antさんの映画レビュー・感想・評価

ant

ant

◆2017年映画館鑑賞:新旧196作品,227本
BEST1-5(鑑賞順)ラ・ラ・ランド、22年目の告白私が殺人犯です、君の膵臓をたべたい、幼な子われらに生まれ、ナミヤ雑貨店の奇蹟
BEST6-10(鑑賞順):哭声/コクソン、忍びの国、狂覗、三度目の殺人、勝手にふるえてろ
プラスα:舞台挨拶8回、トークショー24回
◆2016年劇場鑑賞:186本

映画(446)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.0

設定は何となく知ってる程度のドラマ版未見で初見。予告篇ではどんどん事故が起こってる気がしたが、普段の仲間時間もゆったり有ってヘェ〜て思った。互いの親和度が分からないのが、もどかしい。LIVEZOUND>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

全国100館超え拡大公開前後に400席の大観客と共に鑑賞。色んな意味でしてやられたって映画。今年No.1間違えなし。邦画史に刻まれるエポックメイキング作品。映画に掛ける情熱と愛情が映像に乗っかって魅せ>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.0

MIは前作から観る様になった。形にはまって、どうミスってリカバーするかをメカニカルな視点からと、世界観光気分で観られるから(öᴗ<๑) 今回はパリ・オペラ座とかあっあそこって楽しめた。まぁもちろんトム>>続きを読む

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

3.0

コミック原作のJK百合物語。アニメで初見 。主人公は運動部と文化系の二人で、意外な組合せのひょんな事から話しをするって流れ。サラっと爽やかに描いてあるので、大半の人はすんなり見られると思う。シネコンで>>続きを読む

ピース・ニッポン(2018年製作の映画)

3.5

BBC製作の動物生態系を追って、過去に何作か公開されたEARTHシリーズと類似の日本版の自然遺産映像。身近な様でこんな鮮明で迫力のある映像は、初体感でズブズブ体内に注がれる感触。ナレーションが小泉今日>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.0

竹内涼真の王子様映画の体でラブコメ。恋に恋するJKとクールな先生って取り合わせで、まあいかにもだけど、浜辺美波のコメディアン耐性とボンババボンをみれるのが楽しみ所。今作の川栄李奈役は、エッジが薄くちょ>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

3.5

噂の映画、こっちのロングバージョンを観てみた。インド映画って、歌って踊ってのイメージだけど、これは王位継承と英雄物語にがっちりスペクタクルがはまって見応え有る壮大壮観な映画で、見ておくべきな一本だった>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

ひと夏の小学生の物語なんだけど、無駄な派手さを足して無い、程よいファンタジーと日常らしさに、濃過ぎないキャラクターと可愛らしさのペンギンが溶け合った情景が凄く落ち着いていて、凄く好き。大人と子供の関係>>続きを読む

誘拐アンナ(2017年製作の映画)

3.5

『あの胸にもういちど デジタル・リマスター版:原題「The Girl On A Motorcycle」』との併映鑑賞。オマージュ元作品と共に観ると、プロットの持ってきかた構築の仕方がよく分かって楽しめ>>続きを読む

あの胸にもういちど(1968年製作の映画)

3.5

セクシーな女性ライダーが国境を超えてドイツの愛人の元へ疾走する様は、50年前の映画であっても、イカしたカッコイイ映画だった。アラン・ドロンが映画スターだなって改めて思った。原題「The Girl On>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.5

瀬々敬久監督、構想三十年の思いが乗った3時間超えのオリジナル作品。アナキストと女相撲を題材に、大正末期の世相の中に生きる人々の魂を焦がす強き力を感じた。木竜麻生のフレッシュさと、東出昌大が単館系でガツ>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.0

作品名は知ってるけどの、初見。ワーナーブラザーズ映画で制作費を掛けた、豪勢な日本的な仕上りにはなっていたと思う。VFXは違和感無いレベル。原作ファンにはキャラ見映えが馴染めない雰囲気はあるモノの、入門>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

下の子が生まれた幼児の視点で、家族の日常の温き愛情を描かれていて、強いほっこりを感じた。「バケモノの子」で海外に向いていた物語性の面を、今回はしっかり日本の話しとして構築されていて、細田守監督の魅力が>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.0

タイトルと予告編情報で、相当なぶっ飛び映画を想定してたけど、期待通り予想以上の時代劇フォルムのイカした活劇映画だった。町田康原作にクドカン脚本で石井岳龍監督。この組合せで造られたフィクションにオールス>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

SWオリジナル世代にとって「ハン・ソロ」のチューバッカ、ミレニアム・ファルコン号との出会いを描いてる、ワクゾクの題材。期待に反しない脚本と映像で凄く楽しめた。ハリソン・フォードでは無いのだけど、面影感>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

コミック原作、初見。ベテラン俳優が夫婦役で、パートナー交換で再婚と同居を初める。それに両家族の子、高校生男女の二人が、いきなり同居スタートっていう。まさにコミック原作ならではの設定。有り得ないだけど、>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.0

池井戸潤の原作初映画化は、意外な気もする。特性的にドラマ向きなのかなとは思った。人物の葛藤変化を描く題材だね。とか言ってもドラマは、フル1話も見たことない。今作は、長瀬智也とディーン・フジオカの対峙比>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.5

バットマンとジョーカーが戦国時代にタイムリープして来て繰り広げる活劇。劇団✩ 新感線テイストのアニメで仕上げて有り、JAPAN COOLが盛り沢山。海外で何処まで受け容れられるかなぁ(σ^▽^)σ こ>>続きを読む

