NISHIさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

NISHI

NISHI

語彙力鍛えるためのレビュー.二十三歳.

映画(766)
ドラマ(100)

ピーチガール(2017年製作の映画)

2.8

チューで目覚めるとか、伊野尾ちゃんは眠れる森の美女だ。

そして、山本美月ちゃん好きだけど、制服姿がなかなか厳しかった。芽衣ちゃんと同い年には見えなかった。

新田真剣佑くん演じる東寺が男としてかっこ
>>続きを読む

ReLIFE(2017年製作の映画)

3.3


物語的には開始5分ぐらいでだいたい予想がつくような内容だったけど、面白かった。
卒業シーンは、ちょみっと泣けた。爽やかな涙でした。全体的に爽やかでよかった!青春だ。

千葉くんの制服姿は違和感なさす
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.5

勝手に開催した恋愛邦画週間で1番ヒットした。
三浦くんと白濱くん、どっちと一緒になっても幸せだわ〜。大人と子供の恋愛。
もう、どっちをとるのか、ウズウズして観てたし、三浦くんはズルすぎるほどのかっこよ
>>続きを読む

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)

3.3

外見と内面の美しさ。
人はどっちを取るのか。
究極な問題。
口では内面と言う人もいるけども、本当にそう言い切れるのか。コメディタッチに描かれているけど、すごく深い映画。
ハルとローズマリー両方の立場で
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「映画史上最も切ないハッピーエンドの物語」キャッチコピーより
-本当にその通り。切なすぎる。

ブラックアウトを起こしてしまうから、日記を書いていたエヴァン。その日記を読むと過去に戻れる。何度も過去に
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.3

映画が始まるまでこんなに興奮したのは初めてでした。
絵に命が吹き込まれるとはこのこと。
ゴッホの絵が動く。静止画でしか観たことのなかった、タンギーじいさんやジョゼフが動いてることに感動。
絵画好きには
>>続きを読む

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

3.4

エホバの証人。
何かを強く信じる人の心。神とは。
信仰って難しい。

過去と現在が交錯し、キューバ行きの飛行機で全てが繋がる。いつもこんがらがってしまう時間軸が、とてもわかりやすかったし、観やすかった
>>続きを読む

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

4.2

初ドキュメンタリー映画を映画館で鑑賞。
ドラン監督の作品で初めて観たのが、『MOMMY』でした。映画にハマりだしたばかりの私には、観たこともない作品で、とても衝撃的なものだった。
「映画を撮らないと死
>>続きを読む

センターステージ(2000年製作の映画)

3.5

元気になれる作品。
やっぱり、ダンス映画は良い。
ストーリーはよくある感じでティーンが好きそうなれるイメージ。

ドラマの『ワンス・アポン・ア・タイム』でピノキオだった、アイオンベイリーが出てた。TH
>>続きを読む

ワン・ナイト/10イヤーズ(2011年製作の映画)

3.0

チャニング・テイタムが出演してるから鑑賞。他の映画やドラマでよく見るキャストが結構出てて、楽しかった。
でも、Cullyがクリス・プラットだと気づかなかったし、気付いた時の衝撃が。
テイタムの本当の奥
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

3.6

トイレを使わせない。
これが人種差別。
実際にこんな扱いを受けていたのかと思うとやるせない。
でも、こんな時代があったっていうことを知ってよかった。
ただ、心が苦しくなるだけじゃなくて、パワーをもらえ
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.4

「幸せなときは、言葉が自然に溢れる」
-小説として書いて、ルビーという理想の女性を創造したカルヴィン。しかし、本当の幸せは、小説に書いても、創られないものと痛感した時の言葉。すごく、重い言葉で心に残っ
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

こんなにも、なんでもない日常が描かれた映画は初めて観ました。
なんでもない日常…中身のない会話。そんなどうでもいいような2人の会話に惹きつけられるとは思わなかった。漫才を見てるようにクスッと笑ったり、
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.3

偶然にも、エグジー役のタロン・エガートンの28歳の誕生日に鑑賞という奇跡。
そしてすっごいすごい面白かった!
アメリカとイギリスの良さが存分に詰め込まれた映画。とにかく、センスが良い!
英国紳士×アメ
>>続きを読む

シンデレラ・ストーリー2:ドリームダンサー(2008年製作の映画)

3.4

入った瞬間、スー先生出てきて、一瞬gleeかと思った。gleeと同じく、意地悪い。

友達と、元気をもらおうと観た作品。やっぱり、ディズニーチャンネルはハッピーになれる。子供向けだけど、いつも暗めな作
>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

3.0

タイトル通り。
2人のウォーがヤバい。女って怖い。男性が見たら、たぶん、結婚したくないし、女っていう生き物にも引きそう。
から、いっしょに見るなら女友達と。
ただ、アン・ハサウェイ可愛いし、ケイト・ハ
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

