109maniaさんの映画レビュー・感想・評価

109mania

109mania

映画(245)
ドラマ(0)

望み(2020年製作の映画)

4.5

 メッセージ性とエンターテイメント性の両方を突き詰めた、妥協のない名作と言えるだろう。大好きな作品「怒り」に共通するメッセージとして「信じることの尊さ、困難さ」を受け止めたつもりだ。
 犯人か被害者か
>>続きを読む

マーティン・エデン(2019年製作の映画)

4.0

 静かで熱い映画だ。
 マーティンが自分自身の才能を信じ、エレナとの愛を信じながら、ひたむきに執筆活動を続ける姿はとても勇気づけられる。
 師と仰ぐ作家との出会いや、貧しい境遇の中で生活を支えてくれる
>>続きを読む

クライマーズ(2019年製作の映画)

4.0

 中国映画に対しての表現としては適切ではないかもしれないが「昭和な感じ」のレトロ感が特徴。何とも味わい深い。根性、人情、友情、自己犠牲などが強調され、懐かしくもあり素直に心に沁み渡る。
 エベレスト登
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

 初見ではなかなか全体像が掴みづらい。でもなんかワクワクする映画だ。
 私の好きな作家、村上龍の「5分後の世界」の世界観を彷彿させる戦闘映画。150分と十分な尺をとっているが、それでも足らない。この世
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.5

 素直に写真の素晴らしさが伝わってくる。
 序盤、浅田政志の成長と成功を描く。もちろん順風満帆ではない。飄々としながらも、苦しい時もある。その時々の家族の包容力や、周囲の人たち、特にパートナー若菜の寛
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

4.0

 ゾンビ映画を撮影する映画撮影チームの話。カメラを止めるな、はひょっとしたらこの映画にインスパイアされたところがあったのかもしれない。
 この映画はカメ止めとはまた違った味わい深さがある、いい映画だと
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

4.0

 男の同性愛を映像化した作品は映画やドラマ、何度か見たことがあるが、自分にとってハマる作品とそうでない作品は大体わかってきたつもりだ。カラミがあるとちょっとなあ、という感じ。男性どうしのキスシーンはあ>>続きを読む

恋のしずく(2018年製作の映画)

4.0

 何気なくチョイスして見た映画だったが、とても感動した。今の自分の心境にとても深く染み込んでいくような映画だった。
 
 詩織も莞爾も頑なな何かを持っている。
 ワインに対するひた向きな好奇心。亡き母
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.0

 仲がいいようで、すれ違った感のある兄弟だけど、共通するのが亡き父への思い。会えそうなんだけど会えない。すでに会っているようで会えてない。そんな微妙で絶妙なシチュエーションの中で父と子、兄と弟が絆を深>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

4.0

 悩める女子中学生つばめのひと夏の成長譚。夢と現実との間の中で出会った、星ばあとの関わりの中で、周囲の人たちとの関係を、それぞれに少し縮めていく勇気を得る。そして縮めた分だけ、明るい兆しが見えてくる。>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.0

 女子中高生か高校生カップルがほとんどだろうな、アラフィフおやじが一人で行ったら浮くだろうな、と思いきや意外と中年層が多い。多分自分と動機は同じ、地元神戸がロケ地だからだろう。神戸新聞の記事にもなって>>続きを読む

ファヒム パリが見た奇跡(2019年製作の映画)

3.5

 実話に基づくハートウォーミングな映画。
 マチルドとシャルパンティエは、さながらファヒムにとってのホストグランマ・グランパといった感じか。この二人が献身的に寄り添ってくれたからこそ、フランスでの安ら
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

4.0

 歌のチカラを感じる映画。
 寄り添う歌。励ます歌。タイトルとなっている中島みゆきの「糸」は勿論、「ファイト」も使われていて、異なる登場人物に二度にわたって歌わせている演出が素晴らしいと思った。文字通
>>続きを読む

#ハンド全力(2020年製作の映画)

4.5

 爽やかで泣ける、いい映画だ。
 ローカル色が強くB級感全開。映画の面白さはお金だけじゃないことを改めて感じさせる。勝手に低予算ときめつけているが。。。
 深イイことばやエピソードも多く盛り込まれてい
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.5

 泣ける。
 母親の愛を受け止めることができて、新たな一歩を踏み出す決意をする青年の話。

人の気持ちはなかなかわからないもの。タイムスリップという非現実的なやり方で、人の気持ちを知り、知ったから救わ
>>続きを読む

武士の献立(2013年製作の映画)

4.0

 時代劇は面白い。
 当時のことを知らないがゆえに、多少盛り気味に話が進んだり、多少強引な展開だったり、多少くさい芝居がかったやりとりがあったとしても、そんなものなのかも、と思わせる懐の深さがある。
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

 ホーキング博士については詳しくはないものの、有名になった時に名前は知っていた。そのスティーブンと妻ジェーンの物語。
 ホーキング博士が主役ということなのかもしれないが、ジェーンにもスポットライトが当
>>続きを読む

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

4.0

 息がつまる力作。
 しっかりと覚悟を持って向き合った方が良い作品。そして自分自身に問いかけてくる作品。
 シチュエーションは、ありふれているわけではないので、自分が主人公明石と同じ立場に置かれること
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

