がっくさんの映画レビュー・感想・評価

がっく

がっく

許された子どもたち(2019年製作の映画)

4.2

少年法、いじめ、正義

終始何かにイライラしてて、結局誰が悪いってシーンごとに責任転嫁してたってことは自分もこの中(社会)に当てはまってるのかなと。
すごい映画をみたなあ。キャストもセリフもよかった。

13日の金曜日PART3(1982年製作の映画)

-

3Dがちょうど流行り出したときだったのかな?
どうでもいい場面で3D使いすぎ。笑

13日の金曜日(1980年製作の映画)

2.9

ワイワイしながら見ました
お風呂入るときに後ろ見ちゃった

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.2

コミックのストーリーもエンドゲームも含んでて完璧でした。
ミステリオ美化されすぎだけど!笑

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

評価されてるほど好みではないかな
ホアキンフェニックスの演技には圧巻でした。

(1963年製作の映画)

-

僕はこの作品が最後まで観れないらしい。二回見て二回とも途中で寝落ちしちゃった。笑

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.4

ホラーだと思って見てた記憶があります。笑
子供の頃の記憶が蘇ってくる。。
リヴァーフェニックスかっこいい…

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ泣けます
子役の子たちが演技うますぎて入り込めました

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.4

ファンタジー
やっぱトムハンクスだな
「私の名前はジョン・コーフィです。飲みもののコーヒーのスペルとは少し違います」

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.9

続編として評価しないほうがいいのかもしれないけど絶対にシャイニングを先に見て欲しい作品です

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.6

映画館で鑑賞
映画でこんなに手に汗握ったことない
思わずガッツポーズでてました。笑

ゆれる(2006年製作の映画)

4.0

嘘、嫉妬、、愛情
様々な感情がゆれ動く
ゆれるっていっても地震みたいな衝動的なものでなく橋が揺れる不安定な感じ

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

4.0

大好きなどんでん返し物。伏線の貼り方が絶妙で2度楽しめました

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.2

犬好きは号泣します。見終わってすぐに犬を抱きしめに行きました。笑

エレファント(2003年製作の映画)

-

ライティングや撮影の授業で紹介されて気になったので鑑賞。
この映画に対して好き、という言葉はそぐわないのかもしれないけどとてつもなく好き。エモい。
かつてノンフィクションをこれほどまでにノンフィクショ
>>続きを読む

ぼくらの7日間戦争(2019年製作の映画)

3.5

原作読んだことあるひとは全く違う作品としてみたほうがいいです。新海作品意識しすぎてるところで冷めた。けど涙もろすぎる僕はたくさん泣きました。笑

ドライヴ(2011年製作の映画)

5.0

映像とBGMのセンスが半端じゃない。前半10分登場人物はほぼ喋ってないのにここまで引き込まれた映画は初めてだった。めちゃくちゃ好きです。そして何よりライアン・ゴズリングの色気よ、

来る(2018年製作の映画)

3.7

SPECを彷彿とさせるようなライティングと映像美だった。妻夫木のクズ男の演技うますぎ。なんであんな不気味な笑み出来るんだろうか。

スティング(1973年製作の映画)

4.6

起承転結しっかりしてて無駄のないこれぞ名作、当時観てたら間違いなく☆5!ストーリー展開のテンポが早いのにさらに最後にはしっかりと観客を裏切ってくれるから観てて飽きない!定期的に観たくなるお洒落で爽快感>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.9

見終わるとタイトルがすごい合ってると感じるけどタイトルから想像できるような簡単な話じゃない。軽い気持ちで見ないほうがいい。悲しいラブストーリーだけど記憶喪失とか病気が原因のありきたりなストーリーじゃな>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

ちょっと前にみたシリーズ

シンメトリーや鏡を使った表現がさすがスタンリーキューブリックと言ったところでした。今作も何百とリテイクをしまくったらしいけど観る分にはいいですね。洗練されてて。。笑
「レッ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.9

めっちゃ綺麗。3回泣いた。
最初に晴れたシーンの映像と音楽が最高にあっていて、映像に合わせて音を入れるというより音に合わせて作ってる感じがした。天気という大きな題材のわりには君の名は。よりストーリーが
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.9

観客に少しずつ不快感や狂気を感じさせるカメラワークや演技がうますぎる。レクター博士がクラリスに尋問するシーン。カメラから目を離さないレクター博士がクローズアップしすぎて実際に自分が尋問されているかのよ>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.2

東京五輪のちょうど一年前ということでオリンピック映画見ようと思ってたけど、明日も映画観るから明るい気持ちで寝たかったので、笑えそうな作品を大好きな煎餅を食べながらアマプラで視聴
面白い!ラブコメはあん
>>続きを読む

>|