Sohさんの映画レビュー・感想・評価

Soh

Soh

映画(276)
ドラマ(0)

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.3

スーツの扱い!
もースーツからスーツへ
スーツぽいして
最後のフィナーレ
トニーに憧れてきた。

大切なものを
見失わないように、
大切に。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

4.3

父親としての役割の
隠し場所が
とっても豪華で。

むちかっこよすぎ
もっとぶんぶん、
ひゅんひゅん
ずばんずばんして欲しかった

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.2

純粋な気持ちで
歩んできた道を
過ちだと気付いて、
今までを壊して
新しい道に歩める強さが
眩しかった。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.5

きく音の選び方だ。
偏見、先入観、既成概念
光が一線を超える。

戻れないときへの後悔も、
存在すら感じない未来も、
残った手触りが
風を彩ってくれる。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.4

せーのっ
じゅまんじーーーっ
てなりますね。笑

今の自分の姿を認めて
どうなりたいか。
むらをなくすように、
理想に向かって変わって
好きな自分になれたなら。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.4

大勢の人に
覚えていてもらうより
大切な人だけに
金色に輝く落ち葉のような
思い出を
忘れないで
いて欲しいと思った。
そして自分も
忘れちゃいけないんだね。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.3

こわかったな
汗かきました。

守りたい人がいる
全てが
そこだったように思えた

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.4

アフリカ部族に
新テクノロジーの
ギャップがすごい。
しかも親衛隊が女の人。
つよいし。
グラフィックもお気に入り!

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.3

もーみんなかっこいいし
間違いではないから
苦しかったけど
だからこそ
一緒にいて欲しかった

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.6

深い青のおとぎ話の中に
じわーーっと
沈んでいくような
包まれていくような。
どれがモンスターか
見分けがつかなくなって
ただその美しい青が
心を満たしてくれた。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.1

まち壊しすぎて
うおおいおいおい
人大丈夫なの?!
ってどきどきしながら
にやにやしてた

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.4

続ける理由が
あったかいとこにあって
それを今に紡いでゆけたら
最高に気持ちいいんだろうな

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

4.4

つらい、
才能がない、
もうやめたい。
でも誰かが、
みてくれているかもしれないなら
越えていける
越えていきたい。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.1

死んでるのか
生きてるのか
わからないけど
生き延びてみようと思う

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

人生を彩ってくれるのは
strangeで
sensational なものだ。
輝ける“かもしれない”
そんなとこがあることに
誇りをもって
From now on.

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

自分は正しいんだと
疑わない気持ちが
物語をまた動かす。

そーとーくれいじーじゃん
やべーなおい
ってなってたけど
いつの間にか羨ましさがいた。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

4.1

人の何を知って
好きになればいいのか
まだ
答えが見つからない

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.3

“理想”がある。
これはこうあるべき
とか、
それは美しくない
とか。
ふと
ぐしゃぐしゃに
掻きむしりたくなるくらい
思い通りにいかないことがある
それを、
ま、いっか。
とーーーくに投げられるくら
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.4

みんなが笑顔になる
その笑顔がみれる
特技、仕事
素敵だ。
お父さんとの
あの幸せな1秒を
重ねていく姿をみたい

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

いつも過去が付きまとう
その人に何があったのか、
その時どう思ったのか、
すべて、
知りたくなってしまう。

自身をぶん投げてまで
欲しかったものは
いったい
なんだったんだろう。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.5

昔むかし、遥か昔
私にもあなたにも
誰にも魔法なんてなくて。
逃げ出したい現実に
飛び込める国があるなら
真実なんて
いらないと思った。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.3

希望の光を絶やさない。
どんなに暗くても
底がみえなくても。
戦いは続いちゃうのか、
手を取って欲しかった
明かりに向かって

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.2

くすってしちゃう
ダークな部分が
かわいくて愛おしい。
これだけ
愛への道を
ぐぐぐーーーっと
進めたらなんて
羨ましがってみたり

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

愛されてる自覚が
あんなにかわいく
かしこく
面白く
正しく
育てたんだなーて。
羨ましく
愛おしくなった。
考えを押し付けない所
最高に愛だった。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.2

BB8かわいい。
目の中にいれてもいた、いや、むしろ目になってほしい。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.3

信じることの強さが
際立っていた。
今までやってきたことが
決して無駄じゃないという
証明が、
親子の絆が、
美しいですね。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.3

自分がどこにいるのか
何をしているのか
なぜここにいるのか
迷子になることがある。
ただ、
何か新しいことを初める
そわそわと
続けて来たことをやめられない
もあもあは
見えるところに
いつもある。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

4.2

独裁の考えがみえた
誰かが決めなきゃ
いけないんだよなー
賛同はしたくないけど、
わかる。

たくさんのライトセイバーは
やーぱり圧巻ですね。

>|