ガクさんの映画レビュー・感想・評価

ガク

ガク

映画(854)
ドラマ(0)

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.1

やっと観れたー!!
数々の名曲と共に、非凡な才能を持った少年の恋の物語が繰り広げられる。監督の半自伝というところまで、シングストリートと同じ。だからこそ魅力的な作品になってるね。エルトン・ジョンのTi
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

3.6

伏線の回収がイマイチ、キャラの設定もイマイチ。助手の活躍を期待してたのに、特に何も起こらなくてびっくり。笑
全部がぬるっと進んでいく始末に。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.6

やっと鑑賞。
本作は、自分の好きなファンタスティックMr.フォックス以降作品に比べると、
ウェスアンダーソンっぽさがちょっと薄めで少し残念。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

画面の構成、白黒の濃淡、音、映像描写と、何を取っても素晴らしい。『万引き家族』がGG賞外国語映画賞を取れなかったのは、撮影技術の面でこの映画に見劣りしてたところがあるからかな。
画面に映る全てがストー
>>続きを読む

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

3.5

今の感覚で観て、
あんまり好きじゃない作品。
アメリカンスリープオーバーも、似てると思うが良さが分からなかった。
楽曲に関しても、知っている曲以外に目新しい名曲の発見は出来ず。

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

前情報を入れ無さすぎて純粋なラブストーリーなんだろうなと思ってた。
ら、かなり切ない。ディア・ハンター後に間髪入れずに観たせいで集中力が途切れたりしたのが申し訳なかった。
美しいシチリア島と残酷な物語
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.2

余韻なんてレベルは軽く超え、半ば息切れ状態が小一時間程は続く衝撃さが。笑

ロシアンルーレットの魅せ方が上手すぎる。潔いカットや構成で、余分だと感じるシーンは殆ど無かった。

俳優で言えば、若き日のク
>>続きを読む

チャイルド・プレイ2(1990年製作の映画)

3.1

1の方が面白かったな。
設定がゆるゆるすぎてよくわからん。
そしてこの作品が新年一発目の映画か、、。笑

セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!(2017年製作の映画)

3.5

鑑賞前はわくわくしてたけど、同時にレビューが良くなくてちょっと半信半疑。序盤、風景もいいし設定も良さげでさあどうなる?と思ってから、映変わりがなくなんだか同じシーンをリピートで流されているような感じで>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.9

字幕で鑑賞。子供から大人まで楽しめると思うけど、絶対大人の方が楽しめるね!
ディズニープリンセスのシーンやマーベル、スターウォーズのシーン面白かったなー。お客さんも素で笑ってた。
ラストがちょっと苦い
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

3.8

こんなに良くできた映画だとは思ってなかった!!舐めてたー!!笑
もうちょっと犯人の感情も絡めたりしたらもっとよかったなあ。子役もやたら上手いし。映変わりが二転三転するのも飽きなくて良い。ただのB級作品
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

公開初日にIMAX行ったけど、全然混んでなかった。画面が大きいせいか、表情のアップが多い印象。
ライブ開始時間に行って終わったら速攻で帰宅。大観衆と1人の連続。ジャックは道端で声をかけられても嫌がらな
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.8

フランケンシュタイン的なラルフ、
学校の人気者からいじめの対象者になったバネロペ。この二要素で沢山の共感を集めつつ、ポップな可愛さとオタク心に満ちたレトロゲームの世界を見せて、ここまでやられたらやっぱ
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.5

ボヘミアンラプソディーのロジャー役、ゲースロのアリア役、マイプレシャスリストの主役、でエルファニングと、割と豪華なキャストが集結。
フラケンシュタインの背後にある複雑さはこうして生まれたんやな。地味な
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.6

この映画の特筆すべき点があるとすれば、キーラナイトレイの変な声とマッケンジーフォイのテコンドーが炸裂するところ。
むしろマッケンジーのテコンドーアクション映画作ったらおもしろそう。
ストーリーは長々と
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

3.6

オードリーヘプバーンの美貌は際立っていたけど、ちょっと子供っぽいストーリーでいまいち乗れず。ハンフリーボガートがオヤジすぎる。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.6

世界観いいのはずっと変わらず。
キャラクターそれぞれのストーリーを出し過ぎて複雑化している。ズーフー出てきたし香港とか来たら面白そう!
この映画のワクワクはポイントは主にオープニングとエンディングに限
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

4.0

他人の事を優先してしまう癖のある主人公。邦題の秀逸さ!ラストの終わり方も新鮮で良い。ムーンライトセレナーデ的なストーリー展開は自然と男女両方愛おしくなるからいいな。音楽も、ジャズがオシャレで◎🙆‍♂️

