KATSUさんの映画レビュー・感想・評価

KATSU

KATSU

旅人KA-TSUです。旅と同じくらい映画が好きです。

映画(434)
ドラマ(0)

イコライザー(2014年製作の映画)

3.6

強い!
ボディも、メンタルも!
勧善懲悪は観てて安心感がある。

けれど、彼の背景、経歴などが謎すぎ。もう少し描写して欲しかったかな。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

青春時代にいつも聴いていたクィーンのまさかの映画化!しかも素晴らしい演技、演出、脚本であっという間だった。
ラストのライブはまるで本物のクィーンを観ているようだった!

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.5

久しぶりに観たが、以前のように怖く感じないのは、今どきのホラーが強烈だからだろうか…
出演者が皆若くて、楽しく観れました。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.9

火星に取り残されるという事で、暗い映画かと思いきや、前向きに努力する姿が、時にユーモアも交えながら、ポジティブに描かれていて、とても楽しめた。

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015年製作の映画)

4.0

ドキュメンタリーで描くヨーロッパ社会とアメリカ社会の対比。労働と休暇、教育、食、医療、法律、男女平等…ヨーロッパ各国の事例は、大変学ぶところが多い。

アメリカや日本が「競争」社会であり、点数等で優劣
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.0

これまで何度も挑戦しては、途中で離脱して、ようやく最後まで観た。
ipadのようなタブレットや、AI等今だからこそ、先見性の凄さを感じる事が出来た。

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011年製作の映画)

3.7

基本はパロディーだけど、意外としっかりしたスパイ映画だった。

アンダルシア 女神の報復(2011年製作の映画)

3.9

前作のアマルフィに比べると、ヨーロッパの景色を楽しむ感覚が減ったが、ストーリー展開は少し良くなっていた。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

もっとハッピーエンドな映画と思ってましたが、一部のキャストには辛いストーリーで、少し残念でした。

アマルフィ 女神の報酬(2009年製作の映画)

3.9

大好きなイタリアの景色を観るために見ました。
タイトルはアマルフィですが、舞台はほぼローマ。アマルフィは添え物程度で、その点は少々がっかりでしたが、作品自体は意外と面白かった。
サラブライトマン本人の
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.5

出逢い、恋愛、結婚、死…人生とは、まさにドラマだと感じさせられる、少し切なさもあるけど、とても素敵なストーリーだった。

愛を貫いた二人の姿に感銘を受けました!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

前作だけでは惜しいと思っていたイルザの再登場が嬉しいが、ブラントが居ないのは残念。なぜいないのか説明くらい欲しかった。

それにしても、トム・クルーズの体を張ったアクションは凄い、凄すぎる!俳優魂を感
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

どういう展開になるのか最後まで分からなかったが、最終的に様々なものが伏線だった事が分かり、手の込んだ脚本だった。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

痛ましい事件を描いた作品だけに、リアルな描写も含め、辛い部分もあるが、それらを乗り越える「愛」をテーマに据え、映画として、しっかり作り込んでいた。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

「アメリカをはめた男」という副題と内容が合っていない。
むしろ「アメリカにはめられた男」という感じだった。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

豪華な俳優陣だけど、キングスマンらしいスタイリッシュさが減ったのは、設定上仕方ないかな。

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.9

久々にジャッキーチェンらしい、懐かしい感じの作品。脚本とか、細かい事は考えずに観ると面白い。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

何のために殺しているのか…

彼らのルールとは何なのか?

色々と引っかかる。

クライマックスの戦闘シーンは、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」のようだった。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.8

前半は誰にも感情移入出来なかったが、後半の展開は意外で、上手くまとまっていた。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

子役の存在感、演技に圧倒された。

現実の彼も、貧しい子どもの学校に通う一人と聞いて、納得と驚きを受けた。

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.6

主人公二人の男の友情、仲間との友情が、前作以上に描かれていて、良かった。

恋とニュースのつくり方(2010年製作の映画)

3.8

スピーディーな展開で、明るく楽しめる作品。

低視聴率番組のプロデューサーの大変さが伝わる。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

明るく素直なルーが、閉ざしたウィルの心を溶かしていく…
素敵な映画だった。

>|