びーるさんの映画レビュー・感想・評価

びーる

びーる

教養、体験、感動
生きる糧が映画に全て詰まっています!

率直な感想を綴ります!
気軽にフォローよろしくお願いします(^ ^)

そして無言フォローお許しください
皆様のレビューは刺激剤です!

映画(509)
ドラマ(1)

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.9

途方も無い宇宙でのサバイバル・ストーリー「パッセンジャー」簡潔な内容ではありますが、科学技術の発展や宇宙開発が進むと今後現実味を帯びてくるテーマでした。

コールドスリープが解けてしまい100年近く宇
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.3

事故現場の撮影に取り憑かれた狂人を描いた作品「ナイトクローラー」
利益と名声だけを求め、道徳心が欠落しているカメラマンです。しかし社会に出る上で否定出来ない、ましてやお手本にしたい行動も多々あり勉強に
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.9

ずっと気になっていたサスペンス作品「スプリット」プロフェッサーXでお馴染みのジェームズ・マカヴォイの独壇場とも言える超絶技巧の演技には驚かされるばかりです。

1人23役という未知の領域に興味を掻き立
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.8

ダニー・ボイル作品「28日後…」
ウォーキング・デッド、カメラを止めるななど近年ゾンビ映画が話題になっていましたが、ホラーが苦手な私は鑑賞するのに抵抗がありました。しかし、この作品では救いようのない世
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.2

MCU、アントマンシリーズの2作目「アントマン&ワスプ」今作もアクション、SF、コメディなど多様な要素がふんだんに盛り込まれた作品でした!

MARVEL作品の時系列においてはシビルウォー後からインフ
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.7

チリ生まれの監督、パブロ・ラライン作品「ジャッキー 」ケネディ暗殺事件の悲劇を目の当たりにしたジャッキー夫人を描いた作品です。

今作ではナタリー・ポートマンの独壇場とも言える演技を堪能することができ
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.1

デヴィッド・フィンチャー作品「ゴーン・ガール」完成度の高い愛憎劇に心を打たれ、そして自分の結婚観を根底から覆す作品でした!

デヴィッド・フィンチャーの他作品を鑑賞して印象的だったのがカットの仕方です
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.2

ダニエルボンド3作目「スカイフォール」シリーズを1から鑑賞する予定でしたが、いつの間にか、気になる作品をピックアップするようになりました。

MI6の立ち位置が見直され、スパイ活動が必要なのかどうかと
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.3

ダニエル版ボンドの傑作「007 スペクター」ダニエル版ボンドシリーズを鑑賞したのが数年前ということもあり、登場人物や組織の名前など、腑に落ちない点がいくつかありましたが、そんなことお構い無しの感動が得>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

エドガー・ライト作品「ベイビードライバー」軽快な音楽に合わせてスリリングなカーチェイスを堪能出来る作品です。

エドガー・ライト作品ならではのテンポの良さはもちろん、コーヒーを置く生活音や銃撃戦の攻撃
>>続きを読む

プリシラ(1994年製作の映画)

4.1

オカマ3人組のドタバタロードムービー「プリシラ」コンプレックスや差別に負けない、陽気な3人組から元気を貰える作品です!

3人の半生が垣間見える過去のシーンもあり、濃い人生を送っているからこそバスの中
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.4

Xメンシリーズの人気キャラクター、ウルヴァリンの晩年を描いた作品「LOGAN」今までのXメンシリーズとは想像もつかないような過激な描写でSF娯楽作品の枠を大きく超えた作品でした!

アクションシーンで
>>続きを読む

シド・アンド・ナンシー(1986年製作の映画)

3.6

ピストルズのシド・ヴィシャスと恋人ナンシーの恋愛模様を描いた作品「シド・アンド・ナンシー」パンクのスターということもあり破滅的な人生を送りながらもナンシーには、1人の愛する人として優しく接する姿に心を>>続きを読む

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)

4.1

末期ガンを患った男の生き様を描いた作品。「ビューティフル」陰鬱な雰囲気の中で救いようのない物語にも一片の幸せがあるということを教えてくれた作品です。

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作とい
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

第二次世界大戦下。スパイの恋愛を描いた作品。「マリアンヌ」終始お互いの表情を探り、この目に疑いがないのかどうか思考を巡らした作品です。

第二次世界大戦時が舞台ということもあり、イギリスやフランス、ド
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

4.1

歴史、宗教史を紐解く推理映画
「ダ・ヴィンチ・コード」
この物語の鍵となる「聖杯」とは何か…終始、興味を掻き立てられる作品でした。

宗教史において、聖書の解釈の違いは戦争を起こすほど重要視されており
>>続きを読む

ミケランジェロ・プロジェクト(2013年製作の映画)

3.6

ナチスから奪われた美術品を奪還するお話。「ミケランジェロ・ブロジェクト」歴史や芸術を守り、人々の文化の秩序を保つという信念に心を打たれました!

ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ビル・マーレイ
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.2

アベジャーズの関係が崩壊する危機を描いたMCU作品。「シビルウォー キャプテン・アメリカ」
キャプテンアメリカ作品ですがアベンジャーズのヒーローに視点をあてMCU作品の中でもかなり重厚な作品であります
>>続きを読む

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.5

憎しみや暴力を色濃く描いた作品
「アメリカン・ヒストリーX」
ネオナチ、人種差別、家族など大きな問題をこれでもかと言うほど痛烈に描いており、鑑賞後の虚無感は計り知れませんでした。

ナチスを崇拝してい
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.2

ウォール街のオオカミことジョーダン・ベルフォードの半生を描いた作品
「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」
お金と欲に塗れたウォール街でのクレイジーな暮らしを堪能できるので、大きな刺激剤としてこの作品
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.7

ディズニーの名作を映像化した作品。「プーと大人になった僕」
変わらないプーさんの優しさにうっとりしましたね!

大人になって仕事に取り憑かれたクリストファー・ロビンとプーが再会するお話です。リアルに表
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.8

バレエで有名な「くるみ割り人形」を映画化した作品。「くるみ割り人形と秘密の国」
身内がバレエをやっておりクリスマスといったらくるみ割り人形という体になってしまっていたため鑑賞しました!
幼い頃から聴い
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.2

車椅子の老人と介護する黒人青年のお話
「最強のふたり」
正反対な2人の織りなすドラマが本当に微笑ましかったです!

首から下が麻痺している老人。財産は確かにありますが心の隙間は埋められません。黒人青年
>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

4.3

キューブリック作品
「ロリータ」
今まで鑑賞してきたキューブリック作品の中で一番好みの作品です。

ウラジミール・ナボコフの同名小説をキューブリックがメガホンを取り映像化しました。中年の学者があどけな
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

トム・ホランド版スパイダーマン
「スパイダーマン・ホームカミング」
MCU作品の1つでもあるため、アイアンマンを筆頭にマベンジャーズネタが豊富で最高にコミカルな作品でした!

過去のスパイダーマンシリ
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

4.0

天才音楽家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトと半生を描いた作品
「アマデウス」

天才の栄光と破綻を高尚なクラシックやオペラとともに描いた作品で彼の人物像だけでなく曲の華やかさに圧倒されました
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

4.3

ダニエルボンドの記念すべき一作目
「007 カジノロワイヤル」
どうしても鑑賞したい願望に抗いきれずにシリーズを飛ばして鑑賞。

派手なアクションや緊迫感のあるカジノシーン、ボンドガールの美貌など、0
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.7

英国産クリスマス映画
「ラブアクチュアリー」
もうすぐクリスマスということで鑑賞しました。多様な愛の姿がホットな気持ちにさせましたね!

リーアム・ニーソン、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイなど豪
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.8

ジェーン・オースティンの小説をジョー・ライトが映像化した作品。
「プライドと偏見」
18世紀の高貴な生活と仲睦まじい姉妹の純愛で、心温まる作品でした。

作品の舞台である18世紀のイギリスでは女性に相
>>続きを読む

エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007年製作の映画)

3.6

「エリザベス:ゴールデンエイジ」
前作品を鑑賞していませんが、奥深い英国史と激烈なアマルダ海戦を鮮明な映像で描いた作品に魅了されっぱなしでした。

煌びやかなドレス…しかも何着も揃えており、当時の英国
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

4.1

スティーブン・スピルバーグ監督作品
「ターミナル」
JFK空港での列記とした冒険映画です。

パスポートが失効し「無国籍」として扱われ入国もできない、故郷にも帰れない。
窮地に追いやられる上に英語も話
>>続きを読む

恋のロンドン狂騒曲(2010年製作の映画)

3.6

ウディ・アレン監督作
「恋のロンドン狂騒曲」
親子が織りなすドタバタ恋愛劇に心が弾む作品でした。

曲やストーリーなど優雅な作風で、まったり鑑賞できるウディ・アレン作品ですが、今作では大人の恋愛観の違
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

魔法ワールド再見!!
「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」
劇場での鑑賞は幻想的な音楽や特大スクリーンに映し出された魔法ワールドにこころを打たれますね〜!

ハリポタシリーズは幼い頃に鑑
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.8

18世紀のパリを舞台に「香り」に取り憑かれた狂者を描いた作品
「パフューム」

貧困の街の中、生ま生ましい魚や肉などが鮮明に映し出され、視覚や聴覚から入る情報でその町の雰囲気や匂いを感じさせます。
>>続きを読む

シャイン(1995年製作の映画)

4.0

実在のピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴッドの半生を描いた作品。
「シャイン」

彼のピアノの才能だけでなく、厳格な父との関係や精神病に重きが置かれ、彼の人柄も垣間見える良音楽作品。

ラフマニノフの協
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.3

スティーブン・スピルバーグ監督作品
「シンドラーのリスト」
ホロコースト作品ですが、ナチス党員がユダヤ人を救うというお話。

人の命の価値を考えさせられる作品でした…

戦争をダシに、工場でユダヤ人を
>>続きを読む

>|