コイズミフキさんの映画レビュー・感想・評価

コイズミフキ

コイズミフキ

映画(481)
ドラマ(0)

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.7

こういうAI系のやつ大好きなので、試写会本気で応募して当たらなかったやつ。笑笑

序盤の大沢たかおと松嶋菜々子の会話がまさに今の仕事っぽくてニヤニヤしてしまった。

AIが意識を持って突然反乱を起こす
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

上映してる時から観たかった作品。とにかく蒼井優が天使。それに尽きる。

最初のシーンで妻の秘密がほぼ確定になっちゃったのが個人的に残念。もう少し出し惜しみして欲しかった。

ラブドールの「そのこ」との
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.6

知らずに観たんですが、男性陣が私得すぎでした。さすがの蜷川実花作品なので色彩が豊かで観てて心がウキウキする。

太宰治がなんでそこまでモテたのかは全然理解できなかったけど、宮沢りえが終始いい妻すぎて私
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.7

少し長めだったので躊躇してたけど、やっと観ました。

みんなの気持ちがわかるから感情がグルグルして忙しかった。恵理菜はどうすれば幸せになれたんだろう。

小池栄子は名演技!永作博美は安定の可愛さ!

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.9

四姉妹が個性的でバラバラなのに、とても仲良くて観ているこっちが微笑んでしまう。

ジョーが小説を必死に書いてるシーンは、どん底に落とされたとしても打ち込めるものを持ってる人は強いなあとひしひしと感じた
>>続きを読む

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.8

大好きと大嫌いな人が同一人物だったらどんな気持ちになるんだろう。

メグライアンの口元がいちいちキュートすぎる。あとNYの街並み〜って感じがして風景が好きだった。

You've got mailって
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.9

森ガキ侑大、長編初監督とは思えないくらい出来上がってるなあって印象。ヨギーの歌もいい感じ。

12人みんなの特徴がたっていて無駄なシーンがない。地味に吉子の彼氏がいいキャラしてた。

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.6

実話なのが驚きシリーズ。たかが綱渡り、されど綱渡り。

ジョセフゴードンレヴィットのフランスなまりの英語がとてもリアルですごかった。ほんとにアメリカ人か。

最後の「永遠に」っていう一言が切なかったな
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(2004年製作の映画)

3.8

ハッピーエンドのその先はどうなるの?から始まる作品。

やっぱり幸せなブリジットのほうがもっともっと可愛い!おデブさんなのになんであんなに愛くるしいんだろうか。

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.7

ずっと録画しておいたやつを放置してたのでやっと鑑賞。

あんまり誤解したり、浮気されたり、あんまりうまくいかない物語なのになんだか笑顔になってしまうのは、ブリジットの天真爛漫な姿なおかげ。

ブリジッ
>>続きを読む

ノラ(2010年製作の映画)

3.3

やっぱ染谷将太好きだ。作中でもその見下したような目が嫌いなんだって言われてたけど、そこが良いんだよなあ。

どよーんと暗くなる雰囲気の作品なので、染谷将太を眺める映画という捉え方がいいかもしれない。

[リミット](2010年製作の映画)

3.4

今まであんまり観たことのないタイプだった。

着眼点は面白いんだけど、主人公がパニックしがちで終始不安だった。もっと主人公が賢かったらまた雰囲気違ってたかも。

最後の終わり方は切なかったなあ。

東南角部屋二階の女(2008年製作の映画)

3.6

よくある日常を切り取ったような作品。

つまらないっていったらそうなのかもだけど、淡々と進んでいく感じもどこか心地よかった。加瀬亮と西島秀俊の癒し効果だろうか。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

サイコパスさには共感できなかったけど、もしサイコパスの子供だってわかったら確かに狂っちゃいそうだよな。

子供のために変わろうとして、実際変われたと思ってたけど、結局変われてなくて悲しい。

松ケンは
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

4.1

意外と観てなかった作品。さすがのスピルバーグ大先生。

デイビッドが必死で愛されようとしてるシーンとか切ないし、異世界の街の風景とかTHE SFって感じでめっちゃワクワクした。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

観る人によってだいぶ受け取り方が変わりそうな作品。私は一概にどっちが悪いとか決められないなあと感じた。

ダメになっていく過程がすごくリアルで余計に落ち込んだ。

億男(2018年製作の映画)

3.6

ストーリーがとてもわかりやすくて迷うことなく最後まで行き着けた感じ。確かにお金ってただの紙切れだったり金属だったりするのに、価値があるの不思議だよね。

ここがすごい!とかはないけど普通に面白かったと
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.9

スコアも低いし、なんとなく観たんだけど、なんとなくついていけなくなって終わってしまった。

こんな世界ありえないってくだりは哲学っぽくて好きだったんだけど、最後は結局何を伝えたかったのか。

南極料理人(2009年製作の映画)

3.9

記念すべき今年100本目は南極料理人。やっぱり好きだった〜!

