shibamike

shibamike

知識不足で間違った見解、感想を書いてしまうかも知れませんが、ご容赦下さい。

  • List view
  • Grid view

ひめゆりの塔(1953年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

事実に基づいて製作された映画なのでしょう。エンドロールに生存者のクレジットがありましたし。
感想は「むごすぎる」。
他の方のレビューも涙無しでは読めませんでした。

空襲中に卒業式を済ませ、ゾンビのよ
>>続きを読む

人間の條件 第3部望郷篇/第4部戦雲篇(1959年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

人間は今も昔もとにかく何が何でも「面子、体面」が大事で仕方がない。


第3部。関東軍に召集された梶。

軍隊の日常はというと、上等兵から初年兵への「可愛がり」の毎日。ビンタ、ビンタ、ビンタ。映画冒頭
>>続きを読む

人間の條件 第1部純愛篇/第2部激怒篇(1959年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

人間であることに條件は存在するのであろうか?

劇場受付で「人間の証明、大人1枚で。」と言い、受付の方から「人間の條件、大人1枚ですね。」と優しく訂正された者です。ストハー!

うだるような暑さの今日
>>続きを読む

約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー(2014年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

メンフィスから音楽が消えかかっている、だって!
アメリカ合衆国のことはさっぱりわからないけど、メンフィスといえば音楽で有名な土地という気がするけども…

しかし、やはり本当にそうらしい。
本物のソウル
>>続きを読む

野獣刑事(デカ)(1982年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます。

野獣というか、緒形拳が勝手に単独プレーしてるだけじゃん…。と思ったのですが、現在の(80年代当時でも)会社やら組織にいる人にしてみたら、単独プレーをするヤツこそ「野獣」ということでしょうか。

いしだ
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

初っぱなのカード占いだけ、カラーで不思議な感じ。

子猫がギャン可愛で胸が苦しかった。

最初はヒロイン美人じゃなくね?と思っていたが、中盤以降ではすっかり虜に。バスでナンパ師と至近距離になるシーンで
>>続きを読む

ローラ(1961年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

事務所独立問題の映画だったらいいのになぁ、と思いながら劇場へ。
そんなわけもなく。

今の日本で、というか渋谷スクランブル交差点のド真ん中で「LOLA!」って叫んだら、100%の人が「OK~」でお馴染
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

映画のキャッチコピーは
"英雄か。怪物か。"
映画館へ向かう途中、まず無いだろうけど、ハンバーガーのパテをミミズで作るのをやめさせた人の話かも…だとしたら英雄だ!と鼻息荒く映画の予想をしたが、見事に外
>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

見終わった後も実話というのが信じられない。
こんな凄い人がいたんだ。
もっと昔から映画化されててもおかしくないレベルの気が。

ボクシングの映画っつーと、やっぱり練習を怠けてヤクザの真似事みたいなこと
>>続きを読む

SHIDAMYOJIN(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

ミチロウが活動家みたいになってたら、どうしよう…
と、そんな不安を少し胸に劇場へ。
上映後、そんな不安はまったくの杞憂であったことを思い知らされる。
痛快なパンクのまんまであった!
やっぱ、カッケー!
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

すっかり主役のグルーよりもミニオンばかり知名度が高くなってしまって久しい昨今ですが、怪盗グルー待望の新作です。
映画館のチケットカウンターで「怪盗グルーの映画、大人1枚で。」と言ったところ「ミニオンで
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

ロビン・ウィリアムズ演じるショーンがマット・デイモンに語りかける。
「本で知ったことは君の話ではない。君の話なら喜んで聞く。」
「そんなに自分と相手が完璧じゃなきゃ嫌か?完璧じゃないと思われるのが怖い
>>続きを読む

ドント・ルック・バック(1967年製作の映画)

4.0

自分はこの映画が客席から「ユダ!」と罵られる映画と思って見ていたが、違っていた。バンド演奏を本格的に取り入れる前のディランの映画である。

やはり、当時は音楽に対しての国民の熱が凄いと思う。会場の外で
>>続きを読む

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(2015年製作の映画)

3.5

一切映画と関係無いが、名古屋シネマテークのトイレが和式から洋式にリフォームされていた。結構驚いたので、思わずここに書き残します。

さて、本題。
映画の仕事に絵コンテ作家、リサーチャーというものがある
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

げー、男子校の話かよー…
うわー、不良が何か企んでいる…
主役の高校生ナヨッとして頼りないなぁ…
上映開始直後は自分の苦手な要素だらけで、尻がムズムズ。

アル・パチーノが登場して、これまたギャーギャ
>>続きを読む

(1985年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

面白かったー!

