開明獣さんの映画レビュー・感想・評価

開明獣

開明獣

ケイト(2021年製作の映画)

4.4

日本が舞台の洋画の良作は結構ある。「ブラック・レイン」、「キルビル」、「ロスト・イン・トランスレーション」、「沈黙」、「パシフィック・リム」、「007は二度死ぬ」などなど、かなり多彩である。

残念な
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

2.0

ツッコミどころ満載の、先が見えまくりの展開にがっかりした。中盤、若干、盛り上がるもの、その後尻すぼみで、よくあるどこかで見たような形で終了。

アメリカで酷評なのは後で知ったが、さもあらん。シャラマン
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.0

コメディとして、SFとして、アクションとして、ごく普通に楽しめる

わざわざ劇場に足を運ぶほどじゃなかったかな

ストーリーに深みや驚きを期待するようなものでないので、仲間と楽しく観るのがいいんじゃか
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.5

安定の面白さ。でも、前作を越えたかというと・・・互角ぐらいだろうか

鈴木亮平という役者の凄さが堪能出来る快作。変態仮面から、大河の主役、そして超極悪ヤクザまで、松坂桃李と並ぶ千両役者がヴィランでいた
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

5.0

鑑賞前は、歌よみちびいて、だった。

どんなにDXが進もうとも、人間社会で最後にものをいうのはアナログで、その最たるものが、今回のモチーフである、"うた"

その"うた"に導かれて、いつしか誰もが希望
>>続きを読む

キネマの神様(2021年製作の映画)

1.0

原作は原田マハ氏の代表作の一つと言っていいほどの名作。本作とは、原作とは全く違うストーリーで、原作と謳ってよいのか、甚だ疑問。むしろ、同名の小説を穢してしまっている

役者陣の演技はどれも素晴らしい。
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.4




お詫びとご挨拶

コロナの感染が急拡大する中、みなさま如何お過ごしでしょうか?大事ないといいのですが・・・みなさんが、お元気でいらっしゃることを切に願う次第です。

いいねもコメントもせず、思い
>>続きを読む

西部戦線1953(2015年製作の映画)

4.5

ソル・ギョングは、何をやらせてもうまい

「スイング・キッズ」が出てきた背景には、こういう反戦ものを作る気風があったからなのだろつと思う

同一民族が、南北に分かれて殺し合うのは、日本で言えば、東日本
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

4.5

決してパーフェクトのハッピーエンディングにはしない

だからこそのピクサー

違ったもの同士が出会えば軋轢は必ず産まれるのに、極端に違うものたちでも、共生は可能なのか?

御伽噺の中で理想が訴えられる
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

2.7

クリス・プラットにJ.K.シモンズという高配役。劇場版に勝るとも劣らぬハイクオリティな画像。これは誰だって期待するよね?

しかしながら、ストーリーと演出は凡庸。劇場で観てたら確実に1点台コース

>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

5.0

文句なし!!

ファーフトガンダムと邂逅したのは、15歳の時だった。それまで熱血一本やりの絵空事ばかりだったロボットアニメの世界を一変させてしまったガンダムは、私のようなこじらせ系キャラの人間に刺さっ
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

1.0

お金出して観る価値はない。出演した役者全員の黒歴史になりそう

おバカ映画大好きだけに、こういうひねりもなにない、独りよがりなつまらない駄作は酷評する傾向にあり

制作がフジテレビとクレジット見て納得
>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

4.8

緻密な構成から効果を説き解くように描く喜多川歌麿。目に写るものよりも心に映るものに忠実な東洲斎写楽。そして、絵を描くことだけが人生であった葛飾北斎。3人が交わる場面は、まるでJAZZのインタープレイの>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.0

かなり期待してただけに、しょんみりな感じだったかなー

もう少し斜め下52度くらいの角度からの攻めがあっても良かったんじゃないの??

折角のこのキャストと、キャラ設定なんだから・・・勿体ないと思った

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.7

テンポの良い痛快無双系アクション。頭空っぽにして観るには丁度良い尺で、悪党もそれらしく憎たらしく強くてとてもよろしい(上から目線)

それにしても、この作品の成功要因の主な部分は、オデンカークのあの渋
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.8

これは最後まで目が離せない傑作

サー・アンソニーの名演の加えて脇を固める役者さんたちも、まったくひけをとらない好演ばかり。芝居に厚みがあるので、中弛みしない。

入れ子細工のような巧みな脚本・演出に
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.1

強面オヤジ、ヴィンス・ヴォーンのキモカワな魅力が炸裂のアクションコメディホラーは、「ハッピーデスデイ」のクリストファー・乱丼の最新作。

織田信成大活躍のHDDの2作目が、面白かったのに、主役が女子大
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

4.1

寝たフリの新作ゾンビ映画が、もう観られるなんて、贅沢な時代になったものだ!!

