FukiIkedaさんの映画レビュー・感想・評価

FukiIkeda

FukiIkeda

http://fuki.blog.houyhnhnm.jp/
「飢えたライオン」脚本
好物: SF、切ないファンタジー、シリアス、コメディタッチのアクション、ゾンビもの。
ホラーはちょっと苦手なのです。

映画(1927)
ドラマ(0)

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング(2004年製作の映画)

3.4

ちょこちょこ冷静になるシーンが盛り込まれているから、「博士と彼女のセオリー」より淡々としているけれど、ロマンが詰め込まれていて、静かにロマンティック。
映画と思って見ない方がグッとくるかも。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.6

初っ端からパンチある
凄いカメラワーク
終始不気味で不穏で違和感しかない居心地の悪さ。
棒読みの台詞。
差し迫る究極の選択。
さすがです。。。
ファニーゲーム思い出す不条理感。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

2の予習。
あははは!
これは面白い!
もはやコメディ級。
アンブレイカブルやん!!
しがないホームセンター勤務のオッさんがある日突然頭角を表すわけですよ。
そこまでが結構長くて引っ張るところも好き。
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

やっと観れた。
ポスターがファーゴに似てるから、なんとなく気持ち的に寄せて観てたら、シリアスサスペンス且つグッとくるドラマ…。
貧困問題。
まさか泣くとは思っていなかった。
しかも、実話ときた…。
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

2.9

9.11自体の真相がバラバラと明るみになっているところで、このプロパガンダ映画…
報復を大義でいっちゃってたけど、そういう事を考えるとなんだか色々といたたまれないです…。
反タリバンの地元勢力と協力し
>>続きを読む

バンディッツ(1997年製作の映画)

3.5

女囚人のバンド。
かっちょえかったやつ。
やっぱバンドっていいね。
けど、ファンタジーが過ぎる…。
オシャレ推しです。
最近のカエラちゃん、似てる…。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

美しくて切なくて、身体が捩れるほどキュンキュンして、、、自分がどこに感情移入してるのかわからないけど、恋愛に性別なんて関係ないんだなと本気で思わせられる。
危うげな美しさに見惚れてしまうんだが、おっと
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

3.8

リドリースコットの描く、この世の欲と、人生の不条理。
見栄と欲が、ほんの出来心で地獄への落下道の傾斜を高くする。。。
ある意味、ホラーです。

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

3.8

1863年、南北戦争真っ只中の南部アメリカ。
混乱を良い事に、金持ちや将校達が権力と暴力でもって庶民から当たり前のように搾取し、人の命まで強制的に奪い取る。白人であっても、奴隷同然。
無理矢理駆り出さ
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.3

だいぶ狂ってる。。。
犬の躾に対する抗議か…?
人間も動物で、支配する者のルールで、人格や思想が形成されていくのは確かなんだけど…
なんとなくロブスターと繋がるところはあると思うんだけど、ちょっとわか
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.5

幸せの形というのは人それぞれ違って、不幸せな事があるから幸せをより美化する傾向にあって。だから元の姿に戻ったとて、本当に幸せだと感じるかはわからない。でも、それは確かめることが出来ないから空論でしかな>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.6

うん
面白い。
イライラもするけど。
オバちゃんトバッチリ。
子供達の行く末も心配。

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013年製作の映画)

3.6

美しくて怖くて、哀しくて切ない。
映像美が凄い。
捕食される瞬間の映像は秀逸。ただ夢に出てくるレベルでセンセーショナル。
言葉や説目があまりもなさすぎてわかりにくいかもしれないけれど、ユックリを時間を
>>続きを読む

ダイ・ハード/ラスト・デイ(2012年製作の映画)

3.0

放射能除去ガスて。笑
中和できるならしてくれーい!

