げざんさんの映画レビュー・感想・評価

げざん

げざん

映画(829)
ドラマ(703)

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

4.0

奥さんが可愛すぎる。
こんな奥さんだったら毎日家に帰るのが楽しみだろうな。
それと同時に結婚って複雑だなとも感じた。
ふんわりとしたコメディ映画でほっこりした。

自分の人柄や価値観にに興味を持ってく
>>続きを読む

IT/イット(1990年製作の映画)

3.0

中学生の頃に「ドナルドの噂」っていうマクドナルドのCMをオマージュしたものがあったけど、それに出てきたやつがまさかイットだとは思わなかった。
懐かしい気分で見た。リメイクの方が怖い気がするな。

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.5

最初は安っぽい感じがしてたけど、後半からどんどんめっちゃ怖くなって引き込まれてた。
人形やお面を付けてる人などの表情筋が全く変化しないものはシンプルに怖い。得意でないし、いくら見ても慣れない。

絡みつく舌(2017年製作の映画)

2.5

官能系にしちゃアーティスティックな感じのしないチリ映画、官能系はフランス映画が面白いな。

タイトル通りの絡みつく舌だった。
大学生の性習慣といったら世界共通でこんなもんだろう、まぁ元気なこと。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

最初は絵も不気味で好きじゃなかったけど、最後にはクセのある絵が好きになってた。
一夜のお酒をめぐるラブストーリーもクセで好きだった。

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

2.6

ドラマの内容を荒くして引き伸ばした感強かった。ドラマの方を楽しみに見てただけあって残念。

恋とボルバキア(2017年製作の映画)

3.5

LGBTドキュメンタリー。
今回のドキュメンタリーは随分軽めの内容だったし、見やすかった。

nude(2010年製作の映画)

2.5

みひろのセクシー女優になるまでを描いた自叙伝の映画化。

ゴットタンでみひろを知ってたが、実はセクシー女優だとは知らなかった。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリー調の映画。
現代にもしヒトラーがいたらという設定でストーリーは進むが、自分は思ったより好印象だったな。
案外ユートピアを築きそうだなと思ったけど、それはコメディチックにしてたからかな。
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.5

斎藤工が監督をした作品。
短編の映画で葬式のシーンはアドリブだったのかな。
個性ある俳優が揃っていて見応えはあった。
空白の13年間の真実が徐々に明白になっていく、タイトルに意味が詰まってたな。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

パンクでカッコいい映画だった。

タイトルからはこんなストーリーだと想像つかなかった。
コスチュームはパンクと関係あるのかな。とか思ったけど、面白かった。

コンプライアンス 服従の心理(2012年製作の映画)

3.5

実際に起こった事件を基にした映画。

警察官を装って電話してくるのは卑怯だよな。
普通に考えたらあり得ない要求だと気づくけど、実際その場にいたら冷静な判断できないよ。
サイコパスすぎる犯人。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ面白い映画。
子供時代のシーンで出てきた弟がどこかで出てくるとは思っていたが、まさか相手のリーダーだとは思わなかった。面白い展開してたな。
最強の会計士兼殺し屋。
終盤になるに連れてどんど
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

1.5

一時期流行った理由が分からない。

影は結局なんなんだ。
全盲学校が安全地帯みたいになってたけど、ただ影が見えない人たちがいるだけで目隠し外すのはよく分からない。
自分の子供たちにボーイとガールって名
>>続きを読む

グラスハウス(2001年製作の映画)

3.5

人間不信になりそうなサスペンス映画。

普通にこわいって。

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

3.0

阿部サダヲを好きになる作品。

阿部サダヲが最高に効いてる。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

破壊と愛のファイトクラブ。
ごちゃごちゃ汚い感じがいい。

エグいなと思ったけど、ちゃんと最後まで観たし、最後がめっちゃいい。

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.5

数学は美しい、最後は悲しい。

名言
"正しく見れば、数学は心理だけでなく究極の美も併せ持つ"by バートランド・ラッセル

あしたのパスタはアルデンテ(2010年製作の映画)

3.0

好意を伝えるなんて異性でも勇気がいること、同性なんてより複雑でもっと勇気がいるでしょうよ。

明日のパスタはアルデンテ、タイトルが面白おかしい。

パーフェクト・ワールド 世界の謎を解け(2018年製作の映画)

3.5

自分の存在が消えていくなんて、想像しただけでも怖いよね。
個人的には好きストーリー。

パニック・フライト(2005年製作の映画)

3.5

「きみに読む物語」や「きみがぼくを見つけた日」、「アバウトタイム」に出演していたレイチェルマクアダムスが出演ということで鑑賞。

ストーリーの質は悪い。
けど設定は好き。

THE UPSIDE/最強のふたり(2017年製作の映画)

4.5

試写会に招待していただき鑑賞。

フランス版の最強のふたりはこれまで観た映画の中で最も心に響いた映画だった。
そんな中リメイク版最強のふたり、正直リメイクする必要ないでしょと思っていたが、ストーリーは
>>続きを読む

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.5

ダニエルラドクリフとデインデハーン出演の同性愛サスペンス映画。
これ実話だから恐ろしい。

"Kill Your Darlings"
観た後にぞわぞわするタイトル付けるよね。

ビリー・リンの永遠の一日(2016年製作の映画)

4.0

戦争に行ってみたいと思うが、それは経験したことがないし、戦争とはかけ離れた生活ができる環境にいるからこそ言えることで、実際に身近に戦争を感じる人たちは絶対そんなこと思わないよね。

回想中に目の前で上
>>続きを読む

ミミック(1997年製作の映画)

3.0

バグズパニック映画。

気持ち悪いって言いながらちゃっかり観ちゃった。気持ち悪いけど面白い。

スペシャリスト(1994年製作の映画)

2.5

シルヴェスタースタローンとシャロンストーンのコラボアクション映画。

スタローンは身体異常。
シャロンストーンは色気異常。
アクション映画としては異常。
安いストーリーだった。

エリジウム(2013年製作の映画)

3.0

マットデイモンを見てられない…。
近未来SF映画としてストーリーはそんなハマらなかった。設定は分かるけど、スッと頭の中に描ける世界じゃなかった。親近感湧かない。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

西洋紳士探偵が列車で起きた殺人事件を解決するミステリー映画。

アガサクリスティーって聞いたことあったけど、どんな作品書いているか知らなかった。こんな面白いの書いていたのね。
事件の結末が愛。想像つか
>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

4.0

ラブコメの王道ですね。
メグライアンと言えばラブコメ、ラブコメと言えばメグライアンですな。

最悪の出会いから親友に、親友から最愛の人になるって幸せだと思うな。

TAJOMARU(2009年製作の映画)

2.5

子役で北村匠海が出演している。
若き小栗旬、田中圭も出演している。

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.5

新木優子が出演しているということで鑑賞。
流行らなかったわけがわかる。

シークレット・ミッション(2013年製作の映画)

4.0

韓国社会らしいスパイ映画だと思う。
少し抜けた青年ドングは、実は用済みになったスパイという設定から興味をそそられた。
ストーリー展開が面白い。最初はコメディだと思って観ていたが、徐々に背景が分かってき
>>続きを読む

ピートと秘密の友達(2016年製作の映画)

3.5

あんまりファンタジー映画は好きじゃなかったけど、これは面白かった。

スタートがいきなり事故って、なんとも嫌な始まり方でびっくりした。
人間の悪いとこが出てる。
さすがディズニー作品だけあって人も傷つ
>>続きを読む

>|