カワウソのアイサツさんの映画レビュー・感想・評価

カワウソのアイサツ

カワウソのアイサツ

秋でも暑い。冬は寒い。春でも暑い。夏は暑い。
面白きことも無き世を面白くしたいね。

映画(57)
ドラマ(0)

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.8

映画はとても良かった、俳優さんも子役を含めてすごく良かった。

ただ、宣伝の仕方がとても嫌だった。
「泣いてください」とか「衝撃のラスト」とか。
役者が皆とても上手いし、エモーショナルな内容なので泣け
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

トム・ハーディ、こんな役をやらせたら天下一品。
粗野で女心にも疎いけど、何をやっても憎めない、踏まれてもぶん投げられても大丈夫そうな愛されキャラはヴェノムとの相性抜群!

弁護士で元カノのアニーがアメ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.5

若い刑事の無理繰りなキャラ設定にワロタ。
ミスリードにもなっとらん。

北川景子の驚いた顔のアップが貞子の顔のアップくらい怖かった。
目が大きいなぁ。
怒った顔も可愛いし、なんかこう定まらない感じがグ
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

2.0

言いたいことは解る。そういう死生観も解る。
でも、全然エンターテインメントじゃない。

キングギドラ……なんて雑魚キャラ。
モスラ……なんて出し惜しみ。
ゴジラ……もうちょと活躍して!
ハルオ……(自
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

時系列がおかしいとか、事実と異なる点とか数々あれど、フレディ・マーキュリーがフレディにしか見えない程の再現力。
ある種悪魔的でエキゾチックな顔立ちのフレディと顔立ちや体型は似ていないが、仕草や表情(固
>>続きを読む

バーバレラ(1967年製作の映画)

2.0

体調を崩し、映画鑑賞もままならない暗黒の時間をやり過ごし、Ice Breakとばかりに録画を観てしまった私は目眩がしました。

問題作とは聞いていましたが、まさかここまでとは……。
77歳になっても美
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

ネタバレは一切しちょりません。ご安心を。
ネタバレ設定せずにストーリーをレビューに書くって、ねえ、やっぱちょっとダメでしょ。


エミリー・ブラントが美しい。
トウモロコシ畑の親子以外の人間が一切出て
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

1.0

頭のいい人がたくさん出てるはずなのに、頭脳を持たないセロファン人形がわらわら出てくる問題作。

唯一説得力があったのは、松重豊演じる闇社会の仕事師。

雑味にしか感じない葬儀会場での泣き女(ここは日本
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

5.0

マダオが「パパ跳びまーす!」なんてノン気にCMしてたから、『カリフォルニア・ダウン』みたいな脳筋映画かと思ったら……とんでもない。
メチャクチャ練り込まれてて、最強に面白いです。

観終わった感覚は韓
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

2.0

土屋太鳳ちゃんの事は好きだけど、映画は胸焼けがした。
全編に渡ってくどく、胃にもたれた。
土屋太鳳ちゃんの小鳥のような声に対して、累役の芳根京子の声たるやドス黒い。
それ故に、土屋太鳳ちゃんがどう頑張
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

IMAX 3Dにて2回目鑑賞。
プレデターが大中小に見えたのは、宇宙わんこを見間違えてました。
だって、わんこまでドレッドヘアですもん。
そして、ちんぷんかんぷんの謎も解けた!
開始から30分間幽体離
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

中国資本の中国人母娘をゴリ押ししたサメたん映画。
じゃあ、面白くないかと言えば面白い。
ジェイソン・ステイサム演じるレスキューのプロ、ジョナスがイーサン・ハントかと見間違うくらいに大活躍する。
運の強
>>続きを読む

フランケンジョーズ(2016年製作の映画)

3.8

素材の味を活かした、極力手を加えず匠の技で仕上げた、玄人も唸らせる素人っぽさ。

最初に潜水艦が浮上してきた時点で目が腐ったので、その後の時間は楽勝でした。
有識者のレビューによれば、喋らない船長が監
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

原作、山上たつひこといがらしみきおか……。
山上たつひこと聞いて、妙に納得する。

過疎化対策で、刑期を終えた殺人犯を自治体で受け入れるなんて危なすぎる。
しかも、受け入れる側には事実を伝えないなんて
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

こんなん少年の夢ですやん。
ひと夏の不思議な体験。
ピッチピチのTシャツやサマーニットを着たプロポーション抜群の謎めいたお姉さん。
同級生の女子がどんなに美少女でも目なんか行くはずない。
「おっぱいが
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

聖書をモチーフにしながら、実態はdisりまくり。
そりゃあキリスト教関係者激おこでしょう。

「君は家で私は私」自分を神様だと仄めかす、超絶スランプ、自己中、加齢臭てんこ盛り、髭の濃いだるだるオッサン
>>続きを読む

トレマーズ コールドヘル(2017年製作の映画)

4.0

これにてトレマーズシリーズ完走です。

最初はネバダ州に現れて、アフリカに現れて、今度は北極。
そんなん地球全域、津々浦々グラボイズ潜んでますやん。
究極のサヴァイバリストのバート爺さん、身体が幾つあ
>>続きを読む

トレマーズ ブラッドライン(2015年製作の映画)

4.5

最初は右傾ゴリゴリマッチョだったバートが30年の時を経て、若い世代を導く十戒のモーゼのような神々しさを携えて帰ってきたー!

