フミさんの映画レビュー・感想・評価

フミ

フミ

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

-

蜂の巣になるヒトラーが観れる貴重な映画

ブラピはずっとニヤニヤしながら何か企んでいてほしい

そんなブラピが1番かっこいい。


ロベルトベニーニの「ライフイズビューティフル」を観た後に観ましょう

偶然と想像(2021年製作の映画)

-

久々のジャックアンドベティにはぴったりな感じの映画だったな。
いい余韻が残った。
 
不思議な会話劇は濱口竜介の真骨頂なのだろうか、他の作品も興味出てきた。

3話目を除いて、大体男が振り回される展開
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

-

女性が夢を追うのはこんなに大変なのか、、、
この前観た浅草キッドちょっと思い出した。


最後の急展開がホットファズを彷彿とさせるホラーサスペンスでした。

霊能力って大変だなぁ〜

ちょっと亡霊のシ
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

-

切れ味が凄い。新井浩文の切れ味が。タイムラプスのところ本当に撮ったんか

松田龍平はもう奇跡の凄さ。1京年に1人くらいの俳優さんだと思う。



人生の分岐点が色々ある中で、保身に走らず衝動で進んでい
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

-

とりあえず2022年、主人公の子役が可愛い選手権ノミネートです。

暫定1位です!

列車の街並みが凄い綺麗。撮り方も上手!

アメリの監督っぽく、ちゃんと登場人物の心情や情景を説明してくれるから見易
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

-

こんなラブストーリーに集約するとは思わなかった!笑
結局最後は愛が勝つ的なね。KANも歌ってましたけど

ちゃんと正当な続編だからマトリックス好きな人はちゃんと観るべき作品です!

ツッコミどころはま
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

-

エンディングのpixiesさいくぅぅ

なんだかんだでラブストーリーオチだとは思わなかった。

エドワードボコボコノートン

あれはブラピのイチモツなのかな?

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

-

全然タイトルの感じと内容ちがうじゃん!


まぁー面白かったからいいけど

オチだけど、松岡茉優ちゃんの「ですよね」で終わりで良かった

まぁー折れない大泉もいいけど

浅草キッド(2021年製作の映画)

-

口癖は師匠譲りだったんだな〜

いや、それにしても大泉洋の天才っぷりは本当凄い。
よくあの役柄演じられたな〜


浅草とか当時の人達の粋を存分に味わえる最高の映画!


居酒屋のシーンが特にいいな〜

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

-

北野作品、アウトレイジくらいしか観てなかったなーと思い、日本人なら観ないとなぁーとTSUTAYA駆け込んだけど、その男凶暴につきとかソナチネとかキッズリターンとかめぼしいのは全部借りられてた(浅草キッ>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

-

いや、男のほう、最初から一目惚れしてたんじゃないのーーー

クリスマスシーズンにおすすめの映画


あとなんだかんだで、レイア姫出てたじゃん

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

-

一回目は多分セッション3くらいで寝落ちしてしまったんだけど2回目にして最後まで観れた!


ほとんど舞台も家の中だし単調な感じしたけど、AIが恋をするかどうかの云々が出てき始めてから自分の中で加速した
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

-

これは久しぶりにめちゃ良い

本当によかった

僕も銭湯好きです

アップグレード(2018年製作の映画)

-

このアクションシーンはめちゃカッコいい
あのカクカクして撮ってるのどうやってるんだろ

欲張るなら、もうちょっと1対複数でバトルとかする感じも観たかったなー


設定も良いし、近未来のマシーンのギミッ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

-

なんやそのオチは。

そして一生分、この主人公の顔観たわ

他の映画出てたらもう一生分観てるからゲェー吐くかも

カーライル ニューヨークが恋したホテル(2018年製作の映画)

-

めちゃくちゃお洒落なドキュメンタリー。

ドキュメンタリー眠くなっちゃう自分でも観れた


偶然撮影に居合わせて、宿泊してたビル・マーレイがカッコいいい

気怠そうに取材に応じてた

彼こそNEWYO
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いや、家売らないんかぁぁあーい

タイトルは、「眺めのいい部屋、結局、売りません」だね

普通にいい話だからおすすめです。

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

-

超大作SFの一作目を映画館で観れたのは幸せだった。

続編まで期間あけちゃうとこのワクワク感が薄れてしまう気もするし、映画館だったから良かったのかな感も多少あるけど追いかけます!

10000年後くら
>>続きを読む

恐竜が教えてくれたこと(2019年製作の映画)

-

いや、最高の夏休みじゃん!!

恐竜あんまり関係ないじゃんって思ってたらちょっと関係あった

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

-

なんやねんその法律。

ってところからあんまり入ってこなかった

設定は最高に面白いけど。

割と批判されてる、セリフが急に画面にバーンって文字で出るの割と好きだったな

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

疲れるよ!!
チンタが逃げるシーン、もう変な力入っちゃったよ

「オレらふたりとも警察に利用されただけだ…」
切ない台詞。。。

全てかなぐり捨てて最後ぶつかる2人。

上林は、死に場所が欲しかったの
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

-

最高の一言

訓練生達がそれぞれの特性のドラゴンに乗るあたり。王道で良い

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

-

これに出てくるアインシュタインの人形みたいなやつががずっと円周率を言ってて、

それを聞きすぎて9桁目まで完全に覚えられるようになった

タコの剥製が箱から出てくるところ好き。

プール(2009年製作の映画)

-

もうこの雰囲気にはだまされないぞ!

にしても食べ物美味しそう

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

-

これに出てる推しキャラ、アラゴルンを演じるのは、最近観て最高だったグリーンブックの運転手役を演じていたヴィゴ モーテンセンさん。

20年前経ってるし、同一人物とは思えないけど2役ともカッコいい

>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

-

ずっとイヤーな映像

ずっとイヤーな音楽

イヤーっと思いつつ見ちゃう。

ウィレムデフォーの声ってすごいディズニーキャラクターの悪役みたいな声だよね。

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

-

収容所に初めて入ったシーンで、2人が絶句するシーン、あれ以降グッとムード変わった


最後に戦車乗れて良かったね

そして、クイズのくだりまだ飲み込めてない。

叔父さん、、、、
最後まで親切な人だっ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

暑い日本の夏にぴったりの物語、
老若男女問わず観れること間違いなし、

是非家族みんなでご覧下さいませ!

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

-

ファブルは殺さないけど、結局他の人がバチバチに殺すよね。

映画内のトータル死者数でいったら平均より上

内容は普通に観やすい

タイムマシン(2002年製作の映画)

-

小さい頃に観て、タイムトラベル物でもこんなアプローチがあったんだ!って妙に記憶に残ってる

けどストーリーは超大味でツッコミ所満載です。

映像で魅せるSF映画はわりとストーリーの辻褄問題に関してご愛
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

-

本当大好き。

下ネタって一生笑えるわ

あのイジメ撲滅クラブみたいな設定もピースでいいね

>|