ふ

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

-

やりたいことを箇条書きで挙げて、起承転結に無理矢理押し込んで繋げたような印象だった。
嫌いではないが、各登場人物の背景や関係性などをもう少し掘り下げて欲しかった。

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます。

過去の劇場版における月やLの格が下がってしまったように感じる。
最終的には銃撃戦になり、全く策略や駆け引きがないのも残念。

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

2.5

てっきりサスペンスかと思っていた。
音楽と台詞回しはよかったと思う。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

最後の最後でやられた。
画面の迫力よりも展開や雰囲気で魅せる映画なので好みは別れそう。

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.0

「法廷では誰もが嘘をついている」という序盤の台詞が、クライマックスで説得力を持ってきて面白かった。
個人的に、終盤のどんでん返しが非常に急だったかなと感じた。

探偵ミタライの事件簿 星籠の海(2016年製作の映画)

2.5

映画というより二時間サスペンスを観ているような気分。
一連の事件の数が無駄に多く、中途半端に感じてしまった。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

-

前作と同じく、手品などを織り混ぜたアクションはよかった。
個人的には、新鮮味という点で前作の方が楽しめたような気がする。