YUKAさんの映画レビュー・感想・評価

YUKA

YUKA

感想を書いているものは新しく見た映画
☆だけは以前見たもの
3.5以上で面白かった、4.0以上でお気に入り

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

久しぶりに見返した
ユアン・マクレガーの顔つき、スターウォーズ以降とだいぶ違うよね、このときかなり細身だからかな?

ケス(1969年製作の映画)

-

この頃はまだTheeとかThiを使うのかっていう、、、

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.5

ごめんなさいKayaちゃんが出てるだけで4.5つけました。
でも中学生のころから大好きな女優さんがパイレーツのような大作でヒロイン演じる、なんてことほど嬉しいことがあるでしょうか、、、

エブリシング(2017年製作の映画)

3.5

半分SF。前半、家に閉じ込められてる主人公の妄想の中で、外界の世界とか想像の世界に飛び出していく描写は良かったな。
男の子の顔好きです、と思ったらキングス・オブ・サマーの子だった、、、!

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

アンセル・エルゴート、キュートすぎちゃう?
Debbyもかわいいし、曲もいいし、こう音楽に乗りながらカー・アクションで息を飲むって体験がとても楽しかった

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

-

ミュージカル基本好きなんだけどな、、、ミュージカルシーンに迫力がない、、、

セッション(2014年製作の映画)

3.9

マイルズ・テラー日本でももっと注目されてよくない!!?

女は女である(1961年製作の映画)

3.8

キュートでポップでシュールな良いフランス映画!

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

もう一回観たら評価が上がるかもしれない。ずっと楽しみにしてた映画だし、鑑賞前にあまりに賛否両論耳にしすぎて、純粋な気持ちで観れなかったのは悔やまれる……。
見てるときは意外と音楽よりも視覚的鮮やかさに
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.8

実はこういう、純粋な大学生もの青春映画って少ないのでは。
高校を舞台にした映画だと、大学なんて入ったらこの世の終わり!感があるけど、大学生活も捨てたもんじゃないですね

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.0

焦って大人になる必要なんてないんだな
全然美人でもイケメンでもないティーンたちが主人公、でもとっても素敵に見える彼ら
キラキラとした瞬間がただまぶしい
10代のうちに見れて良かったです

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.8

小松菜奈さまの圧倒的女神感。
切ない青春恋愛映画と見せかけて、きちんと前向きに終わる、究極のラブストーリー。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

なんだこれ最高!
映画としての出来はシリーズ屈指なのに、シリーズをちゃんと観て来た、スターウォーズファンのための映画だから安易に薦められないけれど!

君の名は。(2016年製作の映画)

-

ちょっとストーリーぶっ飛びすぎててついていけなかった

>|