ひかりさんの映画レビュー・感想・評価

ひかり

ひかり

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

2人の関係性がとても良い
違うところがある2人だからこそ、色々な状況を乗り越えられる

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.0

過去も未来によって常に変えられているという考え方が素敵

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

優しくて温かい映画
人との出会いや幸せについて考え直すことや新しい考え方を知ることができる

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.0

原作の本があるからこそ、音楽の表現が文章的なものと映像的な物があって面白かった

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.2

主人公のご両親の考え方や生き方がとても好きだった。
特にメアリーと初めて会った時のお母さんの関わり方が良い。
どんな時間も自分にとって愛しいものだったと思える人生を送りたいなと思う作品。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.0

3人とも優しくて不器用。
日常と共に、手紙やメールを通して、3人の関係性がゆっくり変わっていく様子が心地いい。
3人とも友情と恋愛に決めつけがないのが好きだった。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.7

134分の間に登場人物達のことを大好きになる映画。一人一人が魅力的でかっこいい。
メインストーリーのように強い力を持った人物がいないので、そのぶん苦しいけれど、望みを繋ぐ姿に感動する。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

忘れられるの悲しいなぁ…
メキシコに実際にある文化やから
みに行きたいと思った

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.3

ホテルマンに憧れがあるから、どのシーンもいいなあと思いながら観た。
キムタクって主役やな〜〜

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

2.9

手が届かないと思ってた人が身近になったとき、理想と少し違ってイライラしてしまうのリアルだな〜と思った
それを乗り越えて向き合えたのが愛だな…
綾瀬はるかがめちゃくちゃ可愛いです!

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

2.2

みたら絶対安室の女になる!との評判を聞いて見に行ってみたがそうはなれず…
コナンは漫画大好きだけど、映画の映画です感もそれもまた好きやな

アラジン(2019年製作の映画)

3.1

アラジンをざっくりしか知らない状態でみたので、単純に話として面白かった
ランプの魔人推しがすごいな…と思ったけど、あのエンターテイメント感を出せる人は限られてるんだろうなと思った

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.6

自己肯定感は人生においてとても重要な力だけど、うまく前向きな人になるか、ひどく自惚れた人になるか、使い方が難しい
ということを1人の女性を通して教えてくれる作品

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.1

かっこいい車!タイムスリップ!
近くに住む変人天才科学者!
SFでかっこいい機械が出てくる作品はなんでも憧れてしまいますね…
あの音楽が流れた瞬間の高揚する感覚と物語の流れがぴったり合っていて気持ちよ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

star warsの世界観にこういう考えを持ち込んでいいのかはわからないけれど、ルークもカイロレンもレイもみんな人間なんだなぁと思いました
誰の気持ちもわかるからこそ苦しい…そんな作品でした
レイアの
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これを見終わった直後の感想は、絶対カイロレン許すまじと思っていた。
ハンソロとチューバッカがミレニアムファルコンに再開したシーンはとても嬉しくて、また冒険が始まるんだとわくわくしたのに、それが終わって
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

5.0

star warsの新3部作の終わりを映画館で観れる時代に生まれて良かった
この日までにstar warsの面白さを教えてくれる人に出会えて良かった
映画館でstar warsをみるのは初めてだったの
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.0

多分そうなんやろなぁ〜と思いながら見てしまったので、もう少しびっくりしたかったなぁと思った
80年代の音楽とか服装がとても良かった

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

2.5

神木くんがめちゃくちゃ零くんだった
漫画の内容を凝縮しているので、漫画を読んでいないと魅力が伝わりにくいと思った

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

音楽がめっちゃいい!
生まれも育ちも違う2人が徐々にお互いのことを知り打ち解けて行く様子が良い。
お互いがお互いに少し憧れを持っているように感じた。
ドリスが芸術について世間話できるようになっていると
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

兄は大金に囲まれて死に、大金に興味のない弟は幸せを手に入れる。
でも兄は悪人ではないと思った。
兄は普通の人だっただけ。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

誰にでも思い当たる記憶があるような
だからこそちょっと胸が痛いけど
悪くない痛さだと思う
曲が流れるタイミングが良すぎる

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.2

かなり好き!
こんな風に生きたいというより、
こんな風に死ねるように生きたいと思う

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.4

前向きに生きていきたい!
きっといいことがある!
そう思える映画

>|