Scarboroughさんの映画レビュー・感想・評価

Scarborough

Scarborough

のんびり記録をつけています。ところどころ鑑賞当時の日記になっているものも。邦画も好きだけど洋画がやっぱり好きです。

映画(180)
ドラマ(0)

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.6

イギリスの諜報機関の中に紛れ込んだ、ソ連の二重スパイを探し出せ、というお話。
邦題は、きっと映画の内容を想像しやすいようなものとして、付けられたのだろうけれど、原題の意味を理解すると、更に面白くなるか
>>続きを読む

つぐない(2007年製作の映画)

4.0

マキューアンの『贖罪』が原作ということで、かなり身構えて観始めたけれど、小説ほど、前振りの長さに疲れを感じることもなかったので、小説で苦手意識を持たれた方にもぜひ観ていただきたいなと思う。

たった1
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.6

この映画がノーラン監督作品の初鑑賞だったので、何がなんだか分からないうちに終わってしまって、すごいものを観てしまった、、と呆然としたような気がする作品。

時間の流れが逆なんだということを知った上で観
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

透明感に見惚れてしまった。
映像の作り込みも、イタリアの風景も、2人の心の機微も、どこまでも透き通るようで、淡い色合いの水彩画を眺めているような気持ちになる。

個人的に興味深かったのは、エリオたちが
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.2

大学2年生時に学園祭で専攻語の劇を上映するのが伝統となっていて、私の代の英語科はマンマミーア!を制作。今回、語劇の上映から4年経ったけれど、再びキャストメンバーが集まって観に行けたということもあり、な>>続きを読む

ウェールズの山(1995年製作の映画)

3.8

お天気が良くて、静かで平和なお休みの日に、温かい紅茶をすすりながら観たい映画。
なんとも言えず、あのウェールズ訛りがたまらない。
村人たちのプライド、特に、炭鉱が多いウェールズの地域の歴史なんかを知っ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.9

弟の帰省時に久しぶりに。
分からない、、と隣で匙を投げる弟を横目に、やっぱり夢中になってしまう。
辻褄が合っているようでいて、考えれば考えるほど矛盾しているようにも思えてくる夢の中のルールは、いつ観て
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.8

テイラーシェリダンのおさらい。
淡々とお話が進んでいくからこそ、自分だけが何か大事なことを理解していないまま置いていかれているような不安と疑念でいっぱいになる。
久しぶりに観ると、やっぱりその切迫感に
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.3

昔観たはずだけれど、夜更かしのせいでほとんど覚えていなかったので、再鑑賞。
「書いたことがまさか本当に?」ってストーリーも斬新で面白いけれど、なによりゾーイ・カザンが本当にかわいい。そして、狂ったよう
>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

3.2

ちょっと前に、友達にこれが観たいと誘われて、お家で鑑賞会。ナタリー・ポートマンがこんな役?!って思ったけれど、キュートな姿にこちらまでたじたじになってしまった…。

歳を重ねると難しいことも多いけれど
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

2.6

何も深いことを考えずに観られるコメディ。

ライアン・ゴズリングにラッセル・クロウ…俳優陣は豪華だし、アクションシーンも迫力があって見ごたえばっちりなのだけれど、残念なのは、ストーリーの中であまりそれ
>>続きを読む

フォー・ウェディング(1994年製作の映画)

3.6

この映画が上映された1990年代当時より、今の時代の方が、チャールズの結婚に対する曖昧な気持ちとか、キャリーの「婚約はいつ?」発言とか、理解できる(自分の身に引きつけて考えられる)人が多いのでは、と思>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.8

実話に基づく作品。
同性愛者のルディとポールが守ろうとしたのは、ダウン症の男の子マルコのささやかな幸せ。

差別・偏見、は、勿論この悲劇を招いた一因であるけれど、それだけではないと思う。

他者を陥れ
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦中のイギリス。ひょんなことから「ダンケルクの戦い」をテーマにしたプロバガンダ映画の脚本作りに参加することになったカトリン。
彼女は絵描きである夫(仮)とのロンドンでの生活を守るため、必死
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.7

ケン・ローチ監督ならではの「労働者階級へのまなざし」がよく感じられる映画だと思う。
イギリス社会の矛盾、弱者の虚しさ、権威に対する怒り、様々な問題とそれに対する人々の感情を露わに描き出した作品。

>>続きを読む

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

3.3

戦場で拾った一枚の女性の写真に命を救われたローガンは、戦地から戻ると、写真の女性を探し出すために愛犬のゼウスとある街を訪れる。

ザックエフロンがひたすらかっこいい。
あんな綺麗な青い目、見惚れずにい
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

やっぱりコリンファースがカッコイイ。というかコリンファースの英語が好き。何時間でも聴いていたい。

色々あっけないところとか、え、その程度なの?というところがあったにしろ、お話は面白かった。
全体的に
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.8

シャーリー・マクレーンの演技、やっぱり大好き。ちょっとエグ味のあるおばさま役を、こんなにも愛嬌たっぷりに、お茶目に演じられるなんてさすが。

レコード音楽も最高。キンクスで盛り上がるところ、つい頷きた
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.9