B級ゾンビ映画の傑作までとはいかずとも、中々の良作。尺はちと長いし、ストーリー展開に目新しいところはないけれど、安定の面
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

5.0

紙の本が好き。どんなに便利でも電子書籍には目もくれない。

正確には数えてないが、蔵書は1万冊弱くらいありそうだ。実家の元自分の部屋が足の踏み場もなくなり、倉庫代わりのロフトが悲鳴をあげ、別借りの倉庫
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

5.0

祝、アカデミー賞三冠!!

自己を探究する旅
人との交流を意識する旅
孤独であることを好みながらも人との触れ合いも捨て去れない

なんの罪もない普通の人が、偶然がもたらす不運によって、社会的弱者となる
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

1.0

Netflixにも駄作はあるのだな、と。パーフェクトなフレームワークなどないのだから、当たり前なことを認識しつつ、大抵は標準のクオリティラインを超えてくるのに、何故今回はそれが機能しなかったのかが不思>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

1.0

庵野、力尽きる

やるだけのことはやったという、安堵と達成感の涙が頬を伝わっているようだ。その後、暫くして後悔の念が出てくるのではないか?

辛口に言えば、マスターベーション的な表現が散見され、最終的
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

5.0

この作品の主人公が間違ってるのではない。私達が間違っているのだ。人が人として生きられぬような社会に何の意味があろうか?

誰かが誰かをいつもディスっているような、荒んだ世の中にも、秋桜のような人達はい
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

5.0

土手沿いの昏き夜道にヘッドセットをして、お気に入りの曲を流して彷徨えば、そこには誰にも入れない世界が聳え立つ

誰もこれから先のことは知らず、また生まれ落ちた時には、どうなるかも知らず、我々は与えられ
>>続きを読む

シルヴィ 恋のメロディ(2020年製作の映画)

5.0

ポール・マッカトーニーの大ヒット曲の一つに、「心のラブソング」というのがある。サー・ポーが、あなたは陳腐なラブソングばかり歌っているという批判に対して歌ったカウンターソングだ。世の中馬鹿げたラブソング>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

4.6

くおーん、ぎゅるるるるるー、ぎきいいい、きしゃささささー、ききっ、ごおおおおん😼

がちゃり、ばたむ。ふー、久方のブレーキターンをオノマトペにて堪能してきました。あ、おぴっこ少し成人用パンパースから横
>>続きを読む

アクエリアス(2016年製作の映画)

2.9

我が尊敬するフィルマーズのお一人、いのさんが絶賛されておられたので。Netflixでは12日の今日までということでしたので、駆け込みぎりぎり間に合いました。いのさん、いつもお世話になっております。この>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.0

ラッカはシリア北部にある、のどかな地方都市であったという。そのラッカをISが侵略、イスラム国の首都とした。2017年に奪還されるまで、ラッカでは無差別の虐殺が行われてきた。この映画の原題、"City >>続きを読む

ファンダンゴ(1985年製作の映画)

5.0

サー・エルトンの、"Saturday nights’ alright for fighting”がけたたましく鳴り響く中、ビール片手にグラスを決めてバカ騒ぎをするアメリカの学生たち。マリファナこそやら>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.9

旧NERV本部跡

碇シンジ: 自己中なエロ少年
綾波レイ: ふわふわしたエロ少女

碇「あ、綾波!!無事だっんだね!!良かった、良かったよ、君を助けられて」
綾「ふぁっくゆー、でふ」
碇「え?い、今
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.8

ここはたぶんNERV本部作戦司令室

碇ゲンドウ: 色眼鏡をかけたエロオヤジ
赤木リツコ: 顔にエロボクロがあるエロおねえたま

赤「碇司令、人類補完計画とはなんなんでふか?教えてくださいたま!!」
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

4.7

ここはNERV本部司令室

いつもの如く、むさいオヤジ2人が会話している。

碇ゲンドウ: 色眼鏡かけたエロオヤジ
冬月コウゾウ: 存在感薄いエロオヤジ

冬「碇、ゼーレの人類補完計画の進捗はどうなん
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

4.6

尊敬するフォロワー様のお一人、takさんから教えられて。

本作の評価が高いのは、デニーロとパチーノの競演だからということは、勿論あるのだろうが、それだけではない“何か"を持った作品。

「ジョジョの
>>続きを読む

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

5.0

30数年前、まだJRが国鉄だった頃、山手線の某駅を降りて大学へ向かっていく通りには、沢山の古本屋があった。金のない貧乏学生だったから、授業の合間に時間を見つけては熱心に掘り出し物がないか物色したものだ>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

5.0

詠春拳の師父、葉問として数々の敵を粉砕してきた我らがドニー・イェン殿が、今回はあの懐かしのお茶目キャラのリバイバルで魅せてくれる!!

黄金期のジャッキー・チェンの作品群を見ているようなテンポの良さと
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2020年製作の映画)

5.0

あれから35年。トム・クルーズ自らが続編の権利を買い取り封印していたエリートパイロットの活躍を描いたあの作品が甦る。

2020年6月の公開が、Covid-19の猛威により2021年夏に延期になってし
>>続きを読む

>|