とにかく人の国まで来て、ミッションでもないのに街を平気で破壊する。
その後の国際問題への発展の方が、気になるし、あんなところでドンパチしたらダメで
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.2

ヒューグラントはこういう役柄が本当に似合う。
しかし、色んな愛の形があるもんです。
無知の幸せ。

「あるはずがない心と心の結びつきに妨害など存在しない。」

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.6

コメディ色がより強くなった感じ?でオモロー!
なんかジンワリくるし。
グリーンランタンやウルヴァリンの汚名返上もして、エンディングロールまで見応えあり。

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.5

若年性アルツハイマーで失われていく記憶。
祖父と介護をする母や、親しかった人のご家族を重ねてしまい、胸が詰まる思いだった。
忘れたくないのに忘れていってしまうことの恐怖。
忘却の始まりが、本人にとって
>>続きを読む

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)

2.8

サム・ライミとコーエン兄弟が好き勝手に狂人を描いたB級ブラックコメディ。
ドタバタ忙しいけど、出てくる人全員トボけたアホすぎて、イライラが止まらない。
「志村〜!後ろ後ろ〜!!」を何回も観さされている
>>続きを読む

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

4.0

再視。
さすがコーエン兄弟。
意地悪な程に上手い。
そう、求めていた宝とは違うものを手に入れるのだ。
何度見ても新しい発見がある。
音楽好き必見。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

間違いなく普通に面白い。
ベトナム戦争はするべきではなかった…事が明るみになった事件。
国家機密文書が漏洩した1971年。
国家からの圧力に負けずに、報道の自由の為に戦う事。
その上、女性という立場。
>>続きを読む

ローマンという名の男 信念の行方(2017年製作の映画)

3.4

何事!?となるような序章で始まり答え合わせに突入。
決して表舞台には出ずにパートナーを支えてきた人一倍正義感が強く真面目一筋の人権系弁護士ローマン。
パートナーが突然倒れ、表舞台に立って生きていかなく
>>続きを読む

ワイルド・チェンジ(1989年製作の映画)

3.3

昔見たわ、、、。
LEAN ON ME by Bill Withers 最高。
プッシャーから生徒を守るために独断で大改革をする熱血教師のモーガン・フリーマン。主役も敵も極端すぎて、ひっちゃかめっちゃ
>>続きを読む

レセ・パセ 自由への通行許可証(2002年製作の映画)

3.4

戦時中のフランス映画界を描いた作品。
同じ時期のイギリスにおいての映画人を描いた作品「人生はシネマティック」とは対照的に、混沌とした重たい空気や緊張感が漂う。
ドイツ統治下にあるフランスで抑圧された中
>>続きを読む

静かなふたり(2017年製作の映画)

2.9

シットリと静かに進んでいく。
年が離れすぎた…というのをわざと理由にしているような2人。

イザベル・ユペールの娘さんか…。
反核デモにチェルノブイリと並び、フクシマのジャガイモ…。そりゃそうだ。。。
>>続きを読む

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)

4.7

イニャリトゥの作品。相変わらず声に出して言いたくなる名前。w

どうしようもなく暗い闇の中なりに精一杯やってみたものの、現実はそんな甘くはないもので。ギフトも上手く使い切れず。
そんな中で小さな光を辿
>>続きを読む

おかあさんの木(2015年製作の映画)

3.0

名誉よりも命。
でも映画というよりは、これは2時間特別ドラマ枠かな…

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発(2015年製作の映画)

3.1

有名な実験なんだけど、ドキュメンタリー風にしたのは何故だろう…?
映画としてはイマイチかな…。
お勉強する上では、わかりやすく、楽しく観られると思う。
どうしてホロコーストが、あんなにも多くの人が虐殺
>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.6

ジャーナリズムと政治とメディア。
正義は勝つと言いたいが、現実はそうはいかないもの…。
今となってはイラクだのフセインだのアルカイダだのビンラディンだの、、、周知のブッシュの嘘も、刑事責任を問われるこ
>>続きを読む

シリアスマン(2009年製作の映画)

3.8

DVD出ていないからamazonで。
コーエン兄弟のヨブ記。面白い。
「身に降りかかる出来事をあるがままに受け入れよ」
人間の不条理を物語る。
でもさ、現実社会ってこうだったりするもので、リアル。当た
>>続きを読む

アンダー・ザ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

北欧らしい多くを語らない、観せない美しいさ。ラストの運びは秀逸。
それで全てを悟る。
切なくて物悲しい、スコシフシギなSFストーリー。

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.3

政治家なんてこんなもんていう皮肉がたっぷり込められたブラックユーモアだけど、ちと難しい。。。
途中一瞬寝てしまった…。笑
人の国の事、笑ってられないよね。。。

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.2

パッションからのコレ。
マヤ文明。マヤ語で繰り広げられるリアルさ。凄いけどだな…

>|