堕ちる(2016年製作の映画)

3.0

なるほどね。タイトルに一杯乗せた感が上手い。アイドル物としてはこういう作り方も正しいと思う。サブカルチャーってこういうエネルギーの塊だもんね。

阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C 異聞(2017年製作の映画)

2.5

アニメ版BLOOD+が好きだったのでどんなもんかなと、様子見だったが、うーむ。やっぱなぁ、フックする所が無い。ぶち壊し感だらけ。むしろ古田新太だけが向こうに行ってしまって、浮きまくり度が凄い。監督はど>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.5

コメディー時代劇で、知らなかった江戸時代の一遍をきちっと描いていたと思う。でも、老中田沼意次話は解りにくかった。大竹しのぶを活かしきれて無い点も勿体ない。内容は江戸時代の男娼を描いているので、公開中の>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

ヤクザ映画で警察の介入物と思っての鑑賞は、意外な展開でしてやられた感。松坂桃李にやくざ役は合わないだろと勘違いしてたら、当たり前で警察官役だったけど、荒ぶる役所広司とのバディの挑み具合が「娼年」と合わ>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

あの少年犯罪を題材にした物なので凄く重い話しかと構えて見たが、そんなにはディープでは無かった。世の中生きてく上で悩み事は様々な所で起こってるって展開。次の場面かな、その次?て前のめりする鑑賞はダメって>>続きを読む

三十路女はロマンチックな夢を見るか?(2017年製作の映画)

3.0

予備知識無しで見たら、三十路女性のロードムービー的展開に、なんか裏が在るフリだが、おっと〜そういうオチなのかと最後に楽しませてくれた。中段はだらっとしてるけど、酒井美紀の存在が凄く箔が付いた絵になって>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.5

字幕版鑑賞。人形を使ったストップモーションアニメで、犬達が主役の日本ぽい場所の架空物語。海外の有名俳優が沢山声入れしてて、こだわりの映像美ってウリは、そうなんだろうなって感じたけど、個人的には高揚感や>>続きを読む

劇場版 お前はまだグンマを知らない(2017年製作の映画)

3.0

他メディア作未見の初見。群馬愛強きグンマーの中に転校生として飛び込んだ、千葉出身高校生の関東ネタの物語。間宮祥太朗の顔芸が楽しめる、吉本芸人たっぷり出演のコメディーで面白い。群馬の3Bは「BOØWY、>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.0

前作に続き、半年置いてのアニゴジ鑑賞。繊細で迫力がある、チネチッタLIVE ZOUNDスクリーンで観て大正解。ゴジラの咆哮熱光線で劇場内の空気が震えて、迫力満点で体感出来る。ドラマ的にはちょっと小振り>>続きを読む

蝶の眠り(2017年製作の映画)

3.5

韓国人女性監督による、アルツハイマー闘病作家を演じる中山美穂の主演作品。劇中劇小説の部分が浅い感じがしたけど、全体を包む緑の色彩と新垣隆の音楽が美しく心地良い。監督が意識してた『Love Letter>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.0

予備情報無しで鑑賞。ビビった。イジメの反逆度合いが凄まじい。グロでドバーッとのビジュアルには何回ものけぞった。色彩の白と赤が凄く穏やかだったのと対比が拠り所だったなぁ。小さな集団に外部から入る事の難し>>続きを読む

ラスト・ワルツ(1978年製作の映画)

3.5

「The Band」最後のLIVEをインタビューを交えた、マーティン・スコセッシ監督制作のドキュメンタリー映画。多数のゲストを迎えたワンステージとバンドの歩み語りの結実度合いが、身体全部洗われる様な心>>続きを読む

honey(2018年製作の映画)

2.5

原作未読。少女コミック原作のラブコメ作りだけど、なんか凡庸な筋立ての脚本で、内容的なキュンキュンが盛り上がらなかったな。高橋優の扱いが勿体ない。もっとアーティストらしい活かし方を。仕上がり方は、アイド>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

原作未読。予告編の「ありえません。」がちょっとコメディーぽく気になってたけど、上映でもやっぱり違和感。三池崇監督調の骨太さは薄いけど、脚本の組立ては良く、見応えある映像になってた。東野圭吾原作で、ガリ>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.5

韓国映画に出てる國村隼目当てで見たけど、存在感と溶け込み具合が凄い。助演男優賞とスター賞を贈られた事に納得。謎多き日本人を見事に演じきってた。精神的に追い込まれる人の怖さが静寂の裏で進行する様が怖い。>>続きを読む

二十六夜待ち(2017年製作の映画)

2.5

記憶喪失の男と震災の喪失感が強い女が惹かれ合う物語。小説原作の2次元的な雰囲気のまま映像化された感覚で、没入感は薄かった。静かな男、井浦新はイイね。東京国際映画祭で並びで見た「最低。」がR15でこちら>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.0

原作未読、初見。木梨憲武の老け顔造りがリアルで、えっこんなにって若干引いた。^^; ダメ親父ぶりも悲壮感強し。翻って白組のVFXは見事な出来映えだったけど、物語的な修練度とテンポはもう一つ踊らなかった>>続きを読む

アメリカン・ヴァルハラ(2017年製作の映画)

3.0

イギー・ポップの名前は知ってるけど、あまり楽曲をがっつり聞いた事がないと思う。しかしこのドキュメンタリーでの老齢ミュージシャンとしての生き様の格好良さは魅力的だったなぁ。

>|