XmasStoryさんの映画レビュー・感想・評価

XmasStory

XmasStory

  • List view
  • Grid view

四月物語(1998年製作の映画)

3.5

雨と風と本と新しいはじまりと近しく遠い人間関係と春の匂い、そして松たか子さん。

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.5

トミー・リー・ジョーンズ演じる父を探しに宇宙への旅に赴くブラピ宇宙飛行士。奥様はリヴ・タイラー。SF映画ながらも架空より現実寄りの映像テイストでインターステラー味も感じます。道中、別れや出逢い、トラブ>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.5

ティモシー・シャラメ&マイカ・モンロー共演。90年代。夏休み。心に傷を負い人とも馴染めないダニエルが避暑地で出会った悪友ハンターとその妹マッケイラ。彼のひと夏はマリファナ稼業と秘密の恋と共に濃密に加速>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.5

舘ひろしさんの重厚感と田中泯さんの真意、軍部上層部の厚い面構え、名優相手に退かない菅田将暉くんの熱演。面白かったです。最後は歴史を思うと切ない。

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?(2018年製作の映画)

3.0

地元の映画なので贔屓したいけど中々に仕上がりが微妙です。実は撮影中、札幌中心部三越で黒島結菜ちゃんが撮影してるの目撃したのに何も思わなかったんだよね。ただ今は悔いてます。何故なら今の彼女は垢抜けたのか>>続きを読む

ニセコイ(2018年製作の映画)

3.0

嫌いじゃないです。決して演技が達者な方が多いわけでもないですが。それにしても中島健人くんは本作では中条あやみちゃん別作品では小松菜奈さんと一緒にお風呂入って…。へー。演出上仕方ないが。へー。へー。ナイ>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

漫画は苦手だったけど映画は良かったです。平手さんの飛び蹴りとストレートまでに突き刺さる言葉を言い放つ姿。対照的に天真爛漫な奥に潜む悩めるアヤカ・ウィルソンちゃん。パコの少女が美人になった。響と関わる、>>続きを読む

セレニティー:平穏の海(2019年製作の映画)

3.0

ふーむ。マシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイのインターステラーコンビと期待。てっきりミステリーかと思いきや…想像外に物語が展開されて置いてかれた。でも追いついた。しかし、ぽかーんとなる。何故ふたり仕>>続きを読む

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

3.5

アートを売り物とする輩たちがアートによって喰い物とされる芸術戦慄映画譚。監督主演助演はナイトクローラートリオ。今回のジェイクはまだ正常範囲。最も悲惨なのはトニ・コレットの末路。死してなおしばらく作品と>>続きを読む

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

4.0

物語自体はさほど眼を見張るものはないのですが異国に留まるアリシア・ヴィキャンデルちゃんの惹きが強くて。物憂う表情、上手くはないが下手でもない日本語、古い時代の日本に染まるアリシアちゃん。彼女の言葉にな>>続きを読む

トールガール(2019年製作の映画)

4.0

自分なら背の高い女性格好いいなって思うんですが思春期の女の子、当事者ならコンプレックスに思うよね。悩むよね。そんな彼女に共感。青春映画としてもきゅんきゅん。最後のラブにもきゅんです。箱がいい仕事してま>>続きを読む

キタキタ(2017年製作の映画)

3.5

地元、札幌が舞台でもあるので札幌ファクトリーだ!大通り公園だ!藻岩山だ!豊平川だ!すすきのだ!といつも見てる場所が登場して喜ばしい限り。ストーリーはほんと微妙なんですけどね。愛くるしさはありますよ。海>>続きを読む

消えた16mmフィルム(2018年製作の映画)

4.0

この映画の謎と秘密を紐解くのは観てのお楽しみと言うことで。当時の映像から現在に至るまで断片的であろうと残ってることが大事。記録は記憶とはまた別に大切だと感じました。そしてドキュメントとしては完成されて>>続きを読む

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

4.0

アナザー俺たちに明日はない。淡々とまるでドキュメントのような演出で追いつめていく演出好きです。ウディ・ハレルソンはいつも通りの安定感ですが何よりケヴィン・コスナーが素晴らしいんです。アンタッチャブルの>>続きを読む

キング(2019年製作の映画)

3.0

観るコンディション良くなかったかな?ちょっと退屈でした。リリーローズの美しさもいまいちだったし。もう一度、観てみるべきか。

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

3.0

実話を基に話術で人を掌握そして電気ビリビリはするけど解体は基本しないそんな椎名桔平さんによって人生狂わされ金品搾取おまけに拷問殺人まで強要される登場人物たち。胡散臭いのに何故離れない?てなるのは当事者>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

3.0

切なさが残る作品。よくまあこう言う物語の構造が練られカタチを成すなどそちらに興味が。インターホン越しで交わすふたりの会話が印象的でした。

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

3.5

アイリッシュマンよりこちらのほうが好きです。自分でも予想外でした。おじいちゃんの会話劇のようなもんなのにウィットにもユーモアにもとんでいて。ジョナサン・プライス良かったな…。

