ふじたまさんの映画レビュー・感想・評価

ふじたま

ふじたま

映画館〜〜!

映画(281)
ドラマ(0)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

一本の映画の中にこんなにも“いい人”が出てきて良いのでしょうか…
一日に観ても良い、いい人の許容量を超えてしまっている…

本作、主人公だけじゃなく、周りの複数の人々の視点からも描かれていて、よくある
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

4.0

このタイトルだと自分はちょっと観る気になれなかったんだけど、評判だったので飛び込んで観たらすげー良かったよ!

明るくポップな青春ものだと思ってると良い意味で裏切られた。
この後味を残すラストが良いよ
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

おもろい会話に心地よい音楽、そして時間のかけがえのなさ!これぞ、リチャード・リンクレイター。

過去描写なんて一つもないのに名優三人の演技だけで、全てが想像できてしまう。
止まっていた時間が動き出す瞬
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

是枝監督のパルムドール受賞映画。
実際、観てみたら内容もキャストも狙って取りにきてたんじゃないかってくらい本気度あった。
そして現実の虐待死事件ともタイムリーに重なって、めちゃめちゃ泣いてしまった…
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

ここではないどこかへ行きたいと都会に憧れる、自分のことを“レディバード”と呼んでほしい女の子の話。
イタイぜ〜〜!でもわかるよ〜!!

違う世界で生きたいと願い続けて、でも叶ってみると、自分がどこから
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

もう2回目にもなると、ミュータントになる過程もないので、最初からずっとテンポよくブッ飛んでて好きです。

観る前は予告が面白すぎたので、こんな詰め込んでいて大丈夫かと心配だったけど、それを上回る、とい
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

なんちゅー愛の形⁈
でも映画だからこそ、こんな狂気じみた歪んだ愛を観たかったです、ありがとう。

「レイノルズ・ウッドコックは静かに暮らしたい…」ばりに神経質で完璧主義者。
その規律的な日常をアルマが
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

自分にとっては小松菜奈の存在がもうファンタジーだったんだけど、それを現実に引き込んでくれるおじさん、大泉洋!キャスティングとても良かった。

終わってみれば嫌な奴て誰もいなかったなと思える、とても好き
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

誘拐犯を相手に息子を取り戻すべく、決死の闘いを繰り広げる母親。
しかし、一番の大きな敵は孫が誘拐されたにもかかわらず「身代金は一銭も払わんっ!」と宣言した世界一の大金持ちで、世界一のドケチ!ジャン・ポ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.5

劇場でこんな声出して笑ったの久々だった気がする。
ウサギが人間にイタズラして追いかけ回される、かわいいケンカかと思ってたら、どちらもマジに殺すつもりで仕掛け合ってる。
小さな家庭菜園が戦場へと変わりま
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

ロック様の登場シーン、『ジュマンジ』から衣装がほぼ変わってません。
えっ、そのまま来たの?

ゴリラ、オオカミ、ワニが巨大化して大暴れするんです!うん…そんだけっ!!
もう頭空っぽで楽しめた。
でも思
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.0

5歳の誕プレがチェーンソーなんですって…
そんなことあります?

人皮のマスクをかぶった伝説の殺人鬼“レザーフェイス”の少年時代、ソーヤー家の末っ子がいかにして怪物へと変貌したかという前日譚。
終盤ま
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

暑い!熱い!あっつ〜〜!!
とてつもない熱量に溢れたヤクザ映画にして警察映画の傑作だった。
出てくる男達がみんな汗ダラダラのテッカテカ!とても良い顔をしている。

広島弁の怒号が飛び交う会話劇にバイオ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

6歳ムーニーちゃん、めちゃめちゃかわいい。
お尻ふりふりダンスをするんだけど、ほぼクレヨンしんちゃんでした。
ファミレスでのゲップも最高!

印象的だったのはカメラが子どもの目線でずっと撮られている。
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ面白かった!
登場人物みんなイカレているよ…最高です。
「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を元にしたこの物語は、擬似ドキュメンタリーから始まり、シニカルな笑い満載で、デッドプール的に第4の壁を
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.5

『響け!ユーフォニアム』というアニメのスピンオフ作品で、そのアニメは未見なんだけど観に行ってしまった。
なぜなら、天才(そして美人)山田尚子監督最新作。

卒業が近づく中、どこか噛み合わない親友2人
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

傑作『フレンチアルプスで起きたこと』監督の最新作。
居心地の悪さとか、人間関係のイヤ〜な空気感を描くのがやっぱりうまくて面白い。

ただ、今回はテーマが多かったような印象で、151分はちょっと長いかな
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

なんと美しい夏の思い出…
主題歌の‪「Mystery of Love」もいい歌すぎる…たぶん今年一番聴くことになります。‬
そんな映像や音楽がキレイなのはもちろんなんだけど、後半ある人物の語りが、この
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