堺雅人が映画の和やかな緩い感じにとても合っている。何より料理が美味しそう。南極なのに毎日豪華。

娯楽もない、大切な人とも会えない環境は
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

3.4

思ったより観れたので後半も鑑賞。

石原さとみ演技微妙だけど、キャラは大好き。原作読もうかな。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

3.4

原作読んだ人からしてみれば、あまりの違いに許せないらしいけど、あらすじを知ってるレベルの私からしたら普通に面白かった。

多分原作はもっと面白いんだろうけど。

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.6

横道世之介!沖田修一!星野源〜!って思って鑑賞。

役所広司の何とも言えない可愛いおじさんが素敵だったが、いまいちハマらなかったかなあ。

やっぱりのんびり加減は沖田監督の良さなのかな。今度は南極料理
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

3.6

出演者が好きな俳優ばっかりだったからずっと観たかった作品。

作品の雰囲気は良かったけど、椎名、椎名言うわりには椎名が普通すぎたかなあ。キャラクターとしてはなっちゃんが結構好き。

ラキテとかフジファ
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.7

闘病ものだけど泣けるというよりはコメディ要素強め。前向きになれるっちゃなれるけど、もし自分がタバコも酒もしない普通の生活を送っている若者だったら絶望して仕方ないだろうなあ。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.6

柄本佑、染谷将太の演技はもちろん、石橋静河さんの自然体な演技も素敵だった。

原作が佐藤泰志なので、日常を切り取ったような落ち着いた雰囲気の作品。こんな夏私にもこいよ〜!笑

ラストシーンだけちょっと
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.4

前半はワクワクする内容で、いろんなところに張られた伏線がどうやって回収されるのか楽しみだったのに、いまいち消化不良。

もうちょっと失踪した感じというか、失踪したのがリアルなのか妄想なのかわかりやすく
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.5

グロすぎだし、人間の怖さが際立つ作品。実話に基づいたフィクションって時点で驚愕。

登場人物みんな頭おかしい。ピエール瀧とリリーフランキーは悪役似合いすぎ。

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

3.8

詩のボクシングに本気で向き合う人々のお話。岡山天音が好きなので観ました。岡山天音やっぱ可愛いです。時々、星野源に見えます。てか歳が私の2個下ってまじ?てっきり5個上くらいかと思ってたのに。

出演陣に
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.7

オーバーフェンスっていうから刑務所ものだと思ったら、職業訓練学校かい!笑

蒼井優は安定的に可愛いし、ああいう気狂いな女の子可愛い。男だったら絶対引っかかりたくないが。

最後のシーンのオダギリジョー
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.5

星野源のドラえもん聴きたさに鑑賞。予想外に挿入歌いい歌すぎて涙。

子供の頃はよく映画ドラえもん観に行ってたけど、こんな感じだっなあ。ドラえもん欲しい。

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.5

良い意味でも悪い意味でも普通だった。普通にほっこりした気持ちになれて猫ちゃんが可愛いけど、特に山場はなくて淡々と物語が進んでいく。

福士蒼汰は両親いなくなりがち。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.7

最後の一文が衝撃的だった。

結構グロ要素あるので苦手な方はご注意を。

コリーはハンターとしての腕が優秀で、頭もいいし、正義感もあるし、どん底を味わったことがあるのに狂ってない。完璧なおじさんだった
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.6

めっちゃ期待して一作目を観てちょっと残念な気持ちになったゆえ、劇場で観れなかった二作目。

一作目よりは重たさがあって個人的には好きだったかなあ。エディレッドメインは安定的にかっこいいのですが。

>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

久しぶりに泣いてしまった。

序盤はルディばっかに目がいってたけど、どんどんポールの優しさとか、マルコの愛おしさに心奪われていって、最終的には3人ともキャラが立ってた。いい感じのバランスで3人が支え合
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.4

染谷将太目当てで鑑賞。染谷将太にアテレコする染谷将太。

VFX使ってるだけあって、映像はさすがに綺麗。ただ内容が興味ないからか、現実味がないからか、なかなか入ってこない。

後半やっと理解できてなん
>>続きを読む

>|