mamiiさんの映画レビュー・感想・評価

mamii

mamii

今年中に70本!女子大生。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

設定がシンプルでありながら発想は新しくて斬新。しかし、それ故に物足りないと感じる所も。ホラーとして期待しすぎない方がいい。

最初の男がクズすぎる!「それ」よりも恐るべきはこういう男か…そんな教訓
>>続きを読む

パレード(2010年製作の映画)

3.9

人間は見たいものを見る、都合の悪い事は見て見ぬ振り。例え一緒に住んでいても他人の事は分からない。

薄暗い世界観がまず良い!パレードという題名と矛盾する暗さ。そのギャップがまず良かった。

少し
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.5

どうしようもない切なさがこみ上げて言葉が出ない。

戦争の醜さ、愚かさ、物悲しさ…戦争を経験していない私にも、多くの事が心に訴えかけてきた。

敵対している両国とも考える事は同じ。失われた家族へ
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.9

冒頭の鮮やかな映像と不思議な音楽が見事にマッチしててが最高!何が始まるのかワクワク。

本題に入るまでが少し間延びして感じたけど、後半から怒涛の追い上げ。ヒッチコックは初見だけど面白かった!
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

2.0

小松菜奈の小悪魔っぷりを堪能!

狂気を期待したけど、何か途中から笑ってしまった。キャラクターは過激だけど、映像や演出での衝撃はうーん。

ぶっ飛んでるのはいいけど、全員の頭がおかしすぎてキャラ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.3

ミステリーを期待して鑑賞したため、色々衝撃がすごかった。人間の歪みの怖さ、に尽きる。

衝撃的な展開は確かに多いけど謎が多い!それもフランス映画っぽいと言えばそうだけど、あまりに主人公に感情移入も
>>続きを読む

SAINT LAURENT/サンローラン(2014年製作の映画)

4.0

若い女性達は美しければ幸せになれると思い込んでいる。

何気ない台詞だけど深い。これは彼の人生に通ずる。富も名声も両手に入れたのに幸せになれない、孤独な人生。

出てくる洋服達はどれもシンプルさ
>>続きを読む

バチカンで逢いましょう(2012年製作の映画)

2.6

ええ…おばあちゃん、ええ…!途中から衝撃的すぎてポカーンとしてしまった。

おばあちゃんの明るく元気で純粋無垢な所に癒された。ただのかわいいおばあちゃんではなかった笑

内容は急展開が多くハチャ
>>続きを読む

白い家の少女(1976年製作の映画)

3.6

まず、ジョディフォスターが若い!かわいい!若いながらも演技は達者で引き込まれる。

思考や発言は大人でも、精神的に大切な物が明らかに不足してる、大人のようで子どもなリンを上手く演じてたと思う。
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

その部屋は絶対開けてはいけない、アナベルの部屋は正にパンドラの箱。

宗教的な違いもあって悪魔に対する恐怖がなぁ。怖いんだけどもう少し恐怖感欲しいかなぁ。

まず人形が普通に怖い。音が大きくて気
>>続きを読む

パッション(2012年製作の映画)

3.6

ラストにかけての加速が良い!

前半少し退屈。急にどんどん話が進んできて…ラストは私好み!展開が読めてきても緊迫感が増すのがデ・パルマのミステリー。最後なんとも言えない感じが良かった。

レイチ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なるほど、これは笑えるホラー!

特に何が怖いでもないのに色々考えすぎた。ビクビクしながら見てたのがいい意味でアホらしい。

変わった展開はなく読めてしまうけど面白い!個人的に手術シーンがツボ。
>>続きを読む

殺しのドレス(1980年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ありそうなサスペンスだけど面白い!

手に汗握る殺人シーン!エレベーターや犯人が追いかけてくるシーンは撮り方が秀逸。緊迫感がすごい。

ラストの夢オチもありがちだけど、見事に騙され、楽しめました
>>続きを読む

ボディ・ダブル(1984年製作の映画)

3.4

いい意味で何だこれ!が1番の感想。主人公がなかなかのクセの強いこと。いい趣味してらっしゃいますね、と思わず苦笑い。

展開もめちゃくちゃだけど何だかクセになるし面白い。

ミッドナイトクロス(1981年製作の映画)

4.1

なるほど!そういう視点からの謎解きもあるのか!っておもわず感心。

ラストは切なくてただのサスペンスとは思えないほど、いろんな視点から楽しめた。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

兎にも角にもシャーリーズ・セロンがカッコいい!ボロボロになろうとあの強さとセクシーさ、流石です…

アクションはどれもカッコ良くて迫力満点。音楽も映画を盛り上げてる重要な要素。サントラ欲しいなぁ。
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.4

悪魔絡みの正統派ホラー。虫が出てくるのが私にとって何よりも恐怖だった笑

長すぎずコンパクトにまとまってて丁度いい!実話っていうのがまた恐怖心を煽る。あんな恐ろしい箱が各地を転々としているなんて。
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

セブン見てから思い返すと似てるな〜。緊張感、恐怖心も十分煽られるけど本家の方が好きかな。予想以上にグロかったので耐性ない人は少し厳しいかも。

妻夫木聡の演技が印象的。役の幅広い!犯人の残忍さ、サ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.4

緊張感が凄まじいサスペンス。片時も目が離せないし、内容も濃かった。

殺し方が残忍すぎてよく思いついたな〜、思わず感心。どれも恐怖心を刺激してくれるので飽きずに楽しめた!