3.0

虫まみれが強烈。
ショート・ラウンドが可愛い。ちっちゃいチェンの孫みたい。

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.9

「摩擦がなところに火は起きない」
この言葉がすごく好き!
お互い性格も見た目も趣味も全く違う、凸凹コンビだからこそ、2人は良い!!
これは、夜に前作から続けて観たいわ〜!何度も観れるおばかコメディー。
>>続きを読む

ウェルカム・ドールハウス(1995年製作の映画)

3.8

ドーン観てたら、こっちの気持ちもドーンって下がる。
ラストの表情がとっても虚しい。
結局、中学生でもデビューはできない。
中学だけじゃなく、これからの人生へも諦めと怠惰を感じたよ。最後のシーンのドーン
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.9


周りは卒業後働いたりと、学生の次のステップへ進んで行くけど、自分はただ学生という姿を脱いだだけ。
学校を卒業しても、自分自身が変わるかといえば、なんら変わらない。昨日まで学校に通ってた自分と同じ。
>>続きを読む

ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム(2013年製作の映画)

4.2

これは、すごい。ヤラレタ。
伏線とかあったにもかかわらず、こんな展開予想してませんでした。最後まで見破れなかった作品は、お初かもしれない。
『チャットルーム』も同じような題材だけれど、それよりも、スタ
>>続きを読む

サージェント・ペッパー ぼくの友だち(2004年製作の映画)

3.8

自分をトラだと思ってる男の子。
フィリックス君、可愛すぎる。
そしてトラの着ぐるみにインテリア、精神科的な病院のところのホッキョクグマの剥製とかも好き。
『かいじゅうたちのいるところ』と同じくらいほっ
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.1

2人の時間が重なった20歳の数日間。なんか、それだけ素敵。
backnumberの曲が良き。
ただ、頭の悪い私には、彼の今日が彼女の昨日で…っていう時間が変わるたびに、理解するのに頭パニック。笑
原作
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.7

フランシス・ハ。
そんな、ラストが好きだった。

フランシスの友達に対する愛が重い感じとか自分に似てて、なんか胸が苦しかった。
ある意味、自分を客観視できる作品。

リザとキツネと恋する死者たち(2014年製作の映画)

3.6

THEシュール。
トミー谷…。気になる存在だ笑
昭和感漂う劇中歌がクセになる。

案外、幸せって近くにある。
だからこそ気づかない。

ばしゃ馬さんとビッグマウス(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「夢を叶えるのが難しいってわかってたけど、夢を諦めるのってこんなにも難しいの?」-みち代
ハッとさせられた言葉。
私に、こんな言葉言えるない。
本当に努力したものこそ言える言葉。
私は、夢を諦めた。
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.5

ただただかっこいいに溢れてた。
村山推しなので、ちょいちょい良いところで、出てきて、最高。これで、山田裕貴くんのファンが増えるんだろうな…。かっこいいし、演技うまいし。鬼邪高3人の仲良しさが出てて、ほ
>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.7

チャニング・テイタム目当て作品。

高校時代、イケてないタイプのオタク系チョイぽちゃシュミットと勉強興味なしイケてる人気者ジェンコが警察学校で仲良くなって、バディに。高校に潜入捜査することになると、2
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.7

イケメンなフック船長と、ピーターパンが敵になる前の話。いつも観るディズニーのピーターパンなどのストーリーのプロローグ的な映画でした。

ピーターパンの物語がそんなに好きってわけではないけど、ピーターパ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

大学の講義でイギリスを学んでる際に、知ったパディントン駅。その駅内や、イギリスの街並みを観れて、テンション上がった。イギリスを堪能。

吹き替えで鑑賞。松坂桃李くんのゆるい感じが、パディントンとあって
>>続きを読む

アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生(2014年製作の映画)

4.5

ここまで、奇抜でハイセンスじゃなくても、ちょっとオシャレをして歩いてるおじいさんやおばあさんを撮って、おじいさん・おばあさんのためのファッション雑誌を作りたいって思ってたけど、やっぱり、やろうって思え>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.8

ナチスから迫害を受けていたユダヤ人が、奪われた名画を取り戻す話で、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I」がアメリカに展示されている背景が描かれている。

美術館に行き、絵画を見ることが好きだけど、そ
>>続きを読む

繕い裁つ人(2015年製作の映画)

3.5

繕い裁つ姿がとても綺麗。
オートクチュールっていいな。
自分もそっちの道に進みたかった人間だったから、とても憧れるし、尊敬して観てた。その人の人生と共に過ごす洋服を作る人。素敵なお仕事。

最近、すご
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.7

あるきっかけから老いなくなった女性のラブストーリー。
人から逃げ、愛からも逃げ、身を隠し、点々と過ごす、アデライン。大好きな人や良くしてくれる人、そして自分に嘘をつきながら生きる人生って、辛いし、切な
>>続きを読む