 やはり、長澤まさみがいい。
 ロマンス編を初めてみて、本作はシリーズ二作目の鑑賞だが、お約束の安心感が魅力。ミルクボーイの漫才のように、パターン化されたストーリー展開はそれ自体がこの映画の力。巻き戻
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.0

 フィルマークスでたくさん星がついていたので、それならばとおもい見ることにした。一言で言えば涙活映画。ナレーションが重松作品を醸し出す。
 かなり泣きました。
 死を遠ざけず、死と共に生きることをテー
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.5

 心洗われる映画だ。
 なんども涙する。

 しんみりしすぎないバランス感覚もとても良い。田中美佐子演じる、リンコの母が大きな役割を果たす。リンコを傷つけたら承知しない!と小学5年生に向かって毒づくシ
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.0

 大学で動物について学ぶ息子が珍しく映画を勧めてきた。それならばと鑑賞。
 動物が登場する映画は以前はアニメーション映画かドキュメンタリーという印象だが、超実写版と言われたライオンキングから、実写風の
>>続きを読む

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)

3.5

 ワンダー君は太陽のB級版(褒めてます)と言った感じ。小寺さんの一生懸命さに、ひたむきな姿に、素直に感動する。サルの着ぐるみを着て、校舎の壁をよじ登るシーンには思わず涙が出てきた。

 近藤くんと小寺
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.0

 ランボーシリーズの最初の作品を見たのは高校生の頃。レンタルビデオで友人宅で見た。派手なアクションもさることながら、高校生ながらにベトナム戦争が米国に残した傷跡や、正義が必ずしも報われない不条理など感>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

2.0

 それぞれの役者の演技は鬼気迫る。阿部サダヲ然り、長澤まさみ然り。素晴らしいの一言に尽きる。でも全然いい映画だとは思えなかった。

 ラストの10分ぐらいまでただひたすらに不愉快な、目を背けたくなるよ
>>続きを読む

その手に触れるまで(2019年製作の映画)

3.0

 最後がさりげなく衝撃的。
 ん?えっ? でおわる。
 イネス先生に対する最後のやりとりは、本心と理解した。手をとるあたりがその雰囲気をにじませた気がするが、あってるのかわからない。よくいえば改心だし
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

 家族愛に満ちた素敵なストーリーだ。
 若草物語というのはタイトルだけは知っていた。アメリカ文学、女流作家、それくらいのイメージで他の予備知識もなく、アラフィフオヤジ向けではないだろうなと。
 でも予
>>続きを読む

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.5

 悪法も法なりというが法律よりも先に正義はあるだろう。

 完全な悪人もいなければ完全な善人もいない。僧侶の小池龍之介氏が著書の中で語っていたが、私の座右の銘になった感がある。
 照らし合わせて、マイ
>>続きを読む

もみの家(2019年製作の映画)

3.5

 不登校で母親との関係性をうまく築けない彩花の心の変化を描く。
 アラフィフになっても、まだまだこじらせキャラから脱却できない自分にとって、琴線に触れるエピソードが沢山詰まっていて、都度涙を流しながら
>>続きを読む

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

4.0

 農業を通じて多様性の尊さを感じた。
 人間の営みも自然の範疇に含めた上で、自然の中の作用と反作用の連続を描く。
何が返ってくるかわからない?具体的に動けば確かに何かを返してくれる?農業はその両方面を
>>続きを読む

恐竜が教えてくれたこと(2019年製作の映画)

3.0

 サムの爽やかな成長譚。
 バカンス中にテスや、何人もの大人たちと出会い様々な価値観を会得していく。ちょっと現実離れしているところもあるが、ほっこりとして後味は良い。オランダの映画だけどラテン音楽に満
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.0

 大学生の時、一度劇場で見た映画。改めて映画館で見る事があるなんて思っていなかったが、このご時世のおかげというべきか、今日それが実現した。

 この映画には見どころが沢山ある。一言では言い尽くせない良
>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

2.5

 三月に見る予定だったこの作品、五月最後の週末にようやく見る事ができた。
 まずもって、泣いた。泣かされた。
 さくらの、未来にあてたボイスメッセージは、まあそりゃ泣きます。はい。

 涙を流すことは
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

 ブレないせいちゃんと、迷えるツチダのちょっと切ない恋愛模様。せいちゃんの寛容さに心打たれる。弱さをまとうツチダに共感を覚える。
 終盤、せいちゃんの猫の歌は染みる。綺麗な歌声、優しい笑顔。ツチダの涙
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.5

 知的好奇心を大いに刺激された。興奮がなかなかおさまらない。
 1970年生まれの私にとって、1969年前後の動乱期は、テレビドキュメンタリーや小説等の中でしか知らない出来事だ。安田講堂占拠や三島由紀
>>続きを読む

盗まれたカラヴァッジョ(2018年製作の映画)

3.5

 久しぶりの劇場鑑賞。ちょっと嬉しかった。

 さて作品に関しては、これぞイタリアという感じ。絵画、古い街並み、マフィア、色男、色女。イタリアを舞台にした映画で好きなのが「紅の豚」(日本のアニメ映画)
>>続きを読む

>|