XmasStoryさんの映画レビュー・感想・評価

XmasStory

XmasStory

真夜中から明け方に観る映画が好きです。
世界は女優さんで廻っていますぐるぐる。

映画(1163)
ドラマ(6)
  • List view
  • Grid view

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.5

映画化のニュースの際にオリジナルを見返した憶え。血が印象的だったような…。

で、ソフィア・コッポラ監督版。極々普通の仕上がりに収まってる感じがしました。知らないとソフィアカラーも特に強くないから監督
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

5.0

千早が綾なす最終章。仲間が増えた新生瑞沢かるた部。立ち塞がる新と我妻伊織。君臨する戦慄ファッション若宮詩暢。茫洋とありながら太一を導く周防名人。そして太一の帰還。結びは彼の物語でもありましたね。とても>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

酒を飲みほし女を抱き傷めた身体は氷水に浸けひたすらクールでファッショナブルなシャーリーズ・セロンに惚れ惚れです。スパイグラス死守戦長回しの凄まじさたるや。実際は切ってるんだろうけど圧巻でした。裏の裏に>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.0

妊娠の可能性に思い悩むはづきと万引き癖のある優等生葵。同じクラスなだけのふたりが認知症のおばあさんとの出逢いを機に胸に秘めた本音を吐き出し自分を受け入れ…。忘れる老女と友達と呼ぶにはまだ曖昧な彼女達の>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.5

生徒と教師の恋って言ったら報われないこと多々あるように思うけど本作は温かみのある映像と共に穏やかな気持ちで観れます。綺麗な最後も良かったんだ。弓道すずちゃんの憂いた眼差しも素敵です。見惚れちゃいました>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

例え厄介でも水原希子ちゃんを愛でる意味では最高、彼女のエロさも素晴らしい…とは言え面白さには少々欠けてしまうかも。どーしようもない人達も過去と現在の自分が重なるのも好きだけど。僕は未だモテキの呪縛に囚>>続きを読む

恋と嘘(2017年製作の映画)

2.0

映画自体は好みじゃないけど森川葵さんを愛でることは可。エンドロールはアドリブありかな?彼女の驚いた時の顔がすごく好きです。北村匠海くんの役名が僕の名前と同じだったのに名前呼ばれなくて残念そこ呼んでたら>>続きを読む

レミングスの夏(2016年製作の映画)

3.0

良くも悪くも飾らない子供たちと自主映画っぽい雰囲気が自分好みです。名前がちょっとわからないけど…桃果さん?仲間のひとり脚がすらっと長い女の子は印象的。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

車通りが多すぎる畑道を闊歩する恒松祐里さんのタイトルバックが好み。幸薄そうな長澤まさみさんも魅力的だけど如何わしい長谷川博己さんと無垢な高杉真宙くんコンビが好きでした。ホテルだっけ?飴を鷲掴みにしてポ>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.5

夏帆さんの目線、ラストシーン、ヒトではない役がぴったり東出昌大くん、笹野さんと違い善人だった大杉漣さん…良かったです。

美しい星(2017年製作の映画)

2.5

しいていうなら橋本愛さんのポーズは好きでした。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

陛下の尊い佇まいは格好良くて盛り沢山のキャラも際立ってますが少々物語は薄味だったかも。ラストバトルもあっさり。それでもじゅーぶん面白かったから良いけどね。本作を経て心技体が完全?になった陛下はこれから>>続きを読む

イノセント15(2015年製作の映画)

3.5

ふたりが鬱々とした狭い世界から逃げ出す電車の場面。差し込む光と彼女の眼差しが目映く印象的。未完成で未熟で無知な15歳にのしかかる性や家族や愛…それらの静かな現実を苛烈に衝動的に突き抜けてく。多分ふたり>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.0

新感染の前日譚。彼女はあの子とは別人なんだよね服装違うしラスト考えると繋がらない…。希子ちゃんに似てるのは多分髪型だけ。貧困問題、ゾンビと警察に挟まれる一般市民、モデルルーム、終盤は正体が判明したり別>>続きを読む

龍の歯医者 特別版(2017年製作の映画)

4.0

特別版?レンタルで観たのとはまた違うのかな?ちょっとよく分からないけれど。
天狗虫編殺戮虫編の二部からなる本作は龍と科学が存在する世界の戦火のなか、龍を守護する職能集団のひとり野ノ子と敵国の少年兵ベル
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

事実は小説よりも奇なりてね。住居もなく父親とは疎遠で薬物依存もあるストリートミュージシャンの人生に光を照らしてくれたのは迷い込んだ野良猫ボブでした。こんな出逢いがあったら希望も意味も見いだせるね。今年>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

