momoirofrogさんの映画レビュー・感想・評価

momoirofrog

momoirofrog

つかれた頭をふにゃふにゃにほぐしたい。。

みなさまのレヴューに癒される、日々。☆

映画(417)
ドラマ(0)

長江 愛の詩(2016年製作の映画)

4.5

船が河面に揺られてゆらゆらと、わたしの心をも揺りかごのようにゆれてゆく。

美しい詩に魅せられ、ともに河を上りはじめた彼の、想いを馳せた旅。

冬の河は、どんなに冷たいだろう。その刺すような冷たさを身
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.3

きっとウェンディは、気づいたときにはスポックと自分を重ねて、そしてお姉ちゃんを愛したようにカーク船長を彼女に重ねた。

ゆっくりと、そしてひっそりと流れてたその愛とウェンディの情熱に、わたしは恋をした
>>続きを読む

突然炎のごとく(1961年製作の映画)

4.3

夢かな雨かな。??

カトリーヌのコトバがいちいちかわいくって 。
軽やかに吹き抜ける花びらを纏った風のよう。
心地よいリズムとテンポで時を駆け抜ける。

背中に羽のあるように飛び回る彼らはあまりに複
>>続きを読む

ハックル(2002年製作の映画)

4.8

おじいちゃんのひゃっくり(ひゃっくり?しゃっくり?)に合わせて、世界が美しい音を奏でだす。

人が弾く音。動物が営む音。草木が話す音。

おいしいと楽しいがたっぷり詰まった目眩く世界で、黒い魔女が、動
>>続きを読む

インド夜想曲(1988年製作の映画)

4.1

インドの熱い夜を風が吹き抜けるように旅をする男。
それは象徴であり、存在ではない。影をなくした男。

逃げるようにすれ違う君。一体どこへいったのか。

インドの不思議と独特のにおいが漂うエキゾチックな
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.0

泣き声と叫び声と、自分の中の助けてが爆発寸前でもう壊れそうなココロ。
わたしは子育てをしたことはないし、これからもすることはないけれど、それでもあの切迫したどうしようもない絶望が沁みて、涙が溢れた。
>>続きを読む

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

4.3

ちょっと変わった女の子ベラの冒険。
ひょんなことから彼女にとっての無秩序になった日常は、ただ生活するだけで冒険の日々。

"お庭を作ることは、真っ白なキャンバスに絵を描いてゆくようなもの。"

自然の
>>続きを読む

百日告別(2015年製作の映画)

3.5

ぽっかり空いたふたつの心。

絶望のときは、どんな言葉も綺麗事に聞こえてしまう。悲しみで苛立ち、苛立っていること自体にもさらに苛立ってしまうジレンマ。

みんな、大切なひととの思い出とともに生き、散り
>>続きを読む

ミー・ウィズアウト・ユー(2001年製作の映画)

4.0

トゲトゲでホットなマリーナと、冷たく燃える優しい炎を心に宿したホリー。

繋がりすぎたふたりの心は、行き場を失いただその存在をぶつけ合うだけ。
14歳のまま置き去り。愛の風の通し方を知らないふたり。
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.9

幸せになれるはずなのに。見えないものに縛られ、憧れる。こんなはずぢゃなかった。
幸せってやつを、探せば探すほど迷子になってしまう。
出口なんて、自分で楽しんでつくってしまえばいい。
わかっているのだけ
>>続きを読む

狩人の夜(1955年製作の映画)

4.8

偽物をふりかざし、なにもかも手に入れようとする悪魔。父親との誓いが呪いとなって兄妹を襲う。

緊迫した中での2つのいびきは、思わず笑ってしまうほどチャーミング。
そしてちいちゃなあくびと共に、キラキ
>>続きを読む

恋とさよならとハワイ(2017年製作の映画)

4.2

こうゆうきちんとした、まともともゆえる恋愛の中の喧嘩だったりってのはなんだかちょっぴり素敵だなとか思ってしまうのだけど◎

失っちゃいけないものを自分で判別できるだけ、それはとても素晴らしいことなのだ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

なんだかまだドキドキが治まらなくて胸騒ぎ。そしてしばらくするとズキズキして、心が泣いている。溢れるくらい。

ただ、ぽっと、そこに不気味なものを置かれて、じっと見ているような。
でもその正体をだれも教
>>続きを読む

小早川家の秋(1961年製作の映画)

3.8

黒いつぶつぶ。
にんまりしちゃう家族の会話。
じぃじぃりんりん鳴いてる蝉の声とまだまだ達者なおじいちゃん。

蝉の声が優しくなるころ、紀子は自分の道を決め、それでも彼女と秋子の友情はきっと、どこまでも
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

3.5

おかしく笑える他人事。覗き見しているような楽しさと。

男は卑怯だと、女は思っちゃうもの。
どうしようもないことだってね。わかってるんだけどな。あーあ。

ふと冷静になると、なにやってるんだろうって思
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

5.0

ポロポロと、思い出し泣きの最中。

彼女を救うことは彼の絶望の中での一筋の光。なによりも勝る鮮烈な。

絶望が、こんなにも美しかったら、道しるべがなくなって迷子になってしまうよ。
残酷が、こんなにも綺
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.3

天と地が、恋をした。
感情から超越した存在は、愛に嫉妬する。

終りがあるから世界は美しい。
胸いっぱいに張った愛の弦を掻き鳴らせ。
哀しみと憎しみがこれ以上、伝染しないように。

While my
>>続きを読む

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.0

体育館の喧嘩。どうしたって男の子に勝てないモンが切なくて苦しかった。

青春って慌ただしい、と思っていたけれど、
この世界では時間がゆっくり丁寧に流れてた。
自分があの頃、感じていたように。
早く大人
>>続きを読む

ひかりのまち(1999年製作の映画)

