chさんの映画レビュー・感想・評価

ch

ch

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.2

アジア人主人公のマーベル作品!

始まり方や主人公の両親の出会いのシーンが今までのマーベル作品とテイストが違う気がした。

テンリングスを使った戦闘シーンは迫力抜群で、感動シーンも相まって最高の感情昂
>>続きを読む

スペル(2020年製作の映画)

2.8

呪いモノだけれど、そこまで怖くなくて、不気味さも弱め。イマイチ何が伝えたいのかよくわからないまま終わった。

アンチ・ライフ(2020年製作の映画)

3.0

エイリアンもの✖️ゾンビのような
設定は至って普通なので、軽い気持ちで見れる。

オールド(2021年製作の映画)

3.6

シャマラン監督のスリラーが炸裂
本人も登場

中盤からの畳み掛けがすごくてハラハラするけれど、過去作よりも少しラストの衝撃が緩め。

若干違和感はあるけれどストーリーの展開は比較的良く作られていた。

#フォロー・ミー(2020年製作の映画)

2.9

デスゲームと題されてみていたけれど、本質はデスゲームではなく、、、というような話。

最後の胸糞さは若干ハマるかどうかの塩梅。

ストレートなデスゲームを期待していたので、少し空振り感があったのと、ゲ
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.9

他の映画じゃ中々味わえないエグさとはちゃめちゃスピード!
ボリューミーで少し頭が整理できてない。

とにかく映画館で観てよかった!
アメコミ作品最高!

フィアー・ストリート Part 3: 1666(2021年製作の映画)

3.7

三部作ついに完結

最後もしっかりまとまっていて、過去と現在がしっかりつながり、話の芯もブレずに最高の作品に仕上がっていた。

ELI/イーライ(2019年製作の映画)

3.0

サクッとみられるホラー

心理系のホラーかと思ったら、そっちかぁと驚かされた。

終わり方がイマイチはっきりしなかった印象。

AWAKE(2019年製作の映画)

3.2

静かなる闘志。

将棋に対して辛くて大変そうな描写が多かったけれど、最後に暖かい雰囲気で終わってよかった。

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

2.7

メッセージ性に重きを置いた映画。

少し映画のテンポが遅かったので、キャストが良かっただけにそこが少し残念だった。

狩りの時間(2020年製作の映画)

3.1

軽い気持ちでヤクザのお金に手を出したら、ひどい目にあってしまう話。

演技の上手いチェウシクが出ていたので面白そうだなと思って見てみたけれど、他のキャストの演技も上手くて緊迫感のある映画だった。

>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

3.1

アニメの映画化なので最初に原作の説明のシーンがあり、そこの部分がすこし長い印象があったけれど、しかたいかなと思う。

戦闘シーンは圧倒的作画の良さが際立っていた。また、キャラクターの人気ごとに登場時間
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.6

最近よく見かける気がする自分がおかしいのか周りがおかしいのか推理するようなサスペンス映画

ラストは少し衝撃があった

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.4

題名に惹かれて視聴。

目が見えないのに犯人に果敢に挑んでいく姿はカッコいいけれど、見ていてハラハラする。

犯人はある程度予想内

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

ジョン・ウィックのクビに懸賞金がかけられて、NYの殺し屋に狙われまくり。

ジョンは相変わらずの頭までショットして確実に殺して行くスタイル。

なかなか続くね、このシリーズ

EXIT(2019年製作の映画)

3.5

韓国版スカイスクレイパーのような感じ!

韓国は最近ハラハラ系がキテル気がする!

展開に目新しさはなかったものの、ネタ要素もふんだんにあり、高所でのハラハラドキドキシーンが沢山あって満足できる映画
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.1

序盤は全体的にダークなイメージがあって、後半に連れてアベンジャーズっぽくなっていた。

アクションはもちろん最高!!

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.0

結果が分かっていながら、別れに向けて話が進んでいく新しい感覚。
切なさの中にどこか暖かさも感じる映画。

現代っぽい生々しい恋愛を描いた映画

ブラッド・レッド・スカイ(2021年製作の映画)

3.1

ただのホラーとは一味違う。ハイジャックとホラーが合わさり、新たな展開を生んだ。

スペース・スウィーパーズ(2021年製作の映画)

3.2

韓国の宇宙物はとても新鮮だった。

CGの具合や効果音もうまく使われていて、ストーリーの構成も複雑ではなく、とても見やすかった。

フィアー・ストリート Part 2: 1978(2021年製作の映画)

3.7

part1が面白かったので、視聴。
前回の作品より、怖さわとグロさが少しアップしていた。
part1との話の繋げ方が絶妙で次の作品がどんどん気になる展開で楽しめた。

フィアー・ストリート Part 1: 1994(2021年製作の映画)

3.5

ストレンジャーシングスと雰囲気や物語の作り方が似ていて、怖さとゆるさが交互に来る感じがなんとも言えなく良い。

フラクチャード(2019年製作の映画)

3.0

全体的に暗めの映画だった。
何が本当か、誰が正しいのかどんどんわからなくなっていき、、

太陽は動かない(2020年製作の映画)

2.6

イマイチぴんとこないシーンが多かった。
世界を舞台にしたスケールの大きさは凄いけど、話が進むスピード感がスッと入ってこなかった。
なぜ主人公がAN通信に入る必要があるのか、よくわからない。ドラマも見た
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

4.0

エイリアンものの傑作

すごく見応えがあって、2時間もあっという間に過ぎた。

ストーリーのリズムが良く、戦闘シーンもよく映えていた。

クリスプラットの戦闘シーンや娘との愛に感動!

ツッコミどころ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.6

1作品目に続き、とにかくキアヌが渋い。
あと、敵の銃のエイムがガバガバで面白いし
ジョンがほとんど敵の頭抜いて倒すの徹底しててプロなぁと感じた笑笑

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マトリックスとは違う世界線。
ジョンはだいぶ強いけど、マトリックスと違って無敵感があまりないところがよかった。

あと、グリーンゴブリンのイメージが拭えないウィレムデフォーがまさかの良い者。

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.0

ホラー要素が強めの今までのミュータントものとテイストが違う映画。

アニャテイラージョイ、チャーリーヒートンが出てるので、チェック。

能力シーンよりも心理的な描写がやや多めで、暗い印象。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.3

音で情景を表現することに特化している映画だった。
それだけ、セリフよりも音を重視した作品で新しい。

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

2.8

アンフレッデッドダークウェブの後に観賞
いじめた側が襲われるけど、呪い?のようなものが原因。
突然死が多くて内容は薄めだが、ハラハラはする作品。

ドアロック(2018年製作の映画)

3.0

暗めの路地裏っぽい場面が多く、昼間なのに何故か怖い。

韓国のホラーに対する力の入れ方が伝わってくる作品。

序盤から犯人急接近。

犯人は予想通りの人でした。