みさんの映画レビュー・感想・評価

み

田舎で育って都会で働く女性。文系。記録。

映画(105)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.0

予告編と印象が違う。
母と子、強い愛。強すぎる愛の話。
不幸なのか幸福なのか、本人達しかわからないね。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

ともすればものすごく悲惨なことを、これが日常だしね、というふうにさらりと描いている。クストリッツァではないとこの映画は作れない。最後のシーンはまるで夢のようだった。

聖者たちの食卓(2011年製作の映画)

3.5

インドでシク教の寺院に行った時、やったらフレンドリーなシク教徒のおじさんに話しかけられ、フリーフードを毎日毎日提供してるんだぜ!なかなかないぜ!と言われ、最終的になぜか携帯で二人で写真を撮るという謎展>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.0

こんなことがあったのかと、サーミ人という人たちがいたのかと、考えさせられる。
現実と夢、差別。ただ、重たい映画ーというわけではなく、うーん・・・となる。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

ジャックブラックを見るために借りた。前作(?)のジュマンジに劣らぬ娯楽作品だった。 ジャックブラックが誘惑の仕方を教えるシーンがおもしろいね!

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

何気なく見たのに号泣。もう泣かせにかかってるとしか思えない。猫も可愛い。色んなことエピソードが詰め込んであるけど、ごちゃごちゃ感がなくて見やすい。途中から割とずっと泣いていた。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

レッツゴークレイジーから始まるオープニングでもうかっこいいな!と思いました。
よくよく考えると、えっ、もう死ぬ!?とか、えっ、ここでしんじゃう?!とか、えっ殺しちゃう?!とかあるけども‥テンポの良さと
>>続きを読む

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

3.0

腕がヴォギィ!ヴァギィ!と折れる。反対に曲がる!うぉぉぉいてぇぇぇーー!
老い、をしっかり描いていましたね。逆らえませんし。もっとなあなあにしてしまうのかと思った。でも、きちんと、自然だった。本当に大
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.0

日本のおとぎ話を外国の人主役にして撮りました!と言われても違和感がない感覚。
鶴の恩返しとか雪女とかあるから。所々、高畑勲さんの息がかかってるなーと感じる。幻覚の表現とか、竹林とか。あれっ、かぐや姫で
>>続きを読む

シェフとギャルソン、リストランテの夜(1996年製作の映画)

3.5

終盤の食事のシーンだけ見るだけでも多幸感がある。こんなにおいしそうなのになんで経営厳しいのかなあ?そして、最後のシーン‥!たまごとバゲッド、肩組む兄弟。いい映像だな。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

おじいちゃんも多かったけれど、それでもうぁーってなるのが不思議な映画。1が一番好きです。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.5

やっぱり強い奴が一杯いるといいな!グッとくるシーンも多し。よかったなあ。

ギャルソン!(1983年製作の映画)

4.0

ふと見たくなる映画。夢を持って生きることって大切。海辺の遊園地なんて、素敵だなあ!素敵だよ。おしゃれなだけじゃない映画だと思う。

バベットの晩餐会(1987年製作の映画)

4.0

忘れられない映画。三年前に見たのに、見たくなる。荒涼とした景色、あたたかい部屋、美味しい食べ物…

自虐の詩(2007年製作の映画)

3.0

中谷美紀が叫ぶ声が好きです。映画の中身は、とにかくもったいない。食べ物が!!!

ナビィの恋(1999年製作の映画)

3.5

前に見ました。ええんか?!と思うけど、いいんだろう。ちょっと切ないけども、きれいで素敵です。

ホテル・ハイビスカス(2002年製作の映画)

3.0

沖縄を旅した後にみた。いいなあ、不思議いっぱい、じゃりん子ミエコ、って感じ。お盆に見ると良い。夏休み映画!不思議もあるし、いい感じ。

ホドロフスキーの虹泥棒(1990年製作の映画)

3.0

綺麗な美術、珍妙なストーリー、犬、泥棒、犬、常に濡れている、人たち。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5

高校生の頃、大学生に憧れてわくわくして見て、イギーポップも、アンダーワールドもこの映画で知った。小説も読んで、悪いことしないようにしよ…と思ったりコンバースのハイカットかっこいいなと思ったり。 そんな>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.0

さめさめパニック!とにかく一人対鮫。 鳥さん、かわいい。

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.0

田舎の閉塞感、わかる。同じよな感覚で都会に出る人は多いだろうな。わたしもそうだった感覚を、思い出した。洋服かわいい!どんどん可愛くなっていく。生きるのって大変ね。故郷は、捨てたくないものだわ。

デリカテッセン(1991年製作の映画)

3.3

おしゃれ映画は22歳ころまでは見れてた…
というわたしでも、面白く見れた
音楽が素敵だった。そして、良いモチーフてんこ盛り。
ピエロ、ベッドのスプリング、ノコギリ、肉屋、いたずら好きな男の子二人、カエ
>>続きを読む

オール・イズ・ロスト 最後の手紙(2013年製作の映画)

3.0

ロバートレッドフォードが…!おじいさまが…!夜に見る映画。死ぬな。生きろ。

ムーン・ウォーカーズ(2015年製作の映画)

3.0

サイケデリック!を期待すると違う。
月面着陸が捏造だった?!というよく語られるけども、魅力的なテーマ。
オープニングのイエローサブマリンな感じは好みだったわ。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.0

三回見て、二回寝てしまった。三回目でようやくすべて見終えた。ふわふわ獣たちがいい感じ。え、あれCGなの?!すごい!

最高の花婿(2014年製作の映画)

3.5

ありがちストーリーかなー社会派おしゃれ映画かなあとおもったけど、引き込まれた!
移民が多いフランスだからこそ撮れた映画でしょう。花婿同士が結託していく様子も素敵だし、母と娘の絆や老夫婦の悲喜、花婿の父
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.0

ピンとこなかった…
原作未読、前情報なし。クリスチャンではない。すごいのを撮ったなあとは思った。クンドゥンを少し期待していた。が、窪塚いい味出してるなーとか、こんな川、日本の山奥にはないと思うなー岩の
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.5

ほわほわーでふわふわーなすずちゃんが、ぼーっとしている自分でいたかったけど、そうできない。現実に向かわなきゃいけなくて、 怒ったり笑ったり、悲しんだり。 戦争映画なんだけど、20代の若者はこんな感>>続きを読む

>|