0が「ふつーに見れる」、3.5が「面白い」、4.0が「ちょー面白い」、4.5〜「好き」です。

体調が悪いとき、暴風雨のときに映画を見に行くのが好き!

映画(977)
ドラマ(0)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.6

好きがつまってる!
前時代的な宇宙空間の映像が現代の技術でリアルになっていて、この映像をずっと見ていたい〜!予告でも使われてたヴァレリアンが通路を走り抜けていくところは本編で見てもすごくよかった。あと
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

私もオアシスに飛び込みたい!!なりたいものになれる、行きたいところへ行ける、スピルバーグ直撃世代へのプレゼント。そして次の世代へのメッセージ。
どのステージにもワクワクした。

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.5

これは今の今、私が立っている場所の延長線上で起きている!
イスラム国、ISIS、ISIL、ISと日本で報道される名称もゆらぎまくり、2015年の日本人拘束事件が、被害者湯川氏のパーソナルな事情や、後藤
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

どんでん返しの話は大好きだけど、本当に宣伝が下品だなあと思う。でもどんでん返し好きにアピールするにはこういう方法しかないのかと思うと、どんでん返し好きということがそもそも下品な気もする。

こういう映
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.6

Filmarksではオールタイムベストが3位までしか選べないから入れられてないけど、5位までには『リトル・マーメイド』が入る私に、ギレルモ・デル・トロは新しい人魚姫の物語を見せてくれた。

映画館の上
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

うーん、渋い。ジェニファー・ローレンスは決して美人というタイプではないし、バレリーナ的な可憐さもないけれど、マッチョなヒロイン役はぴったりだなあと思う。

ロシアでは本当にこういうことがあるんじゃない
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.5

効果マシマシマジジュマンジ4DX字幕版で鑑賞!4DX上映終了ギリギリセーフで鑑賞できました。

全てが最高な映画でした…。ドウェイン・ジョンソンのキメ顔ちょう笑った!!

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

5.0

抱腹絶倒アクション映画!!
ラストに蘭ちゃんエピソード入れてくるのがコナンですね。最高です。

上司、同僚と月曜日の仕事終わりに。すごくいい週のスタートでした。

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.0

母と息子は特別な関係があるなーといつも思う。私の家もそうだけど、母と弟の関係は少し気持ち悪いくらいのところもある。なんでだろうなあ。

エヴァは明らかに子どもを産んでない人生に思いを馳せている。そうい
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

『ロブスター』もそうだったんだけど、大真面目にやってることが笑えてしまう。今回も追い込まれた父親が選ぶに選べなくて選んだ方法が非常に笑えた。

バリー・コーガン演じるマーティンの得体の知れなさ。『ファ
>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

3.1

Filmarksの記事で見て、なんとなく見ようかな〜と思って見てみた。痛いのもグロいのも大丈夫な方だけど、結構痛かったのでまいった。イーライ・ロス、やはり信頼できる…!

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

ブラックパワーについて調べ始めちゃうとなかなかレビューが書けなくて困った。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.3

TOHOシネマズ日比谷のスクリーン1にて鑑賞。カスタムオーダーメイドスピーカーとやらに期待していたけど、DOLBY ATMOSや、IMAXには敵わなかったかなあというのが正直な感想です。また、端の方の>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

メキシコが好きです。
高校生の頃、蜷川実花が好きだったのですが、彼女の写真集に『永遠の花』という、メキシコや熱帯の国々の墓地に手向けられた造花の写真をまとめたものがあって、そこに写っている墓地の雰囲気
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

絶対泣くと思っていたけど、やっぱり泣いたし、でも思ってたより泣かなかった。むしろいい気持ちだった。

モードの絵はあたたかい。あんなに寒そうな家に住んでいる、エベレットの心も溶けてくような絵。

家を
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.3

冒頭からソフィア・コッポラの映画を見ている…!という感慨。初期のミューズであるキルスティン・ダンストと、近年のインスピレーション/エル・ファニング(と言っても『SOMEWHERE』も7年前!)、ソフィ>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.0

眠かったのだけど、ハネケの映画を見ている…!という久しぶりの感覚でした。

I☆JAPANというTシャツ、何か意図があるのだろうか。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.3

まさに漫画から出てきたような登場人物たち!!ただ、90年代ってすごくステレオタイプに描かれがちだなあと思う。はやってたんだろうなー。

若者たちの演技も存在感もすごくよかっただけに、インタビュー形式な
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.1

