りさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • りさんの鑑賞したドラマ
り

俺の家の話(2021年製作のドラマ)

4.5

めっっちゃ好きだった!毎週楽しみだった!!
家族旅行の回が特に最高👏🏻

0

天国と地獄~サイコな2人~(2021年製作のドラマ)

4.0

主演2人の演技力が凄すぎて、、!
いろいろツッコミどころもあったけど、そんなのどうでも良くなるくらいキャストが良かったし面白かった!

0

書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜(2021年製作のドラマ)

3.5

ポンコツ臭漂う生田斗真、アホっぽい菊池風磨、ウザめの岡田将生、みんな良かった〜!

0

直ちゃんは小学三年生(2021年製作のドラマ)

4.0

ノスタルジックで、ほっこりして、ちょっとせつない。大好きやった!
小学3年生のときってどんなこと考えてたっけって、思い出してしまう。
やまちょがツボやった〜!(靴下くるくるするの謎にやってた笑)

0

エール(2020年製作のドラマ)

3.5

最初から最後まで斬新な演出で新鮮だった!いろんな意味で後にも先にもない、ずっと忘れないであろう朝ドラになりました。
カーテンコールは15分と言わず1時間くらいやってほしかったな。裕一さんと木枯さんの歌
>>続きを読む

0

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(2021年製作のドラマ)

4.0

守備範囲の広いこと!!
数々の社会問題を扱いつつ、老若男女問わず観てるひとがどこかしら感情移入できたり共感できるキャラクターがひとりはいるかんじ。

久しぶりに逃げ恥観れたことが嬉しかった😌

0

危険なビーナス(2020年製作のドラマ)

3.0

今期の連ドラは1話6本くらい観たけどどれもハマるものがなく、最終回まで辿り着けたのは結局これだけ🥲
面白かったけど、妄想パートはいらんかった

0

おカネの切れ目が恋のはじまり(2020年製作のドラマ)

3.5

ラブコメとして面白かったからもっと続きを観たかった😢

役とはいえあんなに屈託なく笑う人が突然いなくなるなんて、未だに信じられない

0

半沢直樹 続編(2020年製作のドラマ)

4.0

放送後のツイッターでの盛り上がりまで含めて最高のエンターテインメントでした👏🏻

0

MIU404(2020年製作のドラマ)

4.5

余韻に浸ったあとしばらくしてロスってる
最終回放送後のラジオで綾野剛が「俺の中に伊吹はいるけど、伊吹の中に俺はいない」的なことを言ってて、まさに!という感じ

0

宮本から君へ(2018年製作のドラマ)

4.0

あいたた、、ってなるやつ
マルキタの同僚がみんな良いキャラ

0

コンフィデンスマンJP(2018年製作のドラマ)

3.5

今更観た。まさに痛快って感じだ
長澤まさみがとても美しい🙏🏻

0

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(2020年製作のドラマ)

3.5

エンディングがめちゃくちゃ良い。
エンディングのために本編観てた感ある。

0

おじさんはカワイイものがお好き。(2020年製作のドラマ)

3.5

推しがいる生活は素晴らしいし、それを共有できる人がいることはとても貴重。
自分の「好き」を大切にすること、他人の「好き」を尊重すること。

多様性を認める現代的な感じも良いし、クスッと笑えてほっこりす
>>続きを読む

0

私の家政夫ナギサさん(2020年製作のドラマ)

3.5

「あるある〜」と「んなアホな!」の緩急が良くて、観てて楽しかった🙂

0

グッド・ドクター(2018年製作のドラマ)

3.5

山﨑賢人演技うまいやん!!(と初めて思った)(失礼)

365日の紙飛行機に泣かされた、、
韓国版も観ようかなぁ

0

奥様は、取り扱い注意(2017年製作のドラマ)

3.0

「かっこいい」というより「カッコつけてる」と感じてしまうのはわたしが捻くれてるからだね?

0

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編(2017年製作のドラマ)

4.0

「友達の未来占った指で焼きそば検索してんじゃねえよ」
「茜ちゃんにとって坂間家は、家族じゃなくて社会だからね」
台詞がいちいちグサグサくるよ〜。クドカン天才かよ〜。

エビチリ食べるたびにこのドラマの
>>続きを読む

0

これは経費で落ちません!(2019年製作のドラマ)

4.5

森若さん、真夕ちゃん、麻吹さんのトリオが大好き☺️芯のブレない女性は素敵!
そして犬系男子の山田太陽、ありがた〜い🙏🏻

決して派手じゃない、でも働く人や頑張ってる人に寄り添ってくれるドラマ。
主題歌
>>続きを読む

0

ゆとりですがなにか(2016年製作のドラマ)

4.0

やっぱり群像劇は良いなぁ。
どうしようもない状況であれこれもがいてる姿がリアルで恩着せがましくなく、わたしも頑張ろうと思わせてくれる。

オープニングの「拝啓、いつかの君へ」が入るタイミングが毎回絶妙
>>続きを読む

0