froghogponksさんの映画レビュー・感想・評価

froghogponks

froghogponks

ある画家の数奇な運命(2018年製作の映画)

3.5

真実はすべて美しいがどういった範疇で言われてるのか謎なので迷宮入り。

はちどり(2018年製作の映画)

3.2

塾の先生から物が届いたあとに流れるハチプロで作ったような軽妙な音楽がとても気になった。あと好きな人を学期で分ける感じがよかった。

博士と狂人(2018年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ今の話。むしろ今があるから作られた感。コンビニ弁当のように消費されている多様性とゆう言葉の枠と上澄みだけ掬って悪ならボコボコに叩いてもいいSNSの遠景。

スポンティニアス(2020年製作の映画)

3.0

いつ何が起こるか分からないからしたいように生きようとゆう格言はわからなくは無いけど、序盤でディランがそれを悟ったところから一歩も動かない感じはどうなんだろ。何でもいいから爆発を解決してほしかった。

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.0

序盤、自分の話をしてたら義父に仕事の話を切られた所でこの家族は無いとわかる。で氷食っちゃう。

最後のフードコートのシーン、何かの映画で、仲良くなり始めた先輩に呼んでもらったけど若干年上なので話につい
>>続きを読む

滑走路(2020年製作の映画)

3.5

なんでやられる側が劣等感を持たなきゃならないんだろう。いじめる側が劣等するような仕組みも思いつけないし、旭川のもそうだけど犯罪化しないとずっと地獄よ。

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ(2020年製作の映画)

3.6

制作者が息子にホセと名付けたと言っていて、いくら尊敬の念だとしても細い人のあだ名やからかいの対称でホセと言われる日本でホセはちょっとなと思った。路辺流斗も尾巣狩もいや。

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.3

タイムリープものなら、どうなるか分かんないとゆう興味だけで最後まで見れるので楽しめるけどそれだけ。

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.1

もうなんか白人たちが奴隷制度とか作ならきゃとたらればの事しか思わなかった。(逆にそれがあるからこんな映画作られたんだろうけど)

そうゆう問題を抱えてる国に連れて来られたせいで、また違った形で社会が個
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.3

ほぼイライラしてるのに疲れたが時たま見せるデレの笑いでなんとか。

レビュー、同性の視点から共感してるみ。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.0

一切出てこない矢野のサクセスストーリー。
矢野の素振りの説明くらいからずっと面白かった。茶道部の先生はずっと青春してた。

タイトルをずっとアルプススタンドの走り方と勘違いしていてどうゆう意味なんだろ
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.4

特に刺さる物もなかったけど使われてる音楽はいいのでずっとミュージックビデオ見てるような感覚で2時間超えもあっという間だった。


最近、個人的な良い曲使ってる映画は名画な説がくずれつつある。

ぼくらの七日間戦争2(1991年製作の映画)

2.3

旅行先で片手間で作ったような映画。トラップにはまる大人たちのとこだけくだらなすぎて面白い。終始BBクイーンがうるさい。

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)

3.5

2021年に見ると体罰つか暴力えぐいけど籠城型ホームアローン&スタンドバイミーみたいな作品なので楽しい

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.9

穴を飛んでヒエラルキーが上がるような男社会のダサさはずっと存在するんだろうか。

オリンピックも相成りミーハーすぎるけどスケボーしたい欲が湧く。しないけど。

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

2.9

ずっと勉強してきたからコミュ障とゆう描き方がちょっとなと思った。人間どっかしら狂っていて社会に沿うため自分の思う普通に寄せにいってると思ってるけど、成田凌も小泉もそんなもん余裕で無力化する顔面偏差値で>>続きを読む

その手に触れるまで(2019年製作の映画)

3.0

宗教のハマり方を見たかった。いきなり急進的過激派少年見せられてもリアリティにかけ胡散臭い。

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.0

何かに狙われてる事に気づいてるのに夜でも子供たちを放置してるの国柄なのか知らないけどストーリー的にはガバガバすぎるフリで冷めた

アス(2019年製作の映画)

4.2

ギャップのある音楽の使い方は数あれど、自分の死ぬシーンを自らビーチボーイズをかけて逝く様は範疇をこえていて笑った。宗教に疎いのもありストーリーよりか演出が良かった。

ソワレ(2020年製作の映画)

3.0

そもそもとゆうか重箱を角をつつくような事を野暮にも思ったが、引越してないのか知らないがそんな簡単に親父は住んでる場所を発見できんのだろうか。

車の中でやってるとゆう設定で警察に見つかっても大丈夫とゆ
>>続きを読む

キッズ・オールライト(2010年製作の映画)

3.3

終わりのないマラソン。

シリアスなシーンのBGMの使い回しは疲れた。ディアフーフとヴァンパイアウィークエンドは好きなのでよし。

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

3.7

生地獄で生きるよりか命をかけてでも脱出したい精神ほしい。シュタージも西側のテレビ番組はみたいゆるさ。つぎはぎの気球がきれい。

私の知らないわたしの素顔(2019年製作の映画)

3.2

恋は盲目とは言うがソーヤングな突っ走り方をするので見習う所はほんの少しある。

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

4.0

これは辻褄とか考えず楽しむ系タイムリープ映画。面白かった。

誰かの幸せ(2020年製作の映画)

3.2

陰口はリアルで十分で映画でも聞くのに辟易した

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.2

初対面でいきなり詩を誦じられたくないので、彼が父とかもどうでもよかった。ながら見だったのでなぜ育ての父は子の文才を無難だと言ったのか謎になってる。

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

2.9

この映画の本質はどうでもよくて元ネタやパロディがどんだけ使われてんのか気になった。

DAWでどうにでもなるのに演出としてアナログでフェーダー使ってるとこ笑った。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.9

序盤、綺麗に振るので後半の踏んだり蹴ったり感は予測できるんだけどそれにしても搾取側の理不尽さに疲れた。全部見た上であれだが娘と配達してインド料理食べて息子の案で母の仕事のためみんなで車で向かうとこでハ>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

ハードルが上がりすぎて想定の範疇に収まったのが悔しいけど違和感がずっと続くので飽きもせず見れた。

>|