mits

mits

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.3

あのオープニングにグッと心を掴まれる。タイトルが出た瞬間思わず拍手しながら声をあげそうになった。
音楽、色彩、衣装、全て好みで、本当に夢を見ているようだった。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.2

是非3Dで観たかったけど吹替しかなかったので断念。2Dでも逆に良かったのかも。絶対声あげるほどの大迫力だった。
何よりも怪獣達がマックス怪獣してて最高!だしサミュエル僕たちのLジャクソンおかえり!って
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.1

バスタームーンに時折苛立ちと狂気を感じるけど、全体を通して楽しい。ヨハンソンさんの声は『her』の時から声がセクシーで好きだったけどターロン・エガートンの上手さに驚いた。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

やった事が許されるかって言ったら絶対許されない事だけど、自分がその立場になったら…90年も早くに目覚めてしまったらって考えるとやらないとは言い切れないし。もうずっと怖いって思いながら観てた。演じるのが>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

4.1

実際にあった話を本当に真摯に映画として創り上げたんだなって感じた。派手さはないし逆に淡々としすぎて地味に思えそうところを役者の演技が説得力あり過ぎてずっと泣くのが我慢できなかった。
上司の『俺は部屋に
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.6

あまり前情報なしでなんとなくモデル業界のマウンティング系のストーリーかなって観てたらえらいぶっ飛んだ展開だった。映像と音楽に酔い浸りそうなところ間髪入れずグロ持ってこられ戸惑いしかなかったな。でも全然>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

4.1

どういう理由であれ暴力はダメだろって思ってたんだけど、そこまでしてしか聞いてもらえない、そこまでしても聞いてもらえない時代がたった100年前だなんて。

スノーデン(2016年製作の映画)

4.2

これが実話だという事が恐ろしい。しかもそんな昔の話ではないとか。終始ハラハラドキドキしてた。大画面のモニターに映るトム・ウィルキンソンが恐ろしくて恐ろしくて。ジョゼフ・ゴードン=レヴィットの実際の人物>>続きを読む

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断(2017年製作の映画)

3.5

所々でちょっと疑問に思う事はあったけど久しぶりにストーリーやスケールの大きさが相棒らしいなと思った。大画面で伊丹んのやらかしやプチ活躍を観れたのでまぁ満足。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

今までのmarvel作品とは雰囲気が違ってそれもまた良かった。どことなくテイストが日本のコントっぽく感じたんだけど自分だけかな?
次(ソー/ラグナロクやインフィニティウォー)が俄然楽しみになった。
>>続きを読む

天使にショパンの歌声を(2015年製作の映画)

3.4

もうちょっとなんか学校の為に闘うぞ‼︎的な映画だと思ったけど結構淡々と進んでいったなーって感じ。どこか焦点を絞っても良かったんじゃないのかなとは思ったけどこれはこれでいいのかな。
演奏のシーンはとても
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

4.4

色を無くすことでわかりにくくなる事もあったけどそれ以上の音の迫力。そして人間の汚れや傷、皺など生命を圧倒的に感じられた。本当に凄い。フュリオサの砂漠での慟哭のシーンは息をのむほどの美しさだった。

ブラック・ファイル 野心の代償(2016年製作の映画)

3.2

キャストからしたら物足りない感半端ない。イ・ビョンホンの勿体無さといったら。

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

3.1

男の子が天使。
音楽で煽ってくる感が良かった。
ただ内容的には難しすぎて。。。
きっと後から調べたり考察なんかしていく作品なんだろうなって勝手に思ってる。
しばらく時間をおいていつかまた挑戦しよう。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.9

奇妙なこどもたちが可愛すぎて。みんな奇妙なだけで普通の可愛い子達だった。双子は最終的に若干怖いけども。そんなこどもたちへの愛が溢れるミス・ペレグリンに泣いた。

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.8

病院を抜け出す時の母娘の笑顔が印象的。
『自分らしく生きる』って事が自分だけのものではないんだって改めて考えさせられた。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

