NYoLoさんの映画レビュー・感想・評価

NYoLo

NYoLo

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.6

何の前情報も入れずに鑑賞したので、かなり楽しめました!

いつも思うけど、先が読めないのがサスペンスの醍醐味なので、ちょっと無理矢理な展開は付き物。ツッコミどころがあるのはサスペンスのデフォルトと思っ
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.8

2回目の夏休み、本日の映画梯子デーは娘と。

今まで娘とは何作も映画館で鑑賞していますが、本作が彼女と観た中ではthe best of the best!ほんと、どれだけ語っても語り尽くせないほど、示
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.2

2回目の夏休みの映画梯子デーは娘と。

本日初日のこちらに、ほぼ何の情報も無しで前日の晩観ることを決めた私は、勇んでチケットをネット購入したんですが、何を血迷ったか最前列の席を購入してしまい、劇場で娘
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.8

オリンピック開幕、ということで久々の鑑賞です。何十年ぶりとかだから覚えているのは鉄雄の暴走シーンのみ。

相変わらず不穏なストーリーで、なんだか落ち込むのは変わらないし、あの頃同様、やっぱり本筋はわか
>>続きを読む

アイ・フランケンシュタイン(2014年製作の映画)

3.0

旦那による恒例の「好きそうなやつ録っといたで」

今回はこちら、アイ フランケンシュタイン。ということで鑑賞スタートです!


コンスタンティンとかレギオンとか、天使と悪魔の戦い系のダークファンタジー
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.1

大満足のアクションコメディ!

「元夫です」「アメリカンスタイル?」
笑ったわ〜。

上手くいかないようで上手くいくようで上手くいかないようで上手くいく。5人のキャラもそれぞれ立ってて愛着が湧きました
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後までツッコミどころしかなくて、いかに脚本が大事かということを思い知らされました。

過去に助けを求めるなら、奴らがどこから現れたかを知らせて先に手を打つことをお願いするよね?しかもサッカー
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

4.1

気づいてしまった。私、フローレンス・ピューの泣き顔に弱いみたい。(すぐもらってしまう)


一家全員◯◯、という家系ってありますよね。成長過程でひとつの仕事を見続けていたら、当たり前にそれが自分の目指
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

3.7

Lokiをビンジしよう。できるなら我が家で一番大きなモニターで!ということで、いよいよAmazonファイアTVスティック導入です。

我が家史上最高の視聴環境!早く買っときゃ良かった。なんならワンダヴ
>>続きを読む

スーパーヒーローへの道(2020年製作の映画)

3.5

配信始まってすぐに観て、これはレビュー書かなきゃと思ったらまだフィルマに上がってなくて、暫くしたらタイトル忘れて、視聴記録見て検索したら既に106人がご覧になっていて、さ、レビューレビュー♪と思ったら>>続きを読む

恐怖のセンセイ(2019年製作の映画)

3.8

ジェシー・アイゼンバーグだからこそ醸し出せる雰囲気なんじゃないかしら。なんとも言えない居心地の悪さ、身の置き場のない感じがぴったり合っていた。

自分に自信を持つために、誰かの承認が欲しくなる。その気
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

5.0

MARVEL STUDIOSのロゴが出た瞬間から泣いていた。爆速で感情溢れて自分でも笑っちゃう。


どれだけ待たせるのよ、ってくらい待たされた本作。前のめりになって観ました!もちろん大満足です。冒頭
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.6

一昨年、旦那の祖父が103歳で亡くなりました。出会った時にはすでに充分後期高齢者だったけれど、それはそれは気力体力共に若いおじいちゃんだったんですよね。でもやはり、100歳が近づくにつれ、いろんなこと>>続きを読む

ブラックバード 家族が家族であるうちに(2019年製作の映画)

3.8

どの年齢で見るかによって、受け取ることが変わるかもしれない。

私は大いに反省したんです。

私もこんな風に自分のことばかり考えて生きてないかしらって(母親リリーの振る舞いがそう見えたんですよね)。最
>>続きを読む

シンプルな情熱(2020年製作の映画)

3.8

Instinct


リアルな感情とそこからもたらされる行動を見た。


共感や批判を誘う映画ではないと思う。
そして、母親だろう?という批判だけは受け入れない。

恋や独占欲に限らず、
男女を問わず
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.3

昨年9月から私に英語を教えてくれていたAyamiは香港育ちの英語ネイティブ。いつもとてもバランスの良いレッスンをしてくれて、またぐっと力をつけたような気になっていた矢先、望んでいた仕事を得ることができ>>続きを読む

7年間(2016年製作の映画)

3.6

現在サブスクで観られるパコ・レオンを制覇すべく3連チャン。スペインの映画は短めで、週末にまとめていろいろ観たい私にはうってつけです。

本作も、1つ前に観たTOC TOC同様、ワンシチュエーション会話
>>続きを読む

OCD 〜メンタル・クリニックは大騒ぎ〜(2017年製作の映画)

3.8

強迫性障害に悩む男女6人が織りなすスペインの会話劇。パコ・レオン不足を解消すべく、連続鑑賞中です💨

1年以上待って、やっと名医の診察を受けられることになった6名ですが、なぜか予約が全員同じ時間。シス
>>続きを読む

ダンシング・トライブ(2018年製作の映画)

3.4

メキシコのドラマ、ハウス オブ フラワーズではデ・ラ・モーラ家の長女パウリーナの夫にして敏腕弁護士ホセ・マリア(トランスジェンダーなので、後の‥‥というか、かなり始めの方でマリア・ホセとなる)パコ・レ>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

3.5

Did I thank you?

