SK-1さんの映画レビュー・感想・評価

SK-1

SK-1

音楽サラリーマン。
ディスクレビュー日記執筆中。
http://discreviewdiaries.blogspot.jp

映画(174)
ドラマ(0)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.9

油断してました。。中盤からのジェットコースター的展開がオロロな、事実を基にした映画。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

面白す!黒人好きな白人たちの話

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

司法の空虚さを突いた意欲作なんですが、突いてこれる人少ないと思うよ〜、でオチなによ?に流される〜。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ぐいぐい進行するも、そんなに上手くいかない系

劇場版 ユンカース・カム・ヒア(1995年製作の映画)

3.4

木根尚登版シックスセンスと誉れ高き隠れ名作、、というより魔女の宅急便抜粋て感じでした。

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.7

どんでん返しの映画として観たため、途中でオチ読めてしまった、、と思ったら昔見たことありました。。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

伝説と二本立てで鑑賞、お腹いっぱい過ぎてちょっと胃もたれ感ある、、。

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.5

序盤の繰り返しに思わず早送りしてしまった。早送りしなきゃ良かった。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.9

みんなおもしろい。教育版リトルミスサンシャイン。瑞々しいカメラワーク。

恋は五・七・五!(2004年製作の映画)

3.5

プレバト俳句にハマってる父親セレクトで再鑑賞。で、なんと若かりし頃の夏井先生が出演・監修という隔世リンクあり。監督はかもめ食堂の方。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

いまのアメリカ人が観たい世界ってこれなのかな。だとするとステレオタイプ的過ぎて残念。割り切って観ると楽しい。

極道版 ローマの休日w
https://youtu.be/f7ovlczeeT0

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

竹原ピストルがジンワリ良い味出してます。透明な余韻。

怒り(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

温度ある映像美、それに呼応する役者の生々しさ。最後まで引っ張られてってのそうなんだオチ。怒って漢字、ちょっと思い出すのに時間かかるので、自分だったら衝動的に書けないかな。意味ないか。

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

3.7


家族って不思議。完全に我がごとに置き換えて観ちゃいました。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

生まれながらにして脳の構造が違うから。社会的少数派の存在を、しんしんと描いた作品かな。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

甘渋ミュージカルの真骨頂。余韻が一味違います。

男はつらいよ(1969年製作の映画)

4.2

寅さんの滅茶苦茶さが、みんなの幸せきっかけ作るパターン。何度みても喜怒哀楽。