今までのシリーズを観てなくても大丈夫って言われて観たけどやっぱりある程度の知識はないと難しかった。
ただMay the Force be with usからのスピード感はワクワクした。まんまとエピソー
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.2

最後の力でねじ伏せる感。メチャクチャだ。良くも悪くも。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.1

観終わって、心臓をグッとつかまれる思いでしばし放心状態だった。凄い映画だ。

島々清しゃ(2016年製作の映画)

3.3

三線の音色が心地よい。海辺でならいつまでも聴いていられる。ただストーリー的にもうちょっとって感じた。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

事前情報無し(チラシやポスターも殆ど見てない)で観た為最後の10分本当に声出そうになった。やっぱり宣伝等のあの一文いらないなって思った。
ただ、ビッグジムが出てきた時はさすがに声出たけどね。相変わらず
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.4

シンプルにかっこいい。とにかくかっこいい。もうね、デンゼル・ワシントンに黒の衣装、黒のハットで黒い馬に乗せようと思いついた方に感謝しかない。ヘイリー・ベネット演じるエマも素敵だった。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.9

映像の綺麗さと、その映像とストーリーにあった音楽と。とても安心感のある映画だと思った。
最後の最後のキャストロールでおばあちゃんが市原悦子だと知った時が一番テンション上がったのは秘密。

ハートビート(2016年製作の映画)

4.1

ベタな演出&展開だったり、詐欺師どうなった?的なモヤモヤも残しつつもそれを補って忘れさせるくらいパフォーマンスが最高だなって。ヒップホップ×バレエ×クラシックがこんなにも合うなんて思ってもみなかった。>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

3.8

1226
何だかとんでもないもの観せられた感。やろうとしてる事はぶっ飛んでるのにやってる事は着実でだけどやっぱ狂気で。淡々と解放されていくアニアに魅入ってしまう。
そのアニア役のリリト・シュタンゲンベ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.2

とにかくみんなが可愛い。ホント可愛い。大人のくせに可愛い。ハリーポッターシリーズを観た事がないからどうだろう?楽しめるのかな?って不安だったけど、もしかしたら逆に良かったのかもしれない。思い入れがない>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

4.2

重いテーマだけどただ泣かすだけじゃなく、笑える場面もあったり鑑賞後に心地よいとても素敵なあたたかい映画でした。
トニ・コレットとドリュー・バリモアの2人の女優に感服。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

4.0

編み物よりも武器磨き。何それ絶対好きじゃんって思ったらやっぱ好きだった。ゾンビが出現したらドレスのまま剣や銃を構えてガンガン倒しにいく姿とか最高でした。しかも太ももにはナイフ忍ばせてるとか。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.2

『尊厳死』とかなり重いテーマの映画であるという事を、一秒ごとに変わるルーの表情でうっかり忘れそうになる。ルーの影響でウィルの表情も柔らかくなって、誕生日のシーンは今まで観た映画の中でもだんとつ好き。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

ヤバい奴らがヤバい奴の家に忍び込んでさらなるヤバい目に合う。しかもそのヤバさがぶっ飛んでて最早誰にも共感出来ずただただ息をひそめてた。ホラー映画のマストである声を封じるなんて…恐ろしい。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.8

マダムの暴走っぷりが笑えるんだけど、ふと悲しくと言うか切なくなって涙が出そうになる奇妙な映画だなって思った。
良かったんだけど、シンクレアが何故にあんなにも献身的なのかがもうちょいわかりやすく描かれて
>>続きを読む

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

3.8

子供目線で見る戦争ってやっぱ残酷。終始複雑な気持ちで観てた。だけどペッパー君の純粋な信じる心には胸をうたれる。

歌声にのった少年(2015年製作の映画)

3.8

思ったより淡々と進んでいくなって思った。テーマがテーマなだけにもっとわかりやすい感動モノかと。でもそれは今だにガザ地区への出入りが困難だとあったように何も解決してないからかな。
最後の決勝のシーンで実
>>続きを読む

>|