エイノスケさんの映画レビュー・感想・評価

エイノスケ

エイノスケ

映画は劇場で観る派です。あの暗くなって世界に入り込む感じがたまりません!2019年春から鑑賞の記録に書き始めました。

映画(64)
ドラマ(0)
  • 64Marks
  • 4Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.2

ブラッド・ビッドが、今作では本当に抑えた演技でいく、ロイの内面を演じたいと言った記事を読んだが、まさにその通り。
暗く、静かで、そして空恐ろしい闇。
宇宙飛行士はこんな時も冷静でいなけれなならないので
>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.0

予告編の一級品ミステリーみたいな雰囲気に
惹かれて鑑賞。
歴史的なことは確かにあったが、
テイストが違っていた。

島の自然は美しかった。
リリー・ジェームズの愛らしい表情が
とても良かった。さすがシ
>>続きを読む

やっぱり契約破棄していいですか!?(2018年製作の映画)

3.3

暗殺が 仕事として確立して、
各暗殺者別のノルマまである組合の機構に感心。

ラストは驚き。
奥さんの腹の座り方には拍手。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.0

全く三谷幸喜の脚本ときたら…
ギャラクシーの映画ははっ?ええ?の連続で
心配したが、今作は文句なしに面白かった!
中井貴一、上手いな…
佐藤浩市、変装すごいな…
ディーン・フジオカの英語は聞けず残念。
>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

3.8

評価様々なのは、観る人の年齢や
親子の関係性によるのかもしれない。
自分は響くものがありました。

前半のグダグダが回収されていく
後半の面白さ。藤竜也はやっぱり凄い。

限定公開なので、興味ある方は
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.1

台詞のやりとりが、何気なくて、深かかった。

原作未読。
ラスト、二人の関係性ではなく、
とんでもない災難が起こることに、
ええええ〜!!?となった。

おしえて!ドクター・ルース(2019年製作の映画)

3.8

とにかく、チャーミングな90歳。
笑顔がすごくいい。

ホロコーストで家族を失った過去を
静かに振り返るシーンが印象的。
まだまだ活躍してほしい。

トールキン 旅のはじまり(2019年製作の映画)

3.8

指輪物語の映画は全作観た。
時々、ああ、これはあのシーンかなと
思うような(想像の)映像が何度か登場する。

作家とは、こんな風に発想するのかと思った。
ニコラス・ホルトの静謐な表情が美しい。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.7

ブラピが若い…。
売れないスタントマンの風情がとても似合う。
ディカプリオの はちゃめちゃぶりもいい。
エンディングのタバコのCMに大笑い。

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

3.4

階級社会インド。
都会でメイドとして働くラトナ。
19で未亡人になってもう人生終わったと
生きているのが痛々しい。

ラストにハッとして、そこで終わり。
あと少し続きを描いてくれればよいのに…。
幸せ
>>続きを読む

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

4.2

予告編では、なにやらドタバタ喜劇のように
思えたが、しっかりしたストーリーで、
とても良かった!ラストには心打たれた。
星野源の繊細さに対しての豪胆な幼なじみが高橋一生。
彼も繊細なイメージなので大丈
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.6

田中圭人気を押し上げたドラマの劇場版。
笑いあり、感動あり、で楽しめた。

終わった後、何人かが涙をぬぐっていて、
驚いた…えっ…そこまで心打たれました?
ファンの人のツボを押しまくりみたいでした。
>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

3.1

ダンス(群舞)シーンは
みなさん撮影お疲れ様!ってくらいに
頑張っていた。
宝田明の嘘くさい催眠術が秀逸。
ダンスバトルシーンはもう少し観たかった。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

自分の日常がどれほど恵まれているか痛感する。
主人公ゼインは本物の難民だった少年とか。
その瞳がとてつもなく大人にみえる。
とても辛くいたたまれないことの連続だが、
ラストシーンで救われた。

よこがお(2019年製作の映画)

3.3

敢えての演出なのだろうが、時系列がバラバラに進むので混乱した。パズルのように関連がわかっていくのは楽しかったが。観終わってもスッキリすることはなく疑問を抱えて劇場を出た。
犯罪加害者の家族の辛さがよく
>>続きを読む

カーライル ニューヨークが恋したホテル(2018年製作の映画)

3.9

セレブ達の御用達のホテル。王室からハリウッド俳優、実業家、作家…。古めかしい設備を磨き上げ輝かせているのは、そこで働く人たちの誇り。
ドキュメンタリー仕上げ。
ジョージ・クルーニーと、ハリソン・フォー
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

