EMMAさんの映画レビュー・感想・評価

EMMA

EMMA

洋画が好きな大学生です。
サントラを聴いて余韻に浸る時間が好き…
最近は、明るい気持ちになれる映画を好んでみることが多い気がします。

映画(139)
ドラマ(0)

スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!(2012年製作の映画)

2.8

インド映画!
歌って踊って、突然な展開が飽きさせない。テンポが抜群。
友情っていいなぁ!

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.1

愛おしい映画。
ガスの真っ直ぐに相手と接する姿に、みんなが変わっていったと思う。
「広くはないけど、深く愛された。それって最高だろ。…生きていれば傷つくこともあるけど、その相手は選べる。自分の選択には
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.9

出会うべくして出会った二人。
それぞれの人生において、必要な出会いで大切な出会いで…
後半、二人のお互いを思い合う気持ちが、行動から表情から、、伝わってくるのが、温かいのに切なくてたまらない。
二人の
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.3

ゆったりした雰囲気が素敵だった。
行きつけのお店を作って、
美味しいタルトが食べたい。。
人は自分をうつす鏡で、多くの人と出会って成長していく。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.8

幸せだった日々に突然狂わされた、一つの歯車。そこから、全てが崩れていく。
その日から、それぞれが苦悩しながら生き続けていた。
本当の正義とは。悪とは。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.3

死者の国のカラフルで美しい色合いの町並みに目が奪われた。
リメンバーミーは最初、デラクルスによって恋人をおもう曲のように歌われていたが、この曲に込められた本当の意味を知ったとき、切なくて温かくてたまら
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.3

『人生は食べてみなければわからない。チョコレートの箱と同じ』
真っ直ぐに生きるフォレストに、人々は心動かされ、前を向いて生きていく。
人生において大切なことを、忘れずに貫くことって難しい。
チョコレー
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

ああー!私にも”一”がいるから辛い。
キュンキュンしてしまった場面を、何回も脳内に召喚してしまうし、拗らせてるなぁと改めて痛感させられた。結局は、執着してるだけなのかも。
恋してキラキラして、落ち込ん
>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

2.7

仲良しの二人は、子供の頃みた結婚式に憧れて同じ夢を抱いていた。大人になり、二人は同じ時期にプロポーズされ、結婚式は憧れていた場所で挙げることに。しかし、問題が発生し…お互いに邪魔し合う闘いが始まる。>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

すごい!!
豪華絢爛。爽快で豪快で凄まじい。
2の方が話に観応えがあった。
バーフバリ!!

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

2.6

お洒落でゴージャスで、美しい。
アン・ハサウェイとリアーナが綺麗だった。話はトントン進んで、ハラハラする場面がないのが物足りないかも。
綺麗になりたいと思わせてくれる映画。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

プー達が可愛らしくて、愛おしくてギューと抱きしめたくなる。
最初、クリストファーロビンの気持ちになると、プーにイライラしてしまうし、観てられないと思った。人と同じじゃなきゃいけないとか、他人の目を気に
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.0

ダッシュが可愛いらしかった!
私もすごい力が欲しい(笑)

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

2.3

原作に忠実なのは良かった。実写のイメージが付きすぎて、ついてけなかったとこが。。全体の雰囲気はやっぱり実写が好き。もう少し、桜良の最後の手紙のシーンを丁寧に描いて欲しかったなあ。

銀魂(2017年製作の映画)

2.3

くだらなさがおもしろくてたまらない。
アニメ観てみたいと思った。

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

2.8

ハラハラした!
最後、子供たちと打ち解けた様子にほっこり。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

大胆な演技で周囲を翻弄する詐欺の手段は、人々のどこかにある自信の無さに可憐に漬け込まれて騙される。
フランクにとって大事なことは何か、ちゃんと見てくれているカールは素敵。
実話なのが信じられない。
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.3

昔から大好きな映画。はるちゃんの可愛いらしさと、バロンのかっこよさが良き。むたさんも好き。

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.3

真っすぐに恋してて、人を好きになるって素敵だと思わせてくれる映画。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.2

映像と音楽が美しい。
自然を味わいながら美しい街並みで暮らす生活が羨ましくなった。
結ばれない運命の中、抑えきれない感情と、真っすぐに愛を求める姿は痛々しくもあり、美しくもある。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

おもしろすぎる!
始まりは、なんじゃこれ?だったのに、後半はぐいぐい引き込まれて笑うしかない…!!
登場人物の個性がここまでおもしろく表現できることに感動した。
話題になる理由に納得したし、私も周りに
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

2.8

成功すると、もともとの仲間を蔑ろにして、自分は上を上を目指そうとする。
ふと気がつくと、大切だった仲間はいつの間にか離れていて、一人孤独で。。


スケールの大きな大学生活が描かれており、自らの原動力
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.5

試写会にて。1作目より好き!!
クスっと笑えて、みんな笑顔だから元気が出る。どこか旅をしたいし、素敵な恋がしたい。サントラ買います。

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.0

試写会にて。
久しぶりに観たポケモンだったけれど、やっぱりいいなと。
イーブンとピカチュウが可愛らしくて、ゼラオラが切ない。

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

4.7

成功して、ホントに大切なものが見えなくなる。成功を求めすぎて、大切な人達が離れていく。
 時間が過ぎていくと、今までの環境のままではいられず、苦しんでしまうけど、自分にとって大切なものに気づくことが出
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.5

切ない…
自分達とは違うものを否定する人々。
目に見えるものだけで判断されて、本当に大切なものや、本当に必要としていたものが見落とされてしまった。
最後に手紙が届き、彼らは何を思ったのか。
マルコの探
>>続きを読む

ミルク・マネー(1994年製作の映画)

3.9

フランクがとってもキュート。
裸の女の人が見たいと、都会に冒険に行く子供達。まっすぐな姿が可愛らしい。
最後のvのセリフが好き。

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

2.6

今までのゾンビものとは違い、ゾンビ目線が描かれてるのが新鮮で、クスッと笑える。

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.5

試写会にて。
家族にも一人一人歴史があって、それが全部つながって自分がいる。

ひいおじいちゃんがかっこよかった。
ファンタジーありの不思議な世界観。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.3

家族を突然失った悲しみとやるせない気持ちが、溢れる程伝わってきた。
一人で抱え込むオスカーが、心配でたまらなかったけど、ちゃんと見守ってくれていたお母さんに涙が止まらなかった。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

おともだちパンチをしたり、ご縁を大切にしたり、黒髪の乙女が可愛らしい。
私もハチャメチャな大学生活を送りたいし、とっても京都に行きたくなった。

ある公爵夫人の生涯(2008年製作の映画)

3.2

衣装が素敵。
自分の置かれた環境と葛藤しながら、本物の愛を求めるジョージアナの姿が切なくて苦しい。
「イギリス中で彼女を愛していないのは、公爵だけだ」というセリフが切ない。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

”現在って不満なものなんだ。それが人生だから。”
過去への憧れってあるけれど、その時代に行けたら、きっとまた違う場所に憧れる。
幻想では、素敵なものだけを考えられるから、とても理想通りの場所に思えるけ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

それぞれの側の立場が描かれていて、誰も憎めない。
家族と友達が温かくて、優しくて。
みんな何かと闘ってて、自分だけが苦しいんじゃないから、支え合っていく。
オギーの魅力にみんなが笑顔で、まさに太陽だっ
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

3.5

穏やかな気持ちになる。
子ども達が可愛らしい。
社会背景として戦争が描かれているが、重すぎず軽やかに表現されていて、みやすかった。

>|