ゆーさく

ゆーさく

レジェンド/光と闇の伝説(1985年製作の映画)

3.1

「俺は日光を浴びると死ぬ」という主旨のポエムを延々と周囲に語りながら、自分の弱点をさらしてまわる魔王を、トム・クルーズが日光で倒すファンタジー映画。


あまり評価が高くないという話を聞いたけど、聖な
>>続きを読む

フル・モンティ(1997年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます。

「俺たちはすっぽんぽんになる!」

工場閉鎖で失業したおっさん6人が、金を稼ぐためにストリップショーを企画する話。
イギリス特有のよく分からないノリのギャグとシニカルなジョーク満載のハートウォーミング
>>続きを読む

戦場でワルツを(2008年製作の映画)

3.2

1982年のレバノン侵攻に従軍した監督自身の体験を、同僚へのインタビューを交えてアニメで表現したドキュメンタリー映画。


映画全編が、陰影の濃い人形劇のような、ハードボイルド版鷹の爪団みたいなペタッ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

貧困と劣悪な家庭環境の中で生きるゲイの少年の成長物語。

登場人物は何人かいるけど、まあ大体良い黒人、悪い黒人、ヤク中の3種類。

うつ病の追体験が出来そうなくらい陰鬱な雰囲気が終始続く。
楽しむため
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

犯罪絡みの逃がし屋ドライバーが、隣人の奥さんに恋したことでマフィアの金を巡る事件に巻き込まれる話。


車での逃走と言えば、パトカーにガンガン追われながら、周りの一般車はね飛ばしながら、場合によっては
>>続きを読む

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

3.6

軽い気分で観ていられるハートウォーミングな良い映画。

ドラッグクイーンのためのブーツを作ろう!
すき間産業に活路を見出だす、破綻寸前の紳士靴工場再生物語!


オープニングから名作の予感が漂っている
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

くせ者揃いの一家を女手ひとつで切り盛りするジョイ。
小さい頃から発明家としての才能に溢れていた彼女がある日思い付いたのは、手を使わずに搾れるモップのアイデア。

そのアイデアがもたらす波乱と苦難、その
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

I'm lovin'it!これは面白い!


マクドナルドのシステムの生みの親マクドナルド兄弟と、そのシステムに一目惚れし、フランチャイズ化を申し出るビジネスマン、レイ・クロックの成功と確執の実話。
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます。

嵐の中道に迷ったらしい美女二人組を親切心で自宅に雨宿りさせてあげたキアヌ・リーブスが、なぜか彼女達から理不尽な虐待を受け続ける映画。


特に非の無い人間が謎の理屈のもとヒドイ目に遭わされる100分間
>>続きを読む

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます。

なんか、えらい癖強い映画だった。


アイルランド人劇作家マーティン・マクドナーが脚本と監督を担当。


ブラックジョークで会話を進めながらモラル無視のストーリー展開。
演劇でも映画でもそのスタイルは
>>続きを読む

ヒア アフター(2010年製作の映画)

4.5

津波に巻き込まれ死後の世界を垣間見た女性レポーター、マリー。
亡くなった双子の兄に会いたいと願う少年マーカス。
霊能力を隠しながら肉体労働者としてひっそり生きるジョージ。


「死」にまつわる3つのス
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

変な髪型のディカプリオによる精神病追体験ムービー。


冒頭から飛ばしまくりのディカプリオ。
顔面筋肉フル稼働の力一杯の演技が暑苦しい。
でも俺は、これが観たくてディカプリオの映画観てる❗


ていう
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます。

往年の音楽グループ「フォーシーズンズ」の伝記的なミュージカル映画。
ブロードウェイの有名なミュージカル作品をクリント・イーストウッドが映画化。


イーストウッドがミュージカルって全然イメージ湧かない
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.3

せっかくトム・クルーズが持ち前のキレキレアクションを見せてるのに、肝心の敵ミイラが深夜から明け方にかけて活動しがちなせいで、画面が暗くて何が起こってるか分からねぇ❗


夜勤の人ばっか襲いやがって…
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.1

ヒロインが思ってたより淫乱!
ギャルゲーみたいなテンポで距離を縮めてくるヒロインの桜良。嫌いじゃない。


病気で余命いくばくもない美少女と、地味で冴えない男の子のラブストーリー、というこすられ過ぎた
>>続きを読む

クローサー(2004年製作の映画)

3.8

「売春婦として君を買い、報償として"自由"をやろう」

なんて演劇的なセリフ。リアルでは絶対言わないような言葉だろうけど、物語の中ならこんなに際立つ。


この映画はピューリッツァー賞受賞の戯曲(演劇
>>続きを読む

百瀬、こっちを向いて。(2013年製作の映画)

