soyaryokoさんの映画レビュー・感想・評価

soyaryoko

soyaryoko

29歳になりました。#いきなり自分の話 をしたり、友だちと #当たり屋 をしたりします。

3.0が「ふつーに見れる」、3.5が「面白い」、4.0が「ちょー面白い」、4.5〜「好き」です。

体調が悪いとき、暴風雨のときに映画を見に行くのが好き!

映画(997)
ドラマ(0)

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.5

突然見たくなってハリポタマラソン始めました!アルティメットコレクションという4枚組のDVDBOXを持っているので、きちんと見たことなかったエクステンデッド版を鑑賞。懐かしい!けど、死ぬほど見てるから覚>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

ストーリーに関しては何も言えない。私はすごく驚いて、悲しくなった。

山火事の処理って果てしないな…アメリカだからこそのスケール。日本も同じようなことあるのだろうか。湿度とかで広がり方も違うのかな。
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.5

ジャスティン・ティンバーレイクも、ジュノー・テンプルも、ケイト・ウィンスレットも、もはやそういう人のようにしか見えない。

コニーアイランドはなんの象徴?火遊びする少年は何を求めてるだろう?

中華風
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

泣けた、というよりは泣いた。意外と群像劇?で、それぞれの視点ではオギーじゃなくて自分が主人公。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.5

ウェス・アンダーソン監督作は近2作が全然はまらなかったので不安だったけど、これは『ファンタスティックMr.FOX』と同じ感覚だった。
字幕が小さい!これは大変だなあと思ったけれど、絵本を読んでいるよう
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

一夏の恋。

萩尾望都の『残酷な神が支配する』のジェルミとイアンが実体を伴って現れた!!話は全然違うけれど、ビジュアルはかなりかぶるところがあって、そんなわけないのに因果が気になる。
ということで私の
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.3

こういう映画や小説を作られると、ずるいなあと思ってしまう。誰もが経験していることをうまく並べただけで、どのエピソードもきっとグレタ・ガーウィグの体験談だろうと思ってしまう。私小説ってきっとそういうもの>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.3

ドン・チードルに変わってすっかりキャラも変わったローズ。でも中途半端に寄ってるよりはこの方がいいかもしれない。

アメリカvsロシア。

スカヨハのブラックウィドウ、今やはまり役だしかっこいいけど、私
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

2.0

さすがに説明不足じゃない?何もわからないまま終わってしまった。けどFilmarksの評価が高いということは、私の感受性の問題かもしれない。

確かに現代版『タクシードライバー』だけど、やっぱり語らなす
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

何気にダイアン・クルーガーの出ている映画を見たのは初めて。すごく美人だし、意外だった。金髪碧眼のドイツ人。

ネオナチは何に怒りを感じているのか。色んな問題が混じり合っていたけれど一番強いのが母として
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.3

意外と面白かった。DIYするシーンもかわいかったし、空飛ぶシーンも爽快感あってよかった。
テレンス・ハワードのローズを2でも見たかったな…。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

どのシーンにも気まずさがある。テリー・ノタリー、めちゃめちゃ怖かった。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.5

MCUにチャレンジ!で、なぜかアイアンマンより先にハルクを見てしまいました。
オープニングでハルクになった経緯を説明してくれますが、いきなりぼんやりしてたので巻き戻してリスタート。なかなか楽しめました
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

2.9

罪を犯した人間は幸せになってはいけないのか?罪に重い軽いもないと思うけど、人を殺してしまった人が幸せになってはいけないと思う。何もしないでいた人たちの気持ちがおさまらない。

ついつい鈴木に肩入れして
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

2.5

5月に京都出張に行ったとき、たまたま出張先が遊の下宿先ロケ地でびっくり。ママレードジャムが売ってました。

ということでママレード・ボーイ。友だちと油断してギリギリに行ったらめちゃめちゃ混んでて、バラ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.0

江口洋介かっこいい。松坂桃李もいいけど、ラストの説得力が足りない気がした。

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.5

ふたたびジュリアン・ムーア。2本分のロードムービーを見たようなお得な感覚。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.7