色んなサイトで長年のファンからの怨嗟の声が物凄い作品。その怒りのラストに逆に興味が湧いて鑑賞。あー、これかーと納得。
映像は美しかった。声優も有名タレント揃いなんですが、違和感なく物語に入れました。
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

2.0

カメラを止めるな!は公開直後に観て、大勢の人にあれ面白い!と勧めました。あれよあれよと物凄いヒット作になって社会現象的でしたね。
そのスタッフ再結集、また騙される、という、予告で楽しみに鑑賞しましたが
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.6

ワンピース原作は途中で挫折した自分ですが、
劇場版は必ず観ます。オリジナルストーリーで楽しめるので。ただ、今作は20周年記念とのことで、より原作ファンには嬉しいキャラ勢揃い編でした。
ルフィ役の田中真
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.5

CG技術がここまで進化したのかと驚き。風にそよぐたてがみから、陽の光、緑の大地、満天の星、どれをとっても画面のすみずみまで、本物以上の輝きでした。現場の職人さんたちに拍手。
時間の都合で吹き替えの方で
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

映像は素晴らしい。雨の新宿は街の匂いまで伝えてくる。雨の中、晴れ間が広がるシーンは神々しいまでに美しい。
ストーリーはうーん…。えっ、そうなんですかという感じ。大大ヒット作の二人が出てきて、ここ同じ世
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.6

数学の天才が情報を隠された中で解き明かしていく展開は迫真の素晴らしさ!歴史はこうして人が作るのだ、と痛感した。戦艦大和の闘いが描かれた映画はほとんど観ているが、この作品の冒頭の映像は飛び抜けてリアル。>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

評価が分かれているのが納得。
なるほど…。こんなラストか…。
1から3を経ての4。唐沢寿明が大人のトイストーリーと言っていたが、まさにその通り。
かつて大好きなおもちゃがあった大人は泣いてしまう作品に
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.5

ワイルドスピードじゃない…。たしかにカーチェイスもあるけれど。二人の筋肉まつり。嫌いじゃない二人だけど、こってりした料理をどっかりと食べされられたような感じ。
バネッサ・カービーが魅力的。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.5

穏やかに微笑みながら銀行強盗をする老人。時代とはいえ、大胆すぎるやり方に唖然。
レッドフォードの顔の皺に、役者としても、人としても老いることの深みが感じられた。彼がこれで役者人生を終えるということで鑑
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.4

藤原竜也枠・窪田正孝枠で鑑賞。店内の色彩や装飾。極彩色でちょっとグロテスクな絵本を観ていた気分。豪華なゲスト陣のぶっ飛んだ演技も中々でした。玉城ティナのスタイルが本当にドールのようだった。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.4

スマホゲームをちょっとやった程度の自分でも名前は知っているファイナルファンタジー。
こんなにも美しく豊かな世界観なのか。ハマる人の気持ちがわかった。ネットで話題になり、ドラマにもなったとのことだが、映
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

アメリカ映画に負けず、日本映画でもここまで描く作品が出てきた!と最初のシーンから釘付けだった。刮目せよ!是非観るべし!

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.9

原作が3巻までネット公開されていて、読んでから観た。映画へと上手くまとめた印象だった。安田顕、向井理のアウトローっぷりに加え、
柳楽優弥のクズの描き方が上手かった。大作主演の多くなった岡田准一のはじけ
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

4.2

X-MENシリーズ、ウルヴァリンなども含めて全て観ている。今回の内容では過去作(物語的には未来)につながらないのでは…。まあ、色んな時間軸があるということと解釈。シリーズのラスト作品なら、各キャラの見>>続きを読む

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

3.3

色んな過去や設定がセリフからの推測でしかなく理解が進みにくい。問題ある家族を持つ重苦しい気持ちが鉛のように描かれる。母親は大変だ…。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.6

いやいやいやいや、それはどうなんだと突っ込みながら観る展開。リーアム・ニーソンなので許します。

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

4.1

MIBシリーズも全て観てきたが、その都度少しテイストが変わるのも、またよし。
初登場エイリアンの彼もいい味だしてる?次作にも期待。

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

色彩が美しく、観て幸せになる物語。
ヒロインのジャスミンが現代の実写化らしく、
気高く美しく強かった。
一番可愛かったのは空飛ぶ絨毯では?
ウィル・スミスのジーニーは さすが。

>|