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.9

プロの仕事はいいね。2人とも渋すぎ。
ファーストシーンのあの銃の撃ち方…!
荒野に降ろされて、歩いて帰って来い!!ってされてる感じの連続で、すごい疲れる。米墨間の密入国問題と南米の麻薬には終わりが見え
>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.2

ジャッキーの良さが見え隠れする残念映画!ジャッキーは良い、ヒロインも可愛い、しかし脚本とカメラが酷い。日本のアクション映画観てる気分。これだとやっぱりハリウッドでやった方が良いとなるやん。中国もっと頑>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

自分にとって、新たな死後の世界観が提供された。幽霊が存在するなら古代からの人の幽霊で地球が埋め尽くされることになると思ってたから。だからこそ、時をかけたり納得したら消える、というのは新鮮な解釈だと思っ>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.7

伏線の効いた構成やスパイダーマンならではのアクションの面白さがよかった。
ただ、トビーやアンドリューのスパイダーマンはストーリーが重過ぎてきついので、トム君のスパイダーマンが一番好き。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.3

ビル、ダクトテープ、義足、ロック様。
肉体的な見せ場が多すぎて飽きる。せっかくインテリ風ロック様で始まっててんから、もっと知的な解決の場面が観たかった。コナンのビルのやつの方が全然面白いやん。

Guernsey(原題)(2018年製作の映画)

3.8

ロンドンと片田舎の島を結ぶ、ささやかで美しいストーリー。ラストに素晴らしいキスシーンが用意されているあたり、クラシック映画の要素を感じた。映画のタイトルも、劇中でジュリエットが興味を持ったのと同じくら>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.9

夏の夜に観たい作品がまたひとつ増えた。
イット・フォローズで感じた、ホラーじゃなくて良いのに…という気持ちはこの映画で解消された。永遠に続くような夢のような青春!いいねえ!笑

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

アジア舐めてる系映画。ララの幼稚な行動にも共感できない。アクション映画はストーリーももっと練るべき。

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.6

輝いているものと、そこに確かに存在する現実という対比のテーマは本作とフロリダプロジェクトに共通している。今回の対比はクリスマスイブと出所したての貧困なトランスジェンダー。みんなが足りないものを補いなが>>続きを読む

ロンゲスト・ヤード(1974年製作の映画)

3.7

人種の壁や未来の憂鬱をかっ飛ばして喜び合う、まさにスポーツ映画。それは性善説や人間賛歌につながっていて、アメフト詳しくない人でも楽しめる作りになっている。決断のシーンのやりとりが良かった!!

スティング(1973年製作の映画)

3.7

ロバートレッドフォード、こんなにイケメンだったとは。笑 ポールニューマンもめちゃ渋い。ラストの締めがもうちょっとドラマティックであってもいいような。ただ、現代に観ても十分楽しめるエンターテイメント作品>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

世界中のヒットや期待度の割にはそんなにやったと言わざるを得ない。ヴェノムとトムハのバディものにするなら、もっと早くから寄生して欲しかった。敵に魅力がないのも1つの欠点かも。次回はウッディハレルソンが敵>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

最高に熱くて、儚い映画。
ラストシーンは何回も泣きそうになったし、隣に座っていた方は中盤からずっと泣いてた。ロジャーとブライアンメイの20世紀FOXのファンファーレも最高!音響の良い映画館で観ると更に
>>続きを読む

⼗年 Ten Years Japan(2018年製作の映画)

3.3

●プラン75
雑な年齢設定や演出。アイデアが先行してて、他がおざなりになってる。
●いたずら同盟
ホラーのような雰囲気が、世にも奇妙な物語にしか見えない。ある意味コメディといった滑稽さになってる。20
>>続きを読む

氷の季節(2018年製作の映画)

4.0

薄暗い田舎の農村、重い空気。
事態は二転三転して最悪とも最高ともいえる結果に繋がっていく。妙にスリリングでエグくて。ゾンビを描かなくとも、貧乏を描けば人間の性がみえる!

半世界(2018年製作の映画)

3.7

そんなに説明しなくても良いのにと思ったり、音楽の使い方がよく分からなかったり。変わったカメラの動き方もしてたな。
これらがノイズになって、なんとなく統一性に欠ける。とかいいつつ、退屈はしなかった。なん
>>続きを読む

オルフェ(1949年製作の映画)

3.5

竪琴ではなく詩で、愛するのは妻ではなく冥界の死神で。解説欲しい。オシャレすぎて理解できず。元々のギリシャ神話オルフェウスも、なぜ地上に出る途中で奥さんの顔を見ちゃったのか分からない。地上まで我慢したら>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.0

初バーフバリ作品。
鑑賞中はひたすら幸福感に包まれる。音楽がなんとも言えないし、スケールの大きいアクションも楽しい。IMAX最高。隣席のおそらくはリピーターの女の人泣いてた。たしかに何回も見たくなる、
>>続きを読む

>|