5.0

毎回同じことの繰り返し。期待しては傷つき、それでも求めてしまうから、その刹那輝き、ふれあう。そして心がすこしだけぽっと、なるんだ。あったかくて幸せ。

孤独や寂しさなんてきっかり綺麗になくなったりはし
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

がむしゃらな宙ぶらりん。

『愛している』ってことなんてむかつくくらいわかってる。
けど、目に見えた "好き" がほしくて、試してしまう。

等身大のわたし。きっとまだまだ背伸びをしたくなっちゃうこと
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

夢見心地でキューバを旅する。

優しくも情熱的な音楽は、まるで彼らそのもの。
ハードな時代を生き抜いてきた彼らが奏で歌うものには、"今"は到底敵わない。
熟成された音。魂。発掘されたほかほかの美しい遺
>>続きを読む

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由(2015年製作の映画)

4.0

終わりがこない恋なんてなくって、それがやがて愛になったとしても あたたかい"情" ってやつか面倒なそれに変わってゆく。
そうならないために"夫婦"は毎日懸命にお互いを思いやる。想いやれれば、まだ救われ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.4

かわゆい人形たちのすばらしき躍動。
動物のふわふわに揺れる毛並みとか、やっぱりすき◎
にゃんこが邪悪に見えてしまったのは置いておいて。

ユーモラスな皮肉にたどたどしくなる大人を横目に、まっすぐな子ど
>>続きを読む

カビリアの夜(1957年製作の映画)

5.0

キュートなカビリア。男たちを養う元気で愉快な娼婦たち。
強がって、心の柔らかいトコロを硬い殻で守っていても、夢心地に誘われ、そこを覗かれ、夢を捨てていなかった自分自身を思い出す。

夢を見ることをやめ
>>続きを読む

河童のクゥと夏休み(2007年製作の映画)

4.0

こうゆう優しいアニメをみるとなんかずっと泣いちゃう。
ピカピカの床に映る彩とか水の中の光とか、丁寧に動く嬉しさ。

水の中の絵が美しくて河童が天使に見えた。よ。

人間に化けてる子たちもいるかも、なん
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.5

モリのまわりは、いつも騒がしい。
鳥たちのあいさつ。草木の戯れ。虫たちの行進。人間たちの笑い声。
命の息吹きが渦を巻いて、与え、与えられる。それはまるでメビウスの輪。

あのお庭そのものが異次元の世界
>>続きを読む

みんな元気(2009年製作の映画)

4.0

デ・ニーロお父さんが、可愛かった。

人と人とを繋ぐ仕事をしていたパパ。子どもたちにちょっぴり期待をしすぎてしまっていたパパ。
最近疎遠な子どもたち。
寂しさが滲み出ていて、切なくなる。

どんな道を
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

4.2

はちゃめちゃで dazed & confused な夏の始まり。

"あの頃はよかった。なんてくそくらえ!!"

でも、冷え始めたアスファルトとタバコの混じった匂いを思い出すとちょっぴりきゅんと懐かし
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.6

気だるくてけむたい10代は、大人になるとどれだけあのころが輝いていたか知るんだ。
それぞれの夜。それぞれの想いをのせて。

何かを期待してしまうクワクと何がおこるかわからないちょっぴりのドキドキと。
>>続きを読む

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

5.0

綿毛が、澄んだ青い空に舞う季節。
大きな焚き火で春の到来を祝う。

ひとりの少年とその情熱的で愉快な家族と街の記録。優しい記憶。
沢山の悪戯と友達。
美しく興奮の情景。
美味しいごはんを囲む食卓。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

ジェンダーなんて越えたところにある、すっごく強くてどうしようもない "好き!!" があって、もおずっとどきどきして、懐かしさともどかしさで涙が出てしまう。

夏に終わりが来るように、いつかはそうゆう日
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.8

一度覚えたことは忘れることができない彼女と、麻痺した左腕を持つ彼。

ロマンチックと、ちょっぴりの気味の悪さがとろとろと、流れる。それは性と生。不器用でも、生きるとゆうこと。

交わるために、勉強した
>>続きを読む

春の悶え(1951年製作の映画)

4.3

冒頭。葬式で牧師が『彼女の死は神に背いた罰だ』と説く。
その罪とはただ、若い男女が恋に落ちただけだった。

牧師が権力をふるい、婚前交渉絶対的禁止の厳格で閉塞的な田舎村。
常に眉間にシワをよせた、狂信
>>続きを読む

質屋(1964年製作の映画)

4.0

スタイリッシュに響くジャズと通りすぎる街並み。
そこに過去を抱えたひとりの男。
全ての感情を忘れてしまったソル。

チカチカと始まるフラッシュバック。自分の中に、閉じ込めていた過去。左腕に刻まれたナン
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

5.0

長い長い旅の果て。

幸せを掴むひともいれば、そのために幸せを手放さざるをえくなるひともいる。
みんなが幸せになれればいいのになんて、いつかの綺麗事みたいに。

ぽっかりした砂漠にぽつんとオアシスがあ
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.3

今の僕はきっと誰から見てもつまらないんやつなんだろうな。なにより僕自身が退屈なんだ。

そんな彼が、迷い込んだ非日常的な日常。
目を凝らして耳を澄ませばそんな扉はいつでも開いていた。
たどり着いた場所
>>続きを読む

>|