りりさんの映画レビュー・感想・評価

りり

りり

映画(93)
ドラマ(0)
アニメ(0)

マッド・ハウス(2019年製作の映画)

2.7

その辺にありそうな現実的な話で怖かったです。ミッドサマーの現代版みたいな話でした。
痛々しいシーンや人間を恐れてしまうシーンも勿論多かったですが、なんと言っても後味の悪い終わり方で、最悪でした。
私自
>>続きを読む

歯まん(2015年製作の映画)

2.3

どうしようもない切なさが込み上げてくる不思議なお話でした。
物語の出だしが衝撃的なシーンから開始するので、男を殺していく映画かと思いました。。
最終的には切ない終わり方をするのですが、登場人物全員が頭
>>続きを読む

V/H/S シンドローム(2013年製作の映画)

2.5

現実ではありえなさそうな映像から、実在するような映像まで、オムニバス形式でサクサク見れるので、ちょっと怖い気持ちになりたい方におすすめです。
個人的に医者の話と、不審者の話が実在しそうで怖かったです。
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

4.1

面白すぎて何度も鑑賞しました。6名それぞれの人間ドラマと、迫る狂気が、感動と怖さの2重楽しむことが出来ました。色々人間ドラマはありますが、なんといっても優香の色気がやばい!なんだかんだ一番印象に残って>>続きを読む

キャンディマン(2021年製作の映画)

3.3

キャンディマンのオリジナル版は鑑賞してない為、本作品のみの感想です。
噂が伝染するだけや、切り引き裂かれるシーンだけ、ではなく、物語の構成もちゃんとしていて面白かったと思います。
コインランドリーの店
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.0

私がサイコパス映画を見始めて初期のときは、衝撃的な内容でしたが、最近見たら、初期ような衝撃はなく、慣れてる人が見ればそこまでのグロさはないと思います。
しかし1番怖いのは、この作品にはモデルにした事件
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

2.3

この作品は恐ろしい怪物が出てくるイメージがあったのですが、怖い作品ではありませんでした。
どちらかというと、戦争の恐ろしさを描いた作品でした。
また大人版不思議の国のアリスとよく呼ばれていますが、妖精
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.2

率直な感想は切なかったです。
最初は主人公の男が気持ち悪く、何してんだよ、という感情でしたが、最後は泣いてしまいました。
またストーカーしている主人公よりDV夫の方が気持ち悪く、DV+性行為が絡んでく
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.3

この作品は実際にあった実の父親による監禁事件をモデルにして作られた作品です。
ガールインザベースメントも同じ事件をモデルにしていますが、この映画は脱出後の苦悩を描かれていて、別視点で鑑賞することが出来
>>続きを読む

女子高生に殺されたい(2022年製作の映画)

3.0

殺されることに興奮する系の話です。
原作は漫画らしいのですが、未読で鑑賞しました。
自分が殺されたり、痛めつけられることで興奮するオートアサシノフィリアは実際に存在する性癖の1つではございますが、物語
>>続きを読む

グッド・ネイバー(2016年製作の映画)

4.7

B級ホラー映画を気軽に見る気持ちでいたら、大号泣な結末に鳥肌が立ちました。
所々入る、裁判シーンや女性のシーンが最初は全く意味が分からなく、話が追いつけませんでした。
しかし、最後のシーンで全ての謎が
>>続きを読む

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

4.4

元欅坂ファンとして、映画館で5回、円盤でも数回鑑賞しました。何回見ても彼女たちの苦しみが伝わってきて号泣しました。
欅坂のメンバー良く分からないけど、平手友梨奈なら知ってるよ、という方は多いと思います
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.3

面白いけど、長かった。。が率直な感想です。
殺人エピソードは、基本的にPOPに話されているので、不穏な空気は全くありません。
しかし、ジャックが行っていることはとにかくひどい。。一番印象に残っているの
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

 腹違いの妹と暮らすという、非常に重い設定ではありますが、終始和やかにゆっくりと物語は進んでいきます。
また、撮影地が鎌倉ということで、見ていて心が落ち着く作品でした。
4人それぞれ、葛藤があり、描か
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.5

ちゃんと面白い作品でした。しかし、キャッチコピーの3つの約束は全く関係ありません。
どんでん返し映画ですが、最後まで分からず、そういうこと!?と驚くことが出来たので良かったです。
個人的に、定点カメラ
>>続きを読む

オーディション(2000年製作の映画)

3.1

 何回見ても、意味わからないしグロイ映画です。また女性のキリキリキリーがずっと頭に残ってしまう映画です。
サイコ女性に感じたのが、男性に対する扱い方が上手だなと感心しました。謎めいた清楚女性というのが
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

2.4

 人生で初めて見たゾンビ映画のため、個人的にすごく印象に残っています。
オリジナルのゾンビは見たことないので、この作品に関する事だけの感想となっています。
ゾンビ映画は、頭に残るため苦手でなかなか見る
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.6

登場人物全員狂っている胸糞映画でした。
またほぼ死ぬので、見る人は選ぶと思います。
グロ描写は多めですが、作り物感があるため、そこまでグロくは感じないです。
しかし、学生同士で殺しあっているところや、
>>続きを読む