3.5

青春時代の自意識過剰な感じ。そのイタさ。
ヒロインからビシビシ感じました。

たかが高校時代の恋愛バナシ、それ以上でも以下でも無いくせに、彼らにとってはそれが全世界であり、大問題。


こんなクソくだ
>>続きを読む

天国から来たチャンピオン(1978年製作の映画)

3.7

なんか納得いかないフワッフワな設定を、ロマンチックなセリフとレトロ感溢れる映像でごまかしきった名作映画。


天国の案内人のミスで本来の寿命より50年も早く天国に送られてしまったアメフト選手のジョー。
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.3

湿っぽいシーンもなく終始ゴキゲンな映画。


吹替で観たけど、新キャラの吹替なかなか良い!
生瀬さんのドルー、松ケンのバルタザール、上手。


普通の声優より個性出せてて、キャラに違和感も無くて。
>>続きを読む

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.5

夢を追う、という言葉の美しさにほだされた挙げ句に見た悪夢を描いた映画。


何が悪夢って嫁さんの存在ね!


決して完璧な夫婦じゃない、むしろお互いの欠点が目についてしまい罵り合いの日々を送るディカプ
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

エンドロール始まってすぐに、「あぁ、良い映画観たわ❗」ってなること請け合い。

スピルバーグほど人を楽しませる技術に長けた監督はいないな!


両親の離婚にショックを受けて家出した挙げ句、16歳で詐欺
>>続きを読む

イースタン・プロミス(2007年製作の映画)

4.0

あらゆる意味で男全開の映画。


この映画には、むせ返るほどの男気が詰まっている❗

この映画の代名詞、サウナで黒服に襲われるすっぽんぽん剃刀ファイトは映画史に残る迫力!!



いやいやていうか、ヴ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

130分という限られた時間の中で、ジャックとサラザールの過去の因縁とその復讐劇を描きながらポセイドンの槍探しという冒険をベースにして、主役の男女の恋を発展させつつ、バルボッサの過去のドラマも交えながら>>続きを読む

ミクロの決死圏(1966年製作の映画)

3.4

描きたいことだけ描いて、済んだらさっさとエンドロールに突入。
要らぬ余韻もセンチメンタルも完全に排除したスマートな映画。


アメリカに極秘技術を提供するため亡命してきた東側の科学者が、襲撃を受け昏睡
>>続きを読む

恋のロンドン狂騒曲(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

とんでもない不安の中に登場人物たちを置き去りにしてのエンドロール。


ウディ・アレンはいつもこんな風に、観客の胸をざわざわさせたままエンドロールへ放り込んでしまう。

いつも通りの皮肉な語り口には、
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

120億円掛けてチョケてしまった器のデカイ映画。


やさぐれたジョック。都落ちしたクインビー。自閉症のギーク、などなど
スクールカーストの代表格に一捻り加えた登場人物による前半は学園ものとして結構面
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.8

詐欺師で神経症で潔癖症の主人公をニコラス・ケイジが演じるという、始まる前からうるさい設定のドラマ。


重厚な作品だけじゃないリドリー・スコットの良さが全開。

小さい作品でも手は抜かない、むしろ遊び
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

持論ですけど、ファンタジーほどリアリティが必要なジャンルって無いと思う。

ファンタジーって、物語は絶対的に嘘になるわけですから、他の部分が真実に見えないと、途端にただの嘘話になっちゃう。


登場人
>>続きを読む

ウォーターワールド(1995年製作の映画)

3.4

以前は結構テレビでやってたのに、いまやユニバでしか観たこと無い人が7割の海洋アドベンチャー。
ていうか海洋マッドマックス。


マッドマックスは水が貴重品だが、こっちには腐るほどあるので、逆に土が貴重
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.5

「シンデレラ」が観たいと思ってるなら、これを観て文句を言う人は多分いないと思う。
傑作が観たいっていうのなら、ちょい物足りないけれど。


シックな物語にエンタメを混ぜる手堅い作り。

旧作のアニメー
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

この映画はミステリーだが、トリックや真実に、大して重点を置いてない。
謎解きなんて二の次。
ていうか謎そのものはしょうもない。

この映画の愉しみは、物語を通して変化していくミカエルとリスベットの関係
>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます。

とにもかくにも、俺が思うにトム・クルーズのベストはこの作品❗❗

選手を契約で縛り、馬車馬のように働かせ、使い捨てるだけの心無い仕事に嫌気が差したスポーツエージェントのジェリー。

そんな彼が、選手と
>>続きを読む

マスク・オブ・ゾロ(1998年製作の映画)

4.0

男は好きだろうな、この映画。


アンソニー・ホプキンスが民衆の英雄初代ゾロを、アントニオ・バンデラスが兄の仇討ちに燃える盗賊で後の2代目ゾロとなるアレハンドロを演じる。


ロン毛のアンソニー・ホプ
>>続きを読む

>|