見終わったらどっと疲
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

2.9

どんでん返しに期待しすぎて推理しながら鑑賞。

予想通りすぎて少しがっかり。もっとすごいオチを期待したけど楽しめた。

綺麗で垢抜けていて経験豊富より可愛くて素朴で純粋、それが鉄板なんですね、は
>>続きを読む

ゴシカ(2003年製作の映画)

3.2

どこかで見た感じがするサスペンス。節々でホラーっぽい描写もあってドキドキしながら鑑賞。でも、途中で展開が読めてしまった。割とありがち。

途中から精神疾患に興味が向いてしまった。何を持って精神疾患
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.6

圧倒的なオードリーの美しさ!三十代に見えない、若さと何気ない仕草の可愛らしさ。それがこの映画の1番の魅力だと思う。何着てもオシャレでお似合い。

期待しすぎてたのかストーリーは思ってたのと少し違っ
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.3

まず、シモンのお兄ちゃんが寛大!そしてカッコよすぎる笑
アスペルガーのシモンも大好きなお兄ちゃんの為に彼女探し。

鮮やかでポップな世界観。スウェーデンらしい家のデザインも可愛らしい!見ていて
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.1

小物や家具、世界観が全てかわいくてついつい見入ってしまう!映像も綺麗。

かわいらしい世界観に浸りたいときに見たい一作。何年か前に飛行機で見て結構経ってるからまた見たい!

サプライズ(2011年製作の映画)

2.4

有名だから期待して見たけど酷かった!逆に笑えた笑笑

まぁ結局怖いのは人間ってことかな。

パターソン(2016年製作の映画)

4.1

パターソンとローラの揺るぎない温かい家庭が愛おしすぎる。

決して裕福ではなく、地位や権力がある訳ではない。でも2人の関係は特別で、他に何が必要なわけではない。お互いが趣味に打ち込み、思いやりなが
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.8

口先で信じてるって言うのは簡単なのに、心から信じる事って難しい。大切な人程、好きな人程、疑ってしまう。

大切な人程信じられない、裏切られたら怖い。でも裏切られる事より、失う事の方が何にも代え難い
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

見事に騙された!最後の30分ぐらいは夢中で考えたけど、まさかの!

MRXが全く知らない人物だったのはガッカリ。一捻り欲しかったなぁ。

序盤少し間延びして感じたけど最後楽しめた。騙されないぞ、
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ホラーの中でここまでドキドキしたの初めてかもしれない!終始心臓バクバクした。緊迫した状況が続いて、こっちまで息を潜めてしまう。

元軍人のおじいちゃん強い!もうこれに尽きる。肉体的な衰えもないし、
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

全体の雰囲気はかわいいけど、理想と現実の厳しさが上手く表現されていた。

サマーの小悪魔っぷりには敵わない。コロッと結婚しちゃう辺りも策士というか、思いのままに生きてて素敵。現実はなかなかあんなに
>>続きを読む

世界の果ての通学路(2012年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

映画館で鑑賞。
映像が美しく、通学路に溢れる大自然の迫力が伝わってきた。子どもはみんな無邪気で前向き。それぞれが夢に向かって勉強する姿にパワーをもらった。

野生動物による危険や整備されてない道
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ホラーとかの怖さではなくサイコ。少しづつ感じる恐怖がたまらない。

宗教に縋る人間の醜さ、汚さを恐怖で上手く表現してる。見えない幽霊や悪魔より、結局怖いのは人間ってこと。間違いない。

じわじわ
>>続きを読む

サンドラの週末(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

復職のために同僚にボーナスを諦めてもらう、なかなかシビアな話でフランスらしい。

最初は弱気で諦めていたサンドラが同僚に会う度に少しづつ変わっていく。サンドラが鬱状態手前だったとしても変わらず、包
>>続きを読む

ルームメイト(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館で鑑賞。

ラストには衝撃を受けたが、いまいち腑に落ちない所もあった。予備知識なしで見るべき!

精神疾患は複雑だなあ。解離性同一障害ともなれば人格の統合など複雑そう。

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.1

悪が徹底的に描かれすぎて強烈なトラウマになった。それほど気迫あふれる演技だったのだけど、見てて痛い、気持ち悪いが止まらない。

映画の中で初めて生理的に無理って思った映画。復讐、エログロ、ハード
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.8

中学か高校生の時に鑑賞。

難しくて要所要所しか理解できなかったけど、戦争によっていがみ合う人々の虚しさがひしひしと伝わってきた。そんな環境の中でも情のような、絆のようなものは芽生える。それはあま
>>続きを読む

>|