Sohさんの映画レビュー・感想・評価

Soh

Soh

映画(311)
ドラマ(0)

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.3

こぽこぽこぽ
未来を変える音。
幸せになって欲しい人は
誰ですか?
幸せにしたい人は、
誰ですか

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.4

運とかじゃなく
生きなければ
いけないんだと、
のうのうとした日々に
かざすナイフを
手にとった。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.4

宝物
一際輝いていたもの
ずっとそこにあったもの
色の数だけ形がある。
それを話して
大事にしまってくれる
そんな人に
あなたが望むなら
って見つめあいたい。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

4.3

動きにくいギプスとか
取れかけの歯とか
うざったく思えてても
無くなってしまうと
寂しく感じるものがあって。

からっぽだ。
自分を守るためだったとしても
あまりに情けなく
不甲斐なくて。
ただそこか
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.5

頭のいい子が好きなんだ
と気づいた。
考える楽しさを
知っているから。
子供に、
思う通りにやってみなさい。
そう言える父親になりたい。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

かっこよいよー!
音楽すき
アンハサウェイ
綺麗すぎ
ケイトブランシェット
かっこよすぎ
ジェームズコーデン
かわいすぎ

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.4

恐竜は怖いものだよ!
てゆう描写が多くて
びくびくしてる中、
月が照らす恐竜の美しさに
全てがとけていく感覚が
気持ちよかった

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.3

楽しませる力
笑顔にさせる力が
びしびしと感じられて
雨なんかにゃ
負けないと思った

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

悲しみの中の喜びを
知っている。

やるなら全力で。
体にこびりついたものを
はらうような言葉に
守られた気持ちになった。

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.4

恐竜こわ。
翼竜ばさーーの絶望感
会話しだしたときの敗北感

絶対割れない丸いの乗りたい!
楽しかった☺️

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

空のペットボトルを
潰すような不確かさが
心をつたった。

どんな状況でも
親がいる世界が正しいのかもしれない

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.5

誰に触れられても
壊れてしまう
脆い自分から
逃げまわってる今を
壊したくなった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.2

しっかり楽しめました(笑)

やっぱり
生い立ちからは
逃げられなくて
その部分を知っても知らなくても
大切にしてくれる人と
いれたら
安心して飛べるだろうな

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

人生を侮っちゃいけない。
世界で一番長い距離は
現実と理想の間にある。

砂利道を歩くように
ぎこちなく不安定でも
抜け出せないなら
最後まで泳ぎきるしかない。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

4.2

このピアノと
森の風と
水面を聴きながら
小説を読み返したい
と思った。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

生きづらい現実が
ただ1つ、現実で。
過去を悔やみながら
理想を塗り替えていく姿が
とてもかっこよかった。


シャイニングあれ、
原作よりこわすぎないすか(笑)

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.3

ひとりでも
孤独でも
絶望しても
それでも頑張れ。
本当にそう言われているようでした。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.5

いけないね
人生を楽しむってことを知らない

草原を歩くような会話と
疲れを労う苦い香りに
明日からの元気を貰いました。

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

4.4

いなくなる前に
笑ってるところも
泣いているところも
照れているところも
怒っているところも
拗ねているところも全部
近くで
みていてほしい

シャイニング(1980年製作の映画)

4.3

建物の中の色が綺麗で
その分
恐怖が本当に恐ろしかった。

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

4.3

ハッピーエンド。
死をみにまとった
他人ともいえる2人。
何をハッピーエンドてゆうのか
知りたくて
わからなくて
これからも
ずーっと悩むんだろう

娼年(2018年製作の映画)

4.2

今でも思う。
自分じゃわかんないから
誰かに決めて欲しい。
点をつけてほしい。
これでいいのか
どこがだめなのか
まだ良くなるのか。

ただ、
その先に
何があるのか知りたくて、
わからないなりに
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.4

みんな違うってことが
みんな同じで、
利口じゃないし
優秀じゃないんだけど、
愛が何か知っている
それだけで、
生きていてもいいって
教えてもらえた気がした。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.3

自分が大切なものを
大切にできる
みーんなと
友達になりたい!!

自分を殺す事が
怪物を生み出す。
とても、わかる。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

4.2

化学すき。
物理の方好きだけど。

未来なんて
知らない方が
夢を持てる。

アメリ(2001年製作の映画)

4.5

緑の国の王女様が恋をした。

人を愛するようないたづらが
かわいくて、優しくて。
こんな世界に
ずーと浸かっていたい。
熱い紅茶に
クッキーをつけて

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.3

どこまでが本当で
どこまでが嘘なのか
デカになって問い詰めたい。
カイザーソゼ!!!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

人類半分にすることを
絶対に悪だ!!!
って言えなくて
むしろ信念があって、
そーゆー敵ずるいよ
って毎回おもいます。

ロケットぐるぐるーーも
ビビビビンゴッ!!!も
ばかつよソーも
おーさまも
>>続きを読む

アーティスト(2011年製作の映画)

4.2

モノクロが鮮やかで
想いが聞こえてくることが
素敵なことだと、
純粋なひとつのことを
見つめることの大切さを
思い知らせた。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.4

なにを家族ってゆーのか
難しい

相も変わらずのりのりで
ヨンドゥの矢好きすぎた

ポルト(2016年製作の映画)

4.4

記憶を泳ぎ回るような
ピアノの音色が
最後まで心地よかった。

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.3

スーツの扱い!
もースーツからスーツへ
スーツぽいして
最後のフィナーレ
トニーに憧れてきた。

大切なものを
見失わないように、
大切に。

>|