……などと言う訳もなく、相変わらずのタフガイです。
今度の舞台はアフリカ。
>>続きを読む

トレマーズ4(2004年製作の映画)

3.5

皆のアイドル、バートおじさんが西部劇の世界で大活躍するぞ!

伝説の始まり、リジェクションの勇者は人々に見捨てられた土地を大ミミズから守る為に立ち上がる。

乾いたネヴァダの空気まで見事に表現していた
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

1.0

IMAXで観ました。
もう若くないトム・クルーズのことが心配になります。
「ドジっちゃうんじゃないか……」
「なんとかせにゃ……」ハラハラします。

映画としては、さっぱりまったく面白くありませんでし
>>続きを読む

トレマーズ3(2001年製作の映画)

3.0

お尻ロケットって……なんとも浮かばれないニックネームを付けられたグラボイズの第3形態。
奇妙な生き物が空を飛ぶと一気に怪獣感が増していいですね。

ギャオスかラドンか、のほほんとお尻から炎を噴射して空
>>続きを読む

トレマーズ2(1996年製作の映画)

2.8

高いところにも登れない、どちらかと言えば不器用なグラボイズがコンパクトなワンワンぉに進化したよ。

映画自体は微妙だけど、進化の途中なんで許してあげてね。
ご飯を食べたら子供を産むよ、めんどくさいね。
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

5.0

なるべく円盤を買わない主義の私が、好き過ぎて買ってしまったTVシリーズシーズン3、真選組大好きな皆さんが大喜びなエピソードの映画化です。

腹にイチモツありそうで寂しげな伊東鴨太郎を三浦春馬が見事に再
>>続きを読む

トレマーズ(1989年製作の映画)

3.0

散々午後のロードショーで放映されて録画もしていたのに、今回はじめてまともに観ました。

酷暑の合間の秋の気配を感じる室温28℃に湿度が39度、イイ感じに映画の舞台となっているネバダ州の砂漠とリンクして
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

5.0

ボルケーノとGODZILLAとキング・コングと前作、一級ディザスター大作の要素をふんだんに備え格調高い。
スピルバーグ監督が生きる時代に生きていられる多幸感に思い切り浸った。

ただ純粋に生きることす
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

久々にゾッとする映画を観た。
役所広司演じる殺人犯は、顔も心もグニャグニャにボヤけて、その真実の片鱗も掴ませない。
ファム・ファタールに翻弄される純朴な青年のように、世俗に汚れた弁護士ですら振り回され
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

1.1

ヘレン・ミレンを見たくて、時々テレビでも紹介されるウィンチェスターハウスをビジュアルで見たくて、映画館に足を運んだ訳だが……。
とっても楽しみにしていた訳だが……。

そもそもウィンチェスター家につい
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

実際にあった事件を元にした原作だろうか?
財閥系巨大企業の悪行を暴くのに、子飼いのマスコミなんて信用出来ない。
兵糧攻めの手法でジリジリと追い込まれていく赤松社長の様は、こちらまで息苦しくなる。
従業
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画を観るにあたって、前情報を一切入れずに観る主義だ。
アリゾナの美しい景色の中で、森林火災を防ぐべく誠実に職務に勤しむ隊員達を映し出すカメラは、どの場面を切り取っても壁に飾りたいくらいに美しい。
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

ピーターラビットって、青い上着を着てニンジンをモグモグしている可愛い子ウサギだと思ってたら、グレムリンだった。
それもギズモじゃない、ストライプ君とかの変身後のグレムリン。
二足歩行のブタさんやら、ニ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

1.1

絵は綺麗、音も綺麗、でもおそろしく退屈。
リトルパイロットのアタリと金髪アフロのJK(名前忘れた)が気持ち悪い。
拷問のように思えた上映時間。

本当に本当に面白くない!!
5分なら耐えられるかも。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

5月25日公開の映画も数多くある中で、ピーターラビットでもなく、ゲッティ家のリドリー・スコット監督作品でもなく、友罪でもなく、『孤狼の血』を観た。

エログロ、ゴア、グモ、キリカブ、生首、悪臭等々が嫌
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.9

これは物凄いモノを観ました。
大きなお友達は、群れをなして映画館へ急げ!

ゴリラさんとワニさんとオオカミさんとロック様のよつどもえの大乱闘。
遠い昔、ロック様にまだ頭髪があった頃、あんなに華があるの
>>続きを読む

怪しい彼女(2014年製作の映画)

4.5

以前から面白いと評判だったので、Netflixで鑑賞。

何だろう?この感じ。
無骨で温かく、心の奥底までグイグイ入ってくるこの感じ。
観てる途中で何度も涙出てくるし、電車の中で泣いている赤ちゃんに困
>>続きを読む

>|