時間が短いくらいに感じた。あと1時間長くして、根津甚八が死ぬところまで見たかった。
次男、ザマァ(笑)と思ったところで終わったので、あららという感じでした。

原田美枝子、ヤバすぎ。
>>続きを読む

ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-(2009年製作の映画)

3.0

熱心なファンではない自分ですが、あんなにお客さんを集めるバンドというので驚き。お客さんだらけ。

ファンの人にしたら解散ライブということで、思い入れとか色々あるのだろうけど、自分は解散ライブの映像より
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

事前情報として、沖縄での日本軍との闘い、ということを知り、何とか日本軍を応援するようにしようと思いながら、映画館へ。

しかし、そこはやはり単細胞な自分のこと。あれよあれよという間に気がつけば、米軍を
>>続きを読む

スペシャリスト 自覚なき殺戮者(1999年製作の映画)

3.5

しかし、アイヒマンという人は見応えがあるというか、味があるというか思わず見入ってしまう顔をしていますね。口をひん曲げたり。ただ、裁判を観ていたら、頭のいい人なんだろうなと思った。

終盤にアイヒマンが
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

映画を観ながら、絵本「葉っぱのフレディ」のことを思い出していた。
世間や自分の人生を呪う私(どんだけ!)としては、葉っぱの一生、人の一生なんて結局、年取って枯れ葉になって、みじめに散っちゃうだけじゃん
>>続きを読む

イヴの総て(1950年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

物語の途中、ビルの誕生日パーティーが開かれ、プロデューサーのマックスが自分の売り込みに躍起なマリリン・モンローの相手をしていたら胸焼けを起こし、重曹を飲んでゲップをするシーンがある。
この映画を見終わ
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

見応えたっぷり。
あっ!という間に上映終了。
自分の中で金曜ロードショー俳優だったケヴィン・ベーコンがあんなに渋くなっていてビックリ。結局、あんまり好きじゃないけど。主役のマーク・ウォールバーグはバー
>>続きを読む

エル・スール(1982年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

ヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」の中で、資産家や神父を虐殺するシーンがある。この映画で娘の洗礼の日に父親が山で銃をぶっぱなしているが、解説をネットで読んだら、共和派の父親にとって教会は敵であり、>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

私はアナ。

主人公アナを頭のボーっとした子どもだと思って観ていた。イサベルはしっかりした感じ。でも、イサベルは猫の首締めるんだぜ!びびった。しかも自分の血でルージュをひくおませちゃん(というかサイコ
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

「お母さんが死ぬ」ということを息子が受け入れられないことを軸に話が進む。そりゃ受け入れられないわな。4つ目の話は荒療治だなー、と思った。でも、そのお陰でお母さんに素直な気持ちを伝えられたのだから、すご>>続きを読む

まるでいつもの夜みたいに 高田渡 東京ラストライブ(2017年製作の映画)

4.0

1曲1曲が本当に短い。

歌というと印象的なサビの部分を4回も5回も登場させるのが当たり前だ(と思っている)が、高田渡の歌はほとんどサビを繰り返さない。

エンドロールにて劇中で披露された歌の作詞作曲
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

中盤まではハラハラしながら観ていたが、終盤で失速の感じ。興奮、緊張のピークはニュース番組に一同が会した所で、そこからあとは自分的に盛り上がらず。中村トオルが逮捕を悔しがったりしたら、観客にカタルシスが>>続きを読む

突然炎のごとく(1961年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

カトリーヌの行動がいちいちカッコ良かった。
口髭を描いて街へ出て、橋の上でかけっこ。(着ているセーターのカッコ良さったら!)
男二人の討論を見て、「バカね」と呟き、夜のセーヌ川に飛び込む。
そしてラス
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

映画館でタイトルだけで適当に選んで、事前情報ゼロで観てみたら、メチャメチャたまげた。
自分的にかなりの当たり映画だった。

あのお母様が母親として素敵かどうかは自分には分からない。片親の負い目からか息
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

NHKで似たようなドラマをやっていましたよね?「八日目の蝉」か何か。自分は未見なので、そちらも興味湧いた。

序盤は、若い男女の微笑ましい恋愛にニッコリしていました。開始20分だけど、もうこのまま幸せ
>>続きを読む

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます。

予告編を観て、面白そうじゃん!と思い、劇場へ。

起死回生のインドネシアで金鉱を堀当てた、と大喜びするが、証拠(金の塊)がいつまで経っても出てこないので、自分は嘘なんじゃねえの?と思った。ら、案の定、
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

あまりのめり込めなかった。
ので、上映時間が長く感じた。

序盤、主人公はイケメンで人当たり悪くて感じ悪いなあ、と思っていたら、自身の子どもたちを火事で亡くしていたという壮絶な過去があったと。
そんな
>>続きを読む

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

最初の方が結構笑えたので、名作か!と期待に胸を膨らませたが、中盤、終盤と爆発はなく終了。
ただ、劇中で流れる、君はイタリア共和国を覚えているか~という歌は最高。歌詞もメロディーも気に入った。

人情重
>>続きを読む

ウンベルトD(1951年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

保健所における犬の殺処分に関して、結構詳しく映しており、印象的だった。
必死に吠える犬達に胸を締め付けられたが年金暮らしでカツカツの老人たちを重ねるべきなのだろうか。
公務員も老人も誰でも所詮、迷子に
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

初めてエイリアンと主人公が対面するシーンとかは緊張感もあり、おおっ!という感じもしました。何か映画全編通して、音楽も凄い感じだし。

しかし、終盤にごちゃごちゃと詰め込んで何とかまとめました、という印
>>続きを読む

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

この映画監督の密室を暗く撮るシーンのカッコ良さったら、もう。

全体的に物悲しい雰囲気で、普段惨めな自分も安心して観ていられる。

終盤で主人公が言う「結婚やアメリカは万能薬じゃない。儚い夢さ。人生を
>>続きを読む

>|