mihiroさんの映画レビュー・感想・評価

mihiro

mihiro

映画(489)
ドラマ(73)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

4.2

良くできた脚本だなあと思った。ベンジャミンバトンもこんな話だったような。
自分が住む京都が映画になると素敵なところに見えてくる。辿ってみたいと思ったけど、切ないなあ。

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.6

歴史好きの自分には、本能寺の変を違うかたちで見せてくれて面白かった。
それほど深くない内容が気楽に見れる。
いろんな経験をした主人公が自ら人生の選択をしていく過程が爽やかだった。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.0

梅雨真っ只中のこの時期に見たら、憂鬱になる雨の日が少し好きになった。
自分と好きになった先生の年齢が同じで当時を思い出して甘酸っぱい気持ちになったな。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

映像がリアルすぎて、最初は内容が入ってこなかった(笑)アニメでここまで表現できるのはすごいなあ。
忘却がいい感じのキュンとするラブストーリーだつた。

セッション(2014年製作の映画)

3.5

今の日本なら、すぐ事件になりそうな指導だけど、昔はああいう指導者多かったなあ。
最後の終わり方はあまりスッキリしなかった。

忍びの国(2017年製作の映画)

3.3

大野君、めちゃくちゃ強い。
忍びのこういう描き方もありかも。
気楽に観るにはいいかな。

MW-ムウ-(2009年製作の映画)

3.0

最終的には何が伝えたかったのかなあ。
贖罪、原罪?
深いような、浅いような。

キングダム(2019年製作の映画)

3.7

漫画は読んでないないけど、面白かった。やはり戦国ものは面白い。
しかし、山の民は死なないなあ。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

謎解きは面白く、ドキドキの連続だったけど、どこかの教団みたいな身勝手な思想には嫌悪感しか感じない。前2作のほうが好きかな。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.6

死を覚悟して、なお諦めないこと。
どんな過酷な状況でも乗り越える勇気が湧いてくる。立ち向かおう。

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

3.0

なんかのメッセージ性があれば良かったんだけど。
お化け屋敷に入った感じ。
こういうのが好きな人もいるから、こんなものかな。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

聞き覚えのある曲ばかりで、ロックコンサートに行ったような気分を味わえた。
主人公の葛藤にも心動かされたなあ

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

卓球を通してそれぞれの人間模様が楽しく温かく描かれていて、ほっこりした。

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.5

察知能力は天才的。デンゼルがカッコいい。殺し方がエグいけど、怒りMAXだから良しとしよう。少年とのやり取りは良かったな。

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.5

最初は分かりにくかったなあ。
分かってからは引き込まれた感じ。007は無敵だな。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

わかっていてもハラハラしながら、あっという間に見終わった。
面白かった。女性ならではの仕掛けや華やかさは素晴らしい。

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.8

SF好きなので、面白かった。
最後は心情的に微妙だけど、オルガがきれいなのでよし。

ミッション・トゥ・マーズ(2000年製作の映画)

3.3

嫌いじゃない内容だけど、少し消化不良気味で終わった感じ。期待が高過ぎたかも。ファンタジーだな。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

80年代を知ってるものとしては、サービス満点の映像にワクワクした。VRの進化を考えるとそんな未来の話じゃないのかも。エンターテイメントでした。

ホステージ(2005年製作の映画)

3.2

ダイハードみたい。そこそこ面白かったけど、尻切れ気味な終わり方に?

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.6

設定が面白くて、犯人が誰なのか引き込まれた。リーアム・ニーソンのアクションはすごいなと思うけど、そろそろ見ててキツいな。

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.6

車の運転は超絶テクニック。格闘シーンはそれほどキレをかんじなかったけど、シンプルなストーリーで面白かった。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

面白かったし、うるっとくるところもあって娯楽映画としては満足した。女性たちが格好良かったなあ。

チェーン・リアクション(1996年製作の映画)

3.3

水素エネルギーをめぐるストーリーで面白かった。
あまり深みはなく、ほとんど逃げている映画だったけど。
今や水素自動車も走る時代になってるから、ネタがどんどん古くなっていくなあ。

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

3.0

マフィアとの闘いに少女が巻き込まれてるのが、いまいち楽しめなかった。

藁の楯(2013年製作の映画)

2.9

懸賞金が懸けられたからといって、こんなに注目されている人物を殺そうと思うかな。そこに引っ掛かってイマイチだった。

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.5

タイムスリップものが好きな自分としては、まあまあ面白かった。
緻密さはあまりなくて、ドキドキ感はなかったけど、最後のメッセージが伝えたかったんだろうなというのはわかる。

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014年製作の映画)

3.6

相変わらず内容は薄いが、メンバーはすごい。
オールスターの撃ち合いを楽しむ分にはいいかも。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(2015年製作の映画)

3.5

いつものテレビで観ているのと変わりない安定感で面白かった。台湾の人は優しいし、ちょっとした観光気分も味わえたし良かった。
映画でやる必要があったのかは疑問だけどね。

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.2

脚本こねくりまわした感じ。
人間ドラマはいいけど、爽快感があまりない。

マネーボール(2011年製作の映画)

3.6

勝てば評価され、負ければ叩かれる。シビアなマネーの世界で戦い続けるGMの生き方。何が正しいのか何が楽しいのか考えさせられる。

図書館戦争(2013年製作の映画)

3.6

表現の自由を守るために闘うことができるのは、まだ幸せなのかも。
闘うこともできない世界があるからなあ。

舟を編む(2013年製作の映画)

3.5

何年もかけて完成をみる仕事。世の中にはこういう地味な仕事がたくさんあるだろうなあ。
そこにも人が生きている。

>|