昔、VHSの何かの予告で見たりNHKだかで見たりしたティム・カリー版のイットがとにかく不気味で。大人パートは洞窟?でモンスターと闘ってたっけ?兎にも角にも排水溝は嫌だね。

そんなイットのリブート版で
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.5

楽しい家族旅行のはずが新車のブレーキが壊れてさぁ大変これからどうなる?なのに秘密や鬱憤が漏れだしもっと大変これからどうする?旦那さんがロバート・ダウニーJr.に奥様のほうはだんだんグウィネス・パルトロ>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

シリーズがあまり好みじゃないのだけど本作は静かに胸を打ちました。映像は新しいのにクラシカルな空気を感じたのは過去の名作達を参考にしたから?苦難のシーザー、大佐の皮肉な末路、雪に咲くあれは桜?聡明で天使>>続きを読む

スペースウォーカー(2017年製作の映画)

3.5

ふむ。良かったで。謎のSF映画よりもこう言う硬派な宇宙物は良い。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

めげない媚びない屈しない。強さと勇気に感服するロマン溢れる作品でした。宇宙なんて言う壮大なモノには人種も世代も性別も問わず一丸となって取り組みたいものですね。なんてね。彼女たちの素晴らしさは言わずもが>>続きを読む

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.0

人魚姫のリン・ユンが可愛かったので良しとしましょう。前作の話し忘れちゃったけどね。悟空御一行様がなんやかんや絆が深く一安心。ヤオ・チェン&スー・チー似た顔立ちの美人女優も目の保養になります。

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

3.0

そこそこ楽しめた憶え。市原くんは格好良いし豊川永瀬両氏は渋く萩原みのりさん伊藤沙莉さん石井杏奈さん山本舞香さん…贔屓の女優さんも多し。希子ちゃん美しかった。

夏の娘たち~ひめごと~(2017年製作の映画)

3.0

ポスターの絵に惹かれ。映画自体は実にじめじめと絡みつくような湿度を感じ。小さく狭い土地ならこう言うことも日常的にあるかも?とか思ったり。川辺の場面も綺麗じゃないけど何故か好き。

トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡(2016年製作の映画)

3.5

こっぱずかしいくらいの演技や演出なのに全然嫌いじゃなくむしろあたたかい気持ちで観ちゃいます。真っ直ぐで面白かった。松風理咲さんは堀北真希さんぽさを感じる時も。これからもっと活躍しそう。

光と禿(2016年製作の映画)

3.5

小粒ながら良かった。ひとえに岸井ゆきのさんの繊細な演技の賜物。目の動きの演技だけでも凄さを感じます。それでいて微エロを漂わせ愛くるしくもある。樋井明日香さんの好演も忘れがたい。このふたりが素敵でした。>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

2.5

ダサい。空回り。伊勢谷友介&鈴木亮平の両名はしっかり武骨さを醸してる反面、だいたいみんなが薄い薄い。石原さとみちゃんはもう少し映画に関しては出演作品を選んでもっと自分に合う恵まれた作品に出会って欲しい>>続きを読む

逆光の頃(2017年製作の映画)

4.0

過ぎてしまった時間だけど映画の語りのおかげでいつかの自分とここにいる自分を重ねることが出来ました。過去形も現在進行形でも高校の頃に近しかった彼や彼女を想い出し微発泡気分になってみて下さい。京都の夏。な>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.5

これはゆきてかえりし物語なのかも。事務職とデリへル嬢ふたつの顔を持つ彼女が毎度バスから覗かせる表情に震災で負った多くの痕からのわずかな解放漂わせ。過去作観ててもイメージが定着しない一見無個性にも感じる>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.0

アレノが好きだったからちょっと期待を寄せすぎちゃったかも。

とは言え。戦争末期を背景に島で暮らす教師と赴任してきた隊長の漂うような恋模様。震えるような声の満島ひかりさんの島の言葉、島の唄に耳をすませ
>>続きを読む

はらはらなのか。(2017年製作の映画)

3.0

吉田凛音さんの校内ミュージカルの場面は繰り返し観ちゃう。可愛かった。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

マクドナルド好きとしては見逃せません。今ある姿には兄弟とひとりの男の存在があったのですね。看板が取り外される時の兄弟の後ろ姿とマイケル・キートンが鏡に向かって話している姿が印象に残ります。利益や有名に>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

バレンタインデーにこちらも鑑賞。ロマンチックな気分には全くならないけど面白かった!死霊館&アナベルシリーズは不気味さと恐怖が安定していて良いです。おまけに女優度高い!今回はアナベルの行動ちょっと笑えち>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

お国言葉が強いから字幕があっても良かったかも。原田眞人監督が描く群像描写は好きなんだけど最近あまりはまらず。多彩なキャストの割にはもう少し豪華な配役を割り振っても楽しかったかな。松山ケンイチくんは一瞬>>続きを読む

>|