意外な方向に話が転がっていって、視点も移り変わっていく。
話的には全く関係ないけど、『ある過去の行方』もそういう手法が印象的だったな。

ウディ・ハレルソン演じるウィロビー署長がすごくよかった。という
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

予告も1回ふわっと見たくらいで、イーストウッド最新作というくらいしか情報がなかったので(恥ずかしながら事件のことも知りませんでした…)、エンドロールでめちゃめちゃ驚いたし、感動した。軍人顔の役者さんだ>>続きを読む

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?(2018年製作の映画)

-

いくえみ綾が大好きなのですが、やはり漫画と実写は違うな〜と思う。特にアクションとかではなく、日常的な話ほど、漫画って読ませてくれるなあと感動する。

つまらなくて途中で寝ちゃったのだけど、起きてからも
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.7

上映終了ギリギリにすべりこみ。西部開拓時代のアメリカ、面白い。

「西部劇」はほとんど見たことがないので、これがそのフォーマットにのっとっているのかはわからないけれど、しっかりした映画だと思った。
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

いきなり私の話ですが、私の両親は次男×次女の夫婦で。しかもどちらも同性の兄弟姉妹。なので、この話はめちゃめちゃ身近に感じました。お互いがお互いのウィークポイントをよく知ってるからそこを徹底的にバカにし>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

4.0

俺たちのアジャ!!ということで楽しみにしてました。前作『ホーンズ』も一緒に見た友だちと見たのですが、やはり最高でした…。

9回死にかけた男の子、というあらすじからファンタジーなのかと思ってたら、さす
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

去年盛り上がりすぎてて乗り遅れてしまった『ラ・ラ・ランド』、ユナイテッドシネマのIMAX総選挙で復活してたので見てきました。
しょっぱなのミュージカル風オープニングに、もしかしてだめかも…と思ったけど
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.3

六本木のレイトショー、外国の方々のオーバー気味なリアクションにほっとしながらの映画体験でした。
というのも、私はグロいのとか割と大丈夫な方なのですが、この映画については生理的に訴えかけられてどうにも気
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

いきなり私の話ですが、1月の終わりにハワイに行って、実弾射撃を体験してきました。そのうちのひとつの銃がリボルバーで、撃つたびに手元で爆発が起こるような衝撃に本当に怖くなって、規定の弾数を撃ちきるのがつ>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

1.0

機内で始めてしっかり映画を見ました。あまり集中できないし、結局飛行機の音がうるさいので、見たかったものよりも、普段絶対見ないものをチョイスしてみました。

なぜこの映画が作られたのか疑問。かわいい綾瀬
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.0

ちょっと気になるシーンもあったけど、普通にいい映画だった。『(500)日のサマー』もそうだったけどルックはいいのに話が微妙なんだよなーというか私の好みではないだけかも。

子どもをどう育てていくか。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999年製作の映画)

3.0

Filmarksの記事でまとめられてたし、ホラーといえばなのに未見だったので見てみた。ラストは、え?何?みたいな感じだけど、全体の雰囲気は面白かったし、こういう発明が好き。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.5

デートで見る映画は、相手が楽しめそうな映画をチョイスすることを信条にしています。それか相手が見たい映画を見る。今回は前者、ということでデートで見ました。運命的な恋、というところはロマンティック。だけど>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

2.5

職場の人が激オススメしていたし、クスリトッツァ見たことないしで、同じような状況の友だちと見に行った。変てこ映画だった。

ユーゴスラビアという国については、アンジーの『最愛の大地』を見た、くらいの知識
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

アニメ版が『ソウル駅』なのに対してこちらは『釜山行き』、邦題は『新感染』!友だちが見終わった後に「タイトル、新幹線とかけてるんだね」って今更なこと言ってて笑った。

ゾンビ映画の系譜とかを教えてくれる
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

5.0

2017年見逃して悔しい思いをした映画NO.1の『新感染』が前日譚である本作と2本立て!という本当にありがとうございます早稲田松竹さま…。

どちらかというとこちらの方は、韓国アニメだし、そもそもアニ
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.0

5年越しの念願の鑑賞!1月に買ったELLE Japonのセレブの愛読書特集で、ナタリー・ポートマンがこれを挙げていて、今こそ見るとき!と思い立ってレンタルしてみました。

見ていて仏教的な感覚があった
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.3

『シング・ストリート』にSF要素をぶちこんで、ごちゃごちゃにミックスしたあげく、the Origin of Love!
7年ぶりのJ.C.ミッチェル監督作。高校の頃にテレビで見た『ヘドウィグ・アンド・
>>続きを読む

>|