No

I will‥

アントニオ・バンデラスとサルマ・ハエックのラテンカップルが麗しいけれど、それよりもそう、マブダチ ブシェミ〜〜〜♡
オープニングの独壇場だ
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.5

行き過ぎた信仰は心の闇を深くし、他人に押し付ければ憎しみを増長させる。

だから宗教って胡散臭い。

こうであらねばならない、という圧力が強すぎたら、そりゃぁ心に巣食う煩悩に必要以上に罪悪感を感じさせ
>>続きを読む

英雄は嘘がお好き(2018年製作の映画)

3.9

こんなに楽しめるとは思わなかった、ってくらい面白かった✨フランスのコメディも良いですね!

冒頭の、姉エリザベット(メラニー・ロラン)による手紙の代筆がメインなのかと思いきや、その後のヌヴィル大佐(ジ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

タランティーノが苦手なのは知っているけど、イッヌがガブガブするシーンがあるから観てほしい、と、上映時から娘に言われていたのでいよいよ鑑賞です。

およ、タランティーノの割には苦手じゃない。多分、嬉々と
>>続きを読む

ハウス・オブ・フラワーズ:ザ・ムービー(2021年製作の映画)

3.5

ドラマ一気見から随分経つので、ビルヒニア達の過去のストーリーが吹っ飛んでしまっていて、ちょっと???ってなったけれど、デ・ラ・モーラ家の面々に再び出会えてとても嬉しい♡ドラマ版のオープニングがすごくお>>続きを読む

オクトパス(2000年製作の映画)

2.5

はよ撃たんかい!←何度思ったか。


octopus in NYという名のoctopu2を観たので、それなら1作目もみてみよう、ということで。
エイリアンやターミネーターは2の方が少し上回るか?という
>>続きを読む

オクトパス IN N.Y.(2001年製作の映画)

2.3

マンイーター🐊に続き
オクトパスin NY🐙

なぜ人間を襲うの?
ヤツの縄張りに侵入したからだ‥‥

同じ理由かい!聞き飽きたわ。


今回、蛸は割と初めから姿を現してくれますが、どうしても作り物感
>>続きを読む

マンイーター(2007年製作の映画)

3.0

今夜は休肝日につきお酒無しで鑑賞しましたが、これはほろ酔いで観るべき映画だった。でもそこそこきちんと作られていた🐊

しかしワニの全貌が明らかになるまでが長い!魚影ならぬワニ影と音楽だけで盛り上げよう
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

-

やっと大阪も平日なら映画館行ける、ということで娘と滑り込み鑑賞も、仕事終わってからの上映だったからか半ばで睡魔に敗北を喫してしまった‥‥

面白い映画なのはもちろん分かったけれど、心から堪能できたわけ
>>続きを読む

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1960年製作の映画)

3.2

リック・モラニス版が有名ですが、先にこのオリジナルを鑑賞することに。

クセが強すぎる面々が集まるスラム街(skid rowって言ってるので、危険地帯なのかな?)の花屋を舞台に、人喰い植物オードリーJ
>>続きを読む

レイトナイト 私の素敵なボス(2019年製作の映画)

3.7

たまたま、仕事の関係で「心理的安全性」について勉強しているところに、まさにぴったりの映画を発見。プラダを着た悪魔よりもボス側の振る舞いにより焦点を当てた、とても分かりやすい、これぞ“心理的安全性のない>>続きを読む

サマー・インフェルノ(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

スタキボトリスだったのか‥‥(黒カビの一種だって←調べた)


いつもと違うテイストの短い映画が見たいな、と、フォローさせていただいてる方のレビューから鑑賞に至りました。

展開上、特に仲が良い訳では
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.4

Wednesday nightですが、フィーバーはしているかも‥‥と、本作初鑑賞。

のっけのステインアライヴからしてアガりますね⤴︎⤴︎⤴︎よそのお店にペンキ買いに行った帰り道のBGMとは思えんくら
>>続きを読む

ダンス・オブ・41(2020年製作の映画)

3.6

約120年前にメキシコで実際に起きた事件の映画化とのこと。知らずに鑑賞しました。

資産家の家系で政治家でもあるイグナシオは、ゲイであることを隠し、打算的に大統領の娘と結婚しますが、エヴァ(♂)と出会
>>続きを読む

僕らの先にある道(2018年製作の映画)

3.9

旧正月前夜に故郷に帰る途中で出会った2人の、毎年のこの1日を中心に描いた、恋と別れのど直球ラブストーリー。

‥‥だと思ってたんだが。

久しぶりに、ラブストーリーしかないラブストーリーを観ているなぁ
>>続きを読む

ホワイト・ボイス(2018年製作の映画)

3.8

いろいろあって、ただ今休業中のアーミー・ハマーですが、彼を追っていたとき気になってクリップしていたこちら。全くどんなストーリーか知らなかったので、途中から「ええぇぇぇ〜???」ってなりました。

でも
>>続きを読む

狂っちゃいないぜ(1999年製作の映画)

3.4

管制官って今でもこうやって仕事しているのでしょうか。モニターだけを見て、高度角度速度を指示する。1日に何万人の命を預かっている訳ですよね。そりゃ神経すり減ります。

どんなに空が混み合っていても瞬時に
>>続きを読む

>|