クライモリ/間違ったターン(2003年製作の映画)

1.3

 私が苦手系ドキドキ映画でした。また長い時間逃げて追いかけられてが続くので心臓がもちません。
マウンテンの設定としては、近親相姦で産まれた奇形児ですが、ただの怪物じゃない所がリアルのようなリアルじゃな
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

5.0

 大好きな映画です。物語もキャストも最高です。
この映画を見るとおなかが空くし、女って大変だよなー、とつくづく感じます。
しかし、美味しいご飯を食べれば、なんとかなるんじゃないかと、勇気も出ます。
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.3

 結構評価が高い作品ではございますが、個人的にはそこまで好きではなかったです。
ハラハラ感やドキドキ感も特になく、グロさもまあまあでした。
伏線が沢山ある作品ですので、1回目は素直に見て、2回目は公式
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

4.2

 直接的な驚かし表現は少ないのに、すごく怖い映画だな、と感じました。
『家』という身近過ぎるホラー映画のため、余計に怖く感じましたが、所々に挿入されているホラー描写もナチュラルに怖いです。
また、物語
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.1

率直な感想は、すごく面白かったです。
15歳の少年たちの子供ならではの青春感やドキドキ感が丁度よく飽きが来ませんでした。
犯人はぜったいあいつだ、と分かっていても、本当は違う?と終始分からない感じもゾ
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

4.3

衝撃的なサイコパス映画でした。
サイコパスとして牙をむくのは、物語後半からですが、最初から不穏な空気が漂っていて、結構ドキドキしました。
また、しっかり2時間以上映画の時間はありますが、雑な表現はなく
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.0

綺麗な色彩と真っ赤な血のGAPで美しいホラー映画と評判を聞き、鑑賞してみました。
確かに、ビビットカラーとスタイルの良い俳優人たちで美しい映画でした。
物語としては、特に意味を感じられなく、嫉妬という
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

4.3

セカオワ深瀬が初めて主演を務めたということですが、どっからどう見てもサイコパスで、とてもぴったりでした!
物語の内容も面白く、グロさも程よく、最後まで飽きずに鑑賞することが出来ました。
深瀬が殺人犯に
>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

2.2

 私の中での初代悪魔がエクソシストです。
小さい頃に、母親が一番怖い映画にエクソシストを上げており、小さい時と最近の何回か鑑賞をしました。
率直な感想は、母親が怖い、ということで期待をもって見てしまっ
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.2

現代に実際にありえる問題を皮肉った作品。SNSの使用方法や報道ミスとして、この映画まで大きい問題になったものはそれほど存在しないとは思いますが、小さいものは沢山ありえるし、注意喚起のようにも感じました>>続きを読む

ガール・イン・ザ・ベースメント(2021年製作の映画)

3.7

見ていて胸糞でしかなかったです。しかも映画としての内容ならまだしも実際の事件をほぼまんまに描かれています。
映画を見た後に、実際の事件を調べてみると、それ以上に残酷な内容でした。
ここからは映画として
>>続きを読む

レンタネコ(2011年製作の映画)

2.4

タイトル通りに猫をレンタルしているのですが、もう少し泣ける系かと思いきや、意外にもあっさりと人間ドラマが描かれていて、軽い気持ちで見れる映画でした。
猫を借りる人たちは良い人たちばかりですが、最後の人
>>続きを読む

ムカデ人間3(2014年製作の映画)

2.5

3作品目ともなるとやりたい放題でした(笑)
今まで何回も見たことがありますが、1,2,3を連続して見てみると、やっと俳優陣の豪華さに気づくことが出来ました。
いままで、なんか見た顔だなー程度だったので
>>続きを読む

はるヲうるひと(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

いつも佐藤二郎さんは面白役が多いのに、この映画ではサイコパスぽい性格で、余計に怖い存在に感じました。
またこの映画の監督・脚本・原作全て佐藤二郎さんで、この人の内に秘めてるものは何なんだろう、と考えて
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

2.0

これから鑑賞する方へ
映画→原作の順に読むことをおススメします。
原作を知っていると、素直に楽しめませんでした。
 
以下、原作の内容を含み、読んだからこその感想です。
 
 原作を読んですぐに映画を
>>続きを読む

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

4.0

ムカデ人間シリーズで1番グロくて最悪な作品ですが、私は1番ムカデ人間2が好きです(笑)
サブスクにあるのはモノクロなので、モノクロでの鑑賞をしましたが、それでも伝わってくるグロさ。。
グロ映画は沢山見
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

物語自体は、ホラー映画を沢山見ている人なら、なんとなく結末はわかってしまうような展開で、ドキドキ感はそれほどなかったです。
伏線も分かりやすくあったので。。。しかし、結末を読めたとしても、飽きませんで
>>続きを読む

着信アリ2(2005年製作の映画)

1.0

着信アリシリーズをこの時点で全て見ているのですが、1番つまらなかったです。
台湾までとスケールを広げた割には、話が混在しすぎて分かりづらい。2回見ましたがあまり良く分からなかったです。
また、実は死ん
>>続きを読む

>|