Cocoaさんの映画レビュー・感想・評価

Cocoa

Cocoa

マジカルバナナ、バナナと言ったら〜?

映画(1405)
ドラマ(31)

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

いいなぁ鎌倉のこんな生活!
日本の古い家屋、縁側、梅酒、ご飯!海辺ってのも素敵。女4人姉妹の生活。

ももへの手紙(2012年製作の映画)

3.4

妖怪たちがかわいいし、キャラクターたちの表情が豊か。日本のアニメのいいところ。

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.5

メリーポピンズ、リターンズ!
歌って踊るエミリーブラントが新鮮かつ、メリーポピンズを見事に現代に蘇らせてくれました。

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.5

やっとみた!アナログセット➕ミュージカルな歌と踊りがいい。今の時代、CGが進んで不可能な事もリアルに映画で見せられる訳だけど、このアナログ感はCGにはない暖かみと別な意味でのリアル感とすごさがある。メ>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

海外評価は低めだけど、私は楽しめた。トム・ハーディはやっぱちょっと狂ってる感の役がいいわ。ヴェノムが途中から可愛く見えてくる。

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ(2016年製作の映画)

2.0

アンダーワールド第5部!(息切れ)
よくここまでシリーズ作れたな、おめでとう!そして、なんだこの終わり方!爆

アンダーワールド 覚醒(2012年製作の映画)

2.0

アンダーワールド第4部作!(もう観るしかない!) ここでまさかの人間参戦!?
てかマイケルえぇ〜(´Д` ) この部でなんかいきなり方向性変えてきたな、、、マイケルorz

アンダーワールド:ビギンズ(2009年製作の映画)

2.0

アンダーワールド第3部 (またまたすごいな!) 今回はヴァンパイアとライカンの血なまぐさい歴史が明らかに!わざわざ映画まるまる一本撮る意味はあったのかな...口は相変わらず半開きです。

アンダーワールド:エボリューション(2006年製作の映画)

2.0

アンダーワルド第2部!! (どこから2部を作る金がでてきたのか...1が微妙だったのは気のせいなのか...) ヴァンパイアとしてのルールがいろいろ外れているような...まあ細かいことは気にしない!

アンダーワールド(2003年製作の映画)

2.0

ダークゥ〜!ヴァンパイアものだから夜ばっかのシーンで、本当に世の中真っ暗で幸せで暖かな風景はどこにもないような、彼らの目線で世界を見ることができました。暗い、グロい、口がいつも半開き。

バスターのバラード(2018年製作の映画)

3.8

死に対する恐怖感が薄い映画。トムウェイツ歳とったなぁ〜

リプリー(1999年製作の映画)

3.8

マッドデイモン若い。この映画のキャラも嫌い(( _ _ )) 口元がやらしい!
気持ちはね、わからんくもないんだよ。でも何事にも度合いってもんがあるでしょう。ちょっと変態的。そして相手はジュードロウっ
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

怖いわ〜。バックグラウンドは似ている2人、1人はマフィアの恩寵を受けてトントン拍子に警官になり、出世していき、もう1人は家族が犯罪者っていう理由で、警察になっても警察であることを隠して命に関わるような>>続きを読む

サカサマのパテマ(2013年製作の映画)

3.5

空に落ちるという発想がなかなか良い。そして、もし空に落ちるとなると相当怖いわなとある意味別の感覚を呼び起こされたようで、ハハーンとなりました。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

白人至上主義ってのはいったいなんなんかね。。。なんか白人サイコー!って言ってる人を見ると、どうも???となる。一体何をもってして、、、
ストーリーはKKKに黒人警察官が立ち向かう話しで、立ち向かうって
>>続きを読む

ウソから始まる恋と仕事の成功術(2009年製作の映画)

3.7

スタンドアップコメディアン、リッキー(イギリス)とルイCK(アメリカ)が出てるから、どんな映画かと思って観たら、笑笑笑。くだらない。くだらないが面白い。脇役キャストが意外と豪華なのもウケル。

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

3.5

なかなか良かった。芸術家の父を持つ異母兄弟姉妹。ぶつかり合いながらもやはり家族という繋がりは断ち切れない。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.0

海外ではよくあるストーリーだよね。そのアジア版にすぎない。が、評価がすごく高いのが謎。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

だめだ...プーさんが腑抜けたおじさんにしか見えない。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

主役の俳優ダレ?なんかプレデターの恐怖が激減!戦闘シーンよりか、なんか仲間〜とか子供〜とか女〜とかの人間同士のシーンが多い。

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

全ての映像が何らかのディスプレイ越しに写されている映画。だが、ちょっとやりすぎ感もある。

魔女っこ姉妹のヨヨとネネ(2013年製作の映画)

3.0

呪いをとくことを生業としている魔女っ子姉妹。ヨヨさんとネネちゃん。
かわいいが好みのアニメではない。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.0

まだまだアクションしますよのトム!なんかお茶目感が増しているのにかっこつけたりしてるのがトムだな。美女は常にトムのもの。

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

3.8

臨場感ある!なかなか良く出来た映画。
子供がもう何十年も産まれない世界。赤ちゃん大事。

孤独なふりした世界で(2018年製作の映画)

3.5

何か起こりそう、何か起こりそう、と何かを予感しながら観た。淡々としている。

アース:アメイジング・デイ(2017年製作の映画)

3.5

Planet Earthのシリーズは今の所全部見ているが、その一部がこの映画に使われていた。この手の映像は癒し効果があり、見ていて飽きない。ナレーションはPlanet EarthのDavid Atte>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.0

プーさん誕生の物語。でもちょっと悲しいのね。イギリスのこの時代の金持ち?だからかわからんが、親と子の距離が遠い。住み込みのナニーさんが1番まともに見えた。

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.0

ジュードロウも出てるコメディスパイ映画。ほんとアホらしいが、つい笑ってしまう。イタリア人のエージェントのキャラが典型的。

>|