ふじまきさんの映画レビュー・感想・評価

ふじまき

ふじまき

映画(129)
ドラマ(0)

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.1

心を戦場に置いてきてしまった男。目に光は宿っているけれど、その目はスコープを覗いている。子供たちの声は耳を通り抜け、ミサイルヘリのホバリングと銃声、仲間の叫びが脳をこだまする。

戦争は人を変えてしま
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

スパイの件と、人命を左右する選択を一瞬で決定した場面が印象的。

高圧的で、仕事を全うした人を認められない軍が酷過ぎてイライラした。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

悲しい結末だ…

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.4

It's not a love story. Unlikely friendship between two people that would never cross past.

監督の言葉が全て
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

伏線と設定をめちゃくちゃに活かしてて、秘密裏に処理するはずなのに大規模出兵してるとこ以外はとてもよかった。絶対過小評価されてる作品。

ちょっとしたところが伏線になっていたり、ゴミ出しの日のネタとか、
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.6

課題レポート用。

トランスジェンダーは中身が別性だから、自分の身体に自信を持つのが凄く難しいんだろう。それでも女として着飾り堂々と振る舞う主人公だけど、中々ハッキリと自分の事情を説明するのはキツいの
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.3

松坂桃李以外の俳優だと表現できないかなと思う。原作小説の雰囲気をあまり崩さなかったのは評価できるけど、身体を売ることをめぐる倫理観とか、その辺の葛藤も描ければよかった。

ソラニン(2010年製作の映画)

3.7

ひたすらに楽曲と、BGMとして使われるソラニンのコードが良い。

だらっとした日常とバンドサークル独特の雰囲気を上手く描いている。けど、原作漫画とそれに準拠した脚本は良いとして、演技は素人くさいところ
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.3

「"現在"って不満なものなんだ。それが人生だから。」

自分が生きる時代は退屈。過去は美化され、人々はゴールデンエイジに魅せられ、誰もが歴史のどこかに求める理想の瞬間に戻りたがってる。

でも、生きて
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

雪山に囲まれた街の静けさや孤独感、孤立感を完璧に表現している。銃撃戦前の緊張感も良かった。

ネイティブアメリカンの問題や、閉ざされた環境の労働者の性の問題。レイプ被害なども自然に映し出したのは凄いと
>>続きを読む

Curve(原題)(2016年製作の映画)

3.0

そこに至る過程とかが気になってあまり没入できなかった。

E.T.(1982年製作の映画)

3.5

音楽がいい。あの月のシーンのためだけに観る価値のある作品。アラジンみたいな。

話がめっちゃ薄いし、今となってはありきたりな展開に時間を割いているのでシナリオ重視の自分には合わなかった。純粋だった頃に
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.0

家庭崩壊系映画あるあるを詰め込んだ作品。ケヴィン・スペイシーの何考えてるかわかんないサイコキャラを演じる力はやはり天才。

人間はみんな独立して生きているんだから、家族だからと言って価値観を合わせる必
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.2

「イエロー」を「卑怯者」と訳した人はどういう気持ちだったんだろう。権力と暴力に対する無力感にひたすら心を抉られる映画だった。

中盤は尋問シーンが流れ続け、それらは意味がないようにも思えるかもしれない
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

4.1

誰も信じられない。ギャンブルのシーンは痺れた。あれは凄い。

ハーモニー(2015年製作の映画)

3.7

伊藤計劃は凄すぎる。小説を読んで頭に思い描いた通りの世界が動いてた。それだけ設定だけじゃなく情景描写や表現も優れているということなんだろうな。

仕方ないことだけど、映画としての評価は台詞多すぎて映像
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.4

自覚のない狂気の怖さを演じ切ったデニーロの演技が凄い映画。しかし物語の起伏がない点で面白さは『ジョーカー』等には劣るかな。淡々とズレた日々を描いてるのが良さでもあるんだろうけど、自分にはそれが退屈に思>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

好きなシーン
・彼の誕生日の日にアンディがロウソクを吹き消す
・ミランダの"That's all."
・電話を噴水に投げ捨てる
・仕事が命のミランダが離婚の話の時に人間味を見せるシーン。そしてアンディ
>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

3.8

映画の色々な技法が詰まっていて素人でも見ててすごく面白かった。が、あまり伝えたいこととがわからないというか、ランキングで1位になるほど?とは思ってしまった。

しかし、ケーンの心の内や自殺未遂や全てを
>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

4.3

ただdisるだけじゃなくて上手い言い回しとか難しい韻の踏み方とかでスキルの差を見せるエミネムがひたすらカッコいい。
それまでのストーリーの内容をラップに入れ、先行で相手の言うこと全部奪って客も味方につ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.6

主人公にとって、そして観ている自分にとって、父親がどれだけ大きな存在かがわかる映画。自分も親に恥じない生き方をしなくてはいけない思った。

映画としては、テンポがよくて飽きなかったし笑えるシーンもたく
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

記憶改変の謎解き系かと思いきや、グロ要素多目のアクション映画でほとんどの時間は敵と鬼ごっこしてた。ガラスを割るのすきだなーって。ただ、随所に良いところがあった。
1.「酸素がない方が支配しやすい」と、
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.0

主人公もヒロインも好きじゃないし気持ち悪くて無理だった。

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.9

なんでレビューがいまいちなのかわからない。設定は複雑だけど主人公の語りでかなり説明してくれていたし。キューブリックみたいな、映像で見せて設定は端々から汲み取れ!っていう監督より好き。序盤の伏線や現在の>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.8

最高に狂ってる。胸糞悪いシーンが多い上、洗脳されていく主人公に対してざまあみろとも思えない、憎らしい映画。

ニキータ(1990年製作の映画)

3.5

味気ない映画。LEONに似た緊張感のある場面はあるが、淡々としていて感情が揺さぶられない。このスローな感じは、最近のオープニングで音楽に合わせて一気に設定とバックグラウンドを見せる大衆向け映画と違って>>続きを読む

ロリータ(1997年製作の映画)

4.4

音楽や映像、衣装その他映画としてはすっっっごく良いので、「おっさんキモい」の一言で片付けるのは勿体ない。魅力的過ぎる少女のあざとさと刺々しさに惹かれて盲目になり、思春期特有の好奇心を好意と勘違いしたサ>>続きを読む

>|