antさんの映画レビュー・感想・評価

ant

ant

◆2017年映画館鑑賞:新旧196作品,227本
BEST1-5(鑑賞順)ラ・ラ・ランド、22年目の告白私が殺人犯です、君の膵臓をたべたい、幼な子われらに生まれ、ナミヤ雑貨店の奇蹟
BEST6-10(鑑賞順):哭声/コクソン、忍びの国、狂覗、三度目の殺人、勝手にふるえてろ
プラスα:舞台挨拶8回、トークショー24回
◆2016年劇場鑑賞:186本

  • List view
  • Grid view

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

予告篇がワクワク感をそそる出来だったけど、本篇はオープニングからガツンと引き込まれて、音楽的躍動感が素晴らしいミュージカル映画。新人監督をララランドチームが支えた製作って事で、無駄が無い仕上がり。サー>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.5

松坂桃李の不気味さはなかなか良いんだけど、映像のトーンというかリズムに怖さが足りない気がした。エグいのは要らないけど、もっとハラハラ感を入れて欲しかったなぁ。

富美子の足(2018年製作の映画)

3.0

脚フェチに徹してる物語で、富美子(片山萌美)の御御足を存分に堪能出来ます。たしかに綺麗です。それを囲ってしまう資産家を“でんでん”が演じるので、当然一筋縄では無くやっぱ凄いです。造型綺麗だったなぁ。

犬猿(2017年製作の映画)

3.0

二組の兄弟姉妹の愛憎劇。ぶつかり合う様が、兄弟がいる人なら分かるなぁって感触。脚本、キャスティングの妙で、客席あちこちからクスッと笑いが沸き起こる臨場感が、劇場鑑賞ならではの楽しさだった。

巫女っちゃけん。(2017年製作の映画)

3.0

福岡の宮地嶽神社の全面撮影協力で成り立っとう映画で、こげん明け透けな設定で、巫女やって「しぇからしか」やろって博多弁モードで語りたくなる。30年位行って無いけど、懐かしさとローカル度を満載出来た。CM>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.0

新参者シリーズは映画版しか見て無いので、2012年「麒麟の翼」以来。完結篇って事で骨太設定。主人公が殺人事件のキーになってるって予告篇フリ。ある意味だまされた感有るが、真に深い家族愛話しに感涙。日本橋>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

個人best10ランク作品。松岡茉優渾身の一作。妄想女子の言動がこそばゆ過ぎて凄い。けど貴女ちょっと行動変えればモテますからって状況映像が面白く、ラストでズキュン。朝井リョウのこんな小説を映像化するな>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.5

レトロな映画館映写室入り浸りの青年とモノクロ映画の中のヒロインが、飛び出して来て出逢うって、ニューシネマパラダイス要素満載。けど、モノクロでも色味の世界両方での綾瀬はるかの煌めき度が凄い。ファンタジー>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命編(2018年製作の映画)

3.0

第4章(11-14話)になって、今回はリメイク版として、過去作の踏襲と凝ったエッセンスが加わっていて、アクション盛り沢山で楽しめた。テレサの絵はちょっと幼すぎ感有ったけどね。LIVEZOUNDで音が良>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

市役所職員が在住案内する殺人者達って予告編。不穏な雰囲気が漂い始める前に、6人個々の生活と個性がずっと描かれていて、奇祭が有る地方都市って設定もゾワっと盛り上がる。吉田大八監督らしい人間群像劇で俳優演>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

3.5

事前情報0で飛び込み鑑賞。最近無いタイプのハードボイルドでサスペンスで人間愛に溢れた映画だった。ラストの凝縮感に感涙。男性陣全て良かったね。主人公子役が既にイケメン。抗う御曹司の玉木宏ハマり役。

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

4.5

スゲ〜絶対MX4Dで体感すべし。MAD MAX、GANTZ:Oを超えた4D体感撃盛り。回顧気分キッカケだが、TVアニメ見たのは45年前。あしゅら男爵、ブロッケンが何より懐かしい。永井豪オリジナルキャラ>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.0

サブタイトルイメージ程は骨ばってはおらず、原点のテイストを現代に持って来た感じで、過剰な演出が無くてシンプルで良かった。ラストの一音が一番の感動。

ホワイトリリー(2016年製作の映画)

3.0

リングなどホラーの中田秀夫監督の日活ロマンポルノリニューアル作って作品、正統派な造りで百合の世界を描いていて、ある意味男にとってはちょっとホラーなのかな。

淵に立つ(2016年製作の映画)

2.5

観る者に委ねられる映画だった。筒井真理子の生活感情にピタッと合わせた表情の変化が凄い。古舘寛治はどの作品でも存在感抜群。

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.5

新年1本目。入江悠監督のオリジナル作品って事で期待持ち鑑賞。予告編の印象よりはナチュラルな暴力的映像で地方暮らし風情が宿ったギラギラした作品で埼玉と言ったら入江監督は健在(´^∀^`)桐谷健太の味付け>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

2.5

ジブリを意識したスタジオ体制で制作された作品。ファンタジー色が強くて、新海誠の特色が薄れてる感が強くて、好みでは無かったな。同時上映でメイキングが見れて、アフレコ演出の三ツ矢雄二の的確さとプロの仕事ぶ>>続きを読む

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~(2017年製作の映画)

