Sohさんの映画レビュー・感想・評価

Soh

Soh

映画(323)
ドラマ(0)

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.4

後悔のない人生なんて
無理だと思った。

ゆったりと
穏やかな光が当たる日常にも
はりつく想いがある。

たとえ何も残らなくても
1つの物語を生きたい。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

会場全てが
安心感をおぼえるほど
一体となる
圧巻の歌声。
それを生で聞いている
かと思うほどの臨場感。
恐怖すら凌駕する姿を
目に焼き付けた。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.7

わからない事がある。
愛され方
当事者として起きたこと
この先の未来。
考えれば考えるほど
怖くなってしまうけど、
お互いにとっての
完璧を求めて、
また人生をはじめる笑顔が
新しいドアを開ける。

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.5

失っても
無かったことにはならない。
体の一部になって
心地よい場所から
動けなくなるかもしれない。
そうなったとしても、
一緒にいこう
と差し出してくれる
あの
ペットボトルを受け取った
綺麗な手の
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.3

未練じゃなくて執着だ。
前を向いて、
足を上げて、
本当にやりたいことを。
静まった朝の
濡れたアスファルトを
走りたくなった。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.4

Wizarding world
1つの世界として
繋がりがすごい!!
ふううううっ!したい

正しいことをできる
評価も名声も関係なしに
こんな人に本当になりたい

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.3

目が回るように
鮮やかな青春の中でも
信じるものは変わない。
羨ましくて
やり直したい気持ちと
その気持ちこそが
過去を優しく包んでるような。

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

4.4

理解は気づいた方から。
一方的な言葉に
暴力的な理不尽さを感じた。
すぐにでも
投げ出してしまえる物語が
それでも続いていくのは
意地でも失わないと決めた
愛が
彼の中に
ずっとあるからでした。

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.7

この映画こそが
どれだけの人の
お守りに
なっているんだろうか。

護りたいと思う気持ちの
渡し方がわからなくて
虹に触れたいと
切に願うような
瑞々しい無力さを
ひとつひとつ愛していく。

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

4.3

神様は不公平だ。
それでも
何かになれると信じて
泣くな、笑え。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.3

こぽこぽこぽ
未来を変える音。
幸せになって欲しい人は
誰ですか?
幸せにしたい人は、
誰ですか

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.4

運とかじゃなく
生きなければ
いけないんだと、
のうのうとした日々に
かざすナイフを
手にとった。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.4

宝物
一際輝いていたもの
ずっとそこにあったもの
色の数だけ形がある。
それを話して
大事にしまってくれる
そんな人に
あなたが望むなら
って見つめあいたい。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

4.3

動きにくいギプスとか
取れかけの歯とか
うざったく思えてても
無くなってしまうと
寂しく感じるものがあって。

からっぽだ。
自分を守るためだったとしても
あまりに情けなく
不甲斐なくて。
ただそこか
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.5

頭のいい子が好きなんだ
と気づいた。
考える楽しさを
知っているから。
子供に、
思う通りにやってみなさい。
そう言える父親になりたい。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

かっこよいよー!
音楽すき
アンハサウェイ
綺麗すぎ
ケイトブランシェット
かっこよすぎ
ジェームズコーデン
かわいすぎ

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.4

恐竜は怖いものだよ!
てゆう描写が多くて
びくびくしてる中、
月が照らす恐竜の美しさに
全てがとけていく感覚が
気持ちよかった

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.3

楽しませる力
笑顔にさせる力が
びしびしと感じられて
雨なんかにゃ
負けないと思った

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

悲しみの中の喜びを
知っている。

やるなら全力で。
体にこびりついたものを
はらうような言葉に
守られた気持ちになった。

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.4

恐竜こわ。
翼竜ばさーーの絶望感
会話しだしたときの敗北感

絶対割れない丸いの乗りたい!
楽しかった☺️

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

空のペットボトルを
潰すような不確かさが
心をつたった。

どんな状況でも
親がいる世界が正しいのかもしれない

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.5

誰に触れられても
壊れてしまう
脆い自分から
逃げまわってる今を
壊したくなった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.2

しっかり楽しめました(笑)

やっぱり
生い立ちからは
逃げられなくて
その部分を知っても知らなくても
大切にしてくれる人と
いれたら
安心して飛べるだろうな

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

人生を侮っちゃいけない。
世界で一番長い距離は
現実と理想の間にある。

砂利道を歩くように
ぎこちなく不安定でも
抜け出せないなら
最後まで泳ぎきるしかない。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

4.2

このピアノと
森の風と
水面を聴きながら
小説を読み返したい
と思った。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

生きづらい現実が
ただ1つ、現実で。
過去を悔やみながら
理想を塗り替えていく姿が
とてもかっこよかった。


シャイニングあれ、
原作よりこわすぎないすか(笑)

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.3

ひとりでも
孤独でも
絶望しても
それでも頑張れ。
本当にそう言われているようでした。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.5

いけないね
人生を楽しむってことを知らない

草原を歩くような会話と
疲れを労う苦い香りに
明日からの元気を貰いました。

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

4.4

いなくなる前に
笑ってるところも
泣いているところも
照れているところも
怒っているところも
拗ねているところも全部
近くで
みていてほしい

シャイニング(1980年製作の映画)

4.3

建物の中の色が綺麗で
その分
恐怖が本当に恐ろしかった。

>|