yoshitakanishiharaさんの映画レビュー・感想・評価

yoshitakanishihara

yoshitakanishihara

映画(79)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

4.0

勇者がそれぞれちゃんと愛しくて切なくて、よかった。

ただの悪いやつらじゃないという見せ方の敵国・敵キャラだったので、ユウマくんの話よりはそっちの深掘りが見たかった気がするけど、そこを求めすぎることこ
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.0

私は猫も含めたペット的なものがあまり好きではないので心穏やかに観ました。
ただ、猫好きこそ怒ってよい設定では?と随所で思いました。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.8

このテーマを扱って、面白いって感想を言わせるのすごい。

前半が好きって感想多いですが、後半のはじまりあたりが個人的には最高でした。

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

ヒヤヒヤしながら笑える、笑いながらヒヤヒヤできる。
最後には落ち着くところに落ち着くので、いずれ罰を受けるとわかってても、それが社会的な悪だと知ってても、やりたいことやったんで、という感じ。

罪を犯
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.2

おじさん側にマッサージ師との恋仲エピソードを入れたのは、少し腰が引けてる気がしてしまった

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.4

トーニャかっこいいし、映画もカラッとしててよかった(いくらでも、どんより、どろどろ演出できる物語なだけに、なおさら)

ボイスレコーダーのくだりで「こいつはほんと期待を裏切らないなぁ」と笑ってしまった

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

おもちゃに人格があったら...というファンタジーに人間の人生(特に親視点)を重ねて楽しむ、というこれまでのシリーズから突き抜けた。

『カールじいさんの空飛ぶ家』『カーズ クロスロード』あたりに顕著だ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

このジャンル疎い前提で、かなり好み。
「世界の滅亡」とか言われるとふーんでしかないけど、「天候が乱れる」といわれると飲み込みやすかった。実際に天気がどうなるかなんて誰にもわからないわけだし。

なによ
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.5

邦題にどうこういうのも野暮だけど、「炎の宿敵」というサブタイトルにイライラしつつ、たぶん確信犯だから逆にニクいのか?とかモヤモヤ。

この映画を観に来る客も、劇中の大衆も、宿敵とか因縁とか、なんなら復
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前篇に比べてフィクショナルな展開が多くて、そんなに群像劇を集約しなくても...みたいな邪念がよぎりました。
芳子さん親子の件がリンクしきらないのは『息もできない』にも通じる気がして好き。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.2

ヤン・イクチュンのジム初日が泣けてしょうがなかった。前篇単体で怪作。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.7

もうこの子は大丈夫...と、ラストシーンを見ながら思った派。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

『カメラを止めるな!』というタイトルが、画家にとっての「筆を止めるな!」、ダンサーにとっての「ステップを止めるな!」的な意味にもとれて、すごく好き。

やりたいことへの「歩みを止めるな!」というエール
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

登場人物が全員嫌な感じ(作品やキャストが嫌いとかではなく)であまり乗れず。
「司法制度や裁判ってそもそも危うくて怪しいもの」なイメージを、過去のいろんな作品で調教済みなのもその理由かも。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

作品のメッセージには共感する一方で、国王の苦悩だけ考えると贅沢な悩みではあるよなぁと思う。

あと、ワカンダ人たちが「伝統的な儀式やルールに従って選ばれた国王に仕える」のか「信頼できる(気がする)国王
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

ミュージカルパートでちゃんと物語が進むのが気持ちいい。ショーマンとして努力する部分も見たい気がするけど、逆にそんなもの見せないのがグレイテストショーマンなのか、とか邪念もよぎる。

監督の過去作からの
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.7

耳を塞いで「わーわーわー」って言いたくなる。
複数アカウント持ってたっていいし、なにを検索したっていいし、気が合わない人だって多少いるものだけど、ちょっと脇が甘くないかい、という感想。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

ラストシーンの笑顔がたまらない。

ただ、物語の発端にある犯罪(作中では描かれない)と、作中でどんどん連鎖する大小の犯罪で、そもそも重みが違うものとして割り切らないと被害者家族の狂気が必要以上に際立っ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

個人的にはまったく好感をもてないタイプの男と女が恋愛する話なのに、ラストの展開(というか見せ方)にはグッとくる。

ドリーム(2016年製作の映画)

5.0

内容が最高すぎて「ドリーム」という邦題にすら難癖をつけたくなる。

才能のある人が「非合理的なことを正していくこと」すら、差別を前にすると「夢」っていう表現になるのかぁ。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

大きな不運や不幸の間に、小さな不運や不都合がじわじわじわじわ重なっていく。
搬送用ベッドが救急車に引っかかる、鍵が手元から落ちる、前を走る車の右折が遅い、とかとか。

銃を売るシーン、唯一ほっとできて
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.8

快感!の一言に尽きる。

清く正しくの情熱より、イかれた情熱のほうが愛しい。しかもイかれた情熱をもつ2人が、ちゃんとイかれた状態で重なるところを観せてくれる、最高。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.2

バディムービーになってて好き。

克服にあたって、精神面と発声のテクニック面と身体面の改善があるとして、少なくとも身体面の努力は中途半端だと思う。このスポーツ根性ものに行き過ぎない感じが良いのかな、と
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.3

マスク付けてる理由を知ってるなら、とりあえずそこを攻撃してほしい。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.2

映画の長さをまったく感じないくらい楽しめた。ジョーカー人気もなるほど。

ただ、対決に決着がつくシーンのあっさりさには驚いた。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.2

バットマンの誕生秘話を教えてもらった、という感じ。
2時間20分、長い。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.4

他人からみると「贅沢な悩み」とか「不必要な挑戦」的なものに向かっていく感じ、たまりません。

くたびれたロッキーかっこいい。全体的な音楽もかっこいい。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

『第9地区』的なSF設定の妙に驚いた。

哲学者との対話シーン以降の、人間では不可能な行為に興じるサマンサに対峙してうろたえるセオドアを観て、この映画が腑に落ちた。


サマンサが同時並行の交際人数を
>>続きを読む

LOU(2017年製作の映画)

4.5

ピクサーの職人技。
トイストーリーよりもストレート。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.1

『アーロと少年』とか『ひな鳥の冒険』にあった画的な驚きを再体験。
レース前の目を閉じて行うルーティーンに違和感がよぎるシーンにグッときた。
大会、チーム、スポンサー、アスリートなど経済的な力関係の描き
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.8

全部が気持ちいい映画

エンドロールを眺めながら映画と自分を重ねたりしていたとき、不意に始まる料理指導のオフショットで改めてハッとさせられた

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

5.0

泣かせ展開からの大オチで笑かされる。

えぐいほどの出来のよさと、まっとうすぎるメッセージをここまで見せつけられると、自分の仕事に反省させられるし、勇気づけられるし、なんなんすか。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

3.5

困ってる人がほぼ出てこないのが新鮮。
前半かなりゆっくり進んで、全体通して大人しい印象。
映画ドラえもんの食事シーンが好きなんだけど、今回のアレは過去最高に食べてみたい。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.9

戦争を勉強しただけの世代として、これまでの勉強で得た感覚とはまったく違う感覚、感慨を覚えた。

映画で戦争を語り継ぐにあたって、現代的な価値観で理解しやすいところ(家族や恋人との離別/食糧難/様々な統
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.8

恐ろしい出来事を描いていても、面白いと安心して言える幸せ。

>|