かずさんの映画レビュー・感想・評価

かず

かず

邦画好きです。邦ドラマ好きです。

映画(205)
ドラマ(0)

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.3

原作読んでませんが、題材はいいものなのに、うっすぺらい感じかしました。
2時間ドラマと言われてしまうような映画。

時任三郎の温かい役柄が良かったです。

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.2

世界観を楽しむタイプの映画は時々見たくなります。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.2

映画館で見なくてもって感じが少しありました。でも、セリフのひとつひとつがしっかりしていて良かったです。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.6

原作読んだのはしばらく前ですが瑛太と深津絵里がいいなと思っていました。けれど、これはこれでいいです。原作に忠実だと思います。
続編などで湯川学役で福山雅治が出てきたら素晴らしいです。

ギャングース(2018年製作の映画)

3.6

3人の活躍また見たくなりました!続編あるなら楽しみです。

主人公が3人という共通点で、貫井徳郎の「空白の叫び」を入江悠監督に撮ってもらいたいと思いました。

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.5

最後の場面が良かったです。大賀から少年らしさをすごく感じました。今日から俺は!!の今井と比べるとおもしろいです。これからの作品が楽しみです。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.6

なんとなく観てみたら成田凌の今後の活躍に期待した映画だと非常に思いました。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

とんとん話が進んでいくので映画を見ている感じがあまりしませんでした。でもいい作品です。
どんな家庭かによって感動の度合いが異なってくる作品だと思います。もしあの時こうしてたらとか思い出しながら見ると悲
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.8

小説から人物がそのまま出てきたような作品。北村一輝や藤原竜也は原作以上でした。こんな人、世の中にいるんだろうなっていうリアルがあります。
モロッコのシーンをもっと観たいと思いました!同じキャストで旅の
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

前半と後半で別の映画を観ているような感じがしました。海辺のシーンは特に印象的で本当の家族みたいでした。
リリーフランキーはもちろん、子役の演技が素晴らしかったです。城くんの将来が楽しみです。好きな俳優
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

感動作というよりは面白さが印象に残っています。感動もほどよくて、良い作品です。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.5

青春が凝縮された作品で、回想シーンが挟まれることでよりいっそうの感動が得られた。ちはやふるを観て前向きになれました。ありがとうございます。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.7

原作未読ですが、個性溢れるキャラが良かったです。

blank13(2017年製作の映画)

3.6

お葬式の会場はどうしても思いを塞いでそのままにしてしまうと思うのですが、その時に思いを少しでも他の人に伝えることができたら、また内面的な変化を起こすきっかけになるんではないかと思いました。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.4

原作を読まずに鑑賞しました。最初のんびりと進んでいくので退屈に感じましたが、進むにつれ息を呑む瞬間もありました。吉沢亮の表情の作り方は別格だと思いました。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.3

それぞれの人生や生き方があるのだろうと思いました。新たな人生の迎え方、人生の終え方などが感動的に描かれていた。

羊の木(2018年製作の映画)

3.6

不穏な空気感が常にあって、6人それぞれの過去への向き合い方がしっかり描かれていた。過去に囚われたり、誰かに縋ったり、反省の色を見せなかったり、生まれ変わったかのように善い道を選んだり、いろんなエピソー>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

簡単に感想を述べると、松岡茉優は最高でした。最後に拍手を送りたくなる素晴らしい作品です。
舞台挨拶に行き、スクリーンにいた俳優たちを目にすることができて、本当に来てよかったです。
素晴らしいスタッフ、
>>続きを読む

>|