ユニバーサルとレジェンダリーのロゴがキラキラしてた。

明るくてペカペカしてるから重さがないとか、確かにな〜って感じだけど、見てる間は何も感じず楽しかった。

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

ジョージ・クルーニー監督作『スーパー・チューズデー』は面白かったけれど、これはなんかあまりうまくできてないなーと思った。

ジュリアン・ムーアは相変わらず変てこでもステキだし、ラストシーンはよかった。

ラブレス(2017年製作の映画)

4.0

ズビャギンツェフの映画は初めて。ロシアの冷たい空気が感じられるような映像。
車の中でのけんかのシーンがちょうよかった。こんなに伝えてるのに全く伝わらない!もういい!バターン!ってシートを倒してしまうよ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.6

好きがつまってる!
前時代的な宇宙空間の映像が現代の技術でリアルになっていて、この映像をずっと見ていたい〜!予告でも使われてたヴァレリアンが通路を走り抜けていくところは本編で見てもすごくよかった。あと
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

私もオアシスに飛び込みたい!!なりたいものになれる、行きたいところへ行ける、スピルバーグ直撃世代へのプレゼント。そして次の世代へのメッセージ。
どのステージにもワクワクした。

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.5

これは今の今、私が立っている場所の延長線上で起きている!
イスラム国、ISIS、ISIL、ISと日本で報道される名称もゆらぎまくり、2015年の日本人拘束事件が、被害者湯川氏のパーソナルな事情や、後藤
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

どんでん返しの話は大好きだけど、本当に宣伝が下品だなあと思う。でもどんでん返し好きにアピールするにはこういう方法しかないのかと思うと、どんでん返し好きということがそもそも下品な気もする。

こういう映
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.6

Filmarksではオールタイムベストが3位までしか選べないから入れられてないけど、5位までには『リトル・マーメイド』が入る私に、ギレルモ・デル・トロは新しい人魚姫の物語を見せてくれた。

映画館の上
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

うーん、渋い。ジェニファー・ローレンスは決して美人というタイプではないし、バレリーナ的な可憐さもないけれど、マッチョなヒロイン役はぴったりだなあと思う。

ロシアでは本当にこういうことがあるんじゃない
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.5

効果マシマシマジジュマンジ4DX字幕版で鑑賞!4DX上映終了ギリギリセーフで鑑賞できました。

全てが最高な映画でした…。ドウェイン・ジョンソンのキメ顔ちょう笑った!!

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

5.0

抱腹絶倒アクション映画!!
ラストに蘭ちゃんエピソード入れてくるのがコナンですね。最高です。

上司、同僚と月曜日の仕事終わりに。すごくいい週のスタートでした。

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.0

母と息子は特別な関係があるなーといつも思う。私の家もそうだけど、母と弟の関係は少し気持ち悪いくらいのところもある。なんでだろうなあ。

エヴァは明らかに子どもを産んでない人生に思いを馳せている。そうい
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

『ロブスター』もそうだったんだけど、大真面目にやってることが笑えてしまう。今回も追い込まれた父親が選ぶに選べなくて選んだ方法が非常に笑えた。

バリー・コーガン演じるマーティンの得体の知れなさ。『ファ
>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

3.1

Filmarksの記事で見て、なんとなく見ようかな〜と思って見てみた。痛いのもグロいのも大丈夫な方だけど、結構痛かったのでまいった。イーライ・ロス、やはり信頼できる…!

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

ブラックパワーについて調べ始めちゃうとなかなかレビューが書けなくて困った。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.3

TOHOシネマズ日比谷のスクリーン1にて鑑賞。カスタムオーダーメイドスピーカーとやらに期待していたけど、DOLBY ATMOSや、IMAXには敵わなかったかなあというのが正直な感想です。また、端の方の>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

メキシコが好きです。
高校生の頃、蜷川実花が好きだったのですが、彼女の写真集に『永遠の花』という、メキシコや熱帯の国々の墓地に手向けられた造花の写真をまとめたものがあって、そこに写っている墓地の雰囲気
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

絶対泣くと思っていたけど、やっぱり泣いたし、でも思ってたより泣かなかった。むしろいい気持ちだった。

モードの絵はあたたかい。あんなに寒そうな家に住んでいる、エベレットの心も溶けてくような絵。

家を
>>続きを読む

>|