Yukariさんの映画レビュー・感想・評価

Yukari

Yukari

映画(48)
ドラマ(0)

NO SMOKING(2019年製作の映画)

4.5

すごくよかった。

5.0でもよかったと思うんだけど、途中寝たため(また寝たんか。)あとまだ細野さんの知らない音楽が沢山あるため、期待をこめて4.5。

話はそれますが、私がまだ幼い頃、何か凄いと言わ
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.0

藤子不二雄さんが、子ども達の未来の為にと本気で想って描いたものが、世紀を超えた今もちゃんと愛されて、私にまでその愛が届いている。それがほんとうに素晴らしい事だと思った。このドラえもんという名の大きな大>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーン、父と再会したのか、と思いきや、手紙の中の思い描いた未来にすぎなかった時、ゾッとした。そういえば途中、「人生は計画すると必ず計画通りにいかない」と父が言うシーンがあったな、あぁさっきの回想>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.8

ずっと観たかったけど、いつのまにか観たいと思っていた事も忘れていた映画に、突然再会したりするから、動画配信サービスはこわい。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

色褪せないなぁ2回目。原作をちょうどいい塩梅に再現していて、最高に天才だと思った。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.8

この映画が好きです!!!とは言わないと思う。それはなんだか、自分と凄く似ている人とは少し距離をとっておく、みたいな感覚に似ている。でも確実にまた観るし、冒頭から惹きつけられた画や、散りばめられた言葉が>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.8

時々、映画と映画館が同化しているように感じました。綺麗でした。

左様なら(2018年製作の映画)

4.0

綺麗だけど、痛くて苦しかった。綺麗だからか

天気の子(2019年製作の映画)

4.8

むかしから、雨や、傘の中や、その色や、窓越しに見る雨や、雨に打たれてずぶ濡れになる事や、紫陽花や、雨の日の街のネオンの光がとても好きだったので、晴れを善とする最初の方の描き方は、よく分からなかった。>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

ニューヨークに行って、色んな人種差別を見かけたし、受けもした。もしかしたら私も気が付かないうちにしてるのかもしれない、とも思う。
間違ってる!と思うけど、多くの人のその間違いを、正せる言葉も自信も持ち
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.8

自分を投影する相手が、主人公じゃなかった事に驚いた。
みんな愛されたり、愛されなかったり、愛したり、愛せなかったりしてるんだなぁ。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.4

エンドロールの使い方に惚れてしまった。最初から最後までぜひ聴いてほしい、小沢健二アルペジオ。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.9

映画おわりに真っ先にコンビニに向かい、缶ビールとスルメを買った。煙草もほんとは吸いたかった。そんな余韻映画。

私をスキーに連れてって(1987年製作の映画)

4.5

何が何でもすき。
誰がなんと言おうとすき。
ユーミンの曲が流れるシーンが最高

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.3

金曜ロードショー。
悲しいのに、やりきれない悲しさじゃない。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

呉でロケ地巡りしたい。山と海に囲まれて、悲しくてやりきれないを斉唱したいです。

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

4.0

春夏秋冬の四部作。
とてもよかったです。
秋冬もすぐ観よう。
楽しみ。

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.5

BABY BABYと、峯田のナレーションと、題材に惹かれて、ずっとずっと観たいと思っていた。ようやく観られて、ほんとうに幸せな気持ちです。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

おすすめされて観た。よくある結論を予想しながら見ていたけれど……!おすすめされた理由が分かった。

>|