shibamikeさんの映画レビュー・感想・評価

shibamike

shibamike

映画(245)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

麦秋(1951年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

「生き物」であれば…嬉しいことに心踊り、悲しいことに涙をこぼし、怒りで奥歯を噛みしめたり、恥ずかしさに消えてしまいたくなったり、とにかく色々心模様がコロコロ変わるものであれば、その生まれてから死ぬまで>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

高校生の時に倫理の授業で、昔のギリシャ哲学かなんかの考えでは、「そもそも人間に性別の違いは無く、男と女は1つだった。それが別々に別れてしまったために、元の1つになろうとして男と女は求め合う。」という風>>続きを読む

恋多き女(1956年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

恋多き女。
要するに「男性からモテる女性」ということであろう。
なんてったってイングリッド・バーグマン主演である。

劇場に入場し、座席に腰かけ「自分は何が"多い"であろうか?」と自問自答してみる。
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あかりをつけましょ ぼんぼりに♪
お花をあげましょ 桃の花♪
五人ばやしの 笛太鼓♪
今日はたのしい ひな祭り♪

綾瀬千早を始めとする、瑞沢高校 競技かるた部員やクイーンらの成長を描く本作。主人公ち
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

他人の妄想を映画館でこっそり観てみないかい?
きゅるるん♪ファンタジーなんかじゃなく、地獄の一部始終。

本日、2018年2月27日火曜日。
火曜日はイオンの火曜市。
夜、イオンへ冷凍食品の安売りを買
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「結構怖い映画」というプチ情報だけ頭に入れて、映画館へ。初めてのデヴィッド・リンチ監督作品の鑑賞。デヴィッド・リンチヴァージン貫通。デヴィッド・リンチ童貞卒業。お母さーん!お赤飯炊いてー!(お赤飯でお>>続きを読む

大いなる幻影(1937年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

第一次世界大戦の映画って初めて観た。と思ったら、自分が知らないだけで実はあの映画の舞台は第一次世界大戦中だった、というのが結構あった。
とにかく、第一次世界大戦中というのをハッキリ意識して観た。ヒトラ
>>続きを読む

翼よ!あれが巴里の灯だ(1957年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あーいつなんか、大嫌い♪大嫌い♪もう絶対、笑いかけたりしてあげない♪お調子者!

LINDBERGというと、やっぱり「平成イヌ物語バウ」がパッと浮かぶ(EDの「二人きりで行こうよ」も名曲)。

そんな
>>続きを読む

オーシャンと十一人の仲間(1960年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ハンサムでオシャレで歌って踊れるナイスミドル達が金太郎飴のように次々登場する。
「…うーん、僕はこのおじさんに決めた!」
「じゃあ、私はこのおじさま!」
と世のボーイズアンドガールズ達が安心して好みの
>>続きを読む

怪猫トルコ風呂(1975年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

黒猫のタンゴ♪タンゴ♪タンゴ♪
僕の恋人は黒い猫♪
黒猫のタンゴ♪タンゴ♪タンゴ♪
猫の目のように気まぐれよ♪
ララララララ ララ♪

室田日出男の鬼畜っぷりが凄い。あと、ついでに絶倫っぷりも凄い(毎
>>続きを読む

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

オリバー・ストーン監督の本作に対する考えが劇場にて紹介されており、読んだ。過激な刺激に狂ったマスコミや90年代アメリカの犯罪状況を描いた映画とのことで、殺人や暴力を美化する意図はないということが書いて>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

小学校3年生の時、同じクラスに角川君という男の子がおり、自分は当時仲が良かった。愉快で野球の上手なグッドボーイだったのだが、いかんせん負けん気が強かった。未だに覚えているのだが、子どもがよくするような>>続きを読む

アリスの恋(1974年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

夫に死なれた未亡人が息子と共にたくましく生きていく映画。
序盤は軽快な感じで楽しかったが、どんどんシリアスになって行き、自分的には退屈だった。
登場人物みんなに感情移入できなかった。

幼いジョディ・
>>続きを読む

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ヴァンパイアになった少女がぶち切れて、自分の髪をジョキジョキ鋏で切っても、即座に髪の毛が元通りに増えて、少女が「ギャー!」って驚くシーンが面白かった。後は意味分からなかった。

ブラピの役を加藤茶、ト
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

車が飛んだ!

有名SF映画として散々名前を聞く本作。ようやく初鑑賞。あんまり期待はしていなかったし、ストーリーはそんなにピンとこなかったが、舞台となる未来の世界観がとてもカッコ良く、観ていて楽しめた
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

バレンタインデーキッス!

池袋新文芸座のツイッター2/13の呟きにて「事務所で物凄い振動を感じて、地震!?と思ったら『マッドマックス 怒りのデスロード』を上映していただけでした。」というピン芸人ヒロ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ネットで見た記憶があるのだが、日本テレビの関係者が「水卜アナが日本テレビのアナウンス部に来てからアナウンス部の雰囲気が良くなった。」という結構大胆なことを言っていたはずである(信憑性怪しい)。水卜アナ>>続きを読む