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.0

うーん。あんまり好みじゃなかったかな。でもジョー・ペシが出てるだけでぐっとくるものありました。ハーヴェイ・カイテルは贅沢な使い方。渋すぎだ。アンナ・パキンは映画じゃ久々!要のロバート・デ・ニーロとアル>>続きを読む

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

3.5

特に何か残るわけじゃないんですが映像の雰囲気が好き。視覚的好み。間宮祥太朗くん良かった。吉岡里帆ちゃんも意外な役柄で短い出番でも爪痕残してった。堀未央奈さんは醸す佇まいが全てです。

ルディ・レイ・ムーア(2019年製作の映画)

4.0

映画愛に溢れた愛すべきエディ・マーフィ復活。ウェズリー・スナイプスもアクションなしで良い味わい。ワンスアポンアタイムインハリウッドとかと一緒に楽しみたいです。エディの吹き替え山寺宏一さんがまた最高のお>>続きを読む

クロース(2019年製作の映画)

4.5

ダメダメ郵便配達人のジェスパーは父の指示で遠く離れたスミレンズブルクの町へそこは暗く寒く住民たちは諍い希望が沈んだ場所だった。しかし町外れに住むおもちゃ職人クロースとの出逢いがふたりを町を未来をやがて>>続きを読む

クリスマスに降る雪は(2019年製作の映画)

4.5

青春版ラブアクチュアリー!
いいね、いいですよ、大好きです。クリスマスイブの日、揺れる恋心、パーティーで盛り上がりたい、でも田舎だし場所は限られてる、かたや運命的な出逢い果たしたり、今まで気付かなかっ
>>続きを読む

アイ・アム・マザー(2019年製作の映画)

3.0

SF的施設で万能型アンドロイドとふたり暮らし。素敵じゃない?や、寂しいか?無機質過ぎるか?けど憧れる部分も。あまりインパクトには残らなかったかな。ただクララ・ルアガードのこれからの出演作品が楽しみです>>続きを読む

ユピテルとイオ(2017年製作の映画)

3.5

静謐な終末作品。嫌いじゃないです。とある場面で新海誠監督『ほしのこえ』が過ぎりました。マーガレット・クアリー好きな女優さんなのですが劇中の彼女の生活スタイルが良かったなと。

ザ・サイレンス 闇のハンター​(2019年製作の映画)

3.5

終末系、ひとつの家族、さあどう切り抜けるのか?この手の作品は大好きなのでわりと満足です。未曾有の危機に対して序盤は緊迫感あったけど徐々にこじんまり。主人公の設定や意味ありげな描写もそれなりに。ラストは>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

4.0

ラブコメの世界は最高!ロマンティックコメディとしても珠玉の出来映えじゃないでしょう。レベル・ウィルソンがベリベリキュート。エンドロールの全員大集合ミュージカルも素敵。吹き替え?地声?皆さんお上手です。>>続きを読む

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

4.0

久々に。面白かった。
アンジーは唇も瞳も表情も全てセクシーだけど眉もセクシーなんだと思った。おまけに本作だと可愛さも追加されてます。

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46(2019年製作の映画)

4.0

面白かった。ややスポットが当たる人数が限られてるのが残念ですが総じて満足。堀未央奈さん大園桃子さんの語りが印象的でしたね。

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

4.0

名作クリスマスキャロルが出来上がるまでにはディケンズの重責募る作家生命と苦難の末の生み出しがあった。映し絵のように彼の側に現れるスクルージを演じるのはクリストファー・プラマー。吹き替えは市村正親さん。>>続きを読む

モンスター・フェスティバル(2018年製作の映画)

4.0

え、好き。主人公がホラー映画オタクでレンタルビデオショップで働いてるだけでもう好き。友達になろ🤝

さて肝心のホラーの祭典も気合は入ってます。血飛沫も容赦なく次々犠牲者生まれ、暗躍する裏の奴らも黒幕も
>>続きを読む

ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年製作の映画)

3.5

ふざけたタイトルに反して正攻法な手堅いゾンビ映画の秀作。突如、街はゾンビで溢れ返り自宅に留まざるを得なくなった離婚間近の夫婦。斯くして救助を待つ間、籠城決め込む為に包丁を手にもぬけの殻のマンションから>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.0

チャッキーもうアンドロイドの域だよね。レディプレイヤー1に登場した時の方があがりました。友人役のそばかすガールが可愛かったです。無事に生き残って良かった。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.0

リーアム・ニーソンがひたすらパワフルに人をなぎ倒しては捨ててきます。ローラ・ダーンはあっさり、エミー・ロッサムは特に何もしてない。勝手に複雑に絡んで間違って誤解してと言うブラックコメディ?な要素もなき>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

4.0

一年に一度のラーメン屋さん。

石橋静河さん岸井ゆきのさん恒松祐里さん蒔田彩珠さん清原果耶さん…これでもかってくらい自分の好きな女優さんが出てくる見本市。

それにしても石橋静河さんは僕の人生に何ら関
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

池井戸アベンジャーズ大集結みたいな各ドラマから選抜されたような豪華キャストが隅々まで揃っていて締めには予想外の役者さんが登場して声が出ちゃった。

小難しい話しではあるけど悩むことなく娯楽作品としてと
>>続きを読む

>|