erigio73さんの映画レビュー・感想・評価

erigio73

erigio73

映画(402)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

飢餓海峡(1965年製作の映画)

3.9

BS録画にて。左幸子が犬飼と再会するまでの10年間がそのいじらしい振る舞いでいつしか物語のメインストーリーのようになる。ふたりの出会いに関わる事件からして、この後悲劇が起こることはわかっているがいつ起>>続きを読む

ボヴァリー夫人とパン屋(2014年製作の映画)

3.6

ノルマンディーのシャトーとそのご近所の家々、そしてそれぞれの庭、朝からパンを作っているパン屋さん、というとってもいい光と空気の中で繰り広げられるドラマ。コメディと断じていいのかどうか一瞬ためらうが、や>>続きを読む

プール(2009年製作の映画)

3.5

風景や雰囲気は好きだったけど
ストーリーにはあまり引き込まれなかった。ランタンを上げるシーンは良かった。曲、「タイヨウ」が気に入った。

めがね(2007年製作の映画)

3.7

異なる文化圏に来てしまった違和感に見ている側も巻き込まれてこれは馴染めそうにないと思わせられる。が「たそがれる」の正反対にあるような労働を強要される社会はもっといや。その事件後に見ている側も共に徐々に>>続きを読む

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮(2015年製作の映画)

3.0

この前に見たフィレンツェの映画ではレオナルドは別の仕事に呼ばれて去ったと言われていたところが、フィレンツェとミラノの一種芸術家の取り合いになってたことがわかった。15世紀後半のイタリアにはヨーロッパで>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.0

ハリウッド映画の音楽ばかりだった。「自分自身は常に言葉の後ろに隠しているが音楽を作ると必ず自分が現れる」という誰かの言葉はなるほどと思った。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.1

個人的にはこれぞ映画という完璧な映画。少し下から人物を撮ってるのもいい。各場面の絵もきれい。ストーリーの組み立てもいい。ドキドキしながら見られて飽きない。マザーウォーターよりも好きかも。揚げ物、鮭の焼>>続きを読む

フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館 3D・4K(2015年製作の映画)

3.8

これを見てからフィレンツェに行けば良かった。勉強意欲がそそられる映画。美術館という発想そのものがメディチ家から生まれたと言われて目から鱗。

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.0

イグアスの滝で俳優はかなり濡れてるのにカメラに水しぶきが飛んでいない。どうやって撮ったのかな。合成っぽく見えてしまう。

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿(2015年製作の映画)

3.5

比較的新しい映画なのに少し前の時代の映画のように思えた。光の量の為かも。勿論過去の舞台映像があり、再現ドラマもあり、全ての色調に統一感があるのは一つの映画として当然だ。ただ、映し出される楽屋やホワイエ>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

3.6

NHKで放映していた海外ドラマメアリークイーンで流れはつかんでいたが、テレビドラマは長丁場でオリジナルのエピソードも多い。映画の方がふたりの女王というテーマに絞って作られていてすっきりしていた。歴史上>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

4.0

森の景色がきれい。そして音楽を表す画面がどれも良かった。そして何より白石萌音と萌歌の姉妹が手の吹き替え無しでピアノを弾いているのが良かった。撮りたい角度で撮れているのがわかるし、画面の迫力が全然違って>>続きを読む

>|