アメコミが下地だし、そもそもバットマンあまり好きではなかったしで、観ないでいたのを心から後悔する…

やっぱりノーラン監督すごいなぁ。これは他の2作もおいおいちゃんと観ていきたい…

奇跡の絆(2017年製作の映画)

3.5

黒人の歴史に関して背景知識があると、色々思うところがある映画だと思うけれど、そうでないと、ただの良い話で終わってしまいそう。

ロンと父親との関係修復の様子がもう少しちゃんと描かれていたら良いのになと
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.9

ひたすらにライアン・ゴズリングがカッコいい。ちょっと影があるところも素敵。

巡り巡ってうまくそれぞれのお話が繋がる最後の修羅場はみもの。なんだかんだ、みんなハッピーになれる映画なので、ちょっと心落ち
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.8

端的に言うと、聖書のパロディ。
なんだけれど、とってもブラックでシュールなお話。(痛快ハッピーコメディ的な宣伝文句を見たけれど、ちょっとちがう気がする、、)
好き嫌いが分かれそうだけれど、アメリ系フラ
>>続きを読む

ラブソングができるまで(2007年製作の映画)

3.2

頭が疲れた時に、甘いものが欲しくなるのと同じような感覚で、甘々な映画が観たくなったけれど、ドキドキハラハラするのはちょっと…という日の流し観にぴったりなラブストーリー。先が読めちゃうんだれど、それが逆>>続きを読む

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

3.5

昔、世界史の授業で話題になって、観てみたのが最初。七年戦争の様子や18世紀の貴族たちの生活ぶりが鮮明な映像で再現されていて、時代考証が念入りに行われていたことが伺える。アイルランドとイギリスの力関係な>>続きを読む

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.4

陸軍特殊部隊に所属するジョンが2週間の休暇中に出会ったサヴァナと恋に落ちる物語。一年後、きっと戻ってきて除隊すると約束したのに…世の中思い通りにはならないもの。

最初のシーンの言葉を聞いていると、よ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

パターソンはニュージャージー州、パターソンに妻とブルドッグのマーヴィンと暮らしているバスの運転手。
朝、ベッドで目覚めて、仕事へ出かけて、帰宅して、マーヴィンの散歩途中にバーへ寄って…
そんな日々の繰
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

4.0

これは、ただのアクション映画と見るか、文学ベースの謎解きサスペンス映画と見るか、観る側の知識によって、面白味がだいぶ変わってしまう作品。良い意味で期待を裏切られた…すごい。

元警官のマイケルが帰宅途
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

何も考えずに笑いたい時にはうってつけの作品。前作も観てみたいかも。

個人的に好きだったのは、逆に、ゲームを終えて、現実世界に戻ってきてからのお話。
あー、もう。青春っていいなぁと、この映画で甘酸っぱ
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

4.1

憧れのまとだった美人姉妹が自ら命を絶ってしまう、プロットだけ読むと、スリラー映画なのかと思うけれど、全然違う。

透けるように清らかに描かれるティーンエイジャーの少女たち。純粋で汚れのない存在としてど
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.2

マーベル作品は記憶が曖昧なものも多いので、時々、アベンジャーズとごっちゃになってしまうのが悩み。

お話は面白かったけれど、悪役が本当に「ただの」敵でしかなかったせいか、いまいち深みに欠ける気もする。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

トロント訪問中に好きな映画のロケ地になったレストランを訪れたところ、この映画のロケ地でもあったと分かったことがきっかけで鑑賞。

政府の研究機関に運び込まれた謎の生き物と、そこで清掃員として働く女性(
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.4

時間軸の繋ぎ方がやっぱりノーラン監督だった。

まるで自分が追われているかのような焦燥感と切迫感に終始圧倒されてしまう。
音楽と映像の重なり方も本当に秀逸。すごい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

久しぶりにLeedsのvueで鑑賞。

どの音楽も本当に良かった…ヒュー・ジャックマンとザック・エフロンの歌う the other sideが最高。

ただ、ミュージカル映画だから仕方ないのかもしれな
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

アガサ・クリスティにトラウマがあるせいかもしれないけれど、映画になってもアガサ・クリスティはアガサ・クリスティでした。笑

ポワロが謎を一つ一つ解き明かしていく過程も、どこか盛り上がりに欠けてしまって
>>続きを読む

ブリングリング(2013年製作の映画)

3.0

ティーンエイジャーたちがセレブの邸宅に忍び込み盗みを働いていた…という実際の事件を映画化したということで、あまりお話に面白みがあるかと言われると、うーんとなるのだけれど、やっぱり、映像の美しさ・透明感>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

3.6

フラットメイトに勧められて一緒に観てみたけれど、最初のアクションで思わずクスクス笑ってしまったのも嘘のように後半はお話に引き込まれてしまった。

ゲーム大好きな主人公が、ある女性に頼まれてお財布をホテ
>>続きを読む