他人とのコミュニケーションがうまく計れない女性と、片手が不自由な孤独な男性の静かで精細なラブストーリー。
同じ夢を見ていたことがキッカケで男女が近づいていくという『君の名は』みたいな可愛らしい設定では
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

できるだけ最速で観ようと、深夜24時30分の回を鑑賞した。
もちろん終電はなくて、24時間営業の日高屋でこれを書いてる。

あんなにもすごい世界を観た後に日高屋にいる!
あんなにも豪華キャスト共演を観
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.5

今週公開の「犯罪都市」を応援したいけど、これは、やばすぎました…!
韓国映画すげえ。

1980年の光州事件という政府の手によって市民が虐殺された実話ベース。
“隠蔽された重大事件を暴露する”といえば
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

フィルマークス評価の点数、☆5を大切にしすぎて、もう何を☆5にすればよいのかわからなくなってきてたけど…これは完全に☆5!!!
もう、、☆が7.5っ!(そうなってくると意味不明)

スピルバーグにしか
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

4.5

『新感染』では素手でゾンビをなぎ倒した、スーパー肉団子マシンこと、マ・ドンソクさん。
そのはち切れんばかりのアーム(腕)から繰り出される“張り手”は、当たれば誰もが一発KO!
もう武器とかいらないんで
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

3章構成に分けられたテロで家族を失った母親の物語。
悲劇、法廷劇、そして決断、ずっとのめり込むように観てしまう傑作だった。

ダイアン・クルーガーの名演は凄まじいんだけど、脇の役者陣も良かった。
とく
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.5

虐殺を告発するため集まった市民ジャーナリスト集団〈RBSS/ラッカは静かに虐殺されている〉を追ったドキュメンタリー。
彼らは武器には武器ではなく、スマホとPCで立ち向かう。
その映像にはISによる斬首
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

迫力や爽快感はたぶん前作以上だったんだけど、な〜んかワクワク感が失われてしまった印象。
ドラマ部分やキャラクターも薄くて、いまいちのれなかった。

ロボットの操縦、もう少し苦労して動かしてたイメージあ
>>続きを読む

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

3.5

97年の返還直前にある香港の若者たちのヒリヒリするようなリアルを描いた不良青春映画。
90年代ファッションがもう「ダ〜セ〜!」てなったんだけど、不思議なことに観ていると、それが一周してスタイリッシュに
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.5

レスリングシーン最高!
マットに人がブチ当たる音がこれほどまで胸を熱くさせるとは…
ガッツポーズや拍手を我慢するの必死だった…もういっそ腕縛ってて〜!

アーミル・カーン演じる親父、単に頑固一徹や自己
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

ジュマンジもう観れるとこでは観れるらしいです。
オープンしたばかりのTOHOシネマズ日比谷では超体感シネマ「マジジュマンジ」というSONYの最新テクノロジー“振動付きベスト”を着用しての鑑賞だった。
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

この中二病的な世界観やエイリアンの容姿や映像美がとても好き、何より主演2人の顔が良いです。
デハーンはアロハ似合うので、あの衣装でずっと見ていたいよ。
視覚的にすごい楽しい映画。

ただ、ストーリーが
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

スピルバーグが「今絶対に撮らなければいけない!」と他の制作を中断して、驚異の早さで作った映画なんだけど、それを傑作にできるってすごい。
自分も「今観なければいけない!」と驚異の早さ(公開初日)で観まし
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.5

ドラえもん映画久々だった。
お決まりの「ドラえも〜〜ん」で始まるタイトルバックが懐かしすぎてウルっとくる。

絵がぬるぬる動くせいか、場面転換すごい早く感じた。
ドラえもんの秘密道具、手のアップでタラ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

子供の頃に人はいずれ死ぬんだと知ったとき、だいぶ落ち込んだのを覚えてます…

誰にでも最後には死という現実があって、その現実の受け取り方は人それぞれ。
ラッキーが最後に見せる微笑みは素敵だった。
これ
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.5

上の句・下の句で大好きになったみんなが帰ってきました。
みんなたち〜〜!!
もう一人一人が愛おしくてたまらん…良いんよ!みんな良い!

このシリーズ、かなちゃんの和歌解説がとても好きです。
千年も昔か
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

りべんばぁ・びぃ〜〜〜泣!!
こんなもん泣くだろ!いいかげんにしろっ!!

ピクサー作品はいつもいろんなメッセージ込められているけど今回はついに死をテーマにしてた。
これは本当に良かったよ…
エンドロ
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

ハードコア、キングスマン 、アトミック・ブロンド、アジョシ、ジャッキー映画、知ってるだけでもいろんな映画アクションが詰め込まれていたんだけど、それを盛り上げる縦横無尽のカメラワークがすごすぎた!
闘う
>>続きを読む

>|