3.0

過去作はTVアニメ版をちょいと、実写映画版は見ていて、設定は理解済み。南野陽子のイメージが強い(´^∀^`)今作は、ビジュアルクオリティ高く、大正ロマンの世界観をパキっと思う存分描かれていて、すこぶる>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.0

アニメ版をちょい見程度の初級者。実写化でのビジュアル外しまくりって感じはあまりしなかった。ロケ地イタリアシエナの街並みとアルの甲冑の色味と質感が、今までの邦画クオリティで群を抜いてる感。

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

3.0

初見、少女漫画王道の超お嬢さま、夢の王子様と幼馴染の三角関係って設定。ジャニーズ二人に平祐奈、高嶋政宏シルビア夫婦と無駄無いキャスト。^_^ 英勉監督のこなれたコメディー演出で嫌味0の心地良さ。

リベンジgirl(2017年製作の映画)

3.0

初見。設定は美貌と頭脳を持った主人公がポイ捨てされた政治家馬鹿息子にリベンジで選挙で挑む話し。少女漫画らしいコメディだけど、選挙プロ事務所を通じた戦略は本格的。桐谷美玲でこそ成り立ってて選挙演説を観た>>続きを読む

トリノコシティ(2017年製作の映画)

3.5

初見。夕方からの上映作を探して出会えてLucky 死生観に触れる、シンプルだけど生き生きしてて、網走の風景が綺麗で癒される部分も。ボカロが原作って初めて知った。劇伴も原曲者40mpが手掛けていてピアノ>>続きを読む

(2017年製作の映画)

2.5

色って、光の反射で当てないと感じられないものであり、映画はまさに其れに当たり、人もそうなのかなって感じさせる話しだった。その視点で映像は綺麗だけど、心はスッキリしないって感想。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0

山崎貴監督が西岸良平コミック原作を“三丁目の夕日“に続き実写化。キャラクターが違うっていう批判とは無縁で、ファンタジーな世界を個性豊かな登場人物で描ききって清々しい。VFXを駆使して別の表現作としてク>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

2年前に復活したSW最終章3部作の2作目episode7 “フォースの覚醒”の続き物語。可愛い新キャラクターが沢山出てきたところに、ビジネスの匂いを感じてしまった。SWの近作中では、スピンオフ作の“ロ>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.0

実話に基づく実写映像作品。死別物ではなく意識障害からの生還物語。婚約者の両親に「家族じゃ無いから」と見守る事から遠ざけられても、一心で信じ続ける主人公の彼、凄い。順風とはいかないが、心打つ積み重ねの力>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.0

泥棒に入った家に集まる人々のほぼワンシュチュエーションドラマ。演劇的だなぁって思って調べたら、監督が元々作演出した喜劇のリメイクだった。個性的な人物が絡む面白さを上手く纏めてあり楽しめる。

全員死刑(2017年製作の映画)

3.0

狂気が正気となっている、異常な精神構造が家族愛を支えている。実話に基づくイっちゃってる題材の映画だけど、見せ方としては、人らしさを感じる、エグさが薄まってる演出だった。

覆面系ノイズ(2017年製作の映画)

3.5

初見。 "NANA"以来の音楽面がしっかりのバンド恋愛系映画で楽しめた。 大きく口を開けて歌う、中条あやみの歌なかなかイイね。音楽監修に"MAN WITH A MISSION"てカッコ良さ出てる。鎌倉>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.0

満州国の日本人料理人の話しで、昔話のつもりで見進めたら、なんだミステリータッチの最終的は感動作にって作りだったのね。予告篇の作りとかが上手く無い気がする。演出の筋立てももう少し。

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.0

痴呆症のおばあちゃんを残しておじいちゃんが亡くなった事から始まる、孫までの家族全員の騒動記なのだけど、偶に会う親族の関係性と繋がり、上手く描かれてた。こういうドメスティックな映画は大事だよな。+トーク>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

ゴッホ最期の手紙を持って、関係者を訪ね死の謎を追う話し。実写映像をゴッホタッチの絵画アニメーションで描いてあり、ゴッホが活きてた空間を見ている感覚。ゴッホ美術館の展示で手紙は見たので、どーんと響いた。>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛編(2017年製作の映画)

3.0

若干新シリーズも食傷気味にもなってきたけど、成る程ねそういう解釈と落とし所があるんだぁって脚本の妙に感心しちゃう。もうこうなったらあの人は今もこうやって元気に2次元で頑張ってます。を観て楽しむ感だな。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.0

オリジナルの起源を描いたリブートシリーズの三作目。VFXの使い方が無機質よりこんな生命力側に寄ると良いよな。物語ではそんな人間の愚かさが決定的となって、自然に近しい猿側の生命力の逞しさを感じた。ただし>>続きを読む

劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン(2016年製作の映画)

2.5

ウルトラマンXってまったく初見。頭5分で設定はなんとなく分かったけど、装備品持ってたりスタイリッシュな姿におっちゃんは違和感だな。一本の映画としての筋立て完成度はしっくりこず。ウルトラの娘“吉本 多香>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

コメディータッチで楽しめる。卓球協会協力有っての部分もガッキーと瑛太主演だからこそのキャラ生きだったと思う。共演の広末涼子、蒼井優、永野芽郁では出せない、はまり方はキャスティングの妙。真木よう子と幼少>>続きを読む

>|