甘えることは許されない(1975年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

仙台市の重度身体障害者収容授産施設・西多賀ワークキャンパス。
1973~1975年の取材を基にした本作。

車イスに乗った人がドアを開けるとき、クルリンと華麗な車イス捌きをするのに驚き。

身障者の人
>>続きを読む

マッドマックス2(1981年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

世界が終末を迎えた世の中。
人々はバラバラになり、暴力が法律となる。
価値あるものは金ではなく「石油」。

砂漠にポツンとある石油精製所の石油を巡ってみんながワーワー攻防する。

マックスは死体を観て
>>続きを読む

マッドマックス(1979年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

メル・ギブソンにも若い頃があった。
しかも、普通にイケメン。

冒頭のナイトライダー追走劇はすごく面白かった。暴力とスピードに支配された世界で頭のおかしいヤツらが車とバイクをぶっ飛ばす痛快映画、かと思
>>続きを読む

砂漠の流れ者(1970年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

復讐劇というのはどうしてこう興味を惹きつけるのであろう。
人間の本能なのであろうか。
「覚えとけよ!」という苦い悔しさ。

砂漠で奇跡的に湧き水を発見したおっちゃん。
事業をしながら、憎き2人の登場を
>>続きを読む

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「何がジェーンに起ったか?」
何てイカすタイトルだ。そういうタイトルの映画があったら自分は絶対に観る。そういうタイトルの映画があった。観た。

人間の人となりというのは3歳頃に大方決まってしまうという
>>続きを読む

ハーヴェイ・ミルク(1984年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

レズビアンは女性同士がチュッチュする。
ゲイは男性同士がチュッチュする。
バイは男性とも女性ともチュッチュする。
オカマは?ニューハーフは?オナベは?
ヤフーの知恵袋にゲイとおっしゃる方の回答があった
>>続きを読む

強虫女と弱虫男(1968年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

想像の斜め上を行く凄みが映画の中にあった。
乙羽信子って上品な母親のイメージだったが、こんな激情型の演技もしていた女優なのかと驚いた。

飼い主に捨てられたり、虐待されたり、ひどい裏切りを受けた犬や猫
>>続きを読む

番頭はんと丁稚どん(1960年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

オープニングに可愛い挿絵。
演者クレジットにおや?
「劇団 笑いの王国」とやたら出てくる。
何と素敵な劇団名かと思い、帰ってググってみると、戦後上方喜劇のレジェンドとのこと(戦前には「笑の王國」という
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

レイプ魔は~外~!殺人犯は~外~!
てなもんで恵方巻にパクつきながら、本作を思い返したり、他の方のレビューを拝見。

予告編を去年の暮れに観てから、とても楽しみにしていた本作。ですが、自分にはあまり刺
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キッカウザジャムズ!マザファカー!
デデデデン!イェー!
デトロイトっつったらMC5っしょ!とかニコニコしながら観に行ったら、黒人の暴動シーンの凄さにちびった。ロックどころの騒ぎじゃないよ!

201
>>続きを読む

東京エロス千夜一夜(1979年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

もっとぶっ飛んだ内容を期待していたが、自分の思うほど無茶苦茶じゃなかった。

童貞浪人生の欲求不満が引き起こすドタバタ。
まさしく千一夜だし、人間塞翁が馬の故事も思い出した。

商事会社を乗っ取り、女
>>続きを読む

新・団地妻 売春グループ13号館(1975年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

渋谷シネマヴェーラの西村昭五郎特集にて本作を鑑賞。
劇場内へ入ると、一部のシートにリボンが取り付けられてあった。
「なんやコレ・・・?」と訝しがりながら席につく自分。
「あ!」と咄嗟に思い出したのが、
>>続きを読む

色情妻 肉の誘惑(1976年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ジプシー占いを受けたところ、すったもんだのエロい事件に巻き込まれるヒロイン。

印象的にオウムが登場するのだが、
その鳴き声が「おはようー!」とか「ぼくキューちゃん!」ではなく「ファック!」という火の
>>続きを読む

団地妻 昼下りの情事(1971年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

白川和子という女優を自分は今日まで知らなかったが、「ロマンポルノの女王」として凄い女優だったのですね。
本作上映後のご本人トークショーがとても面白かった。(後述)

知らず知らずの内に、昼下がりの団地
>>続きを読む

肉体の門(1977年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「すけべ映画じゃ!すけべ映画じゃ!」
と鼻の下を伸ばし、期待に胸と股間を膨らませ、
映画館座席シートに鎮座。

開始数分で日本人女性が鬼畜米兵に強姦されるショッキングシーンが映し出される。
だらしなく
>>続きを読む

(1968年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

(Filmarksって鑑賞した劇場選択できるのですね。今まで入力してないや。)

炭鉱夫の死因究明のために「そこまでやるのか!」と単純に驚いた。実話ということでさらにビビった。

死因究明が映画の鍵と
>>続きを読む

軽蔑(1963年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オープニングにて製作陣クレジットを字幕表示ではなく、音声で読み上げる。「実験的映画でストーリー無茶苦茶だったらやだなぁ…」とビビる自分。が、案外シンプルな映画だったので安堵の溜め息をついて、映画館を後>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「あなたが信じてくれれば、つくりものの世界だって本物だわ。」

オープニングにしっとりと流れるIt's Only a Paper Moon。この歌の内容が甲子園で選手宣誓するスポーツマンシップの如く
>>続きを読む

続雲の上団五郎一座(1963年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

前作がかなり笑えたので、期待値大だったのだが、本作ではちょっと肩透かし。

エノケンが本当に片足を失っているのを映画でもそのままの設定にし、盟友達との豪華共演ということで資料的価値としてはプライスレス
>>続きを読む

>|