チャーハンさんの映画レビュー・感想・評価

チャーハン

チャーハン

映画(518)
ドラマ(6)

バッド・アス(2012年製作の映画)

3.7

ぼくの中のダニートレホといえば、無口で笑わず暴れる人というイメージの役が多い気がしてた中、笑ったり、冗談を言い歯を念入りに磨く、そんな姿が見られて新鮮な映画でした。役さえ変わればすこぶるダンディにも見>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

4.3

ジョニーデップかっこいいな〜、サングラス似合ってたな〜。スーツ姿もキマッてたな〜。いい映画なんだろうと思って見に行ったけど結局は好きな映画でした。なにより章の分かれ目というか幕間に昔の映画の懐かしさを>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.3

ホラーってよりグロだった。怖さよりもグロだった。でも、グロってほどエグくなかった。グロが強めだったけど丁度いい緊張感だった。学生はもちろん呆気なく倒れていくけど、脅かす側もまたあっさりやられていく。非>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.6

ちっちゃい頃になんかの映画で見たような覚えのあるようなないようなお顔立ちの方が多かった気がうっすらとした。僕にとってホームレスも公共図書館も馴染みのないものでわからない世界だったけど、実話じゃないとは>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

3.7

パッケージ見ておしゃんでいい雰囲気そうだから見ました。エマ役の人可愛いなーと思ってエンドロール見てたら、ナタリーポートマンでした。見る前によく確認しておくべきでした。確認したからと言って何が変わるとか>>続きを読む

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

3.0

B級映画として見るのならなかなかに面白い映画だった気がします。モンスターとのトラブルっていうより人間とのトラブル多い。モンスターがいるかいないかの問題で現実味があった。現実味だったからこそSF味が少な>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.2

美男美女が喋ってるだけで映画になる。他にもきっと感じることあるはずなんでしょうけど。そこに目をとられてしまった。歳を重ねるごとに自分の中の自分やら、ルールやら、考えに縛られてなかなか素直になれない。と>>続きを読む

ウォッチメン(2009年製作の映画)

3.7

なんだかんだで3度目の視聴だった気がします。計9時間弱。長いな〜と思う反面見るのを止められない自分がいます。いろんな意味ででぃーぷな映画です。分かりやすくヒーローっぽい登場人物は1人もいない、そんなヒ>>続きを読む

残酷で異常(2014年製作の映画)

3.4

ホラーと聞いておりましたが、全然ホラーではなくて。サスペンスってほどサスペンスしてないような。タイムリープといえばSFだが、なんだかタイムリープとも違う気がする。何ジャンルなんですかね。難しく考えよう>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.9

この映画の感想を言えるほどの語彙力は一生持ち合わせないんだろうと思った次第です。兎にも角にも美しい映画だった気が致します。キャストしかり、映像しかり。もちろん内容も。さらに尋常じゃない程感情移入してし>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.0

常に、ずっと置いてかれてました。私にもっと知識があればと。映画の知識であれ、現代社会の知識であれ。きっと分かる人にはわかる類の映画なんでしょう。よくわからなかったあのシーンとか、皮肉っぽいトークとか、>>続きを読む

ルーザーズ(2010年製作の映画)

2.8

自分的にはキャストがヒーロー的な豪華さだったけど面白くはなかった!!Twitterでたまに流れてくるクリスエヴァンスの指鉄砲がこの作品なんだってわかってテンションが上がった。そこの部分は好き。とても。>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.0

ぼくはかしこくないのでひにちがいったりきたりするのについていけずこんらんするな〜と思っていたけど案外はなしがすすむと気にならなくなるもんでそれがまたひき込まれる感があった。なんだかもう一度見たくなるよ>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

3.9

前作よりも面白いタイプの続編だったと感じています。前作は大部分でトントン拍子で船長の作戦が成功していたのでハイペースで物語が進んでわかりやすく爽快感多めの話だった気がしていたけど、今作は挫折系の出来事>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.9

アクション映画!!すっごいアクション映画!!DCの映画だからスーパーパワー系の描写もいっぱい出てくるのかな〜と思ったけどそんなことなく、多くは単純に飛んだり蹴ったりでした。女性が男と戦うもんだからよく>>続きを読む

スター・トレック(2009年製作の映画)

3.7

純粋にSF映画としてすごい面白かった。映像も綺麗だし、服とか小道具もカッコいい。ドラマだったりもっと前に映画があるらしいけど見てないから、詳しい時代背景が分かるわけじゃないけどいい感じにスタイリッシュ>>続きを読む

ドクター・ドリトル(1998年製作の映画)

3.5

今回初めて字幕で見た。吹き替えだと面白さが引き立つけど、字幕だとかっこよさが出てくるんですね。あの笑顔は何回見ても好き。おっさん声でもラッキーの愛嬌も素晴らしいし、この映画だと虎すら可愛い。総じて動物>>続きを読む

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)

3.6

アダムサンドラーの名前だけで借りてみた話だったけど割と好きな映画だった。見た目は変わっても中身は主人公だからこそギャップがなんか面白かった。物語とは全く関係ないが、あんな貫禄ある見た目の父になりたいと>>続きを読む

恋人まで1%(2014年製作の映画)

3.8

やっぱりザックエフロンに陽キャをやらせたら確実に面白いですね。ジョークもよくまああんなにポンポン出しちゃって。そりゃモテるわな。本音を言い合える友達っていうのは何者にも変え難い。お陰で気づけることもあ>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

2.0

話数を重ねるごとに尻すぼみで面白さがなくなった。主人公もヒロインも迷惑をかけるタイプで一々文句を言ってしまった。反省です。2から時間をあけてしまったのもあるが展開についていけなくて汗、というような感じ>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.2

序盤中盤は正直流し見してしまった所もありました。ただ内容よりもアクション。アクション見るのはすごい良かった。なにも悩まずただ楽しめる系だった。銃効かないのに刃物は効く辺りにロマンを感じた。って言ってた>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

2.8

ホラーって感じあまりしなかったから緊張しなかった。だからこそ見れたのはある。結局パーティタイムの印象が強すぎてそこしか覚えてない感。って言ってた

デューデート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜(2010年製作の映画)

4.0

ハングオーバーほど下品じゃなかったから最初からアクセル全開で笑えたわけじゃないけども、見れば見るほどハマっていったし、笑いも増えた。一回置いてった辺りからドンドン面白さが増えてった。
どーしてコメディ
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.8

ドイツの映画は初めて見たけど身近にない問題やら雰囲気やら新鮮で面白かった。ファミリー映画はたまらん。って言ってた

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.4

以前としてシーザーはイケメンだった。性格が変わってしまう出来事があったものの結局はイケメンだった。ノバちゃんは可愛いかったし。そんなとこに目がいかない程ずっと暗い雰囲気が続く内容だったけど、やっぱり家>>続きを読む

>|